世界中の公的機関が「コ〇ナ」の存在証明ができていないと発表!なのに・・・


私は、陰謀暴露する記事を書いて
ツイッターにも投稿していますが、
意外にも、アンチな方のリプは、
ほとんど入ってきません。

むしろそういう人の目に入らない
ようにされているのかも知れませんが
私が、サビアンシンボルや一見
スピリチュアル的な記事も投稿している
ので、そういう関係から私を知った
のか、アンチ?の方が、たまにリプを
くださいます。

私が、コロナがないという前提で
話を進めている記事の一つに以下の
サイトのページのリンクが、無言で
貼られていたのです。

島根県感染症情報センター


なんと、世界中の公的機関が、
新型コロナつまりcovid-19
の分離データは、存在していないと
認めているのにも関わらず、しっかり
と、新型コロナウィルスが分離・検出
されたという数値を公開しているでは
ありませんか。
2020年一年間で、199件
という事です・・・まさかねー💦

分離データが存在しないはずなのに、
何を基準にして、算出されたデータか
確かめるために島根県感染症情報
センターに問い合わせてみたわけです。

上のページは島根県のホームページ
だったので、問い合わせると、その
島根感染症情報センターというのは、
サイトの名称で、そのページは、
島根県の公的機関である
「保険環境科学研究所」だという事
なので、電話番号を聞いて問い合わせる
と、分離・検出数は、PCR検査の陽性者
数からのものだという答えが返って
きました。

なんだPCR検査の陽性は、コロナ
ウィルスが分離・検出されたという
意味では全くないという事は、もはや
みなさんご存知ですよね。

まだご存知ない方は、以下の記事を
ご覧下さい。

新型コロナPCR検査結果が100%
デタラメであるというあらゆる証拠!

さて問題なのは、こうやって自治体の
ホームページに堂々と、コロナが分離・検出
されているようなデータが掲載される事に
よって、コロナの存在を信じている人たちが
観たら、コロナは、存在しているのは当然
なので、実際にそれだけの人数から、
コロナウィルスが、実際に検出されたと
考えてしまう事です。

PCR検査で、検出されるのは、
コロナ遺伝子(仮想遺伝子データ)の
300分の1のプライマリという遺伝子
だけで、全体としてのコロナが、分離・
検出されたわけでは、全くないという事
です。

だから、このような間違った数値をもとに
して、あたかも、新型コロナウィルス
そのものが、分離・検出されたという
表を公開しているから、コロナの存在を
信じている人たちにとって、コロナ
ウィルスが存在しているのは、間違いの
ない事実として、認識を強化されて
しまうのです。

だから、ツイートのリプで、コロナが存在
していない事を前提として、書かれている
私の記事に大いなる違和感を覚えて、
上記のリンク先を「教えて」くださったの
でしょう。

その人には、逆に世界中の公的機関が、
コロナウィルスを分離させたデータを
所有していないと認めた事実を一覧に
しているページのリンクを貼り付け
させていただいたというわけです。

まあ、そのあと返信がないところを観ると
話がかみ合わないとして、スルー
されたのかも知れないですね。

逆に、上記の島根県のデータを盾に
反論してきてもらえたら、今回の私の
確認の電話が活きてくるわけですが・・・

さてでは、少しでも、コロナウィルス
そのものが存在していないという
事を広めるために、その絶対的根拠
となる情報を集めておられる、記事を
引用させていただきます。

『』内が引用で、~が中略です。

『コロナはないと認めた各国機関①
2021/03/10 00:55

新型コロナウイルスの存在証明はない
と認めた機関をまとめてみました。
明言しなくとも実質認めたものも含めて
あります。
アメリカ疾病予防管理センター(CDC)
2020/7/13

誰もCOVID-19ウイルスの分離された標本
を持っていません。
誰もCOVID-19ウイルスを分離していま
せん。
したがって、それが存在することを誰も
証明していません。

(引用注:米国の公的機関CDCが、完全に
コロナウィルス自体の存在証明ができて
いないと認めているわけです。
しかし、当局は、米国で病気が蔓延して
いる原因は、やはり正体不明のウィルスに
よるものというスタンスは崩していない
ようで、それを防ぐためにワクチンが推奨
されているのが現状のようです。
そしてたった1%の報告でも短期間の間
に、ワクチン接種後で2000人を超える、
死亡者がカウントされているというわけ
です。
もちろん因果関係は認めないという事
でしょうが、ほぼ明らかだという事です。
トランプ氏が、ワクチンから離れろという
演説をしたという情報もありましたが、
どれだけの国民に伝わっているのか、
ただ州ごとにコロナ対策を無効にする
ところもあり、いろいろ良い変化も
起こっているようです。)

カナダ保健省 2020/7/19

徹底的な調査を完了しましたが、残念ながら
ご要望に応じた(コロナウイルス分離の)
記録は見つかりませんでした。

イギリス保健省 2020/8/24

イギリス保健省DHSCは
(パンデミックの原因とされる)
SARS-CoV-2の分離に関する情報を
保持していません。

日本厚生労働省 2020/12/21

(引用注:
分離に成功したという当初の記事が
こちら
新型コロナウイルス:国立感染症
研究所が開発した細胞で分離に成功

という記事。
そしてそのあとその遺伝子データが
消去されたという情報がこちら
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/nuccore
/LC521925.1?report=genbank

アイルランド保健当局 2020/11

関係する記録が存在しないか、
その所在を確認するための
すべての手順を踏みましたが
見つけることができません

ファイザー 2021/01/15

ワクチン内の遺伝子組み換え
mRNAデータは実物のコロナ
ウイルスではなく、
仮定と推定によって作ったものだ
そうです。

(引用注: 今回の情報のもう一つの
目玉がこれですね。
ワクチンメーカー自ら、自社のコロナ
ワクチンは、仮想のコロナ遺伝子
データをもとにして作ったと証言して
いるのだから、これを本来のワクチン
とは呼べないのは明らかだし、
さらに明らかなのは、このワクチンが
コロナそのものを予防するという本来
の働きをしない事が明らかだという事
なのです。

その上に、現在ワクチンに含まれる
超有害な化学物質も明らかになって
いて、コロナに感染するより、よけい
に、重症化しやすくなり、死亡
しやすくなっている事もまたデータで
示されているのです。
その上にワクチンを接種する事で、余計
に感染しやすくなったという明らかな
情報も世界中で報告されているので、
これらを全部知れば、ワクチンは
我々に対する兵器でしかないと誰もが
わかるようになるはずだという事
です。)

中国CDC 2021/01

肺炎の原因とされた武漢の海鮮市場
の生物からウイルスは分離されて
いませんでした。
市場ではコウモリも売られていない
ことがわかっています。

(引用注:事の発端から、安っぽい
捏造報道でスタートしているのですね。)

日本文部科学省 2021/02/05

発生後1年過ぎてもこの状態。

これ以上いくらあっても同じ気は
しますが、
また他に出てきたら追加したいと
思います。
その前にこの茶番が終わるといい
ですね。

②もありますのでご覧ください。』

“出典:「prettyworldのブログ」様
のサイト
コロナはないと認めた各国機関①
より”

これに続いての記事も引用させて
いただきます。

『コロナはないと認めた各国機関②
2021/03/15 08:49

こちらは世界中の関係機関にコロナの
存在証明の開示請求をしている
サイトです。~

(引用注:リンク先がわかりやすい
ようにサイト名にリンクを貼り付け
ました。
FLUOLID FREE PEEL

前回記事のカナダ、アメリカ、イギリス
の追加情報に加え、
他にコロナの存在証明を出せなかった
のは以下の国々です↓
オランダ、ニュージーランド、
オーストラリア、
デンマーク、スペイン、欧州CDC、
スロベニア (ドイツ無回答)

要点のみ順に掲載しますので、詳細は
上のサイトをごらんになってください。
(作成者はカナダの方です)

カナダ
2021年2月21日までに、
カナダの以下の機関が「SARS-COV-2」
の分離記録はないと回答しました。
変異株についてもないようです。

カナダ公衆衛生庁、カナダ健康省、
カナダ国立研究評議会、
ワクチンおよび感染症組織-国際
ワクチンセンター、
カナダ研究所カナダ健康研究所、
自然科学工学研究評議会

オンタリオ州保健省、国立サンテ
公立デュケベック研究所、
ブリティッシュコロンビア州保健
サービス局、
バンクーバー沿岸保健局
(変異株)

ニューファウンドランドラブラドール保健局
コミュニティサービス、
マギル大学、トロント市、ピール地域
(オンタリオ州)

KFL&A公衆衛生所(キングストン、
フロンテナック、
レノックス、アディントン、オンタリオ州)
(あらゆる変異株について)

トロント大学、サニーブルック健康科学
センター、
マクマスター大学とマウントシナイ病​​院
(トロント)

(引用注:他国に比べて、カナダだけ
あらゆる関係機関からの報告がある
のは、コロナの存在証明の開示請求をして
いる方が、カナダ人だからのようです。)

アメリカ
CDC(疾病予防管理センター)2021/03/01
「SARS-COV-2」を分離したという記録が
地球上のどこにもないことを再び明らかに
しました。

(引用注:素晴らしい、地球上のどこにも
コロナが存在しないと太鼓判を押してくれた
に等しいですね。)

オランダ
保健福祉スポーツ省 2020/12
「SARS-CoV-2」を示す実際の純粋化、
および対照実験の記録が存在しないこと
を要求者に提供/引用しました。

ニュージーランド
保健省、王立環境科学研究所、オタゴ大学
「SARS-COV-2」分離の記録がないことを
認めました。

環境科学研究所 202103/09
「SARS-COV-2」の分離/純粋化の記録が
地球上のどこにもないことを認めて
います。

首相兼内閣局
SARS-COV-2の分離を説明する記録はないと
認めています。

オーストラリア
連邦科学産業研究機構– CSIRO
(国立科学研究機関)2020/10
SARS-COV-2の分離を説明する記録は
ないと認めています。

イギリス
英国保健省 2020/11/23までに
「SARS-COV-2」分離の記録はない
という回答が4つ出ています。

英国公衆衛生サービス 202010/01
「SARS-COV-2」の再分離の記録は
ありません。
「SARS-COV-2ウイルス」が「COVID-19」
の症状を引き起こすという
主張を裏付ける記録はありません。

健康安全局 2020/11/03
「SARS-COV-2」の分離に関する情報を
保持していない。

(イングランド、スコットランド、
ウェールズの各公衆衛生局にもなし)

デンマーク
スタテンズ血清研究所 2020/10
COVID19の原因を説明する文書を
所有していません。

スペイン
スペイン保健省 2021/02
「SARS-COV-2」分離を説明する研究の
記録はありませんでした。

欧州CDC
欧州疾病予防管理センター 2020/11
SARS-COV-2の証拠がないことを
認めています。

スロベニア
リュブリャナ大学 2020/11/30
「SARS-COV-2」の分離の記録がないこと、
また「COVID-19」への因果関係を証明
していないことを正式に認めました。
また、スロベニアではCt値40のPCR
サイクルが使用されています。

ドイツ
連邦保健省 2020/8/9
情報開示請求を提出しましたがその後
回答はありません。~

(引用注:各国の公的機関からの
情報は、ここまでで、ここからは
サイトの方の言葉です。)

SARS-COV-2とは、武漢で最初に倒れた
患者のものとされるウイルス。
「SARS-COV-2を分離する」とは、それと
同じウイルスを発見するということです。
しかし実は武漢の患者からウイルスの
実物は分離されていません。
データだけの架空のウイルスなので、
探してもないのは当然のことなのです。

それでも探せばどこかにきっとあると
信じたいですが、
アメリカとニュージーランド当局がすでに
地球上のどこにも記録はない と言い切って
います。誰か持っていればその記録を出す
はずです。

では今流行っている病気の正体は…?
「心の病」でしょうか。』

“出典:「prettyworldのブログ」様
のサイト 
コロナはないと認めた各国機関②
より”

残念ながら、心の病というよりは、
心があるとすれば、病んでいる支配層に
よる架空のウィルスのでっちあげが、
病気の正体だという事です。

もう少し具体的にいうと、5Gシステム
による肺炎や電磁波過敏症による
あらゆる成人病へのつながり、
そしてまた、インフルエンザそのもの
だったり、偽の陽性隔離からの、危険な
医療行為などなど、全てコロナとは関係
ないものが、病気の正体だったというわけ
です。

この「prettyworldのブログ」さんの
情報収集力は凄いし、さらに簡潔で
わかりやすい記事にまとめていただいて
るので、また引用記事を書かせて
いただこうと思います。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきたいと思います。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

映像で簡単に騙される日本人は、なんと五行までの文章しか読めない!?


