ワク珍接種方法の多様化!ついに絆創膏型のワク珍まで開発された!

接種した部分がデバイスと接続!?
やはり人体のOS化は真実だった!

以前この記事で、接種者がインターネットと
ネット接続するという実例を取り上げ
ました。再掲しておきましょう。

『以下です。





これはアストラゼネカ社製のワクチンを
接種した人物のようですね。
要するに、これは人体に埋め込まれた
ナノデバイスに対して、ワイヤレスネット
ワークで、接続できるようになった事を
意味していて、現在でも進行中のAI
との連結が可能になるという事です。

もちろん将来的には、5Gや6Gシステム
を利用して、世界中のワイヤレスネット
ワークとAIが直結するようになるので、
私たちの人体に埋め込まれた、ナノ
デバイスも、AIと常に直結するように
なり、AI側から自由に操作され、AIの
完全管理下になるという事を意味している
のです。』

私たちが、インターネットと接続される
のは、ワクチンに含まれている酸化
グラフェンによるものだと、ファイザー
社の元職員カレン・キングストンさんが
明かしてます。




このように酸化グラフェンは、人体を
ネット接続できるようにワクチンに
含まれている事が、内部情報からも
明らかだという事です。

ワクチンの中に酸化グラフェンが
含まれていて、それが主成分だった
という事は、以下の記事にも詳しく
書かれています。

ワク珍メーカー大手4社の共通成分が
明らかに!酸化グラフェンに寄生虫まで!

そしてどうやらそのネット接続が本当
だという情報がネツトに投稿されるように
なってきたようです。

そしてやはりナカムラ医師もブログで
その事を取り上げておられてます
観てみましょう。


ブルートゥースに反応することについて、
Chinda Brandolino博士が説明している。

https://rumble.com/vlq91y-dr.-chinda
-brandolino-on-the-nanoprocessor-
in-the-vaccine.html

「ブルートゥースを起動し、ワクチン
接種者に向けると反応する。これは、
ブルートゥースと反応するデバイスが
接種者の皮下に埋め込まれていること
を意味する。
10桁の数字が現れるが、これはワクチン
に含まれていたナノプロセッサーの数字
である。同じ人では常に同じ数字が
現れる。つまり、この数字がその人の
IDナンバーである。
この技術はビルゲイツの依頼を受けた
Hugh氏が開発した。その依頼とは、
まず、体内で分解されたり体外に排出
されたりしないこと。たとえばDNAに
組み込まれる“消えないインク”の
ようなものが望ましい。また、電磁波の
発信機(emitter)かつ受信機(receiver)
となること。これは今後の5Gの展開を
見据えての要望である。Hugh氏は
ビルゲイツの難題に見事に応え、ワクチン
による世界支配に大きく貢献することに
なった。
実はこのワクチンは、かなり昔から計画
されていたものだった。すでに
モンタニエ博士やHamer博士が警告して
いたし、30年前から「個人の識別可能な
チップ入りワクチン」の出現を予言して
いた医者もいる」』

“出典:「ナカムラ医師」様のnote
記事
ワクチン接種とブルートゥースより”

なるほど、ブルートゥース接続で
表示される数字は、個人のIDという
事ですね。
ナカムラ医師が調べていくと、個人に
よって複数表示されたり、仕組みは
まだ完全にはなっていないようですが
消えないインクとは、ルシファラーゼ
酵素や酸化グラフェンが含まれた
ハイドロジェルだからだという事
ですね。

そしてなんとワクチン接種で、人体が
ネット接続されるようになり、遠隔
から、追跡可能になるという特許を
すでにファイザー社が取得済みだと
いう事です。


『ファイザー社の特許出願が承認され
ました。
2021年8月31日に承認されたファイザー社
の特許は、世界中のワクチン接種を受けた
人間を遠隔操作で追跡する目的で、
18500件以上のリストの中で最初に表示
された特許です。
世界中のワクチン接種を受けた人間を
遠隔操作で追跡するための特許です。
携帯電話や衛星からの2.4GHz以上のパルス
状のマイクロ波の量子リンクによって、
ワクチンを接種した人全員の脂肪組織に
ある酸化グラフェンに直接接続されている
世界中のワクチン接種を受けた人を遠隔地
で追跡する目的で、18500件のリストの中
で最初に承認された特許です。』

