どうしても家に閉じ込めて家畜のように管理したい奴らによる気候ロックダウンとは?


これは最近の情報をテーマを統一せず
にいくつかビックアップして、抜粋
しながら取り上げていくという記事
です。

オーストラリアといえば、ワクチン
強制接種など、支配層のアジェンダ
(新世界秩序実現のためのシナリオ)
の展開がとても深刻な事で、既に
有名ですが、南オーストラリアでは
気候ロックダウンに備えるためと
いう名目で、気候緊急事態宣言が
発令されたようです。

記事を観てみましょう。


さてはてメモ帳さんのサイトより
南オーストラリア州、来るべき気候
ロックダウンに備え、気候緊急事態を
宣言 Arsenio Toledo

<転載開始>
South Australia declares climate
emergency in preparation for
coming climate lockdowns 
Thursday, June 09, 2022 by:
Arsenio Toledo

https://www.naturalnews.com/
2022-06-09-south-australia-declares
-climate-emergency-climate-lockdown
.html#


 

(ナチュラルニュース)オーストラリアの
南オーストラリア州は気候の非常事態を
宣言したばかりです
が、気候による
ロックダウンが間近に迫っています。

人々を強制的に家に閉じ込め、ほとんど
どんな理由でも外に出させないという
考えは、武漢コロナウイルスのパンデミック
に由来すると、InfoWarsのオーウェン・
シュローヤー[Owen Shroyer]は言います。

「危険なウイルスがあれば、社会を
閉鎖するという前例を作るためだ」と、
彼は言いました。「その前例が受け
入れられると、今度は、人間である
あなたがウイルスであると決めつけ、
そうすれば、人間のウイルスが人為的な
気候変動を引き起こしているので、
ロックダウンを受け入れるようになる
でしょう。」 (関連:政府は人々を
再びロックダウン(監禁)状態に
するために気候の危機を宣言するだろう
)

これは、オーストラリア労働党の下で
左寄りの政権を選出したばかりの
オーストラリアの南オーストラリア州で
起きていることです。選挙直後、新しく
選ばれたピーター・マリナウスカス[Peter
Malinauskas]州首相は、気候の緊急事態を
宣言しました

「緊急事態の宣言は、暴君が議論を封じ、
反対者を黙らせ、成立が困難な法案を
強行採決したいときにすることだ」と、
ジャーナリストのリンカーン・ブラウン
[Lincoln Brown]がSpectator Australiaに
寄稿しています。「南オーストラリア州の
野党リーダー、デービッド・スピアー
ズ[David Speirs]は、労働党の動議を
単なる徳政令だと断じたが、確かに徳政令
ではあるが、それ以上に問題なのは、
この動議である。」

(引用注:要するにコロナが存在しない
事に気付くか、少なくとも弱毒性だと
理解する人たちが増えてきたので、
それに代わる緊急事態宣言の形態として
気候緊急事態宣言があるようです。

日本でもまた気象操作で似た事を、意図的
に引き起こす可能性はあるという事
でしょう。)

ブラウンは、気候変動による緊急事態は
始まりに過ぎないと警告しました。この後、
気候のロックダウン、二酸化炭素排出量の
追跡、個人の燃料使用や肉食の制限などが
続くでしょう。

(引用注:二酸化炭素排出量など、
実は気候変動に大して影響しない
事は、すでに世界中の多くの人々が
知るところとなっていますが、政府の
言い分材料としては、しっかり
残されているというわけです。

これは車での移動の監視体制や、食料
危機を助長するための制限にも
つながっていますね。)

「(それらは)今は陰謀論に聞こえる
かもしれないが、近い将来出現する
ための舞台は整いつつある」と、
ブラウンは言います。「歴史家の
スティーブン・チャヴラ博士が労働党の
運動に対して指摘したように、
『緊急事態とは、民主主義が自分たちの
ためにならなくなったときに使う言葉』
なのです、」

科学者たちは気候ロックダウンに反対
しており、環境を救うことはできないと
述べている

(引用注:要するに環境を保護する
なんていうのは、単なる大衆あての
名目にすぎないという事です。)

COVID-19のロックダウンの成功に
刺激されたのか、最近、複数の国際機関が
ロックダウンを推進しています。
その中には、国連環境計画も含まれており、
今後10年間、毎年7.6%の炭素排出を
削減するために、気候ロックダウンを
呼びかけています。

