バロックの明るさナンバー1アルビノーニ      バロック音楽のすすめその15


いつものヴィヴァルディにならんで
バロック界の隠れた巨匠の双璧を成す
のが、アルビノーニです。
隠れていないのはバッハというわけ
ですが、これまでご紹介したように
バッハだけではない凄い作曲家だらけ
なのが、このバロック時代の作曲家達
なのです。
ヴィヴァルディは四季だけじゃないのは
私のこの趣味編をのぞいていただいてる
方にはおなじみですが、ヴィヴァルディ
と比べても遜色ないどころか、聴きやすさ
軽妙さ、テンポの良さ、明るく爽快な
ところなど、ある意味ヴィヴァルディを
しのぐ曲を多く生み出しているのが、
このアルビノーニというわけなのです。
なんせ彼は明るい。それは彼がプロの
作曲家ではなく、愛好家であったという
事と大きく関係しています。
彼は裕福な家柄に生まれ育っているので、
金を稼ぐ必要は全くなしだったのです。
そりゃあ明るくなるわなー💧
でもとにかく、曲は素晴らしいです。
現代の人が聴いても、テンポの良さ、
メロディーの豊かさを気に入って
いただける事疑いなしの曲をどうぞー
(^^)/

Tomaso Giovanni Albinoni. Concerto Op.5 No.1 in B flat

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

過去世の記憶 退行催眠 その4


退行催眠という方法で、過去世を
体験するという実例を紹介する
シリーズです。
前世記憶や臨死体験との共通点が
多いので、真理を探究するのに非常に
役に立つ事例だといえます。
退行催眠による過去世の体験という
ものが、どんなものかご存知ない
人は、その1をご覧になって
くださいね。

またその過去世の体験を研究する事
になったレイモンド・ムーディー氏の
自身にかけられた退行催眠で、彼は
なんと現実の時間で1時間ほどの間
に9つの人生の過去世とおぼしき体験
をする事になります。
その事をその2その3で抜粋して
紹介していますが、今回はその時の
体験の最後の紹介という事になり
ます。

「」内が引用で、~は中略の意味です。

「  貴族としての死
 私は美しい住居にいた。夕方で、大理石の
壁はいくつかのオイル・ランプの黄色い
光で照らされ、きらきら輝いていた。
私は古代ローマの白いゆったりした上着
(トーガ)をまとい、今日の柔らかいソファ
のような長椅子に横たわっていた。私は
40代で、重労働をしない貴族の
しなやかな体つきをしていた。
 私は眠くなるほどの完璧な自己満足の
中にひたっていた。目の前には、15歳に
なる黒髪の息子がいた。息子はバルコニー
に立ち、下の光景を見ながら、しだいに
恐怖の表情を浮かべて言った。

「お父さん、どうしてこの人々はここに
押し入ろうとしているのですか」
私は、こうしたことは以前にもあって
心配の必要はないと思っていた。

「息子よ心配はいらない。兵士たちが
守っているのだから」

「しかし、お父さん、あんなに多くの人々
が詰めかけています!」

息子がいうので、私は立ち上がり、
バルコニーに行って様子を見た。数人
の兵士たちが、怒れる群集を押し返して
いたが、あまりに大勢なので対処しきれ
ないようだった。
息子がああいうのも無理のないことだ。
息子は、私のあわて方を見て、ますます
そう思ったようだった。
 生の記憶はそのあたりで途切れた。
記憶が切れたのは、怒れる群集の手に
かかった直後だったように思う」

これは、前回ご紹介したこの一つ前の
人生が、ローマ人に囚われて、ライオン
のえさになってしまった事の反動で、
今度はローマ人となって生まれ変わった
というわかりやすい人生になっています。
ですが、満足した生活も、やはり最後
には暴動の人々の手にかかって殺されて
しまうという悲劇として終わってしまった
ということなのです。
こうしてろくな事がない人生続きの
ムーディー氏の過去世ですが、9つの人生
で幸せなものだといえるものは、一つも
ありませんでした。
そのような過去世を持つムーディー氏の
今生は、なんと何千万部も売り上げる
ベストセラー著作家として大成功するの
だから、まさにこの人生のために過去世の
体験があったのではないかと思える
くらいの大逆転ですよね。