一瞬目を疑うような情報が目に
入って来て驚きました。
確かに以前から、日本人の思考力が
落ちて、活字離れが進んでいるとは
聴いていましたが、まさかたったの
5行の文章が読めないとは!

それはおそらく言葉を素直に捉える
だけで良いという前提での話だと
思いますので余計に深刻です。
つまり言葉の深い意味や、隠された意図
を読み取れたりはしないだろうし、
そこから無限に展開されるイメージや
感性の広がりというのは、全く皆無
だと思います。

よく誤解されるのですが、スピリチュアル
な表現の一つに言葉では、真実は伝わらない
とか、言葉には限界があるとかいうものが
ありますが、それは日常の感覚を超えた
ような事を伝える場合の事であって、
通常の感覚で通じる事などに関しては、
、むしろ言葉での理解力がないと思考
そのものが働かないという事につながる
のです。

思考より感覚だという人たちがいますが
自発的思考は意識とても大事なもので
テレビやドラマで刷り込まれた感覚
よりもずっと必要なものなのです。

自らの感覚に基づいた、自発的思考は
真実を見抜くために必須なもので、
よく勘違いされるのは、考え方・
感じ方を吹き込まれた場合。
それをうのみにした思考が、
ロボット脳・コロナ脳のような
要らない思考だという事なのです。

鍵は自ら考えるかどうかだけですが、
現在の日本人は、そういう意味での
自発的思考ができなくなっているの
です。

私たちが、思考力を働かせる時には、
言葉をツールとして使用し組み立て
られた記憶やそれに対するイメージ
や感性がとても重要なのです。
でなければ、頭には確実な判断の
ための基準が存在しなくなるため、
簡単にイメージや感情の印象操作
だけで、騙されてしまう
のです。

その事をよくよくわかっている
支配層は、世界中の人々から思考力を
奪うために刺激的な映像や、娯楽を
大衆にどんどん提供してきたのです。

ローマ時代のパンとサーカスという
洗脳手法は有名ですが、戦後日本人を
劣化させ、洗脳が容易な民族に仕立て
あげるために3S政策が取られて
います。

3Sとは、スクリーン(映像)スポーツ
セックスの略で、要する娯楽づけにして
思考力を奪い、代わりに視覚で情報を
得る事を習慣づけたわけです。

私たちがなじんできた漫画やアニメ、
ゲームや映画、ドラマなどは全て
視覚情報をそのまま脳に直接与えて
思考のフィルターを使用させない事
を習慣づけるために必要だった
と言うわけなのです。

そしてまた教育も思考力を奪い、
ロボット化された大人に育て
あげるために支配層の意図をくんで
プログラムされたものだったのです。

教育では、何故思考力や創造力
が育たないのか? 上がロボットを
望むから

という記事で、思考力が奪われる
暗記教育などについて詳しく
書いておきました。

その記事では、現代の教育システム
を創出したロックフェラーの言葉
が紹介されています。

『D・ロックフェラーが、
20世紀初頭にアメリカ一般教育委員会を
創設したのです。もちろん大統領よりも
圧倒的な権力を誇る財閥の意向を伝える
ために創設されたものです。

彼は、設立当初このように語っていました。
「私は思想家の国を望まない、労働者の
国を望んでいる」と。

この言葉についてアイク氏がとてもわかり
やすく解説してくれています。

『これは、わたしの国(すべての国)が、
私の機械の中で働く、ものを考えない歯車
の国になることを望んでいる、だから
熱意と可能性を秘めた子供たちを、私の
意のままに動くロボットに変えたいという
意味だ。』

“出典:
「今知っておくべき重大なはかりごと➁」
       デービッド・アイク著
           本多繁邦 訳
          ヒカルランド刊”

戦後米国の支配下に組み込まれた日本
の教育システムは、この米国の教育
システムがそのまま取り入れられた
ものになったのですから、思考力を
奪うための教育になっているのは当然
でしょう。

しかも日本の場合は、米国の教育より
さらに劣化されたバージョンで、
暗記一辺倒の教育システムになって
いるのです。
米国では、ディベートつまり討論の場
の時間があり、そこでは少なくとも
表現力やコミュニケーションを取る
ため、思考力は育つ余地があるの
です。
しかし日本では、そういう時間は
ほとんどないですよね。

さてこれらのような意図を背景
にした教育やマスコミの成果とも
言える五行までしか読めない
という日本人の記事が以下に
なります。

『』内が引用で、~が中略です。

『 https://togetter.com/li/1651304
  2021年1月12日

 ・ 日本人の5割くらいは5行以上の
長文読んで意味を取ることができない

 ・ たまたま見かけた5行以上の
文字情報を見て最後まで読む人なんて
ほとんどいない

 ・ 日本人でいい歳した大人の
3割はたった1行の文すら読み
解けないどころか、
   そもそも文章読もうと
しないってこと。

 どんなに優れた文章やかみ砕れた
文章でも、
 5行までしか読めないなら
伝えられることは限られる。

 twitterの140字や、はてな
ブックマークの100字ともなれば
尚更だ。

 もし本当に日本人の5割くらいが
長文を読めないとしたら、
 文章をとおして何かを伝えたり
理解したりするのは絶望的と
言わざるを得ない。

 ■ 気が付けば、私も5行までしか
読まなくなっていた

 さて、この文章をここまで読んだ人
はもう5行以上読んでいるはずなので、
 日本人のなかでも文章が読める
ほうの部類、ということになる。

  おめでとう!

 あなたは5行以上の長文が読める
日本人ですね!

 精神科医で書籍も書いている私は、
文章が読めるほうの人間に違いない
 ……そういう思い込みもあった。

ところがそれは思い込みでしかなかった。

 現在の私は、
「5行以上の長文を読んで意味を取ること
ができない状態 」
 に頻繁に陥っている。

 朝。あわただしい朝の隙間時間を
縫うようにメールチェックをし、
 twitterとはてなブックマークに
目を通す。
 メールはタイトルしか読んでいないし、
twitterやはてなブックマークは飛ばし
読みだ。
 5行以上どころか3行も読めて
いないし、1行だって怪しいものだ。
 画面が滝のように流れてゆき、
目の焦点はどこにも合わない。
 そうだ、ソーシャルゲームの
朝の日課もやっておかないと
。。。。

< 後略 >

< 後略 > の中にも書かれてますが、
書籍の「 速読 」はよくありません。
「 行間を読む 」ことこそが書籍を
読む際のいちばん大切なポイント。
速読を自慢する人と、本の中身を
語り合ってみると何も理解できて
ない。
あるのはただ「 読んだ 」という
実績のみ。
本棚に飾って眺めてるのと何ら
変わりないでしょう。
「 ゲーデル、エッシャー、
バッハ 」みたいに。』

“出典:「タマちゃんの暇つぶし」
様のサイト
5行以上の文章読めない
日本人が5割!
より”

なんだ五行しか読めないのは5割
の話で、全員ではないじゃんか!
という人もいるでしょう。
それは、単に読めるだけの割合で
その深い理解力となると、おそらく
8割くらいできていない事になると
感じています。

そういう意味で、最後の速読の危険
への警告と、熟読の薦めは大事だと
思います。

支配層は、今回コロナ偽パンデミック
で人々を誘導する時に、少し思考力
を働かせる事ができるだけで、
計画が、頓挫してしまう事を、理解
していました。

しかし、人々の思考力は、それ以上に
劣化していると判断されたのです。

欧米でアイク氏のような真実発信者が
出て来たり、タンザニアの殺された
らしいジョン・マグフリ大統領が
PCR検査の無効性を証明した事で、
まだ思考力のベースが根強く残って
いる世界の人々は、覚醒する事ができ
ました。

その成果で、莫大な規模のデモに
つながっているのです。

しかし、見事に思考力の奪われた
日本人との差は、歴然としていますよね。

これが五行までしか文章を読めない
日本人の悲しい姿だという事なの
です。

思考力を奪って、視覚に頼らせよう
としてきたのは、まさに現在進行中の
アジェンダに直結しているから
なのてず。

そのアジェンダ(支配層により計画された
シナリオの事です。)とは、全人類に
電子システムを埋め込み、ナンバーで
完全管理するとともに、AIに直結
させて、AIからの操作で、人類を
完全操作するというものです。

その事をアイク氏は、以前から著書で
説明してきたのですが、3月に動画
のインタビューで、世界に発信すると、
またたくまに世界中に支配層の意図が
知れ渡る事になったというわけなの
です。

そのアイク氏は、かなり以前から
今回のようなウィルステロにより、
ワクチンを接種させて人口削減
したり、AIと人体を直結させよう
という支配層の意図を説明して
いたのです。
なんと2009年のインタビュー
動画を字幕大王さんが、投稿して
くださっています。

にしても的確すぎて笑えますね。
私もこのように人々に伝えられたら
とは思いますが、まあかなり難しい
でしょうね。

とにかく当時のアイク氏の言葉が
今なら、本物だったとわかる人は
多いでしょう。

さて私たちは、おそらく一回だけの
ワクチン接種だけでなく、何回も
体内によからぬものを入れられ、
生存できたものに、どんどん複雑な
電子システムを埋め込んでいこうと
しているのです。

一番最初にある彼らの目的は、
ルシファランスという光学反応の
酵素をワクチンで体内に埋め込み、
全人類をバーコード商品化させて
しまうというものですが、もちろん
それだけではありません。

人体を完全操作するためのシステム
を組み込んで、完全に我々の身体を
我々自身から取り上げようとしている
のです。

その証拠が、メイコさんが取り上げて
くださった、支配層側の二人の特許
です。

以前の記事
メイコさんが語るトランスヒューマニズム
テクノロジーの狂気の実態!

から転載します。


「これらトランスヒューマニズムの
テクノロジーは、世界中で開発されて
いて、様々な特許が取得されています。
あのビルゲイツのマイクロソフト
も特許を取得しています。

なんと、悪魔の数字666を使用
しているのですよ。

その特許というのが、「人間の脳みそ
の中に機械を埋め込んで、指定された
番組を見たり、動画を観たりすると
デジタル通貨を稼げるようにする

というものです。

(要するに人間を直接洗脳し、デジタル
な社会でのマインドを育てて、より管理
支配しやすく作り変えたいという意図が
あるようですね。しかし、彼らの洗脳
にかかりながら、通貨をいただくという
のは、狂気でしかないですね。
ただ、わかりやすいのが、彼らは
人間の「マインド」にターゲットを
絞っているという事です。
支配層の頂天には、人間のマインドを
支配したいという意図が、太古から
あるという事が、ここで理解でき
ますね。彼らは物質世界が幻覚だと
いう事がとことんわかっているの
ですから。)

またイーロン・マスクも特許を取得
しています。

それは「ニューラリンク」という
プロジェクト名で、猿の実験で
成功済みのものです。

その実験というのが、「猿の脳みそ
の中にマイクロチップを埋め込んで
遠隔操作した」というものです。」

このように、トランスヒューマニズム
が、支配層と直結した思想である
事は、疑いようがなく、私たち大衆を
管理支配するための思想であるという
わけです。

さきほどにも脳内にもコンピュータが
存在するようになると示唆されて
いましたが、将来的には脳内にも
チップなどの電子システムを埋め込む
つもりのようです。』

さてそのように我々が電子システムで
操作されるためのテクノロジーの開発
は他にも数多くあり、今回なんと
テクノロジーを使用せず、洗脳だけで
人間の記憶を削除して、新しい記憶を
埋め込む事に成功したという研究の
情報が入ってきました。

