今の時代 知識不足はまさに命取り! クスリの本質第二弾 


この記事は
知られていない西洋医療のクスリの本質 
その働きを徹底分析

の続編です。

前回、西洋医学の矛盾を知る事により、
健康のために身体が働くのは自然な
事なので、熱が出ようが、吐こうが
下痢しようが、ほっといて、船瀬氏の
おっしゃる通り、食べずに寝てたら
必ず良くなるのは間違いないという
事です。

私は、前回のような詳しい知識がない
時でも、15年前くらいに西洋医療が
いかに矛盾だらけで、闇が深いという
知識を得てからは、医薬品の一切を服用
していません。
おかげ様で、とても元気ぴんぴんですね。
それまでは、すぐに頭痛がするといっては
市販の風邪薬を、すぐに服用しては、
ふらふらになりながら会社に行くことも
多かった残念な奴が、えらい変わりよう
でした。

さてそれでは、前回に続いて、船瀬氏の
著書から、西洋医療のさらなる深い闇を
ひもといてみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


耐性と依存でクスリ中毒に

●第五:薬物依存

人間の身体には、毒物への抵抗力がある。
毒の攻撃に対して、身体も必死で生き延び
ようとする。だから、同じクスリをとり
続けていると、だんだん“効かなくなる”
それが薬物耐性だ。すると医者はこう
いう。
「クスリの効きが悪くなってきまし
たねえ。もう少し、量を多くしましょう。

つまり、身体に注入される毒は増量
される。
それだけ、生理負担も増加する。
つまり生命力が失われ、あの世が次第に
近づいてくる。
しかし、医者も製薬会社も利益は増量
されて笑いが止まらない。

(引用注:なんというあくどさ。クスリへの
抵抗力が、クスリの毒作用にせっかく対抗
して、クスリの作用を弱めてくれているのを
逆手にとって、クスリの量を多くする事で、
さらなる毒のクスリを患者に、投入しようと
するとは。儲かれば、なんでもありですね
医者は。)

第五:薬物依存

これは、麻薬中毒患者をみれば、説明も
不要だろう。
彼らは、どうしてはてしなく麻薬に手を
出すのか?
禁断症状が壮絶に苦しいからだ。
同じようにクスリにも、必ず禁断症状がある。
かつて、中国をアヘン漬けにした西洋列強は、
それを熟知していた。中国へのアヘン貿易で
巨利を手にした。同じ策略が、医療でも
行われている。
手口は、犯罪組織、麻薬カルテルとまったく
同じだ。

ここで、喜劇も起こる。世界的ベストセラー
の精神安定剤「ジアゼパム」の「効能」
「副作用」、どちらも、トップが「不安」
なのだ。
だから、飲むほど「不安」は募り、売り上げ
は爆発的に伸びる。

同様に抗うつ剤の「うつ」。頭痛薬は「頭痛」
、目薬は「眼の充実」・・・。
売り上げは、永遠に増え続ける。こうなると
、患者の知的レベルは、サル以下である。
日本を占領したアメリカのトルーマン大統領
は、日本人を“モンキー”と呼び捨てた。
そして、飼いならし、奴隷とする・・・
と宣言している。
しかし、あなたに怒る資格があるか・・・。

(引用注:もちろん知識を持った人には怒る
資格があるという事です。それより今出て
来ました精神安定剤や抗うつ剤に関しては
ツイッターフォロワーのびんぼさんに訊けば
良いというくらい詳しい方です。

こちらのツイートをご覧ください。




どうでしょう、この副作用群が
毒作用のフルコースだというのが
誰にでもわかるような、ひどい
ものですよね。

しかしながら、精神安定剤・抗うつ剤
ともに麻薬成分が含まれているため、
いったん効くと勘違いさせておいて、
禁断症状は、他の医薬品とは比べ物に
なりません。つまりこれらのクスリ
がなくてはならない身体にさせられて
しまうのです。