“出典:「donのブログ」様のサイト
出た!( ̄▽ ̄;)なんなんだよ。これは
より”

接種者の中で、プラセボを接種した人
以外は、ネット接続されるように
なったというのは、確実だと思います。

どんどん管理社会へ誘導される人類という
事ですね。

そんな中、絆創膏型のワクチンが開発
されたというのです。

この技術自体は、すでに以前から存在
していたようで、去年11月末に
取り上げた以下の記事でもマディ医師
の説明の中にありました。

コロナワクチンの深すぎる闇をキャリー医師が
暴く! ナノテクノロジーが鍵!

再掲しておきましょう。

どのようにこのワクチンを打つのか?
そこで登場するのが、MITが開発した
マイクロニードル・プラットフォーム。
これは生産が容易で、大量生産が。だから
この技術を幅広く使うべきだと
何百万ものワクチンを非常に素早く製造
することが出来る。

それを自分で打つことも可能。
薬局で買う絆創膏みたいなもので、
アマゾンやUPSといった運送会社
(クロネコヤマトなどと同じ)が届けて
くれる。パッケージから出して、手に
つけて裏紙を剥がすと、ホラ!!
あなたはワクチンを受けちゃった。

何故そんなことが可能なのか?
この絆創膏には小さな、小さな針が
付いていて これは毒蛇が噛み付く
牙の仕組みから考案されたもの。
そしてこの極小の針は刺しても
ほとんど何も感じないと言われて
いるが、そこにハイドロジェルと
呼ばれる物質(水性のジェル状物質)
が付いていて、このハイドロジェルの
なかにはルシファレイス酵素とワクチン
成分が入っている。

(引用注:なんと、シールタイプの
手軽なワクチンがすでに開発されて
いるという事です。
痛みもなく、勝手に殺されるか、
遺伝子書き換えられて奴隷になるか、
命に代えても、貼ってはなりま
せんね。)

まず、あなたは変化させられた
(modified)RNAか、変化させられた
DNAのワクチンを受ける。~

そしてそのモディファイドRNAとは、
極小の針があなたの皮膜細胞を刺し、
この人工的なDNAがあなたの原子核に
入り込み、あなたの体がそれを
読み取って、そのウィルスの部分を
大量に作り始める。』

そして正式に公表された絆創膏ワクチン
についての記事が以下になります。

『』内が引用で、~が中略です。


絆創膏のように貼り付けるタイプのワクチン
登場…「注射の10倍の効果」
ライブドアニュースより
https://news.livedoor.com/
article/detail/20930639/

<転載開始>
2021年9月27日 7時30分 中央日報
米国ノースカロライナ大学とスタン
フォード大学の研究チームが開発した
「ワクチンパッチ」。絆創膏のように
皮膚に貼り付けるだけでよい。研究チーム
は動物実験の結果、従来の「ワクチン注射」
よりも免疫反応が10倍高いと明らかに
した。[写真 ノースカロライナ大学]

米国で絆創膏を皮膚に貼り付けるような
感覚で接種が可能な「パッチ式」
ワクチン接種法が開発された。研究チーム
はファイザー・モデルナと協力して
mRNA(メッセンジャーリボ核酸)系列
の新型コロナワクチンをこの方法で接種
できるようにする実験を行っている。

26日、ノースカロライナ大学によると、
同校のチャペルヒル校とスタンフォード大学
の共同研究チームは、皮膚に直接貼り付ける
「3D印刷ワクチンパッチ」
(ワクチンパッチ)を開発した。研究チーム
は動物研究の結果、「ワクチンパッチ」の
ほうが筋肉注射を通じてワクチンを注入する
よりも免疫反応が10倍高いという研究結果
を得たと米国科学アカデミー紀要
(PNAS)9月号に発表した。

