インド占星術惑星の性質と働き  ケートゥについて


インド占星術の惑星の性質と働きに
ついてご紹介してきましたが、惑星
としては、今回最後になりました
「ケートゥ」をご紹介します。

前回のラーフと同様、実体のない惑星
という事で、西洋占星術に慣れ親しんだ
人にとっては、なじみのない惑星です。

ただ前回のラーフが、ドラゴンヘッドに
あたり、今回のケートゥが、ドラゴン
テールにあたるもので、西洋占星術との
解釈の比較も楽しみですが、それに
ついては別の記事に書かせていただこう
と思います。

さてケートゥがじんな惑星なのか、いつも
のように引用させていただきましょう。

『』内が引用です。

『 ケートゥ(ドラゴンテール)
ラーフとケートゥは月の軌道と太陽の軌道の
2つの交点を指します。このうち降交点が
ケートゥです。実際に存在する星ではなく、
実体の無い影の惑星と呼ばれます。
この星の象意としては、ラーフの逆で、
禁欲主義、純粋さ、内向的。ラーフが
物質的・快楽主義であるなら、ケートゥは
精神性を高める方向に進む傾向。まるで
お坊さんのような星です。ケートゥは、
神の神秘をもっとも微細に体現している
という意味で、解脱をもたらすものと
呼ばれています。 象意としては、
外国人、外国。医療従事者、哲学。
テクノロジー関係の仕事。オカルト主義。
超能力。識別力。解脱、悟り、真我。
精神性の高さ。突発性。信じられない
出来事。偏屈。他には風邪、潰瘍、陰謀、
毒のある言葉など。
また、ケートゥは、医者や病気を
治癒する人を育てるのに重要な働きを
します。ケートゥが10室に絡むと、
医療従事者につく人が多い。また、他の惑星
との絡みで、発明家になったり、微細な自然
の神秘をあつかう人を意味したりもします。
12室に在住するケートゥは吉とされ、
この配置の人は、鋭い直感や霊感を持つ人が
多い。また月がケートゥとコンジャクト
しても、この傾向が発現します。
ケートゥは基本的に凶星の扱いですが、
その吉凶はその在住する室やアスペクトする
星に大きく依存します。
「Brihat Parashara Hora Shastra」の
36章では「ラーフやケートゥがケンドラか
トリコーナに在住するか、あるいは、ケンドラ
かトリコーナの支配星とコンジャンクト、
あるいはアスペクトされるなら、
ラージャ・ヨーガ・カラカ(ラージャヨガを
形成する表示体・吉星)になる」と書かれて
います。また、ディスポジター
(在住する室の支配星)の状態によっても、
吉凶が大きく依存すると言われます。
また、ダシャーでのケートゥ期は、内向的に
自分を見つめる時期になりやすい
(世俗的なイベントは起きにくい)。

一般象意
アウトカースト、最下層民、外国人、
医療従事者、真我、禁欲主義、解脱、超能力、
識別力、幽霊、毒のある言葉、陰謀、
オカルト主義、哲学

関連職業
テクノロジー関係の仕事、言語学者、
コンピューター・プログラマー、医療関係

病気
粘液、悪性腫瘍、皮膚病、むくみ

人間関係  母方の祖父 父方の祖母

宝石    キャッツアイ

“出典:インド占星術.com
「惑星」より”

前回のラーフが、煩悩、欲望、快楽主義
だったのに対して、まさしく真逆の象意
のようです。
つまり禁欲主義、解脱、真我という事
で、むしろこれはとても意識レベルの
高い惑星となっているようです。
しかも霊感や超能力とも関係がある
という事で、しかも解脱を象意としても
いるという事で、私がテーマにしてきた
事そのものだとも言えます。

ケートゥは基本的に凶星扱いですが、
「ケンドラかトリコーナに在住するか、
あるいは、ケンドラかトリコーナの
支配星とコンジャンクト、あるいは
アスペクトされるなら、
ラージャ・ヨーガ・カラカ
(ラージャヨガを形成する表示体・吉星)
になる」となるという事です。

