メイコさんが語るトランスヒューマニズムテクノロジーの狂気の実態!

この記事は
枠チ〇接種で確実に予定されているもう一つ
の危険な重大作用とは?

の続編にあたります。

前回私たちに、ワクチンなどで
電子システムが埋め込まれて、
5Gシステムとの連携により、
支配層の所有する、AIと
人類を連結させる事により、
人類を心身ともに完全操作する
邪悪なアジェンダ(支配層の進める
世界的な計画)が進行中だという
事を説明しました。

今回は、そのテクノロジーがトランス
ヒューマニズムテクノロジーと呼ばれ
人類を機械化させる事により、未来を
徹底合理化していくという思想を
持った
支配層、そしてその下で
働く推進者や、技術者、研究者、
賛同者であるトランスヒューマニスト
たちの、描く未来についての狂気の
思想と、テクノロジーの実態について
メイコさんの動画から学んだ事を
ご紹介、解説していこうと思います。

このメイコさんの動画は、ツイッターの
フォロワーとして活躍中のすみれさんが
お手伝いをされていた、以下のフォーラム
に、メイコさんがリモート参加された時の
ものです。

そしてメイコさんの動画がこちらです。

トランスヒューマニズムとドイツ啓蒙活動の
成功の秘訣(2021年2月21日フォーラム)

いつもながとてつもない情報量で早口
なのに、リズムが良いのと、聞きやすい
発音、わかりやすい表現に終始されて
いるので、最後まで、時間の長さを
忘れるくらい、あっという間に終わる
動画でしたが、やはり重要な部分を要約
してお伝えしながら、解説も加えて
いきたいと思います。

メイコさんが解説しておられる
部分については「」内に表示して
いって、それ以外を私の解説の部分に
あてたいと思います。

今回メイコさんが、取り上げておられる
内容というのが、支配層により進行
させられている、トランスヒューマニズム
についての実態という事になります。

最後にはドイツの啓蒙活動の成功の
秘訣というテーマも語られています。

とにかくトランスヒューマニズム
というのは何かといいますと、
トランスというのは変化・移行
という意味の接頭語なので、要する
に、人間をテクノロジーにより
変化させ、サイボーグやロボット化
または、究極のデジタルデータ化
させていこうとする思想全般の事に
なります。

(「」内はメイコさんの動画より
要点抜粋)

「なんで各国の政府は、ワクチンを
打ちまくりたいのか、PCR検査を
しまくりたいのか。
その目的は、トランスヒューマニズム
計画を進行させるためです。
これはワクチンや、PCR検査などに
よって、遺伝組み替えやナノ
テクノロジーを人体に埋め込む事により、
人間をサイボーグ化させ、神の領域に
立って人間を操作しようという意図
が背景にあるのです。」

今回の動画では、PCR検査でもワクチン
と同様、人体に電子システムを埋め込む
ためのテクノロジーはすでに開発済み
で、すでに世界中で実行されている
可能性が高いという事を、あらためて
知る事ができました。

これについては、
我々の前に立ちはだかるPCR検査や検温器
で、松果体が狙われている!?

という記事で、PCR検査で使用される
綿棒の先にセラグリッパーという
極小のナノテクノロジーが付着して
いた事からも、ワクチンの代わりに
人体に、ナノテクノロジーを埋め込む
事が可能な事は理解できますね。

こちらがセラグリッパー

そして喉の器官は、松果体に
通じていて、そこに薬品を放出
するとありましたが、それが
電気信号という事になれば、
やはりワクチンによる電子システム
と同様の効果を生む事に
なります。
しかもそれが、開発済みの技術
であるという事です。

さてトランスヒューマニストたちの
実態について、メイコさんが動画を
用意しておられます。
動画の中では、人類の未来について
の、希望のように語られている
狂気の世界は、あくまでトランス
ヒューマニストの思想でしかなく、
実際人類にとっては悪夢しかない
未来につながるものです。
冒頭からそのヒューマニストの
解説から始まります。

「2045年は、人類が生物突破
する年だと言われています。

人類にとってこなせない課題は
なくなるでしょう。

レイモンド・ツワイルは、
トランス・ヒューマニズム運動の
先駆者としてしにれる、技術者
です。

彼が言うには、機会人間が、人間の
能力をはるかに凌駕し、人類を
レベルアップさせる事になる
だろうという事です。

彼のような人物とその活動の背後には、
やはり金融とつながるネットワークが
存在している。

(つまり世界の金融寡頭資本を配下に
おさめる支配層と直結しているという
わけです。)

