臨死体験者の体外離脱について  その2

これは臨死体験者の体外離脱について
という記事の続編です。
レイモンドムーディ氏が、40年以上にも
わたる臨死体験研究の最初の成果である
処女作から、同氏の臨死体験中の
体外離脱体験についての見解を引用
させていただきます。

「」内が引用で、~が中略です

「多くの人が新しい肉体に関して、「浮遊
しているような感じ」とか「無重力状態の
ような感じ」とか「漂っているような感じ」
などと表現している。
物理的肉体に宿っている時、通常、わたし
たちには、多くの知覚手段が備わっており、
一瞬ごとに自分の肉体や肉体の各部分が
重要な役割を担っているのだが、実は
これに関係している位置や動作の有無が
わかる。いうまでもなく、視覚と平衡感覚
が重要な役割を担っているのだが、実は
これに関係している感覚がもうひとつ
ある。
つまり筋感覚で、これは腱、関節、筋肉
などの運動や、緊張をとらえる感覚である。
わたしたちは筋感覚を常に働かせている
ので、この知覚が麻痺しており、そのため
ふだんは筋感覚を通じて伝達される感覚を
意識していない。しかし、もしも突然
この知覚が切断されたら、一瞬のうちに
この感覚の欠如に気づくのではないかと
思う。事実、かなり多数の人が、霊的肉体
に宿っていた時、体重、運動、位置感覚に
関する物理的知覚が欠如しているのに
気づいたといっている。
 霊的肉体のこうした特性は、はじめの
うちは、能力の欠如のように思えるが、
得意な能力だと見なすほうが妥当である。
こう考えたら、よいだろう。霊的肉体に
宿っている人は、周囲の人々より有利な
立場にある。霊的肉体に宿っている人は、
周囲の人を見聞することができるが、
周囲の人にはそれができない(スパイ
なら、ほぼ例外なくこの状態を
うらやましく思うだろう)。同様に、
霊的肉体に宿っている人がドアの取っ手
に触れると、それが手の中をすり抜けて
しまうように思えるが、それならそれで
一向にかまわない。間もなくドアその
ものを、自分がいともたやすく通り抜け
られることに気づくからである。
こつさえのみこんでしまえば、この状態
で動き回ることは非常に簡単である。
物理的な物体は何の障害にもならないし、
別の場所への移動は極めてすみやかに、
ほとんど瞬間的に行える。
 さらに、物理的肉体に宿っている人間
には、霊的肉体を知覚する能力が備わって
いないにもかかわらず、霊的肉体に宿った
体験を持つ人々は一様に、充分な説明は
不可能ではあるが、霊的肉体はとにかく
何かであるといっている。霊的肉体には
外形あるいは形態があり(球形や無定形
の雲のような場合もあるし、本質的に
物理的肉体と同形の場合もある)、身体
の部分さえある(腕、脚、頭などに相当
する突出部や面)という点でも、全員の
話が一致している。全体的に丸味を帯びた
形状だったと報告されている場合でも、
はっきりそれと判る上部と下部の両端が
あったと報告されている例が多いし、
「体の部分」にあたるものについて言及
した報告さえある。
 この新しい肉体に関しては、様々な
表現が用いられているが、いずれの
場合も、ほぼ同じことを述べようと
していることが簡単に判る。
霧、雲、煙のようなもの、蒸気、
すきとおったもの、色のついている雲、
筋のようなもの、エネルギーの一形態
などのことばは、いずも似たりよったり
のことを意味しているのである。」
“出典:「かいまみた死後の世界」
レイモンド・A・ムーディー・Jr.著
         中山善之 訳
            評論社 刊”

最後の体外離脱の後に自分の体のことを
霧、雲、煙のようなものと表現する答え
はみんな共通していて、やはりプラズマ
現象の事をいっているのだとわかり
ますね。
超常現象で、プラズマは時空のゲート
としても働きますが、肉体から離れた
自分がプラズマの時空のゲートとして
存在しているという事は、生死の境界
線としての役割も果たしているという
事です。そしてその白い霧や雲が
やがて消滅すると二つのコースを
たどることになります。一つは、もう
一度肉体に戻って生き返ることです
が、もう一つはより高い霊的次元に
移行することなのです。
つまりプラズマの時空のゲートは、
私たちがこの世に入ってくるための
ゲートであり、また霊的次元に戻る
ためのゲートでもあるという事なの
です。
もちろん肉体を離れた事で自由に
なれたのが、物理的制約からのもの
で、ほとんど自在にあちこち飛び
回ったり、瞬間移動なども行える
ようです。
そしてまわりから見られることは
ない。
つまりプラズマ現象は、一時的なもの
でもあるようです。臨死共有体験者が、
人が亡くなる時に、白い霧や雲の
ようなものが、主に頭から抜けていく
ようだったと証言しているのも、
同じくプラズマ、それも生体プラズマ
といえるわけです。
また臨死体験中は、まわりの人の思念
まで読み取ったり、相手自身になって
みたりという事も多くあります。
これは霊的なフィールドでは、全てと
一体になるという事の裏付けでもある
のです。

臨死体験者について次回は、時間の
感覚についてです。

ではまた(^^)

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あなたの射手座15度


射手座15度のサビアンシンボルは
「自分の影を探すグランドホッグ」
です。

このシンボルが太陽にある人は、自分の
の内面、精神世界を充実させる事を、
大切にする人でしょう。
それほど、内向的な性格というわけでは
ありませんが、外よりは内に意識が向く
タイプでもあります。
また自分のパートナーや親友に対しては、
とても思い入れが強く、そのような大切に
したい少数の人たちとの時間を何より
優先させようとするでしょう。
適職は、イラストレーター、研究職、
プログラマー、グラフィックデザイナー
などとなります。
異性に対して、特に精神的な結びつきを
重視するので、浮気などは全くせずに
誠実であり続けるでしょう。
逆に相手が浮気をした場合は、即破綻
する事になります。

このシンボルが月にある人は、家族優先
の人生となるでしょう。自分にとって
身近な人を第一と考えるからです。
自分の時間を持つよりも、身近な人と
過ごす事に喜びを感じるタイプです。

水星にある人は、自分の内側から湧いて
くるような衝動を絵やイラストなどで
表現しようとするので、そのような
ジャンルで習い事を始めれば、将来
イラストや絵、グラフィックなどを
職業にできるでしょう。

金星にある人は、自分と全く正反対の
性質を持つような異性と運命的に出会い
結ばれる可能性が高いです。

あなたの射手座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