知られていない西洋医療のクスリの本質 その働きを徹底分析


この記事は
必見!レムデジベルもアビガンも
超危険薬だった!

の続編にあたります。

前回で、とことん医療産業とその背後に
ある支配層、そして同じく配下にある
政府の本質が、よくわかっていただけた
かと思います。

そしてレムデジベルやアビガンだけで
なく、これまでの医薬品が毒でしか
なかったという事は
珍コロの特効薬など存在しない!そもそも
薬や病院を頼るのが大間違い!

という記事でも説明しています。

そして今回は、意外と知られていない、
西洋の医薬品というのが、本質的に
どんな働きをするのかを、船瀬氏の著書
の解説から学んでいきたいと思います。

『』内が引用で、~が中略です。


クスリは患者を治さず、最後は殺す

薬物療法は医学最大のペテン

~あなたは「クスリが病気を治す」と
信じている。
しかし、それはまちがいだ。「病気を治す」
のは、あなたの体のなかに存在する
自然治癒力だ。現代医学は、
ウィルヒョウ以来、その自然治癒力を黙殺
している。

(引用注:ウィルヒョウという人物は、現代
病理学の父として称えられている人物です。
称えられている時点で、支配層のための走狗
であるのはあきらかで、その証拠に、
世界の公式の科学界の頂点でもある王立学会
つまりロイヤルソサエティーに属していた
事からも、わかろうというもの。)

テレビ・新聞などのマスコミもそうだ。
医学もメディアも闇の権力の僕(しもべ)
であり、走狗なのだ。
教祖のウィルヒョウが唱えたごとく
「病気を治すのは、医師、医薬、医術」
と繰り返す。
そして今度は、無知純朴な大衆を“洗脳”
している。~

クスリの効果は毒物反射

●第一:毒物反射

そもそも医薬とは何か?
その効能とは何か?
「クスリは、ほんらい毒でふる」
これは医者ですら認めている。
たとえば、毒物を被験者に投与したとする。
するとその身体は毒物に対して、生き残ろう
と生理反応する。
それが「毒物反射」だ。
たとえば、Aという毒物を投与した。
すると、血圧が、スッと下がった。
それは、まさに「毒物反射」だ。
つまりは毒作用の一種。しかし、研究者も
製薬会社も、この結果に小躍りする。
「この物質Aには、血圧効果作用が
あるぞ!」
さっそく、このAを血圧降下剤(降圧剤)
として認可申請。
製薬メーカーは大々的に売り出し巨額の
売り上げを達成する。
現在、多様されている降圧剤は、すべて、
このような経緯で、医薬品に認可され、
目のくらむ利益を上げているのだ。
ばかばかしいも、きわまれり・・・。

(引用注:以前にも書かせていただいたと
思いますが、血圧は結果にあらわれる数値
というだけで、それ自体により身体が悪く
なる原因があるわけではないのです。
血圧が高いという事は、それだけ生命維持
のための最大のエネルギー源である心臓の
働きが活発化している事の証でもあるから
です。ただし、高血圧で頭痛がするなどの
異常が見られるのは、血液が滞って、供給
がうまくいっていない事の証明だという事
なのです。
つまりリラックスや新陳代謝、そして
適度な運動、菜食を中心とした食事、入浴
などで身体を温める事などで、血液の汚れを
改善したり血管を柔らかく、広げるように
する事で、血圧は自然に治まるのです。
運動をすると心臓の代わりに、全身の
各部位に血液を送る働きを助けてくれる
ので、心臓の負担が軽くなる長所がある
のです。
逆に降圧剤などで、無理矢理血圧を下げる
と、心臓からの血液の供給力が弱くなり、
余計に血液の流れが悪くなる事で、心筋梗塞
や脳梗塞が起こる事にもつながるのです。

ちなみに以前も引用に使用させていただいた
「医者からもらった薬早わかり辞典」
2008年度版 主婦と生活社刊
には、降圧剤の項目の初めから三つほどの
降圧剤の重大な副作用の覧には、きっちり
心筋梗塞・脳梗塞またはうっ血性心不全
などが書かれています。さらに間質性肺炎
なども目にしましたが、まだまだやばい
副作用のオンパレードです。1度立ち読み
でもご覧になられたら、良いかと思い
ます。それだけで真実に気づいていただける
でしょうから。)

第二:副作用群

Aの毒物反射は、血圧低下だけではない。
その他、何十という毒反射の症状が出て
いる。しかし、医者も製薬会社も、
これらには目をつぶる。
「副作用」のひと括り(くくり)で
片付ける。彼らが望むのは、血圧低下
という“毒反射”だけ。それを「主作用」
として、大々的に宣伝し、売りまくる。
毒物Aを投与された患者には、どんな
作用が現れるか?
まず、毒反射で血圧が下がる。すると、
医者は目を細めていう。
「・・・クスリがちゃんと効いて
ますねえ」
しかし、Aには、その他何十もの毒反射
がある。副作用群である。まず、無理に
血圧を下げたため、認知症が出てくる。
するとこんどは医者は、認知症薬を
多種投与するのだ。