3Dプリンティングを通じて製作するこの
「ワクチンパッチ」は高分子化合物
(ポリマー)にマイクロニードルが
ついている。
皮膚に絆創膏のように貼り付けると半固体式
で内包されたワクチンが体温によって
溶けて、マイクロニードルを通じて皮膚の
内側に吸収されるというしくみだ。

(引用注:半固体式で内包されたワクチン
というのは、ナノテクノロジーを含んだ
ハイドロジェルだという事です。)

針を刺す従来の注射と比較した時、痛みが
なく自宅でも投与できるのが長所だ。研究
を主導したジョセフ・デサイモン教授は
「苦痛や不安がない方法でワクチンを
速やかに接種する基礎を築くことができる
と期待している」と明らかにした。

(引用注:むしろこれは、接種された側
が気付かないうちに、ワクチンを接種
する方法が開発されたと観るべき
でしょうね。

入院中の患者になら簡単ですし、陽性
で隔離された人にとっても危険な
ワクチンです。)

特に研究チームは「このワクチンパッチ
が皮下注射に比べて50倍多くの抗体を
形成した」とし、注射形式でワクチンを接種
するよりも少ない容量を注入しながらも
同じ効果を得ることができ、ワクチンを
節約することができると付け加えた。

また、従来の新型コロナワクチンの一部は
保管および移動過程に零下90~60度の
冷凍保管をしなければならないが、
「ワクチンパッチ」を利用するとこのような
特別な取り扱いをしなくても世界中どこへでも
配送することができるためワクチン接種率が
高まるだろうと強調した。

“出典:「大摩邇(おおまに)」様の
サイト
絆創膏のように貼り付けるタイプのワクチン
登場…「注射の10倍の効果」
より”

これだけ手軽にワクチンを接種され
ネット接続させられるなんて、本当に
危険です。

私たちは、こういう絆創膏型ワクチン
を、接種させられないように、
ふだんから人とつながるようにして
おくべきだと思います。
情報の交換も含めて、互いを守り
あえるように。

さらにケムトレイルなどからのスマート
ダストと呼ばれるものが、呼吸によって
人体に取り込まれるようにもなっている
という事は、以前の記事でも取り上げて
ましたが、ザウルスの法則さんの記事
でも取り上げられています。
観てみましょう。

『』内が引用で、~が中略です。


全人類「タグ付け」計画、実現中? 
日立が貢献?

この元記事は元々2017年10月に
公開されました。

原題:Nanochips And Smart Dust
– Dangerous New Face Of Human
Microchipping Agenda

NaturalBlaze.com の MakiaFreeman

ナノチップとスマートダストは、
全人類「タグ付け」計画を前進させる
ための新しい技術的手段です。
ナノチップとスマートダストは、
そのサイズが非常に小さいため、
人体に浸透し、内部に留まります。
そして、外部からの電磁放射線に
よって遠隔操作できる
合成ネットワークを人体内に自己構築
する能力を備えています。

言うまでもなく、これは、新世界秩序が
外側(環境/社会)からの支配だけでなく、
内側(体内)からの支配にまで及ぶ
ことを意味するため、自由、
プライバシー、健康への重大な脅威と
なります。以下の記事では、もはや
目に見えない粉末チップである
ナノチップとスマートダストの出現が
あなたにとって何を意味するのかを
探ります。


われわれは、マイクロチップ、つまり皮膚
の下に埋め込まれて、情報を送受信する
小さな電子デバイスの時代に入っている
のです。マイクロチップはしばらく前から
存在していましたが、今ではもう時代遅れ
になっています。私たちが直面してい
るのは、マイクロチップよりもはるかに
小さなものであり、したがって、より
脅威です。ナノチップとスマートダスト
です。


ナノチップとは何ですか?