つまりいわば、いみじくも医者という
肩書きを持ったものが、患者をクスリ
漬けにしているというのが実態なのです。

しかも、飲むほどにあらゆる毒作用が
身体と精神と脳を蝕んでいって、廃人
にさせられたり、自殺に走る患者が
後を絶たないようです。

くれぐれも精神科医、精神病院など
には、絶対に近づかない方が良いよう
です。

ひどいものですよね。
これが精神科医というものだと
思います。

彼ら精神科医を廃人にできるものなら、
世の中から、とても多くのの廃人と
自殺者が大幅に減る事だけは疑いない
ですね。)

第六:“体毒”+“薬毒”

そもそも、病気はどうして起きるの
だろうか?
万病の原因は、なんだろう。
西洋医学の医者に訊くと、こう答える。
「それは、人類永遠の謎ですな」
東洋医学の医者に訊くと、明快に
答える。
「それは、“体毒”から生じる」
ピンポーン!こちらが正解である。
あらゆる病気の原因は“体毒”に帰する。
“体毒”のルーツには二つある。口の毒
と心の毒である。
それは過食と苦悩・・・。
代謝能力を超えた過食と苦悩が二つの
毒素を体内にめぐらす。それが
「老廃物」と神経ホルモン「アドレナリン」
だ。

後者は毒蛇の毒素の三~四倍というほど
猛毒だ。それが体内を巡る。ムカムカ
気分が悪くなり、イライラする。
万病は、これら“体毒”によって生じる。
だから“体毒”を消せば、万病も消える。
これが、断食(ファスティング)で病気
が治る基本メカニズムだ。
「断食は、万病を治す妙法である。」
(ヨガの奥義)
ところが、薬物療法は「病気」を
「治す!?」のに、“毒薬”を投与する。
患者の体内では、“体毒”+“薬毒”で毒は
倍増する。
これで、病気は治るわけがない。それは
子供どころか、赤子でも判る。しかし、
医学部を出た、アタマのいいセンセイ方は、
百回言っても理解できない。
首をかしげるだけ・・・・。
ロックフェラーの二世紀にわたる医学教育
の成果がここにある。

(引用注:これはわかりやすいですね、
ロックフェラーが持ち込んだ、西洋医学
の教育は、患者にどんどん薬物を与える
ためだけに存在しているようなもの
ですからね。
医学部では、なんせ自然治癒力という言葉
さえ習わないのだから、もとから、患者を
健康に戻すという意図さえ持たないように
教育されているわけです。
詳しくは
「医学部では自然治癒力を教えない」だと? 
医者を信奉する全ての方へ

をご覧ください。)

ここまで読んでも、「クスリで治った
人もいるのでは?」と疑問を抱く人も
いるだろう。
Bというクスリを「使った」ら「治った」!
。だから「効いた」?
じつに幼稚なかんちがいだ、
しかし医師もメーカーも、本気で“効いた”
と信じている。
これが、クスリの錯覚“三た主義”だ。この
三ステップで、因果関係は、なんら証明
されていない。なるほど“薬毒”投与でも
患者が「治る」ことはある。
それは、患者の自然治癒力が、“体毒”と
“薬毒”の両方に打ち勝ったからだ。

“薬毒”を与えなければ、より早く治った
はずだ。』

“出典:「テレビは見るな!新聞は
取るな!」
       船瀬俊介 著
     seikoshobo刊”

なるほど、医者は、単に詐欺を働いている
だけかと思ったら、西洋医療の詐欺に
医者自身もひっかかっているというわけ
ですね。

ただし「抗がん剤」は、自分にも自分の
家族にも投与しないで、患者にだけは
どんどん投与するという一例を見ても
わかるように、やはり仮面の裏は極悪
商売人である事は間違いないでしょう。

もちろん全ての西洋医療の医者がという
意味ではないでしょうが、大半の医師が
という事で間違いないはずです。

今回とてつもなく超危険なワクチンが
我々に接種さされようとしていますが、
多くの医師は、平気で打ってきそうなのが
怖いところです。

それだけじゃくなく、西洋医療について、
私たち一般人が、自分で正しい知識を
身につけていなければ、ワクチン以外
でも超危険な薬物や医療措置が、ある
ので、やはり今回の記事のような
知識は絶対必要でしょう。

西洋医療を盲信している多くの人たち
に、一刻も早く気づいていただきたい
ものです。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です