トランスヒューマニスト達の共通する
思想というのが、進化と技術に対する
ゆるぎない信仰という事です。

(支配層に命じられていやいやしている
だけではないという事かも知れません。
世界の構造に詳しくない技術者にとって
は、心良くスポンサーになってくれた
大金持ちという感覚なのかもしれ
ませんね。ただし、本当に人類の
未来のために、動こうとすると、その
スポンサーの配下のものたちに制限
をかけられたりもするという事なの
です。
支配層は、全てが人類に知られない
ために、部分開示という手法で、
配下のものたちにも、全体像の一部の
情報しか与えないのが常です。)

トランスヒューマニズムテクノロジー
(以下長いのでトランス・テクノロジー
と表記します)によって人類は、弱点
がなくなり、永遠の命を手に入れる事
ができるようになるという事です。

(ここで、みなさんに想起していただき
たいのが、私がこれまで記事で再三
科学的に説明してきましたように、
私たちは、物質という存在ではなく、
「意識」というのが本来の実体
なので、永遠の命はすでに我々と
ともにあるという事です。
つまり物質的世界しか認識できない
トランスヒューマニストたちは、
肉体による死が人間の弱点だと
して、人間を機械化またはデジタル
コード化して、永遠の物理的生命に
改造しようとしているという事
なのです。
一見よさそうに感じるのは、物質世界が
全てという誘導・洗脳された世界観を
持っている人類の大多数だと思いますが、
知らない事は恐ろしいもので、この
トランスヒューマニストたちの提唱
している機械的生命の所有者こそ、
AIであり、支配層だという事になる
わけです。
これはムーンショット計画の説明と
酷似していますね。
我々大衆に開示される内容というのは
いつも、人々に希望を持たせるように
丁寧に編集されているというわけ
です。)

そしてこの動画では、そんな狂気の
ヒューマニストたちに警鐘を鳴らす
クリストファー・コーネンという
人物の証言も出てきます。

彼が言うのは、トランスヒューマニスト
たちは、命の複雑さについて理解
できていないのだという事です。

ここで命の複雑さについて、彼の
説明がない事から、人間は肉体に
宿るだけの存在ではないという
理解もあるのかどうかわかりません。

ただ、人間という生命体を物理的
機能的な面から、捉えている
トランスヒューマニストたちは、
大きな間違いを犯していると
思います。というのも、彼らが
物理的な科学証明では追いつかない
ほど、人間の生命体としての機能
は高度で、テクノロジーとの融合
を拒否するようにできているの
だと思います。

トランスヒューマニストによると
テクノロジーにより、人間を
病気から守るという目的だけでなく
健康な人間の機能を改善・向上
させようとしているという事です。

つまり人間の能力を、超人レベルに
引きあげようとしているという事で
とても危険な意図を含んでいる事は
明白ですね。
ムーンショット計画の狂気と全く
同じ感覚です。
大事なのは、こういうオモテ向きの
理由が、人々に希望を持たせるような
ものであっても、本当の意図は、
支配層が、人類を私物として所有し、
より便利に自在に操作できるように
改造しようとしているという事は
間違いないでしょう。

さてそこで、おそらく支配層の意図を
理解するトランスヒューマニストたち
が、とても魅了されている二つのタイプ
の実験があるという事です。

一つ目は、ネズミの脳に電極をつないで
グラスファィバーコードで、光信号を
送り、ネズミの行動を操作させようと
いうものです。

結果は成功し、空腹を感じていない
ネズミに、食欲を起こさせエサを
食べさせる事ができるようになった
という事です。

まあぞっとするような話ですね。
要するにネズミが、外部からの
電気信号(光も電磁気信号の一種)に
よって操作されてしまったという事
です。

要するに支配層が、人間をコントロール
するための実験だと想定されている
という事です。

もちろんトランスヒューマニスト達が
そう想定しているかどうかまでは
わかりませんが、彼らに資金を提供
して、彼らに研究の方向性などを
示している支配層は、そのつもりだと
いう事なのです。

ここで思い出していただきたいのが、
光信号についてです。このネズミに
光信号を送って操作できたのと
同じ仕組みが、ワクチンに含まれる
であろう、ハイドロジェルにも
適用可能だという事なのです。

枠チ〇接種で確実に予定されている
もう一つの危険な重大作用とは?

でも説明しましたが、ワクチンに
含まれるハイドロジェルには光応答機能
が備わっていて、それに対して、
光信号を送って体内でなんらかの
反応を引き起こす、オンデマンド・
ドラッグ・デリバリー・システム
というものがあるのです。

ドラッグというのは、オモテ向き
の理由に使用される表現で、実際には
今のネズミに対するような操作を
可能にするものだと考えられる
わけです。

とにかく、ここでもワクチンの意図
が、トランスヒューマニズムと直結
しているのがよくわかりますね。

このネズミの実験結果による人類
への将来の貢献についてなどを
トランスヒューマニストが、説明
していましたが、聞く必要はあり
ませんね。これが将来人類のために
使用される仕組みとはならない事は
あまりに明らかだからです。