では、ナノチップとは何でしょうか?
「ナノ」という言葉は「マイクロ」
よりも3桁小さい、
「10億分の1」を意味し、マイクロは
「100万分の1」を意味します。

いくつかのマイクロチップは人間の
髪の毛の幅よりはるかに小さいです
(例えば、日立の0.4 x 0.4mmの
RFIDチップ)。

2015年にはIBM 社が、わずか7nmナノ
メートル(1ミリの700万分の1)の
サイズの機能的なナノチップを開発
しました。比較すると、ヒトDNAの鎖
は約2.5 nmであり、単一の赤血球の
直径は約7500nmです。

これらのナノチップは、環境から電力
を供給し(バッテリー不要)、100年
の寿命があります。それらは、人々の
体内に入れられる前に、まずは製品に
入れられて商品化される予定です
(したがって、企業は、消費者の行動
をリアルタイムで完全に把握すること
ができます)。さらに、神経細胞は
チップ上で成長し、チップと融合
します。

この リークプロジェクトの動画では、
「新世界秩序」が100兆個のナノチップ
を世界の人々の体内に導入することを
計画していると主張されています。
文字通り、あなたを含む世界のすべての
人々が「タグ付け」されることになり
ます。~

スマートダストとは何ですか?

あなたはすでに「スマート化」、という
より、「スマート欺瞞」を見抜いている
かもしれませんね。このウソに
気づかない人々にとって、「スマート化」
は、地球全体を網羅する巨大な
電磁グリッドまたはネットワークを構築
することによって、単により便利になる
ことです。動くものはすべて、家庭用品、
電化製品、飲食品、動物、植物、人間
などには、グリッドに接続する何らかの
センサーまたは不可視の粉末チップを
組み込むか、注入されることになります。

スマートダストは、これらの目に
見えない粉末チップの別名であり、
ミニコンピューターとして機能し、送信
と受信をします。それらは小型の
ワイヤレス微小電気機械センサー(MEMS)
です。 2003年、微粒子チップは米粒以下
のサイズでしたが、技術の進歩に伴い、
今後もサイズは縮小していきます。
電子タグチップは、注射器に仕込んで
あった? 注射液と一緒に流し込む?

ちなみに、不可視の粉末チップは食物を
通しても人体内に導入されます。

この種の技術は、何でもそうですが、人類
の利益のために使用することができる反面、
破壊的な兵器にもなり得ます。スマート
ダストの存在は、生きているすべての人間
の人権に対する大きな脅威となり得ます。
私たちが反対しているのは、
「人類の家畜化」の試みにほかなり
ません。

「不可視の粉末チップ」の人体への導入方法

マイクロチップ、ナノチップといった「目に
見えない粉末チップ」 はさまざまな経路で
人体内に導入されます。

基本的に、ワクチン、遺伝子組み換え食品、
ケムトレイル、はすべて「不可視の
粉末チップ」
の導入方法であり、導入経路です。

「不可視の粉末チップ」のこの超極小化の
技術は、私たちの体に導入するための
送達技術です。

一部のケムトレイルにこうした「粉末チップ」
が含まれている場合、それらは私たちの体に
容易に浸透し、体内の他の粉末チップと
通信して独自のネットワークを構築します。
そして、このネットワークは5Gを通じて
遠隔的な操作が可能です。何を食べ、何に
さらされるかについていくら気を配って
いても、ケムトレイルの飛行機によって
散布される「不可視の粉末チップ」を
吸い込まないようにするのは至難の業です。

新世界秩序の犯罪者たちは、われわれの
体内に「不可視の粉末チップ」を導入して、
IoTスマートグリッドを脳機能マッピングや
その他の技術情報と組み合わせようと
しています。

そうして、究極的には、遠隔操作による
大衆の思考・感情・行動を操作することに
よって、地球上のすべての人々を
支配する体制を実現しようとしています。

(引用注:この遠隔操作による人々の
思考・感情行動操作というのが、
太古からの支配層の望みだという
事です。)