『』内が引用で、~が中略です。

『(ナチュラルニュース) あなたは、
実際には起こらなかった過去の出来事
を思い出したことがありますか?
ドイツの科学者たちは、人々の脳に偽の
記憶を植え付ける方法を発見したと
主張しています。

複数の大学の研究者が、被験者に
偽の記憶を人工的に植え付ける一連の
実験を行いました。繰り返しによる
暗示の力を利用した心理学的な
テクニックやトリックを駆使して
、被験者に偽の記憶を植え付けることに
成功したのです。

研究者たちは、被験者の子ども時代
について、真実と嘘が混じった架空の
物語を作りました。それを何度も何度も
繰り返し、被験者が本当のことだと
信じるようにしたのです。

最初のうちは、被験者はどの部分が
嘘なのか分かっているので、適当に
あしらっていました。しかし、しばら
くすると、フィクションの要素が
だんだんと曖昧になっていき、被験者
は真実とフィクションの区別がつかなく
なってしまいました。

このプロセスが完了した後、研究者たち
は逆に、同様の技術を使って、
植え付けた偽の記憶をすべて元に戻し
ました。元に戻すのは、偽の記憶を
植え付けるのと同じくらい簡単なこと
でした。

「研究者たちは、ボランティアたちに
記憶の出所を尋ねるだけで、偽の記憶が、
条件付けのために繰り返される
誘発された想起のプロセスによって
作られるという事実を強調したのです」
とRTは報告しています。~

この記事にコメントを寄せたRT読者の
多くは、このような心理操作がどの
程度行われているのかを推測しました。
一般的な意見としては、現代社会の
ほとんどすべてのものには、ある程度の
マインドコントロールが含まれており、
社会的なエンジニアリングのために
使用されているというものです。

「アメリカには、ある人には拷問として、
ある人にはマインドコントロールとして
機能する、より効果的なものがある。
彼らはそれをCNNと呼んでいる」と一人
のコメンテーターは冗談を飛ばしました。




“出典:「さてはてメモ帳」様
のサイト
ドイツの研究者が、人の頭の中に偽の記憶を
植え付け、その後削除すること
に成功
より”

最後の二つの画像に注目です。
上の方の画像は、人類に偽物の
現実を見せるための衛星放送が
ダウンされると、本物の世界が
人々の目の前に現れるように
なり、邪悪な支配層の姿が、
人々の目に映るようになるという
ものですが、これは、「ゼイリブ」
というB級映画のストーリーと
画像で、ネツトで一時広まり、私も
観る事ができましたが、確かに
我々の洗脳システムの状態を見事に
比喩的に表現するものでした。

もちろんすぐに削除されていき
ましたが。

そして下の画像は、ヒトラーの大衆の
洗脳方法のプロパガンダです。
これらの手法は現在でも、大いに活用
されているのがわかりますね。

特に最後の視覚・聴覚を刺激で、感性
で訴えろというのは、まさに思考力を
奪われた現在の日本人にはより効果的
だといえます。

そしてまた記事にあったドイツの研究
では、私たちに偽の記憶を植え付ける
というものですが、このような事は
電子システムを脳に直接埋め込めば
より容易にできるのは明らかです。

電磁気情報により我々の思考や行動が
操作される研究はこれまでにも
ご紹介してきました。
転載しておきましょう。

『電極や各種のインプラントによる
テクノロジーは個々のターゲットに
インプラントを与える装着作業を必要
とする。そこでマインドコントロールの
新しい方法としてこれらの装置を
持たせる必要のない技術が模索された。
より合理的で効果的な手段として
電磁波を直接ターゲットに照射する
という方法が取り上げられた。この
エネルギー直射による方法はマインド
コントロール・テクノロジーの中で最も
進化し、最も恐れられ、そして現在、
世界中で最も使用されている
テクノロジーである。

電磁波の中の、ある特定のものをビームし、
人の心理や行動を操作しようというもの
であるが電磁波の種類の多さや特質から
極めて広範な効果が得られることが
判った。

電磁波マインドコントロールテクノロジー
が包含する効果には
「マインドリーディング(読心)」
「思考転送」「身体機能操作」
「健康や死亡操作」などがある。』
“出典:「さてはてメモ帳」様の
サイト
5Gは、パンドラ計画らしいより”

つまりAIと連結させられるという事は
偽の記憶を植え付けられ、それまで
の貴方の人生を奪いとるという事を
意味しているのです。

くれぐれもお互い人生を奪われない
ように、情報を共有していく必要が
ありそうですね。

ではまた貴重な情報を記事にして
いきたいと思います。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

PCR検査の真実を暴露したマグフリ大統領を、ゲ〇ツが排除予告していた!

去年医療の真実特にワクチンの危険を
中心に、貴重な知識を惜しみなく発信して
くださったナカムラクリニックさんは、
本当に影響力が凄かったですね。
私が、ナカムラさんのツイートのリプ
に、関係する自分の記事のリンクを
貼り付けさせていただいただけで、
普段の10倍のアクセスになったという
くらい凄かったです。

特にエクソソームの真実を知る科学者
や専門家などが、200人以上も
不審死していたという情報は、あまりに
貴重でした。
これは今回殺害されたと思しき
マグフリ大統領の暴露したPCR検査
では、パパイヤやマンゴーも陽性に
なったと暴露してくださったタンザニア
のマグフリ大統領の情報と同じくらい
貴重なものでした。

つまり影響力のある真実発信者は、
常に命が狙われる危険があるという
事なので、それを危惧されて
ナカムラクリニックさんは、ツイッター
から手をひいたと自分で言っておられ
ました。

しかし、今回またNOTEの記事で
貴重な真実を届けてくださったわけ
です。

今回はその記事を引用させていただき
ます。

『』内が引用で、~が中略です。

『コロナ関連のことは、書きたいことが
次々と出てくる。
コロナがすっかり治まってくれれば、
健康情報の発信にだけ打ち込めるの
だけれど。

タンザニアのジョン・マグフリ大統領
が死亡。享年61歳

やはり亡くなられたか。
PCR検査
(ヤギやポーポー(果物)陽性になる)の
嘘をあばき、マスクの無意味さを主張し、
ロックダウンを押し付けようとする
近隣諸国を批判し、メディアの
いわゆる「コロナ感染者数」の
カウントを早くも5月に中止し、
さらに、コロナワクチンの購入を拒否。
コロナ騒動を煽りたい一部の人々に
とって、この大統領ほど不都合な
存在はいなかった。そこで彼ら、
動いた。

『タンザニアの反ワクチン大統領を
黙らせるときがきた』
ガーディアン紙(2021年2月8日)の
記事である。誰が書かせた記事か、
しっかり署名がある。
ビル&メリンダゲイツ財団

(引用注:支配層のフロントマンとして
今回のアジェンダの中心人物である
ゲイツ財団の署名があるという事は、
これをゲイツ自身の意図としてみて
間違いないわけですね。
というより、彼が誰かに意図通りに
書くように指示したというだけの事
だと思います。
にしてもこれほど憎たらしく感じる
人物もいませんね。むしろ人類の
99.999999%はおまえを
こそ黙らせたいと思うべきだし、
すでに世界中の圧倒的大多数の人々も
すでにそう思っています。
ただし、あくまでもフロントマン
でしかないので、彼を黙らせた
ところで本当の解決にはなりません。
以下のツイートが、とてもわかり
やすい図式です。


圧力に屈しない政治家は、すぐさま
殺す。こんな事例は、枚挙にいとま
がない。

『ブルンジ、WHOを国内から追放。
コロナ禍で大統領選挙実施へ』
こういうふうに国連にたてつくと、
彼らの怒りを買うことになる。

『ブルンジ大統領Nkurunziza、死亡。
コロナウイルスによるものか。政府は
心臓発作による突然死と説明』

気概のある政治家は、本当に死ぬこと
になる。運よく死なないとしても、
スキャンダルを仕掛けられて
政治家生命を絶たれるか。
このどちらかだよね。

「ワクチンは殺人兵器」
「闇の勢力が計画」県議が接種しない
よう呼びかけ
斉藤新緑さん「信念に基づいており、
撤回するつもりはない」

すごい人だ。でも大丈夫だろうか。
これから各方面から攻撃される
ことは目に見えている。
彼らは、もはやなりふり構ってない
から、あからさまなやり方で危害を
加えてくるかもしれない。心配だ。
こういう本物の政治家は、ぜひ応援
したい。

(引用注:つまりはこの斉藤議員こそが
本物の政治家で、沈黙している他の
政治家たちは、偽物だと観て間違い
ないわけですね。下は偽物代表の
河野大臣)

相変わらずの営業自粛、花見もダメ。
ワクチンパスポートまで導入。
“当局”の命令通りに政治家が動けば、
こんなふうになっていく。残念ながら
国政レベルの政治家に本物はいない
ようだ。

なんといっても、人口を6千万に減らす
と公言している人が次期総理候補
ですから笑


(引用注:今回の人口削減のアジェンダが
人口の半分削減だという事なのでしょう。
予告する事で有名な、アベンジャーズ
完結編では、全人類の半数が消えて
しまいましたから、まさにその意図を
まんま暴露しやがったわけですね。
できが悪いからなのか、あからさまに
悪を表現する段階として、GOサイン
が出ているからかはわかりませんが。)

ちなみにワクチンカード、すでに導入が
決定している国があるけど、カードは
こんな感じ。

コロナワクチンの1回目、2回目の接種日の
記載があって、さらに、2回目のワクチン
の有効期限の記載もある。
どういうことか、わかりますか?
2回打って無罪放免ではない。定期的に
ずっと打ち続ける必要がある、という
ことです。
誰がどう見てもわかるひどいアレルギー
反応が出れば、さすがに免除になると
思うけど、そうでない限りはずっと接種。
多分、死ぬまで、です笑

しかし、アストラゼネカ(AZ)製コロナ
ワクチン、本当にひどいね。いや、
ファイザー製とかモデルナ製がいいって
わけでは決してないけど、これらに
輪をかけてひどい。

(引用注:単に身体に危険だから、
避けるべきだというだけならまだしも
身体に異常がなくても、思考や感情
そして身体まで全て操作可能になって
しまう事が最も恐ろしい事なので、
打つか、死ぬかの二択でいくしか
ないと思います。)

24か国でAZ製ワクチンが接種中止
となった。

さらにイタリアでは、AZ製ワクチンに
よる死亡に対して、殺人罪で裁判が
起こされた。

さて、世界中で総スカンのこの
AZ製ワクチン、日本政府はどうすると
思いますか?

『AZ製ワクチン、日本で生産開始へ』
日本は製薬会社の狩場になっている。
要らない薬の在庫処分場なのよ。
なぜ外国はNOと言えるのに、
日本は言えないんだね。

(引用注:昔からそうですね、
抗がん剤もタミフルもすでに深刻な
副作用を引き起こし、致死的な
毒性があると世界に認められている
ものは、全て日本で最終処分されて
きましたから、当然の流れですね。)

被害者の声

「3月6日にAZ製ワクチンを受けました。
翌週、少し鼻血が出ました。最初は
それがワクチンのせいだとは思って
いませんでした。でも接種から7日目に
月経周期の中頃に生理みたいな出血が
始まりました。血栓のことばかりが
話題になっていますが、こういう
出血はワクチンの副作用としてあり
得ますか?」
(引用注:あり得ます、接種直後の
男性が吐血下シーンがこちら




「リンシーは先週の水曜日に2回目の
ワクチン接種を受けました。翌日の
木曜日、リンシーの授乳中の赤ちゃんが、
頭からつま先まで、発疹だらけになり
ました。その日の夜、どうにもならない
くらいにぐったりしてきたので、すぐに
救急に行きました。赤ちゃんは
血小板減少性紫斑病と診断されました。
入院して様々な治療を受けましたが、
どんどん体調が悪化し、昨晩亡く
なりました」
コロナワクチンを接種していなくても、
接種したお母さんの母乳を飲むだけで、
赤ちゃんが死ぬ。

「友人宅を訪問しました。その人の
お姉さんがごく最近、突然の心臓発作で
亡くなったからです。そこでその人が
言っていました。「実はお姉ちゃん、
数日前にコロナワクチン受けたばっかり
だった」と。でも、その子もその旦那
さんも、コロナワクチンを受けるつもり
なんです。「もちろん受けたくないけど、
仕事の関係上、仕方ないの」と言って
いました」

死ぬ可能性を考慮してまで受けなきゃ
いけない予防接種って、そもそも
何なのよ?