しかし、カナダの科学者グループ科学友の会
[Friends of Science Society]は最近、
気候ロックダウンに反対する立場を
表明しています。同団体は、たとえ
気候変動が事実であっても、ロックダウンは
それを阻止することはできず
、人々の生活
を破壊するだけだと指摘しています。

「COVIDロックダウン中の排出量の減少は、
大気中の二酸化炭素(CO2)の増加に
大きく影響するほどではないというのが
事実だ」と、科学友の会がカナダ銀行宛に
書いた公開書簡には書かれています。
「排出量の変化とCO2濃度の年次変化を
比較しなければならず、累積のCO2とは
比較できない。」

「さらに、二酸化炭素が気候変動の主な
原因であることが経験的に示された
ことはない」と、その手紙はさらに
述べています。「洪水、干ばつ
、嵐、ハリケーンを含む極端な
気象現象に世界的な変化はない。」

いわゆる気候変動に関する真実は、
ClimateAlarmism.news
で学ぶことができます』
“出典:「おおまに」様のサイト内の
さてはてメモ帳様の記事
南オーストラリア州、来るべき気候
ロックダウンに備え、気候緊急事態
を宣言

より”

「緊急事態の宣言は、暴君が議論を封じ、
反対者を黙らせ、成立が困難な法案を
強行採決したいときにすることだ」
とありますが、今政府が改憲のために
何かを画策しようとする場合があり、
その可能性の一つとして、気象操作に
よる非常事態宣言というものが、
あり得るという事です。

今回はおおまにさんのサイトに転載
されているさてはてメモ帳さんの
記事からの引用が中心です。

次は、


さてはてメモ帳さんのサイトより
スペイン政府、国連の要請により
ケムトレイルを市民に散布して
いたことを認める 
Lance D Johnson

<転載開始>
Spanish government admits to spraying
chemtrails on citizens, at behest
of the UN Thursday, June 09,
2022 by: Lance D Johnson

https://www.naturalnews.com
/2022-06-09-spanish-government-admits
-spraying-chemtrails-on-citizens.
html#


 

(ナチュラルニュース)戦略的に計画された
Covid-19「非常事態」の間、国連(UN)は
スペイン政府に対し、空から致死的な
ケムトレイルを散布する
ことを許可
しました。
2020年4月16日、スペイン政府は、国民全体
に殺生物剤を散布することを軍に
許可したことを静かに認めました。
この人口規模の医療実験は、「Covid-19に
よる健康危機的状況を管理するための
緊急事態」を隠れ蓑にして実施されました。
この絶望的な、しかしよく練られた計画は、
ニュルンベルク・コード(人権と医療倫理の
条約)の複数の項目に違反しているのです。
(蛇足:酸化グラフェンもこれで撒いたと
思われる。抗ウイルス剤だといいわけ
するだろう

スペインの保健大臣は、市民集団に散布する
ために軍隊を使用することを許可された

この殺生的ケムトレイル作戦は、3月14日の
勅令463/2020によって可能になったもので、
保健大臣は「市民の福祉、健康、安全を守り、
病気の進行を抑え、公衆衛生システムを
強化することを目的とした一連の措置」を
とることができるようになったのです。

勅令第463/2020号により、保健大臣は、
「委任された権限としての行動範囲内で、
警報、例外、現場という状態の6月1日付
有機法4/1981第11条に規定された措置の
いずれかを採用し、人、物、場所の保護の
ために、通常または特別のあらゆる
サービスの提供を保証するために必要な
命令、決議、規定、解釈指示を指示する」
ことができるようになりました。

さらに、SND/351/2020号は、
スペイン保健省に、スペイン軍と
軍事緊急部隊を作動させ、市民の上に
殺生物化学物質を配備する最高かつ
無制限の権限を与えました。サルバドール・
イラ・ロカ[Salvador Illa Roca]保健相は、
これらの新しい権限を使い、国防に関する
有機法5/2005の15.3条に従って、軍隊を
道具として使い、全住民に対する
医学実験を「指示」したのです。

