ノーバイルというアスペクトについて  調和的なつながり

とても意味のあるつながりになる
アスペクト「ノーバイル」について
ご紹介したいと思います。

これはホロスコープ上の
全天360度を9つに分割した
アスペクトです。

近年注目され出した、意味のある数字
によるハーモニクスと呼ばれる分割
でのマイナーアスペクトという事です。
以前から知られているクインタイルの
1/5や、この間もご紹介しました
セプタイルの1/7とともに意味の
あるアスペクトとなっています。

ハーモニクスは、1/9だけでなく
2/9にも意味があり、バイノーバイル
と呼ばれています。
またノーバイルの事をノヴァイルとか
表記する場合もありますし、宿曜占星術
ではノナゴンとも呼ばれています。
私はノーバイルで覚えたので、それで
いこうと思います。

このノーバイルも、クインタイルや
セプタイルと同じように、サビアン
シンボルでは、意味が強くつながって
いるものが多くみられるので、
マイナーアスペクトとして片付けて
しまうには、もったいないアスペクト
なのです。

確かにクインタイルは全天の1/5で
あり、五芒星に通じる事から、神秘的
なゲートという解釈ができました。
またセプタイルは、1/7で、7は
神秘的なエネルギーを持つ数字である
という事から、やはり神秘的な
つながりを持つ事ができるという解釈
ができました。
ではノーバイルの9で分割するという事
には、どんな解釈が成り立つの
でしょうか?

確かに9は、古来日本でも、最高の吉数
とされてきましたし数秘術では9は完成
そして普遍的な愛を示していて、とても
調和的で、意味の深い数字のようです。
また深い瞑想は9ヘルツの脳波であり、
とてもリラックスした癒やしの気持ちを
誘因するアルファ波だという事です。
という事で9は、わりと良い意味で
使われる数字で、占星術でもこの1/9
であるノーバイルには、調和的な意味
があるとされています。
また妊娠や結婚を意味するものとされて
います。

またインド占星術でもこのノーヴァイル
のアスペクトは重視されていて、調和的
な働きを持ち、結婚も意味するという事
です。

とにかくノーバイルが単なるマイナー
アスペクトではないという事は、
サビアンシンボルでノーバイル同士が
意味のあるつながりになる事がとても
多くいという事からも確実です。
つまりノーバイルは、セプタイルや
クインタイルと同様に重要なアスペクト
だという事なのです。

たとえば、
射手座17度
「復活祭の日の出の礼拝」
とノーバイル(40度)の関係に
あたるのが

山羊座27度
「山の巡礼」
です。

また
蟹座18度
「ヒヨコのために土をほじくる雌鳥」
とノーバイルの関係にあるのが

獅子座28度
「大きな木の枝にとまるたくさんの
小鳥」
です。

このようにぴったりの40度のノーバイルの
角度で意味のあるつながりになって、いる
ものがわりと多くあり、さらにオーブ1度
くらいだとさらに数が多くなります。
つまり宇宙的言語であるサビアンシンボルで
メジャーアスペクト以上に、つながりのある
シンボルがいくつもみつかるこのノーバイル
というアスペクトは、やはり重要だという事
です。

このノーバイルのつながりのサビアンシンボル
については、またシリーズでご紹介して
いこうと思います。

ではまた(*’▽’)

いつもありがとうございます(*^_^*)

サビアンノーバイル編一覧

サビアン占星術解釈編一覧

アスペクトについて一覧

あんみんの西洋占星術

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です