天才画家ルビーさんのクロス計算機とは サビアンカルテット新展開


またまた、天才画家ルビーさんが
やってくれました。前回の
五芒星計算機システムに続いて
今度はクロス計算機システムを
開発されたのです。

これはどういうものかといいますと
自分の出生日時を打ち込むだけで
みなさんの太陽や月などの天体の
それぞれの深い意味を示してくれる
スクエアやオポジションのアスペクト
のシンボルが同時に出てくると
いう事なのです。
もちろん調べたい日時の特定の天体
についても同じ事が言えます。

これは、私が展開し始めていた
サビアンカルテット(四重奏)の
オポジションやスクエアのシンボル
を一発で出してくれるスグレモノ
なのです。

つまりこれ以後のサビアンカルテット
の記事は、このルビーさんの
「クロス計算機」で出した、絵と
メッセージをともに紹介する形に
なるという事です。

私は毎日のサビアンシンボルでも、
常にシンボルのスクエアとオポジション
を合わせて解説しています。

なぜなら、シンボルの深い意味を
捉えるには、逆のエネルギーとしての
スクエアのシンボル二つと、
対称的で、表裏一体のエネルギー
としてのオポジションのシンボルを
明らかにする事は非常に重要だから
です。

という事で今回の冒頭には前回の
サビアンカルテットの組み合わせの
シンボルを、このルビーさんの計算機
で出してみたものです。

前回の記事はこちら↓
個人と全体の完全エネルギー   
サビアンカルテット四重奏その2

です。

冒頭のルビーさんの画像のシンボルは
以下の画像のようになっています。

私のサビアンカルテットでの解釈では
蠍座16度
「突然笑顔になる少女」
に対しての逆という意味で、個人の
少女に対して、多くの人に対する
影響力を示すビジネスマンの
水瓶座16度や、多くの人達に
影響する太陽の恩恵という
獅子座16度が、スクエアとして
配置されているという事。

そして蠍座16度が少女で、明るい感情
である事を示しているのに対して、
対称の牡牛座16度が、老人で虚しい
気持ちになっているという事で、対称的
な関係になっているという事を説明
していました。

今度は、そういう関係の解釈とは
全く別次元にある、それぞれの
シンボルをポジティブに捉える
ルビーさんのメッセージを
読み解いてみたいと思います。

ルビーさんのメッセージが

蠍座16度
いきなり笑い出す少女の顔

どんよりした空気を明るく照らす度数

水瓶座16度 (15.29˚)
机に向かう偉大なビジネスマン

安全な場所で最高のストーリーを
練る度数

牡牛座16度
神秘を暴こうとする老人

価値あるものに自分の時間を注ぐ
気概を持つ度数

獅子座16度
嵐の後の陽光

落差を演出し感動を呼び起こす度数

これはまたアーティストならではの
鋭敏な感性と、すべてをポジティブに
捉えようとする、愛にあふれた
解釈でのメッセージとなっていますね。

蠍座16度は、ネガティブな雰囲気を
一掃できる、はつらつとした少女の
笑いという事。

水瓶座16度は、机という安全な場所
でビジネスの展開を読み、最善の
結果をもたらせるという人物。

牡牛座16度は、真に価値のある神秘
を広げるために、モチベーションを
高めている老人。

獅子座16度は、困難があったから
こそ太陽が再来した事での恩恵に
対する感動を示しているという事。

素晴らしい、全てがポジティブな意味
となって、互いのシンボルを支えている
という事ですね。

次回もまたエネルギーの解釈からの
私の解説と、全てのシンボルから
ポジティブエネルギーを引き出せる
ルビーさんのメッセージを合わせて
ご紹介していこうと思います。

またなんとルビーさんが、全天360度
を7分割する、七芒星計算機システムを
開発されたので、それもご紹介する
記事を書こうと思ってます。

最後に今回のルビーさんの絵を貼り
付けておきますね。
やはり神秘的で壮観です。

牡牛座16度の老人が手にする刀の
ようなものは、神秘と何か関係が
あるのでしょうね。

蠍座16度 
いきなり笑い出す少女の顔

水瓶座16度 
机に向かう偉大なビジネスマン

牡牛座16度
神秘を暴こうとする老

獅子座16度
嵐の後の陽光

 

いつもありがとうございます(^^)

 

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です