そしてもう一つの実験というのが、
アメリカとブラジルの研究者が、
それぞれの自国にいるネズミの脳を
インターネットに接続して、その
2匹のネズミどうしの双方向の
電気信号の送受信を可能にした
というものです。

やはりその実験も成功して、
片方のネズミに、エサのある場所
の見つけ方を教えたら、ただちに
もう一方のネズミもエサのありか
を見つける方法を知ったという
事です。
要するにこれら遠距離に存在する
二匹のネズミの間で、ネットを
通じて、テレパシーのような通信が
可能になったという事です。

一見便利な仕組みのように感じ
られそうですが、もちろんこれも
支配層が便利に人類を使用するため
のものであるという事でしょう。

一応トランスヒューマニストたちの
オモテ向きの言い分を聞いて
みましょう。この実験を取り上げての
話になります。

「これが(このテレパシーのシステムが)
将来の人類の姿なのです。
私たちの脳がグローバルにつながる
事により、制限なくデータを交換できる
ようになるでしょう。

そのためには、人間は細胞ほどの
サイズのコンピューターを血液中に
インストールする事になるでしょう。

そのコンピューターは、血管と脳内に
存在し、インターネットを通じて、
テレパシーも可能になるのです。」

やはり、邪悪な意図そのものが、表現
されていますね。
ワクチンなどで、血液中に細胞大の
サイズのコンピューターチップを
送り込み、大量のデータを光信号や
電磁気信号で送り込む事によって、
とても便利に人類を使用しようと支配層
が意図しているという事なのです。

ここで先ほどの人類のために警告を
発しているクリストファーコーネン
(以下コーネン)の証言が入ります。

「トランスヒューマニズムのおそろしさは
、人間が技術に非常に依存する事になる
という事です。

たとえば、機械にとって悪影響を与える
ものであれば、同様に人体に悪影響を
及ぼす事になるのです。

(まあ電磁波や、コンピュータウィルス
のようなものですね。)

これらはまだ第一歩で、過激なトランス
ヒューマニストたちは、精神と肉体を
分離させようとしているのです。

どういう事がというと、人間の知能・
知識・能力・人格などをデータ化して
最終的には「私」という人間の
バックアップをつくり、コンピューター
にソフトとして、記憶させ(データとして
保存)
こんどは、「デジタル版の自分」を
バーチャルな身体にアップロード
できるようにするという事なのです。

(ここからは狂気の世界かもです)

数億個の中から自分の世界を選択
できるようになり、バーチャルな
自分は現実の自分と同一人物で
ある必要はない。

たとえば、カップルは身体
(バーチャル版)を交換しあい、
相手の人格を互いに経験できる
ようになる。

バーチャルな世界では、命は
永遠で、もとの限りある命を
ともなった肉体が不要になる。

彼らの世界観は命を冒涜している。」

もちろん支配層が、生命を冒涜した存在
である事は、もはやよくおわかりのはず
ですね。

この過激なトランスヒューマニストたち
の思想は、当然支配層の思考と同質の
ものです。

そして、この数億個の中から自由に人格
を選ぶ事ができるのは、少数の支配層
だという事です。

もちろん支配層の頂天にある奥の院に
ついても同様の事が可能になるわけ
ですが、この領域となると、もはや
人間の人格そのものに興味がある
わけではないので、ネガティブな
エネルギーを人類からどう引き出す
かという事においての効率化を
はかっているのだという事でしょう。

だから、ネガティブなエネルギーを
生み出す、肉体はテクノロジーが進化
していっても、まだ必要であるだろう
し、いろいろな階層の人間を存在させる
事になるでしょうが、このバーチャル
な人格として、使用され、肉体を破棄
させられるのは、大衆の中から選ばれる
という事です。

これらの実験の動画を取り上げたあと
のメイコさん
「これらトランスヒューマニズムの
テクノロジーは、世界中で開発されて
いて、様々な特許が取得されています。
あのビルゲイツのマイクロソフト
も特許を取得しています。

なんと、悪魔の数字666を使用
しているのですよ。

その特許というのが、「人間の脳みそ
の中に機械を埋め込んで、指定された
番組を見たり、動画を観たりすると
デジタル通貨を稼げるようにする

というものです。

(要するに人間を直接洗脳し、デジタル
な社会でのマインドを育てて、より管理
支配しやすく作り変えたいという意図が
あるようですね。しかし、彼らの洗脳
にかかりながら、通貨をいただくという
のは、狂気でしかないですね。
ただ、わかりやすいのが、彼らは
人間の「マインド」にターゲットを
絞っているという事です。
支配層の頂天には、人間のマインドを
支配したいという意図が、太古から
あるという事が、ここで理解でき
ますね。彼らは物質世界が幻覚だと
いう事がとことんわかっているの
ですから。)