(引用注:もはやそこまでいけば、
仕事の方を捨てるべきだと思います。
もちろん生きて行くのは困難になる
かも知れませんが、、打った直後から
どんな形であれ、人生を捨てる事に
なるからです。)

「元ボクシング世界チャンピオン
マービン・ハグラ―、コロナワクチン
接種後の副反応にて死亡」
リングの上では最強を誇った男も、
コロナワクチンには勝てない。

「ニュース番組のスポンサーに製薬会社
が入ってるっておかしいよね」って
言ってるのと同じ人が、「ワクチンを
打った後に副作用が出たとか死んだとか、
そういうのが本当なら、ニュースで
やってないはずがない」とか言うん
だよね笑

すべては出来レース。
政治も科学もマスコミも、全部抑え
られてる。

「科学者を買収するのは政治家を
買収するのと同じくらいに簡単だよ」
金にも威圧にも屈さない政治家が出て
こないと、この国は本当に滅んで
しまうと思う。まず、国民が目覚め
ないといけないよ。

“出典:「中村 篤史/ナカムラ
クリニック」様のnote記事
コロナと政治家より”

やはりナカムラさんは貴重な情報を
届けてくださいますね。

にしてもゲイツが、マグフリ大統領を
殺害予告していたとは、驚きました。
というより、許せません。

ただマグフリ大統領は世界中の人々から
偉大な大統領として記憶される事
でしょう。

つまり彼は肉体を去ったあと至福の
意識領域に直行できていると思い
ます。

そういう意味では、邪悪な支配層に
抹殺されてしまったカダフィ大佐も
同じように本物の知識を持つ人たちに
尊敬されていますので同じコースで
しょう。

それに対して、ゲイツは肉体を去れば、
永遠に近いくらいの地獄の苦しみを
味わう事になるでしょう。
これは真実の話だという記事がこちら
です。

邪心の意識は、やはり死後も同質の
領域に引きつけられる!

死後は自他の区別がなくなるので
相手を残虐に痛めつけ、耐えきれない
ほどの苦悩や苦痛をもたらしてきた
現世を過ごしているゲイツのような
ものは、そのまま他者との区別
がなくなった自分に対して、同じ
事をする様になるわけです。
しかも時間の概念もなくなるので
その苦悩・苦痛は永遠に感じる事
になるという事です。

まあ少しは気分も晴れますが、
ゲイツに殺された人たちの人生
が戻るわけではないので、ずっと
苦しんでいてもらおうかとも
思います。

そして最後に出て来たこのコメント

「ニュース番組のスポンサーに製薬会社
が入ってるっておかしいよね」って
言ってるのと同じ人が、「ワクチンを
打った後に副作用が出たとか死んだとか、
そういうのが本当なら、ニュースで
やってないはずがない」とか言うん
だよね笑

全く思考停止しているような人ですね。
思考能力というのは、本質をつなげて
考えられるというのも大事な一つです。

最後に彼のために解説しておきましょう

「製薬会社が、ニュース番組の
スポンサーになる目的はね、
自社で製造した商品(この場合は
ワクチン)の評価にとって都合の
悪い報道をさせないためなんだよ。」

まあこんな思考力は、コロナの真実に
気づいておられるような読者の方々は
当たり前の事だとは思いますが。

都合の悪い報道をさせないどころか、
なんの根拠もない「ワクチンの有効性
の確認」というような偽物の報道を
させているのが現状ですね。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

海外データの平均値でわかった567枠沈による脅威の副作用率とは?


毎日ツイッターの情報でも海外からの
副作用や死亡者の情報が続々入って
きています。

日本はどうかと言うと、最初確かに
一人60歳の女性がワクチンで
亡くなったという情報が入った
ものの、接種して三日後の死亡なのに
因果関係は認められないとされました。


この女性に基礎疾患やアレルギー歴も
ないとの事から、ワクチンによる死亡
と言うのはほぼ間違いないでしょう。
その後死亡者の情報は入って来て
いませんが、海外の情報から実際には
すでに接種者の数%は亡くなって
おられるのだと思いますね。

またアナフィラキシー症状という
重篤な副作用の報告がありましたが、
やはり厚労省が隠し始めているよう
です。

上の方のツイートは、以前記事でも
取り上げたようにキッシンジャーが
支配層側の人間達に言った言葉です。

「終わるなら絶対接種しない」という
事でよろしいですよね。

公表回数を少なくされてしまった
厚労省の最新の発表がこちらですね。

さて今回は、あのできるNBBブログの
社長さんが、海外のコロナワクチン
副作用率を記事にしてくださってます。

『』内が引用で、~が中略です。


米政府が公開中のワクチン被害者数が、
実数の1%以下なのは有名です。
注射から15分後に急変した即死でも
米政府は認めません。日本政府も
インフル用ワクチンの頃から、
副作用を認めたのは全被害者の3%
でした。
報道500社も官僚の天下り会社だから
日本政府=ニュース500社が言う
データでは、真実を知ることは
永久に無理です。
#日本語で、読めるNEWSに
事実なし!

(引用注:官僚も欧米の支配層配下
で、大手マスコミは、全て支配層の
外資が、大株主なので、日本政府の
前に支配層=とつけたいところです。)

この問題を解決するために、
海外のニュースから分母が確定
している集団接種に着目して
追跡しました。接種が始まった
12月からデータをコツコツ集め
続けて、15件ほどたまったので
15で割れば「納得できる平均値」
です。ようやく一般公開。
※団体で接種した人数が100%、
副作用の人数が%。(÷)15件。
※上段が労働者年齢
(主に医師の集団接種)、下段が
高齢者のデータです。
(引用注:画像がうまく転載できて
ないので、リンクは反映されてない
です。必要な方は元記事からで
お願いします。)


以上が就労年齢です。
下段は、高齢者の集団接種に関する
データです。


英語で検索しても出ないので
一般公開では、
世界唯一のデータでしょう。
= 新型コロナウィルス用の、
COVIDワクチン副反応=
労働者年齢での副作用率=66%、
死亡率=16%。
高齢者の副作用率=76%、
死亡率=21.8%。
※健康な人にワクチン注射した
後のコロナ発病率は63.5%
.
約500社ある日本のニュースと、
まるで違っています。
0.004%ですか?殺人TV局
、殺人新聞社。
・ニュースは<敵が>言う話し。
・ニュースは<敵が>だます嘘。
・日本語で、読めるニュースに
事実なし。
だから英語・フランス語・
ドイツ語のNEWSを見れば、洪水の
ように真実ニュースが流れて
来ます。
海外ニュース以外では、真実を
知る事は出来ません。
.
歴史知識の量は個々に違うので
長文は避けますがこれは200年前
から常識です。
感染症とは「第一波」は政府が
演技して国民を騙し、ワクチン注射で
毒殺した政府犯罪が「本物の第二波」
だったのは200年前から政治の常識
です。天然痘もスペイン風邪も
エイズも(実際は無かった病気です)
ワクチン注射で無い病気を発生させて毒殺し続けた歴史です。
歴史の教科書も=政府のペンだから
簡単。
感染しない注射病なのに「感染する」
と言った1秒目から嘘です。医学も
=政府のペンだから簡単。多忙な
医学生は、つめ込み教育=暗記してるだけ
1800年代から2020年のコロナまで
例外なく同じ手口。例外なくと言える
のは、そんな病気は無いからです。
感染するわけが無い「注射病」です。
今回も健康体にワクチン注射したら
63%がコロナを発病したことが、
手口が同じだった証拠です。
初登場した去年から「コロナは無い。
政府の演技だった」とバレたのも同じ。
.
ワクチンを注射する理由?である
新型コロナウィルス。幼児~70代
までのコロナの死亡率は0.05%に
過ぎません。1年間の正確なデータで、
全国民の感染率(0.25%)、感染後の
重症率(0.3%)、感染後の致死率
(0.05%)のコロナを予防する
ために、死亡率16%
(高齢者は21%が死ぬ)ワクチンを
注射する理由を、日本政府と
官僚テレビ、官僚新聞は説明する
必要が生まれました。
.
このデータを、野党の議員たちに
送りましょう。
https://wwbb.me/us/nbb/corona-
vaccine-mortality-database/

コロナが発生する直前、コロナを
演技し始める直前の2019年11月に
決めた『外国製の危険なワクチンを
(審査せずに)許可法

賛成したのは=自民398人、
公明57人、立憲民89人、国民民60人、
維新26人、N国2人、
希望(小池百合子党)2人、
無所属15人。/反対した党は=
共産党25人。
この法律さえ変更しなければ、
ファイザー製もアストラゼネカ製
ワクチンも日本に入って来なかった。
(政府に賠償金でなく)政党を相手
に民事訴訟すれば、今後も悪法に
賛成する9党を消せます。民事なら、
弁護士なしで個人が訴状を書くだけで出来ます。100人どころか
裁判が30件や40件も重なれば党は
マヒするでしょう。束ねず個別に
バラバラ訴訟。時間差でエンドレス
提訴を次々が効果的です。
.
人類初の、mRNAワクチン。
ワクチンの死亡率が16%や21%
なんてニュース報道されるまでの
2日間とか5日間の死亡率に過ぎ
ないので、私は無駄な仕事を
やったしこの%を見ても無駄です。
mRNAワクチンとは次の病気に
なった時に免疫暴走を起こす設計で、
どの病気も治らなくする目的
なので、最終的な死亡率は軽く
7割8割を超えるでしょう。
海外ニュースで多くの学者達も
証言「このmRNAワクチン接種後に
5年以上生きられる確率は0%に
近い。」
ビル・ゲイツ氏ら支配階級も
「世界人口の9割を虐殺する」と
公衆の前で堂々と公言して
いたのは「本気だ」と誰もが納得
したでしょう。寿命5年なら。


“「ANTHENNA BLOG NBB」様
のサイト
コロナワクチン副作用率の
データ統計。9ヶ国の平均値
より”

このNBBブログ様は、常々共産党
だけは買っておられるようですが、
感染症法改正に対しても大して
反対してなかったし、スマートシティ法
も賛成にまわってたし、何よりコロナが
嘘だとも言ってないし、PCR検査推進
しているし、ワクチンも反対してないし、
ツイッターでも、共産党党首志井委員長
以下の数十人の共産党員が、一つ目の
ポーズを取っていたの画像でキャプチャー
してましたから、まあこちらも支配層
の配下で間違いないでしょう。

しかしそれにしても、いつも貴重な
情報を記事にしてくださりますね。

副作用率が、働く人の年齢層でも67%
もありますか。

もちろんこれは毒性に対する反応なので
これが、後年にさらに致死的な影響に
育つのは間違いないと思いますね。

全体の1%についての報告だけで
すでに米国の死者2000人を
超えたようです。

街宣&チラシ作成で大活躍のマミさん
ありがとうございます。


この1%しか反映していないが、
それでも日本の隠蔽よりましな
VAERの死亡率では4.5%
の死亡率なのに対して、このNBB
プログ様の調査では、
ワクチンを打てば7割前後は副作用
に苦しみ、16%は死に至るのが
コロナワクチンの正体だという事
です。
そしてコロナの死亡率は、0.05%
もちろんこれも捏造で、実際は死者数
はゼロなのですが、それでも捏造の
死亡率であっても、ワクチン接種に
よる死亡率の0.003%しか
ありません。つまり死なないコロナの
ために16%の死亡率のワクチンを
国民全員に接種させようと政府と
支配層が画策しているというわけ
です。

もちろんこの死亡率、5年後には
80%くらいになるという事です。

ただし奴隷用に弱毒性のワクチンで
ナノテクノロジーだけ入るような
タイプを接種される人もいる事
でしょう。

もしかしたら、それが現在の支配層
配下の政府や著名人なのかも知れ
ません。
逆に私なんかは、その奴隷の方が
1兆倍嫌(数値は概算)ですけど、
ご愁傷様。

これは国民全員が知らなければ
ならない情報ですね。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

ケム撒布からのナノテクノロジー被害には日本食が効果的だった!