新技術はカッコよくて、効率的で、
便利だ、というプロパガンダ

当然のことながら、やれ5G、やれ
スマートダストと、新たなテクノロジーが
展開されるとき、背後のこうした計画の
存在とその目的に結び付けられることは
ありません。代わりに、それらが
どれほど素晴らしく、クールで、
トレンディで、効率的であるかがマスコミ
によって吹き込まれます。特に、「速い」
と「便利」という錦の御旗 を振り回す、
これらすべてがどのように推進されるかに
注目してください(人々はスピードと
利便性と引き換えに自分たちの自由、
健康、プライバシーをトイレに流して
いるのです)。今やどこに行っても人工的
な電磁放射線に厚く覆われているような
社会環境では、人々の健康は確実に
損なわれていきます。

ナノチップはまた、「同調圧力」に
よっても
人々に押し付けられてきます。
「それを使っていないと、ついて
いけない」「自分だけ置いて行かれる」
という状況に追い込まれるのです。

多くの政府プログラムと同様に、義務化
される前に、チップはまずは任意という
かたちで始まるはずです。なんと自ら
進んで自分たちの身体にチップを入れる
会社法人が存在しています。ある会社は
タトゥーインクを使用します。

(引用注:タトゥーインクとは、光る
素材であるルシファレイス酵素を
ワクチンから体内に挿入するもので、
タグ付けのためのナノチップと同様の
働きをさせることができます。

ルシファレイス酵素については、マディ
医師が警告してくれています。

スナメリオさんの記事から引用させて
いただきましょう。

『ワクチンを体内に届ける際使われる次の
方法は、ルシファレイス酵素。
彼等はそう名付け、ルシファレイスとして
特許を取った。
その名は嫌いです。
(訳注:Lucifer=堕天使、悪魔、サタン
を想起させるから)~

ルシファレイスと呼ぶのは、それが生物的
に照らす特質があり、
光 乃至は光源を作り出せるから。

ルシファレイスは、ルシフェリンと
呼ばれる潜在物質と酸素、ATPを使って
ホタルが発する黄色の光のような光を
生み出す酵素…
https://www.moleculardevices.com/
applications/coronavirus-vaccine
-research

それを あなたの皮膚下に入れるだけ、
でもあなたには見えない。

ルシファレイスが出てきたのは、彼等は
あなたがワクチンを受けたことを確かに
したいから。医学的な記録は信用しないし、
あなたが「ワクチンを受けた」と言っても、
それを信じない。絶対確実なものにしたい。
成功したい。トランスフェクションを
やって、遺伝子組換えを成功させたいから。

ルシファレイス酵素をあなたに入れたら、
iフォンか特殊なiフォンのアプリケーション
であなたがワクチンを受けたことを
確認出来る。その酵素が、あなたのワクチン
記録を保有するんです。加えてそれが
あなたに数字か、バーコードか、焼き印
またはタトゥーみたいなIDを与えるので、
あなたはまるで商品になったようなものだ。』

“出典:「泣いて生まれてきたけれど」
様のサイト
知らないままでは取り返しのつかないことに
なる、人が人でなくなる
コロナワクチン
より ”)

結 論

「全人類チップ埋め込み計画」 は、
「トランスヒューマン計画」 と実際は
同じものです。つまり、「人類」を
「機械」に変えることです。これは、
究極的には「超人間的」ではなく、
「人間以下」になることを意味します。

私たちが知っているすべてのことを
考えると、ナノチップが良い目的に
のみ使用されると思うのはナイーブ
過ぎるでしょう。このテクノロジーは、
「ユートピアの約束」で私たちを騙して
私たちをチップで 「タグ付け」して
「奴隷化」するために、支配欲に
駆られた権力者たちによって利用され
ます。

ナノボットはすでに西洋医学であらゆる
種類の病気の治療に使用されています。
「ほら、新しいテクノロジーは、
こんなにも人類のために役立っている
ではないか」と。そこに罠があるのです。
スマートグリッドが確立されれば、24時間、
四六時中監視され、追跡され、操作される
ことになるでしょう。われわれはどう
すればよいでしょうか。

答えはあなたの内側にあります。どんなに
テクノロジーも、あなたの真の力である
あなたの精神的意志に取って代わることは
できません。』

“出典:「ザウルスの法則」様のサイト
全人類「タグ付け」計画、実現中? 
日立が貢献?
より”