つまりケートゥが、
第1、4、5、7、9、10
ハウスにあれば吉星扱いですし、
またケートゥと同じハウスに惑星が
あるか、またはケートゥとアスペクト
(アスペクトするというのは、基本的
に対抗の位置のハウスに在住する
惑星どうしという事になります。)
するハウスに惑星があれば、それらの
惑星が、ケンドラかトリコーナの
支配星であれば、吉星となり、
ラージャ・ヨーガ・カラカとなる
という事です。

そしてまたケートゥが10室に絡むと
医療従事者となったりするという事
いですが、ここでの医療というのは、
インドにおいて太古からある本当の意味
での、患者を治癒させる医療だという
事です。間違っても現代西洋医療では
全くないでしょう。
またケートゥは他の惑星との絡みで
発明家になったり、微細な自然の神秘を
あつかう人を意味したりもするという
事ですが、私はこの微細な自然を探求
してもあるので、なんらかの関係が
あって欲しいとは思います。
ただ機能的吉凶をみる限り手放し
で喜ぶわけにもいかないようですが。

またケートゥが12室に在住したり
月と同室になったりすると、霊感や
直感の鋭い人になるという事です。

こういうのがある人は、とても良い
武器をお持ちだという事で、喜んで
くださいね。

さて居心地は下の画像になりますが、
ラーフと同様関係のある場所が
とても少なく、これも諸説あるという
事でご参考までに。

射手座がムーラトリコーナという
のは、射手座の支配星が木星で
精神性の大吉星という事で、精神
を司るケートゥにとって居心地が
良いのはうなずけます。
そして蠍座が定座・高揚という事
ですが、蠍座は精神的、超自然的、
神秘的なことに興味があるという事
なので、これも居心地の良いのが
わかります。ただ蠍座の支配星
火星というのは、欲望や暴力などを
意味していたりして、およそ、
ケートゥとは相性の良くないものに
思えます。これはインド占星術では
なく、西洋占星術での冥王星が蠍座
の支配星であると捉えると良く
理解できるのです。

西洋占星術といっても、私のサビアン
占星術的、冥王星解釈の方で、よく
理解できるという事なのですが、
私は冥王星を意識の核、隠された
自己の核心と捉えているので、
このケートゥの居心地の良さと
いう意味で見事にリンクする事
になるという事なのです。

蠍座の支配星は、つまりは、太古に
冥王星が観測されていれば、
インド占星術でも冥王星
という事になっていたかも
知れません。

この居心地や、ケートゥ自身の性質から
私のケートゥを私のラーシ・チャート
で見てみましょう。

前回のラーフにおいては、
ラージャ・ヨーガ・カラカ
つまり吉星となってくれていた
のですが、今回のケートゥは、
11ハウスで、ケンドラハウス
でもトリコーナハウスでもなく、
また同室する惑星もなく、対抗
にあってアスペクトしているのが、
支配星を持たないラーフなので、
どっからどうみても、吉星という
扱いにはならないようです。

これは号泣ですね、なぜなら、
神秘を追求し、精神性も高めたい
私なら、ケートゥが吉星であった
欲しかったわけですから、しかし
この11ハウスというのは、困難
を意味しますが、努力すれば改善
するともいわれてます。
おーわずかに光が・・
それとよくよく見たら、
「ディスポジター(在住する室の支配星)
の状態によっても、吉凶が大きく依存する
と言われます。」と書かれています。
つまり私のケートゥが在住する天秤座の
支配星は、大吉の星金星で、しかも
金星はトリコーナハウスという吉意を
活かすハウスではありませんか、これは
ありがたい。これで、大きくケートゥを
活かせる可能性が出て来たという事
ですね。
金星ありがとう。それに私はこの金星が
実はインド占星術でも、特に精神性の
高さを象徴していると、読み取れて
いるので、ケートゥの居心地も当然
良くなっているはずだと見てとって
ます。これは私の金星の解釈を
ご覧になっていただれば、そう解釈
しているのがわかっていただける
と思います。
とにかく大事にしたい惑星なので
活かしていかなきゃ。

このように超ポジティブに捉えても
良いと思います。

さて次回からは、惑星と同じくらい重要な
室(ハウス)について見ていきたいと
思います。

ではまた(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

インド占星術編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です