スペインは「空中媒体」を使って気象を
改変してきた歴史がある

スペインは以前、全住民に化学薬品を
散布する手順を採用していました。
UNE-EN 14476規格は、保健省に殺ウイルス
化学物質、防腐剤、消毒剤のリストを
作成する権限を与えています。勅令は、
保健省が緊急時に展開する「空中媒体」と
「空中消毒技術」を活性化するよう求めて
います。この技術には、ネブライザー、
魔法瓶ネブライザー、マイクロ
ネブライザーが含まれ、国内の
「すべての表面」に到達させることが
目標とされています。軍隊と非常事態の
軍事ユニット内のCBRN防衛ユニットは、
これらの材料を配備し、全国的な空中消毒
手順を実行するために既に装備されて
います。

スペインは以前、二酸化鉛、ヨウ化銀、
珪藻土を含むケムトレイルの実験場として
使用されていたにもかかわらず、これらの
行動は一般的に「陰謀論」と呼ばれて
います。これらのケムトレイル作戦は、
2015年に気候を操作するために使用され
ました。カクテルは現地の気温を
上昇させ、空から湿気を押し出し、
観光に適した状況を作り出します。
欧州議会議員ラモン・トレモサ・
バルセルズ[Ramon Tremosa Balcells]は、
2015年5月19日に欧州議会で、国家気象庁の
職員が、スペイン全土に有毒化学物質
撒き散らす飛行機を報告したと証言して
います。

ビル・ゲイツのようなグローバリストも、
太陽減光ケムトレイルプロジェクト
実験場として国々を利用しようとして
います。これらの地球工学プロジェクトは、
「気候変動」に対する解決策として
提案されています。ビル・ゲイツの
プロジェクトは、国際的な科学者によって
非倫理的であるとみなされています。
これらの地球工学プログラムは、
気象パターン、農業、生態系、大気質、
人間の健康、食料と水の安全保障に
悪影響を及ぼすと同時に、さまざまな
人権侵害が問題視されています。空の
所有者は誰なのか、そして、同意なしに
人体実験を行った責任は誰にあるの
でしょうか?

ケムトレイルに関するその他のニュース
ChemtrailsNews.comをご覧ください。

“出典:「おおまに」様のサイト内の
そてはてメモ帳様の記事
スペイン政府、国連の要請により
ケムトレイルを市民に散布していた
ことを認める
より

ケムトレイルというのは、軍用機や
その他の航空機から撒布される
人体に超有害な噴霧物質で、
正式名はケミカル・トレイル
と言います。

体制側丸出しのウィキペディアには
デマと出ていますが、もちろん
ウィキペディアの方がデマです。

その事は真空についての説明でも
取り上げてますが、今回は省略
します。

とにかくそういうデマ扱いする、
体制側の工作も、今回のように
スペイン政府が、公式また正式に
認めた事実をもって、完全に失敗
したという事になります。

ケムトレイルには、一般的にバリウム
やアルミニウムなどが含まれている
事が知られていますが、今回の
スペイン政府が発表したように
人体や環境に有害な化学物質が
使用されたり、また注釈にある
ように酸化グラフェンなどが
含まれていたりします。
要するに支配層が人々の体に
取り込ませたいものが、撒かれ
いるというわけです。
そしてそれはもちろん健康や
環境にとって超有害だという事
です。

特にケムトレイルの撒布傾向を
観察それている方なら気付いて
おられるかと思いますが、雨の
前日などは特に大量のケムトレイル
撒布の傾向があります。

理由は簡単、土壌にしみ込ませて
農産物などから、人体に取り
込ませようとしているのです。

ケムトレイルを扱った記事と
しては、こちらも参考になるかと
思います。

ナノテクノロジーは空からもやってくる!?
ケムトレイルにゲイツのドローン蚊

ケム撒布からのナノテクノロジー被害
には日本食が効果的だった!

綿棒・ケムトレイルに含まれるリチウムは
電磁波の送受信が可能なアンテナだ!