(引用注:これはわかりやすいですよね、
降圧剤のおかげで、血液の流れが悪く
なり、頭に血がいかなくなるのだから当然
の事です。逆に、より危険な認知症薬が
投与される事になるという悪循環
(医者にとっては好循環)が、始まる
というわけなのです。)

降圧剤「アジルバ」の医薬品添付文書
には以下の重大副作用が“注意”されて
いる。
「血管浮腫(ふしゅ)」「ショック」
「失神」「意識喪失」「急性腎不全」
「肝機能障害」「横紋筋融解症」・・・
など。これだけで、あなたは背筋が寒く
なるはずだ。

(引用注:船瀬氏は、ネットの医薬品
添付文書を調べられたようですが、
やはり分厚い薬辞典の方が詳しく説明
されていると思います。
アシルバは、私所有の2008年には
まだ出されていなかったようですが、
降圧剤の大体どれの重大な副作用にも
心不全や心筋梗塞・脳梗塞などが、
はっきりと書かれていて、本来降圧剤が
防ぐものであるはずの健康被害を、
逆に誘発する働きをするとあるわけ
なのです。)

医者は、これらの副作用が出ると、
各々“症状”に対応して、またもや医薬
を投与する。
こうして、クスリの種類と量は、爆発的
に増えていくのだ。
(注:少なくとも、自分の飲んでいる
クスリの「医薬品添付文書」はネット
検索し熟読すること。その副作用群に
腰を抜かすだろう。それすらやらない
のなら「勝手に殺されなさい」という
しかない)

(引用注:先ほども書きましたが、やはり
ネットより、書店にいって分厚い薬辞典を
買うか、または立ち読みで真実を知るか
した方が良いと思います。)

第三:「命の振り子」

薬物療法の問題点は、それだけではない。
次ページの図は「命の振り子」である。

(引用注次ページの図とは以下の図の事
です。)

下に引っ張る力が自然治癒力だ。
西洋医学の、もう一つの致命的な過ちは
「病気」と「症状」を混同したことだ。
東洋医学は、「症状」を「病気」の
「治癒反応」ととらえる。こちらが、
正解だ。
風邪という「病気」のとき、「発熱」
「咳」「下痢」などの「症状」が
現れる。
それらはすべて、「風邪」を治すための
「治癒反応」だ。
「発熱」は病原体の毒薬を排出するためだ。
「咳」「下痢」は病原体の毒素を排出
するためだ。
どれも大切な治癒反応だ。
しかし、西洋医学は、これら各々を“病気”
とかんちがい。
解熱剤、鎮咳剤、下痢止めを処方する。

(引用注:勘違いというより、わざと
公式の西洋医学が、間違えるように
定義させ、それまでホメオパシーなど
あらゆる自然医学が発達していた西洋に
あの血族、特に支配層の息のかかった
代理人たちによって、このふざけた
西洋医学のみを正式の医学とし、それを
もとにした西洋医療を施す医師だけに
医師免許を与えるように制度下して
しまったのです。
詳しくは、
“「医療殺戮」
ユースタス・マリンズ著 矢部 真訳
            面影橘出版”
を読んでいただければ、より詳しく
わかっていただけるかと思います。)

振り子は、治癒とは逆向きに押し
戻される。
これが、現代医学の致命的欠点、
逆症療法だ。

振り子はピタリと止まったまま、悪く
すると押し戻されて悪性化する。
だから、薬物療法は病気を治せず、
悪化させ、最後は死なせるのだ。』

“出典:「テレビは見るな!新聞は
取るな!」
       船瀬俊介 著
     seikoshobo刊”

まだクスリのトンデモ効果は続きますが、
長くなりましたので、続きは次回にさせて
いただきます。

まあとにかく、医療薬、医薬品のコンセプト
がよくわかる、内容でしたね。
確かに、クスリによって、いったん好転した
かのように見せかける、生体反応があって
それが「売り文句」となり、私たちに
宣伝されるわけです。
ですが、単なる生体反応は、本当の治癒反応
につながるどころか、ますます難治化し、
さらなるクスリを処方する方向にもって
いかれるのです。

しかも見せかけの好転反応より、圧倒的に
危険な副作用だらけです。
ですが、医者から詳しくその事を説明
される事はありません。
だから自分で調べるしかないのです。

私が、薦めているのは、どの書店にも
必ず置かれている、薬の副作用などまで
全部書いてある分厚い「薬辞典」の本です
通常二、三種類置いてあるので、どれでも
良いと思います。
そういうものをまず立ち読みでもいいから
読んで、真実を知りましょう。