さて抜粋で取り上げる最後の過去世を
ご紹介しましょう。

「 中国人画家
過去世における私の最後の生は、中国人画家
だった。女性の中国人画家である。
私は回顧の中で、少女時代と青春時代を
すばやく通り過ぎ、そののち画家としての
幾つかの場面を思い起こした。ときに
キャンパスの視点から自分を見つめ、絵筆を
キャンパスに軽くたたきつけるように描く
感覚をも感じ取った。
 この生の幾つかの場面は、断片的だが
詳しく覚えている。ある日、通りの真ん中で
私が友人と話していると、明るい光が突然
私たちを照らした。一体何だと思った私たち
は、近くに住む賢人のところへ行き、見た
ことを話した。彼は当惑していたが、
そのような光を見たと報告してきたのは
私たちだけではなく、ほかにもいるという。
ただそれが何かは彼にはわからなかった。
 他の場面では、私は年老いたおばに
会うために、大きな石造りの家に出向いた。
60代くらいの彼女は私を可愛がって
くれて、私の到着を待ち望んでいた。
灰色の髪をうしろで編み、綿のシャツと
ズボンという姿で玄関先に立っていた。
 次の場面は、その生の最後の日だった。
私は貧しく、一つのベッドとストーブ、また
絵の具を置く狭いスペースがあるだけの
小さな家に住んでいた。そこは街の安全な
地区ではなかった。夜、若い男が家に
やって来て、私を縛りあげた。物質的なもの
は何も盗まなかったが、彼にとって何の価値
もないものを取り上げた。彼は私の命を
奪ったのだ。
 私は死んだ瞬間、自分の体から抜け出た
のがわかった。
私の命を奪ったその男の姿が下方に見えた。
彼は私の遺体の上に立ち、誇らしげな様子
をしていた。なぜ彼が、私のような年老いた
女を殺したいと願うほどに思いつめたのか、
そのわけを知りたいと私は思った。
だが体の外に抜け出た状態で私は彼に
話しかけたが、その声は届かなかった。
記憶はそこで消失した。」

これが目覚める前の、この過去世体験の中で
一番現在の人生に近い体験というだけ
あって、記憶が詳細に残っていたようですね。

他の過去世の記憶はどちらかというと死の
直前の印象的な場面が多かったわけですが、
この人生では、わりと人生のダイジェスト
のような体験が記憶されているようですね。
その場面もいくつかは詳しく覚えていて、
友人と話をしている時に突然明るい光に
照らされたという経験をしたようですが、
これはおそらくプラズマの光であろう
と思われます。時空のゲートや異次元の
ゲートが開いた時や、時空のゆがみが
生じた時にも見られる状況で、これは
神秘メッセージの
「超常現象と電磁界異常編」で詳しく
取り上げていますのでよろしかったら
またご覧になってくださいね。
他にもその光を見た人がいたという
事は、かなり広い範囲かまたは強力な
プラズマ現象があったのだろううと
思われます。
ただこのときの画家であるムーディー氏
には直接何も起こっていないようで
したね。
しかし詳しく振り返る事のできた人生も
最後は、老女になってから殺されたと
いう悲劇で終わったようです。
やはりここでも臨死体験をして、肉体を
離れた視点からの状況と、その時に
生きている人への声が届かないという
次元に移行していた事の描写があり
ます。
これらの過去世は、全て臨死体験や
死後の意識の存在、肉体を離れた意識
の存在、目がなくても「見える」こと
などあらゆるこれまでの研究成果を
裏づけてくれていますね。

最後に退行催眠から戻ってきた時の
ムーディー氏の状況を引用しておき
ます。

「デンホルムは私の隣に座りながら、
私を催眠状態から覚まし、「現世」に
私を戻そうと努力していた。
「現世」とは、以前の私なら考えも
しなかった言葉だ。しかし今ではその
意味がよくわかる。
 退行催眠を経験する前、私は今の
人生だけが現実で、いわゆる過去世
といわれるものは幻と思っていた。
しかし、私は今や、催眠療法士の椅子
に腰かけながら、自分が様々な過去世
を実際に経験したのち現世にいること
を感じていた。
私は過去世があることを、ほとんど
信じかけていた。」

“以上「」内全て
出典:「生きる/死ぬその境界は
           なかった」
     レイモンド・ムーデイ
      ポールペリー 共著
        矢作直樹 監修
         堀 天作 訳”

このあとムーディー氏は、それまでの
臨死体験の本とは、またテーマの異なる
過去世についての本を出されます。
邦訳をされていませんが、原著を私は
持っていますので、またご紹介して
いこうと思っています。