この記事は、
ナノテクノロジーは空からもやってくる!?
ケムトレイルにゲイツのドローン蚊

という記事の続編です。

前回ケムトレイルには、スマートダスト
と呼ばれるナノテクノロジー
も含まれているという事で、私たちの
体内に知らないうちにナノロボットや
ナノチップが入り込んでいるかも知れ
ないという事ですが、それが
モルゲロンズ病と呼ばれる深刻な
皮膚病にもつながったり、また
私たちに直接的なテクノロジー操作
での健康被害を引き起こす事にも
つながったりしているという事です。

そして前回の記事の後、そのモルゲロンズ
病にかかって、自分で完治させたという
フォロワーをお持ちの咲珈琳さんから
情報をいただいたので今回それをご紹介
しようと思います。

またナノテクノロジーが体内に入り込んだ
事から、テクノロジー犯罪の被害に遭って
おられるというtonarino-chachaさん
からの情報もご紹介していこうと
思います。

まずはモルゲロンズ病についての被害者の
お話からです。私の記事のリプとして
情報をいただきました。





なんとケムトレイルからのホコリ
とおぼしきものを触っただけで、
ナノテクノロジーが肌に侵入した
という事です。
つまり素手で触る事もだめなようです。
それだけ微小な物質でもあるという事
ですね。

にしても、最後の画像でもいろんな
ケースがあり、ツイッターのフォロワー
さんにもおられたという事なら、日本
でも結構な被害者も多いのでしょう。

ただほとんどの人は、首をひねりながら
病院に行かれて、ムダでしかも危険な
治療で、身体をどんどん悪化させて
いってるのだと思います。

何があっても西洋医療を利用する事
だけは控えられた方が良いと思い
ます。今ならいつまのまにか
PCR検査させられて、コロナで
隔離のコース、そしてゆくゆくは
ワクチン接種まで十分に考えられ
ますからね。

しかし指から糸が生まれるって、身体の
異変って、みなさん思い出しませんか、
そうですあの「スパイダーマン」の誕生
の時のシーンです。

まさに支配層の配下にあるハリウッド
映画だけの事はありますね。
こんなとこでも告知しているとは
全く思いもよりませんでした。

しかしその被害者の方は自力で、その
モルゲロンズ病を完治させたらしいです。



このEM1だけでなくやはり空気と
水によるデトックス、そして
ノニジュースも効果的なようです。

なんとこのEM1は日本人が開発
したらしいです。

詳しく説明しているサイトから翻訳を
引用します。

『』内が引用で~が中略です。

『EM-1に含まれる微生物
EM-1®は、沖縄の琉球大学農学部の
比嘉照夫教授によって開発されました。
比嘉は、庭や農場で使用される
化学物質の量と数が増え続けることに
ついて、健康とお金の両方の観点から
懸念を抱いていました。

1960年代半ば、微生物はさまざまな
用途のために世界中で研究されて
いました。比嘉博士は微生物の
組み合わせを研究することに決め
ました。彼がまとめたすべての生物は、
非病原性の通性嫌気性微生物でした。

嫌気性菌であるため、低酸素または
無酸素環境で繁殖することができます。
それらが通性であるという事実は、
それらが好気性条件にも耐えることが
できることを意味します-したがって、
それらは最初の空気の匂いで
キールオーバーするつもりはありま
せん。

比嘉は組み合わせを組み合わせて、
どれが共存するかを見つけました。
彼が草のパッチの1つに投げた1つの
混合物は非常に良い成長を示しました。
この微生物コンボはEM•1®の基礎となり、
1982年に日本で最初に販売されました。

EM-1には、次の3種類の微生物が
含まれています。

乳酸菌-このバクテリアのファミリーは
ヨーグルトとチーズを作ります。それらは
糖を乳酸に変換します。そうすることで、
それらは病原性微生物の成長を阻害する
pHを下げる条件を下げるだけでなく、
メタン生成微生物が生き残ることを不可能に
します。

酵母-酵母は、パンやアルコールの製造に
使用されるような単細胞の真菌です。
彼らは発酵スターターです。

光合成細菌-これらの細菌は、混合物中の
他の微生物が共存できるようにする細菌です。
それらは光を使用して有機および無機物質
を代謝します。比嘉博士とパー博士は、
em-1に関する論文を書きました。より
詳細なレビューが必要な場合は、この
リンクを使用して、彼らの論文「持続可能な
農業のための有益で効果的な微生物」を
ダウンロードできます。彼らは、光合成細菌
が嫌気的に不完全な光合成を行うと言います。
それらは硫化水素のような物質を有用な
基質に変えることができるので特に有益です。
同様に、プロセスでは水分子が分割され、
根域に酸素が生成されます。

(引用注:ここで乳酸菌というのが出て
来ましたね、実はデトックスの別の方法
として後で取り上げる日本食の味噌や納豆
もやはり乳酸菌なのです。
そして以下は、放射能による土壌汚染
にも、このEM1が効果的なようです。)

EM-1と福島
EM-1に関する私の研究では、福島の放射線
漏れによる汚染土壌に対処している
有機農家によって使用されていることが
わかりました。~

(引用注:以下は、EM1入手のための
サイトへのリンクです。)

有効微生物群、EM-1を入手する場所

他の国からの人々は
EMROジャパンのウェブサイトにアクセスします。

“出典:「the compost
gardenercom」様の
サイト
EM-1-有効微生物群より”

やっぱ日本人ってすごいですよねー。
もしかしたら福島県産の農産物の
何割かは改善しているのかも
知れません。ただ我々に見分けが
つきにくいのは問題ですが。

ノニジュースは、薬草から創られる
もので、別名ヤエヤマアオキとして
知られてもいます。

アマゾンでもノニジュースは、
売られているようですね。

とにかくモルゲロンズ病にかかったら
この方法も試してみる価値はありそう
ですね。
もちろんご自分でしっかりとリサーチ
される事をお薦めしますが。

咲珈琳さんは、支配層がひそかにこの
ナノテクノロジーの予防法を実践して
いたらしいという情報も届けて
くださいました。

そのサイトを引用させていただきます。

『』内が引用で、~が中略です。

世界の富裕層は、「あれ」で自分たちだけは、
モーゲロン病(むずむず病)を予防していた

先日、モーゲロン(モージェロン)病
(むずむず病)
と謎の繊維や
NASAの内部書類が「合法的な武器」
として記述した人体に入りこむ
マイクロサイズのナノテクノロジー

について書きました。

この問題には、さらに深刻な側面が
含まれているのですが、詳細を論じる前
に解決法というか、希望があると述べて
いる人たちの提案について書きたいと
思います。

アメリカでは、数年前のニュース記事で
約13000名あまりのモーゲロン病患者がいる
と推定されていますが、治療法が確立されて
いないために、大勢の人たちが解決法を
探してリサーチしているものと思われます。
この件について、ユーチューブでブラボー・
フォン・ミューラーさんという方が
「モーゲロン繊維を体から取り除く方法」
というビデオを公開しているのですが、
なんと12万名以上もの人がこれを観て
います。

この方によると、世界を支配する富裕層
(グローバルエリート)たちは、
モーゲロン繊維による影響を受けないために、
自分たちだけはちゃっかり
「特別なデトックス食」をしている人が多い、
というのです。そういえば、マドンナの
最近のアルバムでは、ご本人が怪しげな
黒いモーゲロン繊維のようなものに
縛られていました。「特別なデトックス食」
というのは、何をかくそう「日本の伝統食」
だったのです。

マドンナがトランプ大統領就任に際して、
「ホワイトハウスを爆破するぞ」と脅した
発言が有名になりましたが、マドンナは
日本人のマクロビオティック実践者を
シェフに雇って、ご自分の家庭は長年に
わたって玄米食でした。

「マクロビオティック・プライベートシェフ
が語る、富裕層がマクロを選ぶ理由」

こちらのビデオでも、モーゲロン繊維を
殺して体外排出し、悪化させないために、
小豆を入れた玄米と天然塩と海藻の
三点セットを日常的に食べることを
すすめているのです。このビデオを
公開している人は、自分の地域では
ケムトレイルが多く、「自分はこの生きた
繊維を大量に吸い込んでしまっている」と
述べています。しかし、玄米食のおかげで
悪化しない、と言っているのです。

(引用注:ここまでが、動画についての
解説という事ですね。
なんとケムトレイル撒布で、生きた繊維
(自己増殖・自己成長可能なナノ
テクノロジー、またはナノボットが
繊維状という事なのでしょう。)を
吸い込んでも、それを殺して体外排出
して、悪化させないために
日本食を薦めているという事なのです。
つまり日本食は、モーゲロン病の治療効果
としても、役立っているという事ですね。
大量に吸い込んでも悪化しないという
事から、日本食自体にナノボットを殺し、
体外排出させる効果があるのだと
思います。
しかし米国だけで、1万3千人
とは多いですね。まあ将来のトランス
ヒューマニズムテクノロジー開発の
ための実験に使用されてしまっている
人たちという事なのでしょう。
ビデオでは、モルジェロンファイバー
と発音しています。モルゲロン繊維
という事ですね。

この動画の英語での文字起こしのおかげで
内容が把握できてありがたいです。
彼ら支配層は、これらのモルゲロン繊維を
吸い込んでも治療法を手にしているので
問題ないとしています。
まず重要なのは、偽物でないヨウ素
(ヨード)日本では海草、つまりコンブが
必要だと言っています。
天然のものでなくてはならず、うがい薬
などに含まれているものではだめだと
いう事です。あーイソジンね、残念
でしたね吉村さん。
そして天然塩もとても重要で、それも
またヨウ素以上に大事だという事です。
そしてその天然塩を入れた炊いた玄米
ご飯とが必要で、ヨウ素、天然塩、
玄米があれば、体内に入りこんだ生きた
ナノテクノロジー、つまりモルゲロン
繊維やナノボットほ殺せて排出できる
という事です。
エリートたちは普段からちゃっかり
実践しているという事です。)

モーゲロン病について研究していた
ドイツ人のハラルド・カウツ・ヴェラ氏は、
モーゲロン繊維が「体内でカビ(真菌類)
のように広がる」と指摘しており、
対策としては食生活を変えて
体をアルカリ性に保つことであると
述べていました。

玄米ご飯ですが、日本人にとってはそんな
に難しいことではありませんが、
炊飯器さえも使わない西洋人にとっては、
非常に「新しい」というか、この食生活に
変えることは、ハードルが高く、覚悟が
必要なのです。日本では、長崎の原爆で
被爆した秋月辰一郎博士が、玄米と天然塩
と味噌汁で原爆症から大勢の人を救っ
実話があります。

https://terafarm.jimdo.com/玄米食が危機を救った話/

(引用注:2011年の原発事故当時に
ネットで、放射能被害に対して、
有効なものという事では、確かに
天然塩や味噌や納豆などの発酵食が
有効だというのも結構ありましたね。
玄米もあったかな?もちろん有効
だと思います。また塩風呂も放射能
を無害化するのに大きく役立った
という情報もありました。
要するに身体のプラズマ循環
エネルギーとリンクさせれば、
放射能の電磁波による被害を
電磁気的に相殺できるという事なの
でしょう。)

日本の伝統食である玄米食や梅干しなどは、
体をアルカリ性に保つ食事です。一般的
には、体をアルカリ性に保つことが
できれば、病気を防ぐことができると
いわれています。
イタリア人の元医師であるシモンチーニ博士
も、
ガン細胞が白いことに注目し、「ガンはカビ
(カンジダ菌)である」と主張しています。
体内をアルカリ性に保つことができれば、
カビ(真菌類)が広がる環境ではないと
言えます。

(引用注:シモンチーニ医師が、
癌の正体を発見して対処方法まで
示唆してくれたという事は以下の
癌細胞の真実 原因は癌細胞ではなかった
!? 新型コロナも同じ事だった!