もう一つさてはてメモ帳さんの記事
接種者の突然死をごまかすために
わざわざ新しい病名が用意された
ようです。40歳以下の成人に
ついて適用されるという事ですが、
接種者の突然死は全年齢に渡って
いるので、おそらく若いとスパイク
タンパクなどの生成能力が、高年齢
よりも顕著になるため、余計に
危険だという事なのかも知れません。

『』内が引用で、~が中略です。


さてはてメモ帳さんのサイトより

ワクチンの突然死があまりにも多いため、
現在では症候群という名前がつけられて
いる:成人突然死症候群(SADS) 
Mike Adams

<転載開始>
Sudden vaccines deaths are
now so common they’ve assigned
a SYNDROME name for it: Sudden
Adult Death Syndrome (SADS) 
Thursday, June 09, 2022 by:
Mike Adams

https://www.naturalnews.com/
2022-06-09-sudden-vaccines-deaths
-are-now-so-common-theyve-assigned
-a-syndrome-name-for-it-sudden-
adult-death-syndrome-sads.html#


 

(ナチュラルニュース)殺人的な医療体制は
Covidワクチンが健康な若者を驚くべき
速さで殺していることを知っているので、
真実から人々の目をそらすために、突然
この現象に医療ラベルを割り当てました。
今、医学的な説明なしに突然死亡した
健康な若者は、ワクチンのせいではなく、
成人突然死症候群(SADS)で死亡したと
言われています。

SADSはCovid以前から医学用語として
存在していましたが、医師とメディアは今、
この症候群のラベルを新しい方法で使って
います。それは、ワクチンによる死亡を
説明するためです。これまでのところ、
ワクチン未接種の若年層でこのような
「突然死」は起きていません。今のところ、
これはワクチンを接種した人たちだけの間で
起こっているようです。

英国のDaily Mailは、この新しいいわゆる
「症候群」を詳述した記事を掲載して
います。もちろん、この症候群は、
これらの突然死の本当の根本原因を
隠すための便利なラベルに過ぎません。
記事のタイトルは、「健康な若者が突然、
謎の症候群で死亡している-医師が新しい
国家登録を通じて答えを求めるように」
であり、40歳以下のすべての人が、
「・・・潜在的に成人突然死症候群
(SADS)の危険にさらされるかも
しれない」と言っているのです。

40歳以下のすべての人が「心臓の
検査を受ける」ことになっており、
一方、無自覚な医師たちは、SADSの
背後にある「遺伝的原因」を探して
いると主張しているのです。

医学の歴史上、医師やマスコミが
若い人たちに「心臓の検査を
受けなさい」と言ったことは
一度もありません。これは、体内の
細胞をハイジャックして、血栓の
原因となるスパイクタンパク粒子を
作らせるCovidワクチンが世界的に
推進された後だけに起こっている
ことなのです。

殺人的医師が「血栓注射」で若者を
大量に殺している

こんなことはありえません。医療怠慢、
無能、そして悪意さえもこの背後に
あることは、気が遠くなるようなこと
です。ビッグファーマの回し者である
医師は、血液中のスパイクタンパクを
生成する実験的なmRNA配列を含む
遺伝子治療カクテルを若者に注射し、
人工血液凝固に貢献しているのです。
人によっては、血栓は時間をかけて
ゆっくりと形成されます。つまり、
多くの人々が、循環器系に部分的に
形成された血栓を持ったまま歩き
回っているのです。

mRNAを注入するとDNAが変化し、
遺伝暗号に組み込まれる
ため(出典:
ハーバード大学とマサチューセッツ
工科大学の研究者
)、体の細胞の一部は、
これらの凝固促進スパイクタンパクを
永久に生成し続けるのです。これらの
凝固因子は、体内でさらに凝固を促進し、
心血管系の機能を低下させ、さらに
重要なことに、脳への血流を減少させ、
その結果、高い認知能力を喪失させる
のです。(これが、多くのワクチン接種
を受けた人々が、脳に損傷を受けたり、
認知的に遅れたりして、周囲の世界に
対して動物的な怒りの感情処理に突入
してしまった理由であろう)。
(蛇足:酸化グラフェンなども
あります

(引用注:注釈にありますように
血栓や認知能力の喪失などは、
スパイクタンパクのケースと
同様、自己組織型ナノテク素材の
酸化グラフェンについても同様の
事がいえるわけです。
そして酸化グラフェンの場合は
人口削減のためだけでなく、人体
を管理・操作する目的にも使用
できてしまうという点で、より深刻
なのだと思います。
今回の英記事のようにスパイク
タンパクのみの害を強調するのは
酸化グラフェンの害を隠すための
スピンである可能性も考慮に
入れる必要はあるかと思います。)

ある時点で、体内の1つ以上の血栓が、
意識を維持するのに必要な血液循環を
完全に遮断します。この時点で、
人は意識を失い、死に至ります。
多くの場合、運転中、飛行機の操縦中、
あるいは夜間睡眠中にもこの現象が
起こります。そのため、パイロットの
死亡事故が多発し、パイロットの
人手不足が深刻化しているのです。