「COMING BACK A Psychiatrist
Explores Past-Life Journeys」
という本です。

やはり実体験というのは、特に実感と
して信じやすくなるものだという事
ですね。私もこれまで、金縛り、
空中浮遊体験、体外離脱などを経験
してきましたし、予知や覚醒夢なども
何度も経験していますが、やはり
そういう事も研究へのモチベーションに
つながっているのだと思いました。
そういえばうっすらと、古めかしい
大きな家の縁側で、泣いていた赤ん坊の
体にいて、その後それを上空から眺めて
いる夢を見た記憶がありまが、これも
過去世なのか、うっすらとした記憶
すぎてわかりません💦

では今度は、あらゆる過去世を研究する
事になったムーディー氏の成果である、
過去世体験の共通事項について、ご紹介
したいと思います。

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あなたの天秤座8度


天秤座8度のサビアンシンボルは
「荒廃した家の中で燃えさかる暖炉」
です。
このシンボルが太陽にある人は、とても
精神的に意義のある人生を送る事に
なるでしょう。
どちらかというと、俗世間の感覚に
染まらず、求道的な生活を志す人も
珍しくありません。
もちろん日常生活に適応する事も器用に
こなすので、宗教家や神秘主義者に
ならなければならないという意味では
ありません。
自らの希望が、求道的な道に向かいやすい
という事です。
つまりふつうに社会人になったとしても、
常にストイックに自分を鍛えているような
人になるという事です。
ただこの人ほど信頼できる人はいません、
絶対に裏切らないような誠実な心を
持つ人です。
だから心をのよりどころを求めてくる
ような異性を伴侶に迎える事になる
でしょう。
ただやたら自分の権利ばかり主張した
がるような女性は合わないかも
知れません。

このシンボルが水星にある人は、独学
で、自分の学びたいものを習得しよう
とするでしょう。
もちろんそれが将来につながります。

金星にある人は、自分と同じような
性質の人と結ばれるか、また自分を
心のよりどころとして慕い、また
日常の生活感覚の面で自分を助け
バランスを取ってくれるような人
と結ばれます。

土星にある人は、自分の求道的な
ストイックな性質が、社会の感覚
と合わず、孤独感を強く感じる事
になります。

あなたの天秤座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

射手座23度


今日の太陽のサビアンシンボルは
「移民が入国する」
です。
これは異文化が入ってくる事で、
新しい感覚や知識などを新たに得ると
いうシンボルです。
にしても入管法が成立して間もなく
このシンボルが来るというのも、
タイミングがいいのか悪いのか。
射手座の終盤に山羊座の影響が来る
という面からみると、異文化との
交流も山羊座社会の一つの側面である
ともいえます。
今日は、自分の感覚と違う人の意見や
考えを吟味してみて、自分に新しい発見
があれば、取り入れるのもいいという
シンボルです。

対称の180度のシンボルは
双子座23度
「木の高いところにある巣の中の
           三羽の鳥」
です。
これは、鳥でしかたどりつけない高さに
住んでいるため、安全な状態です。
この鳥たちは、自分たち以外のものを
近づけず、独立した生活を営んでいる
という事ですね。
つまり今日の射手座のシンボルとの比較
でいえば、「異文化を入れない」状態と
いう事になります。
つまり異文化というテーマを軸に、それを
受け入れる今日の射手座に対して、鎖国
状態なのが、この双子座という事になり
ます。
実は今回の移民法との関係でいえば、この
守るという意味での鎖国状態の方が、私たち
国民の生活を守る事にもなるって、気づいて
いる人もいますよね。
だってみんな仲良くしよーぜっていって、
勝手に家にあがりこんできて、ご飯を
食い散らかして、寝泊まりされたら
どうなるかって比喩がわかる人います
よねー?

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
魚座23度
「精神主義的な現象」
乙女座23度
「動物のトレーナー」
です。
魚座23度の精神主義的な現象というのは、
自分の内面の世界が広がり、そこでまた
多くの事が得られているという事です。
つまり外の環境とは異質の世界に入り込んで
いるわけで、今日の異文化の影響を受ける
射手座のシンボルとは逆ですし、
また精神世界としての広がりであるこの魚座
に対して、安全な生活に意識があるもの同士
でつながっている双子座のシンボルとも
逆のエネルギーです。

乙女座23度の動物のトレーナーは、人間
のルールを動物に教え込んでいるという
シンボルです。
自分の感覚やルールを相手に適用して、
いわば自分を動物に投影しようとしている
ので、異質な感覚が自分に侵入してくる
今日の射手座のシンボルとは逆のエネルギー
となります。
またこの乙女座のシンボルは、自分と
違う生命種である動物を、保護しようと
しているので、同種の鳥たちで保護
しあっている双子座のシンボルとは逆の
エネルギーです。

射手座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