という記事でもご紹介しています。
次は、尊敬する亡くなられた安保
先生のありがたい動画ですね。病気を
治すのは常に自分が主体でなければ
いけないと諭してくださってます。)

もちろん、現在の日本人にとっても、玄米を
食べる際には消化がいいように圧力釜を使う
などして柔らかく炊くことや、海水を釜で
炊いて昔ながらの手法で作った「本物の塩
」を使うことなど、注意しなければならな
い点はあると思いますが、私たちにとって
この食生活はとても自然なものです。』

“出典:「シリコンバレーで日本を想う」
様のサイト
世界の富裕層は、
「あれ」で自分たちだけは、
モーゲロン病(むずむず病)を
予防していた
より”

私も普段に玄米食、味噌汁そして梅干しも
食べてますし、天然塩と浄化された水も
常に摂取するようにしてます。
もしかしたら、わりと多くの人が、ナノ
テクノロジーを取り込んでも、既に
普段からうまく排出できているのかも
知れませんね。

ただこのケムトレイルのモルゲロン繊維
だけでなく、食品や医薬品などにもナノ
テクノロジーが含まれているようなので
警戒しておく方か良いでしょう。

そして前回の記事に対して、貴重な
情報を届けてくださったtonarino-chacha
さんのツイートがこちらです。

このツイートで紹介されている記事は
こちらのリンクです。
気が付けば体はナノチップだらけだった
ここで取り上げられている情報は貴重で
今度これについての詳しい記事を書こうと
思っています。
やはり、テクノロジー犯罪の被害者は、
結構多いようで、tonarino-chachaさんも
そのお1人だという事だという事ですが、
遠隔からナノチップが埋め込まれた人物
あてに、電磁波攻撃が実際にされている
ようです。
やはりターゲットにされるような人には、
あらゆる場面で、ナノチップテクノロジー
を体内に入れられる危険があるという事
です。
取りあげられているリンク先の記事では、
歯医者で貼られた絆創膏にナノチップの
電磁的反応があったと説明しています。

絆創膏というのは思い出しませんか?
以前
枠チ〇接種で確実に予定されている
もう一つの危険な重大作用とは?

という記事で、マディ医師が暴露されて
いるハイドロジェルです。
これが絆創膏に据え付けられた超極小の
針から、ナノボットなどを侵入させる
事のできるものだという事でした。
これを実際にされている人の証言だと
いう事ですね。

体内に、埋め込まれたナノテクノロジーを
見つけるためには、マイクロスコープや
マジックライト(紫外線ライト)が有効
だという事です。
これはtonarino-chachaさんも教えて
くださいました。

この紫外線ペンライトは、大手家電店でも
数百円以内で売られているらしいですし、
ダイソーでも100円(税別)で売られて
いるようですので、みなさんも用意して
おかれたら良いかと思います。

これはデトックスの方法を教えて
くださってます。

これはやはり塩風呂が効果的のようでも
ありますが、「感電」するかな?
もちろん今回取り上げた日本食も重要
だと思いますし、天然水での浄化も必要
だと思います。

他にもテクノロジー犯罪被害者の方は
日本にも多いとtonarino-chachaさんも
言っておられます。

その中のお一人の方がこちらで、なんと
ナノテクノロジーを使用しての遠隔攻撃
に対する防衛の仕方を教えてくださって
いるようです。


このような情報もどんどん取り入れて
いかないと身を守れない時代に、
なってしまっているようです。

このナノテクノロジーを使った遠隔
攻撃の実態についてなど、
また続編の記事で詳しく取り上げて
いこうと思っています。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

メイコさんが語るトランスヒューマニズムテクノロジーの狂気の実態!

この記事は
枠チ〇接種で確実に予定されているもう一つ
の危険な重大作用とは?

の続編にあたります。

前回私たちに、ワクチンなどで
電子システムが埋め込まれて、
5Gシステムとの連携により、
支配層の所有する、AIと
人類を連結させる事により、
人類を心身ともに完全操作する
邪悪なアジェンダ(支配層の進める
世界的な計画)が進行中だという
事を説明しました。

今回は、そのテクノロジーがトランス
ヒューマニズムテクノロジーと呼ばれ
人類を機械化させる事により、未来を
徹底合理化していくという思想を
持った
支配層、そしてその下で
働く推進者や、技術者、研究者、
賛同者であるトランスヒューマニスト
たちの、描く未来についての狂気の
思想と、テクノロジーの実態について
メイコさんの動画から学んだ事を
ご紹介、解説していこうと思います。

このメイコさんの動画は、ツイッターの
フォロワーとして活躍中のすみれさんが
お手伝いをされていた、以下のフォーラム
に、メイコさんがリモート参加された時の
ものです。

そしてメイコさんの動画がこちらです。

トランスヒューマニズムとドイツ啓蒙活動の
成功の秘訣(2021年2月21日フォーラム)

いつもながとてつもない情報量で早口
なのに、リズムが良いのと、聞きやすい
発音、わかりやすい表現に終始されて
いるので、最後まで、時間の長さを
忘れるくらい、あっという間に終わる
動画でしたが、やはり重要な部分を要約
してお伝えしながら、解説も加えて
いきたいと思います。

メイコさんが解説しておられる
部分については「」内に表示して
いって、それ以外を私の解説の部分に
あてたいと思います。

今回メイコさんが、取り上げておられる
内容というのが、支配層により進行
させられている、トランスヒューマニズム
についての実態という事になります。

最後にはドイツの啓蒙活動の成功の
秘訣というテーマも語られています。

とにかくトランスヒューマニズム
というのは何かといいますと、
トランスというのは変化・移行
という意味の接頭語なので、要する
に、人間をテクノロジーにより
変化させ、サイボーグやロボット化
または、究極のデジタルデータ化
させていこうとする思想全般の事に
なります。

(「」内はメイコさんの動画より
要点抜粋)

「なんで各国の政府は、ワクチンを
打ちまくりたいのか、PCR検査を
しまくりたいのか。
その目的は、トランスヒューマニズム
計画を進行させるためです。
これはワクチンや、PCR検査などに
よって、遺伝組み替えやナノ
テクノロジーを人体に埋め込む事により、
人間をサイボーグ化させ、神の領域に
立って人間を操作しようという意図
が背景にあるのです。」

今回の動画では、PCR検査でもワクチン
と同様、人体に電子システムを埋め込む
ためのテクノロジーはすでに開発済み
で、すでに世界中で実行されている
可能性が高いという事を、あらためて
知る事ができました。

これについては、
我々の前に立ちはだかるPCR検査や検温器
で、松果体が狙われている!?

という記事で、PCR検査で使用される
綿棒の先にセラグリッパーという
極小のナノテクノロジーが付着して
いた事からも、ワクチンの代わりに
人体に、ナノテクノロジーを埋め込む
事が可能な事は理解できますね。

こちらがセラグリッパー

そして喉の器官は、松果体に
通じていて、そこに薬品を放出
するとありましたが、それが
電気信号という事になれば、
やはりワクチンによる電子システム
と同様の効果を生む事に
なります。
しかもそれが、開発済みの技術
であるという事です。

さてトランスヒューマニストたちの
実態について、メイコさんが動画を
用意しておられます。
動画の中では、人類の未来について
の、希望のように語られている
狂気の世界は、あくまでトランス
ヒューマニストの思想でしかなく、
実際人類にとっては悪夢しかない
未来につながるものです。
冒頭からそのヒューマニストの
解説から始まります。

「2045年は、人類が生物突破
する年だと言われています。

人類にとってこなせない課題は
なくなるでしょう。

レイモンド・ツワイルは、
トランス・ヒューマニズム運動の
先駆者としてしにれる、技術者
です。

彼が言うには、機会人間が、人間の
能力をはるかに凌駕し、人類を
レベルアップさせる事になる
だろうという事です。

彼のような人物とその活動の背後には、
やはり金融とつながるネットワークが
存在している。

(つまり世界の金融寡頭資本を配下に
おさめる支配層と直結しているという
わけです。)

トランスヒューマニスト達の共通する
思想というのが、進化と技術に対する
ゆるぎない信仰という事です。

(支配層に命じられていやいやしている
だけではないという事かも知れません。
世界の構造に詳しくない技術者にとって
は、心良くスポンサーになってくれた
大金持ちという感覚なのかもしれ
ませんね。ただし、本当に人類の
未来のために、動こうとすると、その
スポンサーの配下のものたちに制限
をかけられたりもするという事なの
です。
支配層は、全てが人類に知られない
ために、部分開示という手法で、
配下のものたちにも、全体像の一部の
情報しか与えないのが常です。)

トランスヒューマニズムテクノロジー
(以下長いのでトランス・テクノロジー
と表記します)によって人類は、弱点
がなくなり、永遠の命を手に入れる事
ができるようになるという事です。

(ここで、みなさんに想起していただき
たいのが、私がこれまで記事で再三
科学的に説明してきましたように、
私たちは、物質という存在ではなく、
「意識」というのが本来の実体
なので、永遠の命はすでに我々と
ともにあるという事です。
つまり物質的世界しか認識できない
トランスヒューマニストたちは、
肉体による死が人間の弱点だと
して、人間を機械化またはデジタル
コード化して、永遠の物理的生命に
改造しようとしているという事
なのです。
一見よさそうに感じるのは、物質世界が
全てという誘導・洗脳された世界観を
持っている人類の大多数だと思いますが、
知らない事は恐ろしいもので、この
トランスヒューマニストたちの提唱
している機械的生命の所有者こそ、
AIであり、支配層だという事になる
わけです。
これはムーンショット計画の説明と
酷似していますね。
我々大衆に開示される内容というのは
いつも、人々に希望を持たせるように
丁寧に編集されているというわけ
です。)

そしてこの動画では、そんな狂気の
ヒューマニストたちに警鐘を鳴らす
クリストファー・コーネンという
人物の証言も出てきます。

彼が言うのは、トランスヒューマニスト
たちは、命の複雑さについて理解
できていないのだという事です。

ここで命の複雑さについて、彼の
説明がない事から、人間は肉体に
宿るだけの存在ではないという
理解もあるのかどうかわかりません。

ただ、人間という生命体を物理的
機能的な面から、捉えている
トランスヒューマニストたちは、
大きな間違いを犯していると
思います。というのも、彼らが
物理的な科学証明では追いつかない
ほど、人間の生命体としての機能
は高度で、テクノロジーとの融合
を拒否するようにできているの
だと思います。

トランスヒューマニストによると
テクノロジーにより、人間を
病気から守るという目的だけでなく
健康な人間の機能を改善・向上
させようとしているという事です。

つまり人間の能力を、超人レベルに
引きあげようとしているという事で
とても危険な意図を含んでいる事は
明白ですね。
ムーンショット計画の狂気と全く
同じ感覚です。
大事なのは、こういうオモテ向きの
理由が、人々に希望を持たせるような
ものであっても、本当の意図は、
支配層が、人類を私物として所有し、
より便利に自在に操作できるように
改造しようとしているという事は
間違いないでしょう。

さてそこで、おそらく支配層の意図を
理解するトランスヒューマニストたち
が、とても魅了されている二つのタイプ
の実験があるという事です。

一つ目は、ネズミの脳に電極をつないで
グラスファィバーコードで、光信号を
送り、ネズミの行動を操作させようと
いうものです。

結果は成功し、空腹を感じていない
ネズミに、食欲を起こさせエサを
食べさせる事ができるようになった
という事です。

まあぞっとするような話ですね。
要するにネズミが、外部からの
電気信号(光も電磁気信号の一種)に
よって操作されてしまったという事
です。

要するに支配層が、人間をコントロール
するための実験だと想定されている
という事です。

もちろんトランスヒューマニスト達が
そう想定しているかどうかまでは
わかりませんが、彼らに資金を提供
して、彼らに研究の方向性などを
示している支配層は、そのつもりだと
いう事なのです。

ここで思い出していただきたいのが、
光信号についてです。このネズミに
光信号を送って操作できたのと
同じ仕組みが、ワクチンに含まれる
であろう、ハイドロジェルにも
適用可能だという事なのです。

枠チ〇接種で確実に予定されている
もう一つの危険な重大作用とは?