オーストラリアは今、一見健康そうな
大人がなぜ自然死するのか、その謎を
解こうと「SADS登録」を開始しています。
その一方で、mRNA注射が「血栓注射」
であることを忘れて、そのような人々に
さらにmRNA注射を押し付けようとして
います。

ウイルスの遺伝情報がヒトのDNAに
自動的に組み込まれることは、生物科学
の分野では広く知られていることである

mRNAの注射は、厳密にはワクチンですら
ありません。それは「遺伝子治療」の
実験的医薬品であり、細胞のタンパク合成
を変えるだけでなく、逆転写によってヒト
のDNAにさえ組み込まれるのです。ヒトの
DNAのかなりの部分は、何千世代にも
わたって、環境中に存在する遺伝物質が
ヒトの染色体に組み込まれるという、
まさにこのプロセスを経て獲得された
ことが判明しています。この現象は、
従来の科学界でも広く知られています。

MITホワイトヘッド研究所の生物医学研究者
リグオ・チャン[Liguo Zhang]は、
「非レトロウイルス性RNAウイルス配列は、
人間を含む多くの脊椎動物のゲノムの中に
検出されています」と述べています。
(出典:MIT.edu)

スパイクタンパクのmRNAがヒトの
DNAとなり、体を血液凝固工場に変える

~つまり、体はスパイクタンパクの工場
となり、mRNAワクチンが機能すると予想
される期間をはるかに超えてスパイク
タンパクを生産するのです。

言い換えれば、ワクチン接種を受けた人は、
決して電源を切ることができない、
歩くスパイクタンパク工場になるのです。
その時点から、ワクチン接種者はスパイク
タンパクを排出(シェディング)する
マシンとなり、自己合成したスパイク
タンパクを自分の循環血液中にどんどん
流し込むようになります。

やがて、これが血栓を形成します。
その血栓が大動脈を完全に塞いで
しまうと、血液はもはや脳に届か
なくなります。脳に血液が供給され
なくなると、脳死が起こり、その後
すぐに体の死が訪れるのです。

これは、明らかにワクチンによる血栓が
原因であるにもかかわらず、現在では
「成人突然死症候群」と呼ばれています。

これはCovidの患者から採取した血栓の
写真です。Covidワクチンにも含まれる
スパイクタンパクの凝固力を示して
います。

 

地球上の数十億の人々が、血栓による
突然死の危険にさらされている、
すべては意図的なものだ:
ワクチン人口削減症候群

要約すると、殺人的な医療体制は、
まず何十億もの人々に、彼らを殺すかも
しれない生物兵器を注射し、次に多くの
健康な若者が医学的理由なく死に始めると、
ショックを受けて驚いたふりをするのです。
このような医療界の怪物には、人間性
(あるいは科学的信頼性)は全く残って
いない
のでしょうか?

この症候群はSADSと呼ばれていますが、
本当に悲しいのは、すべて世界的な
人口削減を達成するために意図的に
行われたことです。どちらかと言えば、
これらの死は「ワクチン人口削減症候群」
の死とラベル付けされるべきなのです。
しかし、もちろん、メディアと医学界の
暴君は、このすべてを隠蔽するために
三重に働いています。彼らは、死んだ
ワクチン犠牲者は話さない、だから、
生きている人間に、この致命的な注射を
避けることで自分を救えと言うことは
できないことを知っているのです。

“出典:「おおまに」様のサイト内の
そてはてメモ帳様の記事
ワクチンの突然死があまりにも多いため、
現在では症候群という名前がつけられて
いる:成人突然死症候群(SADS)

より

メディアと医学界だけでなく、
製薬業界など医療業界全般、
各国政府に巣くう支配層の息の
かかった者たち(先進諸国の
場合、それが圧倒的多数で
あると思われます)など
支配層のもとでの全分野の
重要な立場に据えられたもの
たちが、ワクチン接種による被害
を隠蔽するように働いている
という事でしょう。

ツイートでも情報提供がありました。

こちらはタバコが原因とすり替えて
いるケースですね。

では今回はこのあたりで、
失礼します。

いつもありがとうございます(*^_^*)

隠された真実編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です