松村潔氏を大尊敬する理由その1    サビアン占星術に傾倒するきっかけ



私が、鏡リュウジ氏とともに大尊敬して
いる占星術ならびに占星学の大家として
有名な松村潔氏の紹介しておられる
サビアン占星術に傾倒する事になった、
真の理由について、お話させていただき
たいと思います。

私は長い間、神秘的な事について研究して
きて、真理を追究する事に没頭して
きましたが、それと平行して占星術の
オリジナルスタイルを構築する事に
なったきっかけを、この松村潔氏が与えて
くれたのです。

その当時研究していた事で、月や土星が、
人類の集合意識に著しく多大な影響を
与えているというデーヴィッド・アイク氏の
著書に感銘を受け始めていた頃に、同じ様に
興味を覚えていたのが占星術だったのですが
そのころに手にしたのが、松村潔氏の著書で
ある「決定版!!サビアン占星術
              Gakken 刊」
だったのですが、そこには月と土星に関して
の記述が書かれていて、その内容が、その
人類の集合意識に対してネガティブな影響を
与えているというアイク氏の結論に酷似して
いたのに、いたく感動して松村氏を大尊敬
する事になったというわけなのです。
もちろん、松村氏はデーヴィッド・アイク
氏の事など全くご存知ないようで、その
コンセプトも全く互いに相容れないものの
ようですが、だからこそこの土星と月に
対するコンセプトが酷似している事が、
自分にとって衝撃的だったのです。
もちろん松村氏は、全てのご自分の著書で
土星や月をネガティブなものの象徴として
の面からのみ解説しておられるわけでは
なく、その土星と月が支配星である山羊座
や蟹座に対してもポジティブな面を強調
されていますが、私にとってはそこは
あまり重要でないのです。
真理探究で得た知識と、占星術な観点から
の知識が融合する貴重な一点があった
ことが、あまりにも衝撃的で、世界観と
宇宙観に一気に感性が開けた瞬間だった
のです。
そのおかげで、サビアン占星術を独自の
観点から研究する事につながり、松村氏の
解釈とも違う、オリジナルのサビアン占星術
の解釈にたどり着いたというわけなのです。
ただそのきっかけは、松村潔氏の存在が
なければあり得なかったわけで、それが
私が松村氏を大尊敬する大きな理由の中心に
あるというわけなのです。

ではそのきっかけになった松村氏のまず月に
対する占星学の観点からの深い知識を背景に
した解釈を、著書から引用させていただき
ます。

“(月についての記述の途中からの引用
です)

太陽意識は目覚めた意識なので、浮力が
強く、それをより低い次元の地球にとど
めることはできません。この時、地球よりも
低い次元にあり、より重さを持つ月が、太陽
の力を否定的な姿勢で固定化して受け止める
ことで、太陽の意識は地球にとどまることが
できるのです。
太陽がプラス1の力だとしたら、
月はマイナス1、そしてその両方の均衡が
地球を表し、地球は太陽と月の二つの力の
調停点だと考えられるのです。
 人間の生活の中では、このプラスの浮力
である太陽の力と、マイナスの重力である
月の力が葛藤を起こしつつ、両方生きて
ます。
     (中略)
月は人間の中にある何ものにも限定されない
意識を、人の形やエゴに閉じ込める重力を
象徴した天体です。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