でも説明しましたが、ワクチンに
含まれるハイドロジェルには光応答機能
が備わっていて、それに対して、
光信号を送って体内でなんらかの
反応を引き起こす、オンデマンド・
ドラッグ・デリバリー・システム
というものがあるのです。

ドラッグというのは、オモテ向き
の理由に使用される表現で、実際には
今のネズミに対するような操作を
可能にするものだと考えられる
わけです。

とにかく、ここでもワクチンの意図
が、トランスヒューマニズムと直結
しているのがよくわかりますね。

このネズミの実験結果による人類
への将来の貢献についてなどを
トランスヒューマニストが、説明
していましたが、聞く必要はあり
ませんね。これが将来人類のために
使用される仕組みとはならない事は
あまりに明らかだからです。

そしてもう一つの実験というのが、
アメリカとブラジルの研究者が、
それぞれの自国にいるネズミの脳を
インターネットに接続して、その
2匹のネズミどうしの双方向の
電気信号の送受信を可能にした
というものです。

やはりその実験も成功して、
片方のネズミに、エサのある場所
の見つけ方を教えたら、ただちに
もう一方のネズミもエサのありか
を見つける方法を知ったという
事です。
要するにこれら遠距離に存在する
二匹のネズミの間で、ネットを
通じて、テレパシーのような通信が
可能になったという事です。

一見便利な仕組みのように感じ
られそうですが、もちろんこれも
支配層が便利に人類を使用するため
のものであるという事でしょう。

一応トランスヒューマニストたちの
オモテ向きの言い分を聞いて
みましょう。この実験を取り上げての
話になります。

「これが(このテレパシーのシステムが)
将来の人類の姿なのです。
私たちの脳がグローバルにつながる
事により、制限なくデータを交換できる
ようになるでしょう。

そのためには、人間は細胞ほどの
サイズのコンピューターを血液中に
インストールする事になるでしょう。

そのコンピューターは、血管と脳内に
存在し、インターネットを通じて、
テレパシーも可能になるのです。」

やはり、邪悪な意図そのものが、表現
されていますね。
ワクチンなどで、血液中に細胞大の
サイズのコンピューターチップを
送り込み、大量のデータを光信号や
電磁気信号で送り込む事によって、
とても便利に人類を使用しようと支配層
が意図しているという事なのです。

ここで先ほどの人類のために警告を
発しているクリストファーコーネン
(以下コーネン)の証言が入ります。

「トランスヒューマニズムのおそろしさは
、人間が技術に非常に依存する事になる
という事です。

たとえば、機械にとって悪影響を与える
ものであれば、同様に人体に悪影響を
及ぼす事になるのです。

(まあ電磁波や、コンピュータウィルス
のようなものですね。)

これらはまだ第一歩で、過激なトランス
ヒューマニストたちは、精神と肉体を
分離させようとしているのです。

どういう事がというと、人間の知能・
知識・能力・人格などをデータ化して
最終的には「私」という人間の
バックアップをつくり、コンピューター
にソフトとして、記憶させ(データとして
保存)
こんどは、「デジタル版の自分」を
バーチャルな身体にアップロード
できるようにするという事なのです。

(ここからは狂気の世界かもです)

数億個の中から自分の世界を選択
できるようになり、バーチャルな
自分は現実の自分と同一人物で
ある必要はない。

たとえば、カップルは身体
(バーチャル版)を交換しあい、
相手の人格を互いに経験できる
ようになる。

バーチャルな世界では、命は
永遠で、もとの限りある命を
ともなった肉体が不要になる。

彼らの世界観は命を冒涜している。」

もちろん支配層が、生命を冒涜した存在
である事は、もはやよくおわかりのはず
ですね。

この過激なトランスヒューマニストたち
の思想は、当然支配層の思考と同質の
ものです。

そして、この数億個の中から自由に人格
を選ぶ事ができるのは、少数の支配層
だという事です。

もちろん支配層の頂天にある奥の院に
ついても同様の事が可能になるわけ
ですが、この領域となると、もはや
人間の人格そのものに興味がある
わけではないので、ネガティブな
エネルギーを人類からどう引き出す
かという事においての効率化を
はかっているのだという事でしょう。

だから、ネガティブなエネルギーを
生み出す、肉体はテクノロジーが進化
していっても、まだ必要であるだろう
し、いろいろな階層の人間を存在させる
事になるでしょうが、このバーチャル
な人格として、使用され、肉体を破棄
させられるのは、大衆の中から選ばれる
という事です。

これらの実験の動画を取り上げたあと
のメイコさん
「これらトランスヒューマニズムの
テクノロジーは、世界中で開発されて
いて、様々な特許が取得されています。
あのビルゲイツのマイクロソフト
も特許を取得しています。

なんと、悪魔の数字666を使用
しているのですよ。

その特許というのが、「人間の脳みそ
の中に機械を埋め込んで、指定された
番組を見たり、動画を観たりすると
デジタル通貨を稼げるようにする

というものです。

(要するに人間を直接洗脳し、デジタル
な社会でのマインドを育てて、より管理
支配しやすく作り変えたいという意図が
あるようですね。しかし、彼らの洗脳
にかかりながら、通貨をいただくという
のは、狂気でしかないですね。
ただ、わかりやすいのが、彼らは
人間の「マインド」にターゲットを
絞っているという事です。
支配層の頂天には、人間のマインドを
支配したいという意図が、太古から
あるという事が、ここで理解でき
ますね。彼らは物質世界が幻覚だと
いう事がとことんわかっているの
ですから。)

またイーロン・マスクも特許を取得
しています。

それは「ニューラリンク」という
プロジェクト名で、猿の実験で
成功済みのものです。

その実験というのが、「猿の脳みそ
の中にマイクロチップを埋め込んで
遠隔操作した」というものです。」

このように、トランスヒューマニズム
が、支配層と直結した思想である
事は、疑いようがなく、私たち大衆を
管理支配するための思想であるという
わけです。

さきほどにも脳内にもコンピュータが
存在するようになると示唆されて
いましたが、将来的には脳内にも
チップなどの電子システムを埋め込む
つもりのようです。

メイコさんは、このテクノロジーの
中には、ワクチンに含まれる
ルシフェリン

(ルシファレイス酵素によって、
光応答ができるようになった物質の
総称です。
私がこれまでの記事で説明してきた、
ルシファレイス酵素とほぼ同じ意味に
なりますが、
ワクチンによって、人体に投入される
ものという事になると、ルシフェリン
という表現の方が正しいようです。)

が、ワクチンを打ったかどうか、
わかるように、スキャンした時に
反応して光る物質として使用される
という事です。

これはデータなどは、取りあえず
関係なく、ただワクチンを打った
証明書代わりになるというもののよう
です。

要するに、ゆくゆくは、この証明書
がなければ、あらゆる社会活動や
基本的人権が失われるという方向に
持っていかれようとしているという
事です。

メイコさんは、ここでこの
トランスヒューマニズムとワクチンや
PCR検査との接点は何かについて
二つの可能性を示唆されています。

「トランスヒューマニズム思想と
ワクチンと、PCR検査が関係する
のは、まず体内に異物を埋め込む
事への抵抗をなくし、将来人間を
サイボーグ化していく事に対する
抵抗をなくしていこうという
心理効果を狙ったものである
という事がまず一つと、
ワクチンやPCR検査で、実際に
人間にナノテクノロジーを
埋め込んでいき、トランスヒューマン
へと移行させていく事です。

(まあ当然二つともが同時進行だと
思いますね。)

こんなSFみたいな事をいわれても
簡単に信じる事なんてできない
なんという人もいるでしょうけど、
そういうテクノロジーは既に開発
済みだという事です。」

メイコさんはここで、ワクチンや
PCR検査の綿棒の先から、人体に
埋め込む事のできるハイドロジェルの
ナノロボットなどのナノテクノロジー
も既に開発済みだとも動画付きで
紹介しています。

さきほどPCR検査の綿棒について
説明しましたよね。

これは、PCR検査の綿棒に
より、脳内の液体が、鼻から
もれ出したという事件の記事
です。

ワクチンと同様PCR検査も非常に
危険だと言う事です。

これは、PCR検査で死亡したという
実例です。

メイコさん
「人間にワクチンや検査などで、
ナノテクノロジーを埋め込み、
遺伝子も組み替えて、サイボーグ化
して、トランスヒューマニズムの
未来へ向かわされているという
ような事を陰謀論だといって、
信じようとしていない、そこの
あなた、すでにそのような社会に
向けて、世界は、正式にそして公式
に、進行中だという事を、知って
もらいたいです。」

まあここまで情報だけで十分に現実
だとわかろうものですが、さらに
念を入れるかのように、世界の首脳
たちや財界のトップ、そして著名な
知識人たちが、集まって開かれる
ダボス会議は毎年開かれていて
そこでの会議の一つに、
「人間がサイボーグになる時」
というテーマで話し合われたもの
があり、なんと、その議長を務めた
のが、日本人の尾崎宏美という
人物だという事です。

まあ長くなりましたので、詳細は
動画でご覧いただくとして、世界の
支配層は、とことん人類を完全
管理支配するために、人間を
サイボーグ化させ、AIと直結
させる事により、支配層が直接
人間を操作し、また洗脳する事が
可能になるように、トランス
ヒューマニズムの世界を実現
させようとしているという事
でした。

もちろん正式にという意味では、
日本の厚労省のホームページでも
明確に紹介されている、
「ムーンショット計画」が、
トランスヒューマニズム社会実現
のためのものである事でも、実感
できますよね。

とにかく、いつもながら短い時間内
に圧倒的な情報量を詰め込んだ
さすがのメイコさんでした。

最後にドイツでの啓蒙活動がうまく
いった理由を紹介されていましたが、
そもそも戦後米国の属国として、教育
や情報・マスコミにより、極度に洗脳
された日本人と、歴史の悲劇から、
おおいに学んできたドイツ人とでは、
スタート時点から、大きな差があった
とは思います。

しかしながら、世界にも類をみないほど
日本人の潜在意識レベルは高いので、
根本的な意識の覚醒が、支配層の目論み
を一気に崩壊に導くパワーを秘めて
いるのは確かだと思っています。

ではまた別のメイコさんの動画を
取り上げての記事も書いていこうと
思います。

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

ナノテクノロジーは空からもやってくる!?ケムトレイルにゲイツのドローン蚊

現在私たち真実発信者は、まずワクチンを
避けるように呼びかけていますが、
もちろんそれが一番伝えたい事なの
ですが、しかしそれだけに意識を向けて
いる場合ではない事も、みなさんよく
ご存知ですね。

全部取り上げるとキリがないので、今回は
空からやってくる脅威についてになります。

空からといえば、まず思い浮かぶのが、
ケムトレイルです。
これに有害物質が含まれている事は、真実を
知り始めた多くの人にとっては、なかば
常識です。

ネットでケムトレイルで検索するだけで、
簡単にその情報を目にする事ができます。

近頃、ケムトレイルが以前より撒かれ
なくなったという情報もあり、確かに
そういう日もみかけるようになりましたが
やはりいまだに日常目にするものなので
警戒を解くわけにはいかないでしょう。

なんとこのケムトレイルには、プルトニウム
も含まれている時があったと、元米軍兵士が
証言しているのです。

サイトにもありましたので引用します。

『』内が引用で、~が中略です。


元々ケムトレイルは、アルツハイマー病を
引き起こす微細アルミニウム粉やバリウム
ほかウイルス等も含まれていると言われて
きました。

しかしこの元米軍人の証言によれば、
核廃棄物としての「プルトニウム」が
ケムトレイルによって日本列島上空に
撒布されていたという。プルトニウムは、
自然には存在せず原子力発電所などから
生み出されるもので、これを使って
核爆弾が作られます。

2020年10月05日07:55

「在日米軍がケムトレイルを散布」、
元米軍人が証言

http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2035249.html

日本中にある原子炉から出るプルトニウム
を、六ケ所村の再処理工場では処理出来ず、
米軍がそれを空から撒布している。
プルトニウムと言えば、この世の中で最悪の
毒性を持つ物質です。

α線を出すので遮蔽は簡単に出来ますが、
呼吸器から体内に取り込まれてしまうと、
その莫大な放射線量により、ガンなどの
さまざまな病気を引き起こします。
当たり前の話ですよね。