そうそう通常のワクチンについても、
以前の記事で説明しましたよね。

最後にもう一度掲載しておきましょう。

ではキャリー医師の言葉に続いての私の
説明です。


キャリー医師
「いいですか?
抗体があるからといって免疫があること
にならないんですよ」

この答えは簡単です。

抗体は、ワクチンによって
つくられるものではなく、全て身体の
免疫力によって創られるものだと
いう事です。

この抗体というのは、一度侵入された
ウィルス(ほんとはエクソソーム)や
細菌などを免疫細胞が倒していく事
で、どんなウィルスであったかを
知るための情報源であり、感染して
いなかった人には、存在しないもの
なのです。

つまりその状態でも免疫細胞は
働き、進入してきたウィルスや
細菌を撃退するために働くのです。

それが免疫力があるつまり免疫が
あるという事です。

では抗体が見つかるのは、すでに
感染して、完治した人や、現在
感染している人だという事ですね。
完治した場合なら、すでに免疫が
働いて、抗体ができたので、
抵抗力がついているので、治療の
必要は全くありません。
そして、感染している場合でも
すでに免疫力が働いて、治療の必要
のない人なので、これも抗体が
見つかっても、治療の必要は
ありません。

だから抗体を見つける事ができたら
その人の身体に元々備わっている
免疫力が正常に働いたという事を
証明するだけであり、とても
喜ばしい事なのです。

つまりワクチンによって、初めて
免疫ができた、また免疫力が備わる
ようになったというわけではなく、
私たちには、もともと「免疫」が
あるというのが、正解だったの
です。

だからワクチンによって無毒化
または弱毒性の新型コロナを
体内に侵入させても、大した
毒性がないウィルスなら抗体が
つくられず、ただマクロファージ
などの免疫細胞で捕食されるか
またはほっておかれます。

(こことても重要です。
ワクチンによって、弱毒性の新型
コロナといってもらしきもので
あるというだけですが、それが
投入されて弱すぎて、体内に
ほっておかれて存在するように
なるので、それがPCR検査に
ひっかかる可能性があるという
事なのです。つまりワクチンに
よって余計に、陽性反応が出やすく
なる可能性もあるという事なの
です。)

つまり何度も繰り返させて
いただきますが
「抗体は、ワクチンによって
つくられるものではなく、免疫力に
よってつくられるものなのです。」

そもそもワクチンによって抗体が
できたから免疫を獲得したという
意味であるかのように、説明
されていますが、それは大きな
間違いだという事です。

さらに抗体は、ワクチンそのものの
毒性によってもつくられます。

だから、有害な化学物質が含まれて
いるコロナワクチンによっても
抗体ができるのは、当たり前
ですが、、それはワクチンの毒性に
よっての事であって、コロナウィルス
(もちろん存在もしていませんが)に
対する抗体などでは、もちろんない
という事です。

それでもメディアや政府は、ワクチンに
よって抗体ができたから、効果が
あるなどと、さらなる詭弁を用いて
国民にワクチンを接種させるシナリオを
思い描いているのは確実なので、
できるだけ早く日本人の多くが、正しい
知識を身につけなければならない
という事なのです。」

という事でしたが、今回のワクチンは、
もはや抗体うんぬんどころの騒ぎではない
事は、これまで記事で取り上げてきた
通りですね。

とにかく拒否するしか道は残されて
いないという事です。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「知られていない西洋医療のクスリの本質 その働きを徹底分析」への6件のフィードバック

  1. あんみんさん、いつもありがとうございます…m(_ _)m
    ところで気になる記事がありましてあんみんさんもご存知かも知れませんが、

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a89601f567fe9c4cc52aa7d80905a1175342eb4f

    長崎大学医学部の北潔教授の研究発表なのですが、この実験では実際にcovid-19に関連するウイルスを単離し培養されたのかなと…
    直接先方に質問できるものかどうかわかりませんがもしかしたらあんみんさんなら何かご存知かと思いコメントいたしました…
    お忙しいところ恐れ入りますがまたお時間あるときによろしくお願いします…m(_ _)m

  2. 何度もスミマセン…
    既にご存知かもしれませんがこちらの方のブログの方がわかりやすかったので追加いたします…
    兎にも角にもワクチンや治療薬云々は元より所謂新型コロナウイルスなるものが存在し、それが分離単離され、培養増殖が確認されているかどうかがまず肝になると思いますのでこちらの記事は気になりました…

    https://ameblo.jp/64152966/entry-12657375970.html

  3. あんみんさんへ
    もし良かったら「コロナの真実を読み解く鍵は、あの3.11の大震災の真実にあった!」のコメント欄返事頂けたら嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です