さすがにあらゆる食品や空気中に含まれる
粉末チップつまりスマートダストは、防ぐ
のは難しいですが、ワクチンのように
血液中に直接挿入されるよりは、その
効果は高くないと観ています。

今回のワクチンは、名目上は筋肉注射
ですが、接種の仕方などから、間違いなく
血管に挿入する事を想定して接種して
いるようですので。

これもまたスナメリオさんの記事から
です。

@JJqwoCfDXrOsa1g
でしょう!
いつから逆血確認しなく
なったんだろう。。
最初、医師会は確認しろ、厚労省は
するなとなっていて、おかしいな?
って思っているうちに医師会の
マニュアルもしなくていいって
書き換えられてました。

(引用注:また逆血確認をしないのは、
筋肉ではなく注射針の先端を血液に
届かせる目的である事がバレて
しまうからと以下にあります。)

replys@replys17
まとめてあります、ぜひ一読ください
日本政府が悪意をもっているであろう
証拠群↓

(引用注:一連のスレを観ると
よくわかります。なるほど血液に
わざわざ届かせたいので、筋肉を
つまむのでなく三角筋を薄く広げる
ようにして、注射針を血管に届き
やすいようにしているという事で、
筋肉の薄い女性の方が副反応が大きく
なるという意味がよくわかります。)

“出典:「泣いて生まれてきたけれど」
様のサイト
報告は氷山の一角!コロナワクチン接種後の
副反応、死亡のツイートが多すぎて
戦慄!vol.77

より”

そしてナノチップは、楽々注射針を通す
という事は以前にも取り上げましたね。

なんと2007年の段階で、
注射針内径0.25mmの5分の1
にあたる0.05mmのナノチップ
が開発済みだったのです。

だから以前0.065mmのチップが
最近開発されたという記事を取り上げ
ましたが、それはこれからワクチンに
入れられるようになるかも知れない
というような錯覚をおこさせるため
のガス抜きだった可能性もあります。

つまりそれよりさらに小さいサイズの
ナノチップが2007年には開発済み
で、現在はよりサイズの小さいものが
ワクチンに含まれている事は、間違い
ないでしょう。

そのナノチップについて引用して
おきます。


電子タグが注射針を通るわけがない、
ということがさんざん言われてきて、
そのような可能性を主張する説は、例に
よって「馬鹿げた陰謀論」とされてきた。

20世紀に登場していた電子タグは、
マイクロチップというもので、直径2mm、
長さ12mm ほどの細いカプセル状のものだ。
犬や猫の首筋あたりに専用の注射器で
インプラントするものだ。

しかし、右の図表で明らかなように、
2007年の段階で、すでに RFIDの
サイズは、注射針の内径の5分の1に
までなって、余裕でスースー通るほどに
なっているのだ(笑)。

これを知らない人たちが、いつまでも
カプセル型のペット用マイクロチップの
イメージに縛られているのだ(笑)。

0.05mm x 5 = 0.25mm

RFIDのサイズ   注射針の内径

14年経った今、このサイズから
 “さらに小さく”、そして “さらに高性能” 
になっていると考えられる。当然だろう。
「集積回路上のトランジスタ数は18カ月ごと
に2倍になる」という有名な「ムーアの法則」
がここでも貫徹しているはずだ。



“出典:「ザウルスの法則」様のサイト
電子タグチップは、注射器に仕込んで
あった? 注射液と一緒に流し込む?

より”

つまり相当高性能のナノチップが、今回の
コロナワクチンにも、先ほど取り上げた
絆創膏型ワクチンのハイドロジェルに
含まれている事は間違いないでしょう。

スマートダストのような粉末チップは
なかなか防ぎにくくても、口や鼻から
入る分には、まだ危険度が低いと思い
ます。

また、mRNAワクチン入りレタスも
トマトも流通させようとしている現在
デトックスも含めて、常に気をつけて
いかなければならない時代になって
きましたね。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきます(*^^*)

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