まず月について引用させていただきました
が、この部分があまりにも自分にとって
示唆的で衝撃だったのです。すでに月の
ネガティブエネルギーについて、いくつもの
情報を得ていて、真理探究からの知識も
あった自分にはこの部分だけで充分に、
占星術と真理探究を結びつけるのに充分な事
だったのです。
松村氏は、全体的には月のエネルギーが
結局人間にとって必要だとまとめておられ
ますが、私が神秘メッセージでご紹介して
いるように、人間本来の能力は故意に眠らさ
れていて、臨死体験で肉体から離れた意識を
経験した人たちの多くが覚醒した明晰な
感覚と、自由で至福な状態になったと報告
しているのは、いかに我々が肉体に囚われて
いる間、意識を曇らされ、ネガティブな
悲しみや憎しみ嫌悪感、悩み、憂鬱などの
感情を必要以上に味わっているかを、
裏付けているのです。そしてその月のもた
らすエゴや肉体感覚が、戦争や略奪、犯罪
に走らせる原因にもなっている事などを考え
れば、その月のもたらすバランスとしての
マイナスエネルギーは、必要以上に強く
偏っているものだとしてみなければなら
ないと思うのです。つまり決して我々に
とってちょうどいいバランスをもたらして
いるのではないという事がいいたいの
です。
実際我々の左脳は、太古のある時期より
損傷した状態になり、現在の人類はその
おかげで、ネガティブなエネルギーと
限定された能力のおかげで、数々の
否定的な側面を露呈する状態になって
います。
右脳の驚異の力その5で、その事に
ついて書いていますので、ご覧ください)
もし宇宙の恩恵を受けてバランスが良い
状態であるのなら、これまでに見られた
ような人類の悲劇や惨劇は起こらず、人の
残虐な面や、獰猛、卑劣な面は生まれて
こないと思うのです。
それを気づかせてくれたのが臨死体験者
たちの証言であり、超常能力者や賢人たち
の教えなのです。かれらは心が愛情豊かに
なれば、また全てが一体であるという事が
真実であることを知れば、人類に悲劇や
惨劇がなくなり、残酷で残虐で卑劣で
醜い人間のネガティブな側面が無くなると
説いているのです。
その意識を曇らせるエネルギーの一つが、
月である事を確認させてくれたのが、
この松村氏の月の解釈だったというわけ
なのです。
もちろん、人類の否定的側面を松村氏は
あまり考慮にいれて解説しておられ
ません。
ですが、人類の歴史と現状を冷静に見つ
めれば、月のもたらすエゴや人の形に閉じ
込める重力そのものが、そのネガティブを
もたらす一つの大きな要因になっていると
確信できたというわけなのです。
もちろんその背景には、すでに月について
ネガティブな事実を別の研究で得ていた
事があります。

長くなりましたので土星については次回に
まわさせていただきたいと思います。、
では(^^)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

  

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「松村潔氏を大尊敬する理由その1    サビアン占星術に傾倒するきっかけ」への2件のフィードバック

  1. アイク氏の著書に「占星術は科学」との記載がありましたが、それもあんみんさんに影響を与えたのではないかと思いました。

    ”月は人間の中にある何ものにも限定されない意識を、人の形やエゴに閉じ込める重力を象徴した天体です。”とありますが、月は我々を左脳の世界に閉じ込める重要な役割を果たしているようですね。

    1. 謙信さんありがとうございます(^^)/
      占星術は科学というのは、確かに
      アイク氏の著書にありますね(^^)
      正直にいわせてもらいますね。
      ここは謙虚にというのは、他人に
      合わせて自分を偽ることになるので
      ごめんなさい。
      アイク氏には、もっと別の事で、初めてという
      コンセプトやアイデアをいただいてますので、
      この事ではないです。
      この占星術が科学だというのは、
      もとから私にあった概念です。
      あらゆる占星術に対して、30年ほど前から科学的
      アプローチを試みたノートが今でも残っておりますので、
      アイクさんの著書を読んだ時に
      「そうそうずっと思ってた事だ!」
      というのが感想です。
      ただアイク氏ほど見事に系統立てて
      説明をしていたわけでないので、
      そこに感銘を受け、共感を感じたと
      いうのが本当です。そしてそれも含めて
      著書のあらゆる面に関しての事が、
      全て信頼に足ると確信しているわけです。
      おそらく現状での真理探究に関して
      一番のレベルの参考が、このデーヴィッド・
      アイク氏だと理解してます。
      あと謙信さんのいう通り、月が左脳の世界に
      閉じ込める役割という事ですね。
      この月のコンセプトは、アイク氏に
      いわれるまで、全く気づきませんでした。
      そしていつものように裏付けとなる
      参考になる別の本などを購入したりして、
      裏付けを取るまで、完全に信じる事は
      なかったです。
      しかし確かにあらゆる面から見て、アイク氏
      の言うことが正しいと確信するに至ったという事
      です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です