またイーロン・マスクも特許を取得
しています。

それは「ニューラリンク」という
プロジェクト名で、猿の実験で
成功済みのものです。

その実験というのが、「猿の脳みそ
の中にマイクロチップを埋め込んで
遠隔操作した」というものです。」

このように、トランスヒューマニズム
が、支配層と直結した思想である
事は、疑いようがなく、私たち大衆を
管理支配するための思想であるという
わけです。

さきほどにも脳内にもコンピュータが
存在するようになると示唆されて
いましたが、将来的には脳内にも
チップなどの電子システムを埋め込む
つもりのようです。

メイコさんは、このテクノロジーの
中には、ワクチンに含まれる
ルシフェリン

(ルシファレイス酵素によって、
光応答ができるようになった物質の
総称です。
私がこれまでの記事で説明してきた、
ルシファレイス酵素とほぼ同じ意味に
なりますが、
ワクチンによって、人体に投入される
ものという事になると、ルシフェリン
という表現の方が正しいようです。)

が、ワクチンを打ったかどうか、
わかるように、スキャンした時に
反応して光る物質として使用される
という事です。

これはデータなどは、取りあえず
関係なく、ただワクチンを打った
証明書代わりになるというもののよう
です。

要するに、ゆくゆくは、この証明書
がなければ、あらゆる社会活動や
基本的人権が失われるという方向に
持っていかれようとしているという
事です。

メイコさんは、ここでこの
トランスヒューマニズムとワクチンや
PCR検査との接点は何かについて
二つの可能性を示唆されています。

「トランスヒューマニズム思想と
ワクチンと、PCR検査が関係する
のは、まず体内に異物を埋め込む
事への抵抗をなくし、将来人間を
サイボーグ化していく事に対する
抵抗をなくしていこうという
心理効果を狙ったものである
という事がまず一つと、
ワクチンやPCR検査で、実際に
人間にナノテクノロジーを
埋め込んでいき、トランスヒューマン
へと移行させていく事です。

(まあ当然二つともが同時進行だと
思いますね。)

こんなSFみたいな事をいわれても
簡単に信じる事なんてできない
なんという人もいるでしょうけど、
そういうテクノロジーは既に開発
済みだという事です。」

メイコさんはここで、ワクチンや
PCR検査の綿棒の先から、人体に
埋め込む事のできるハイドロジェルの
ナノロボットなどのナノテクノロジー
も既に開発済みだとも動画付きで
紹介しています。

さきほどPCR検査の綿棒について
説明しましたよね。

これは、PCR検査の綿棒に
より、脳内の液体が、鼻から
もれ出したという事件の記事
です。

ワクチンと同様PCR検査も非常に
危険だと言う事です。

これは、PCR検査で死亡したという
実例です。

メイコさん
「人間にワクチンや検査などで、
ナノテクノロジーを埋め込み、
遺伝子も組み替えて、サイボーグ化
して、トランスヒューマニズムの
未来へ向かわされているという
ような事を陰謀論だといって、
信じようとしていない、そこの
あなた、すでにそのような社会に
向けて、世界は、正式にそして公式
に、進行中だという事を、知って
もらいたいです。」

まあここまで情報だけで十分に現実
だとわかろうものですが、さらに
念を入れるかのように、世界の首脳
たちや財界のトップ、そして著名な
知識人たちが、集まって開かれる
ダボス会議は毎年開かれていて
そこでの会議の一つに、
「人間がサイボーグになる時」
というテーマで話し合われたもの
があり、なんと、その議長を務めた
のが、日本人の尾崎宏美という
人物だという事です。

まあ長くなりましたので、詳細は
動画でご覧いただくとして、世界の
支配層は、とことん人類を完全
管理支配するために、人間を
サイボーグ化させ、AIと直結
させる事により、支配層が直接
人間を操作し、また洗脳する事が
可能になるように、トランス
ヒューマニズムの世界を実現
させようとしているという事
でした。

もちろん正式にという意味では、
日本の厚労省のホームページでも
明確に紹介されている、
「ムーンショット計画」が、
トランスヒューマニズム社会実現
のためのものである事でも、実感
できますよね。

とにかく、いつもながら短い時間内
に圧倒的な情報量を詰め込んだ
さすがのメイコさんでした。

最後にドイツでの啓蒙活動がうまく
いった理由を紹介されていましたが、
そもそも戦後米国の属国として、教育
や情報・マスコミにより、極度に洗脳
された日本人と、歴史の悲劇から、
おおいに学んできたドイツ人とでは、
スタート時点から、大きな差があった
とは思います。

しかしながら、世界にも類をみないほど
日本人の潜在意識レベルは高いので、
根本的な意識の覚醒が、支配層の目論み
を一気に崩壊に導くパワーを秘めて
いるのは確かだと思っています。

ではまた別のメイコさんの動画を
取り上げての記事も書いていこうと
思います。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です