つまり、日本人は戦後延々と自国の原発
から発生するプルトニウムを、いわば爆発
しない原爆として空から浴びせられ続けて
いた、というわけです。それを在日米軍と
日本政府が、素知らぬ顔をして実行して
いた。

悪魔の仕業。


“「HARMONIES ハーモニーズ
(Ameblo版)」様のサイト
最悪の毒物プルトニウムを日本列島に
撒布
より”

現在でもずっと福島原発からの
放射能については取り沙汰されて
いますが、最も危険なプルトニウムを
空中から撒かれていたなんて、狂気で
しかありませんよね。

そしてこのケムトレイルには、
ナノテクノロジーも含まれている
可能性が高いのです。

その事をアイク氏の著書から引用
させていただきます。
この前の章でもケムトレイルに
含まれるアルミニウムなどの
金属について説明したあとに続いた
ものです。

『』内が引用で、~が中略です。


ケムトレイルの汚染物質カクテルには
、これ以外にも付け加えるべきものが
ある-ナノテクノロジーだ。
レイ・カーツワイルの言葉をもう1度
見よう。
「ナノボットはわたしたちの周囲の
あらゆるものを情報で充たすだろう。
岩石も樹木も、あらゆるものが
情報生物になる」。
これを達成するためには、どうしても
「ナノボット」というスマートダストを
空から撒布する必要がある。
ケムトレイルは、スマートダストを
風に乗せて拡散させるための手段
なのだ。

ケムトレイルが出現したのと同じ頃から
モルゲロンズ病、別名「ケムトレイル病」
が発生し始めた。
モルゲロンズ病にかかると、皮膚の
下に色とりどりの繊維が生じ、肌から
引っ張り出しても(たいてい「電撃痛」
が起こる)、また繊維ができて、
ナノテクノロジーでいう「自己複製」
が起こる。~
この繊維はスパゲティくらいの太さに
なることもあり、体外に出ても成長を
続ける。これは、〈プログラム〉に
従う知能の一形態で、高度に進化した
「生きている」テクノロジーだ。
 繊維によっては900℃を超えても
燃えないものもあって、生物ではなく
テクノロジーなのだが、自己複製する
機械知能として、スマートダストの
CV(組成変換)に適合する。
自分を組み立てて複製する方法を知って
いるのだ。ここで第4章で紹介した
ノーマン・バーグランを思い出して
ほしい。

(引用注:バーグラン博士の事は、
土星の真実編でも取り上げましたね。、土星の
リングが、巨大UFOによって、増設
修復されている画像を世界に暴露した
人物として有名です。以下に書かれて
いる土星の「宇宙船」とはリングの事か
巨大UFOの事かどちらかでしょう。)

彼は自分の見解として、土星の「宇宙船」
は「生きている」、自己複製や自己保存
といった生物系に必須の機能があると
言っていた。
わたしはモルゲロンズ病の患者から、
体内で発見された驚くべき現象の写真を
送ってもらった。そのいくつかを
図583に示しておく。

中空の糸、繊維状のもの、結晶と
シリカ(六角形をしているものが多い)
などのほか、映画『マトリックス』で
エージェントがネオの腹に入れたもの
に酷似した昆虫のような合成「生物」
まで写っていた(図584)。

(引用注:さすがは支配層直下の
ハリウッドですね、予告好きな
事で知られていますが、これは
人体にいずれ、入れようとするもの
を示唆しているという事でしょう。
もちろんこのマトリックスのネオ
の体内から出て来たようなサイズ
になるには、ケムトレイルで
撒かれた極小サイズのものが、
自己複製する必要がありますが
そのテクノロジーはすでに開発
済みだという事のようです。)

モルゲロンズ病の大きな特徴として、
何かが肌の下を這い回っている
感覚というのがあるが、それも
当然のことと思えてくる。』

“出典:「今知っておくべき
重大なはかりごと」
   デーヴィド・アイク 著
        本多繁邦 訳”

肌の下で、虫のようなナノボット
が這いずり回っているなんて
想像もしたくないですよね。

しかし以前、数十年以上前だった
かに、「ワーム」というこれも
ハリウッドの映画にそういうホラー
映画があったのを思い出しました。

まあ支配層は百年単位で計画すると
いう事なら、当然それもまた「予告」
という事なのでしょうね。

とにかく空からもナノテクノロジー
が降ってくるのだから油断できません。

そういう意味では、放射能やこの
ケムトレイルのナノテクノロジーなど
(花粉症もですが)を防ぐためには
マスクも必要になる場合もあるという
事ですね。
確かに2011年の原発事故から
しばらく、東からの風が吹いて
きた時には、マスクをしていた時期も
あります。
だから真実発信者の方々の
「マスクを外そう」と呼びかける
のには、少し言葉を足した方が良い
かも知れませんね。
「全く心配のない新型コロナウィルス
のためにマスクをしなくていいんですよ」
という言い方の方が、良いかも知れ
ません。
しかし長いですね💦

ケムトレイルがとことん危険なのは、
明らかですが、さらに支配層は、
空から別の危険を用意しようとして
いるようです。

世界中の全人類に、ワクチンを接種させ
たい支配層のフロントマン。ビルゲイツは、
遺伝子組み換え蚊を空に大量撒布する事に
よって、ワクチンを接種させるという意図
を明かしました。

その事についての「さてはてメモ帳」さん
の記事が以下になります。

『』内が引用で、~が中略です。


Flying Syringes – Bill Gates
Wants To Release Genetically
Modified Mosquitoes To Inject You
With Vaccines
空飛ぶ注射器:ビル・ゲイツは、
あなたにワクチンを注射するために
遺伝子組み換え蚊をリリースしようと
している
 February 26, 2021
https://greatgameindia.com/
flying-syringes-bill-gates-mosquitoes
-vaccines/

空飛ぶ注射器(フライングシリンジ)
というのは、ビル・ゲイツに資金提供された
、人を刺したときにワクチンを注射する
遺伝子組み換え蚊を作るための
プロジェクト案
を指す言葉です。

2008年、ビル・アンド・メリンダ・
ゲイツ財団は、遺伝子組み換え蚊の
研究のために、日本の自治医科大学
の松岡裕之に10万ドルを授与しま
した。~

日本の自治医科大学の松岡裕之は、
通常は病気を媒介する蚊を
「空飛ぶ注射器」に変えて、人間に
刺されたときにワクチンを届けること
が可能になるかもしれないと考えて
います。
松岡弘之教授は、マラリアワクチン
のタンパク質を産生し、宿主の皮膚の
中へと分泌することができる
蚊の設計を試みています
そのような蚊が、他の感染症にも
ワクチンを提供することができるの
ではないかと期待されています。


もし松岡のアイデアにメリットがある
ことが証明されれば、さらに100万ドル
の資金援助を受けることができます
ワシントン・ポスト紙は、
空飛ぶ注射器を「大胆なアイデア」と
評しています。

ご当人は、コロナ騒動に加担中。
新しい生活様式
ビル・ゲイツに資金提供されると、、
こうなりますか、、

(引用注:松岡教授は、ゲイツに
気に入られて、さらに100万
ドルを手にしたいという可能性も
ありますね。
だとすると浅ましい限りですが。)

実際、ビル・ゲイツは2009年の
TED会議で、実際に蚊の大群を
無防備な群衆に放ったことが
あります。~

ビル・ゲイツはまた、予防接種の履歴を
保存するためのコロナウイルスワクチンに隠された目に見えない量子タトゥー
提供することを目的としたプロジェクト
に資金を提供しています。

研究者たちは、量子ドットと呼ばれる
ナノ結晶で構成された新しい染料が、
特別に装備されたスマートフォンで検出
できる近赤外線を発する皮膚の下に
少なくとも5年間残ることを
示しました。』

“出典:「さてはてメモ帳」様のサイト
空飛ぶ注射器:ビル・ゲイツは、
あなたにワクチンを注射するために
遺伝子組み換え蚊をリリースしようと
している
より”

遺伝子組み換え蚊などがあちこち
飛び回るともちろん危険なのですが
それなら殺虫剤で撃退できてしまい
ますね。

ただし、ビルゲイツには、蚊の
ようなものを使用して、ワクチンを
人類に接種させたい意図は、今の
記事からも明らかなようです。

それなら、コントロールしにくい
上に、殺虫剤で撃墜できる
遺伝子組み換え蚊よりも、
ナノテクノロジーを使用すれば
効果的に人々に、ワクチンを接種
させる事ができるでしょう。

すでにそのテクノロジーは使用されて
いるのかも知れません。

それがナノテクノロジーのドローンです。

ドローンは、監視目的にももちろん使用
されていますが、さらに人体に対する
攻撃もできるのも広く知られた事です。

映画「スノーデン」では無人機による
空爆のシーンもありましたが、サイズに
かかわらず、ドローンは我々にとって
脅威です。

そして、現在蚊やハエのように
羽ばたいて飛ぶ超小型ドローンが
開発されたという記事がこちらです。

『サチューセッツ工科大学(MIT)の
研究チームは、ハチやハエに似た
羽ばたいて飛ぶ超小型ドローンを
開発した。昆虫のように機敏な動き
が可能で、何かと衝突しても飛行を
続けられるという。

ハチやハエのように羽ばたいて飛ぶ
超小型ドローン(出典:MIT)

 昆虫は小さく弱々しいのに、風のなか
を飛べて、障害物の多い環境でも器用に
飛行できる。これほどの飛行能力を
備える小さな機械は、モーターを使う
クアッドコプターの構造では実現が難しい。
セラミック製圧電素子のアクチュエーターで
羽を動かした場合は、飛ばすことに成功した
ものの、固いためもろくて壊れやすく、
衝突に対する耐性が低かったという。

 そこで研究チームは、
カーボンナノチューブと薄いゴム製
シリンダーを組み合わせ、
柔らかいアクチュエーターを新たに
作った。
カーボンナノチューブに電圧を印加すると
静電気が発生し、ゴムが伸びたり縮んだり
する。この動きを制御して羽に伝える
ことで、
1秒間に500回程度の速さで羽ばたかせ
られた。

 柔らかく羽ばたきが速いため、衝突しても
壊れず、姿勢をすぐに立て直して飛び続け
られる。昆虫並みの回復力があるうえ
、動きの自由度も高く、宙返りができるほど
だそうだ。

今回の機体は「小さなカセットテープに羽を
取り付けた」ような形をしているが、今後に
向けてトンボに似た形状の新しいドローンを
開発中。また、アクチュエーターを動かすの
に高い電圧が必要なため、現在はケーブル
接続して電力を供給している。この点に
ついても、接続が不要になるよう改良する。

 研究チームは、このドローンが農作物の
受粉や、狭い場所の検査に使えるだろうと
考えている。

開発したドローンの紹介ビデオ
(出典:MIT/YouTube)』

“出典:「CNET Japan」のサイト
MIT、ハチやハエに似た羽ばたいて飛ぶ
超小型ドローン–昆虫のように動き、
衝突に強い
より”

松岡教授には悪いですが、生物より
確実に、ゲイツの量子タトゥーなどの
ナノテクノロジーを人体に届ける
のには、やはりこちらのような
ナノハイテクドローンの方が確実
なようです。

まあ空にこのようなものが放たれた
場合、マスクでも防ぎようがない
ですが、そうなったら今度は、
こちらが強力な電磁波を使用して
追い散らすとか、何か打たれても
クエン酸などで解毒するかしないと
いけないのかも知れません。

強力な電磁波って、意外と携帯や
Wi-Fiが我々をそのような
脅威から守ってくれるものだったり
するのかも知れません。

こういうハイテク兵器の情報も注意
して見ていく事にしましょう。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

コ〇ナ対策とわく珍接種を阻止するために凄い人が座間に現れた!


今回街宣でも活動されている
べんじゃみんさんと、裸足のマミ
さんが揃って絶賛されている方の
ツイートから知る事ができた動画を
取り上げていきたいと思います。

こちらは沖縄県座間市役所に乗り込んで、
圧倒的な知識を背景に完璧なトークで
座間市のコロナ対策を徹底的に糾弾し、
訴訟まで起こされた三岬浩遵さんという
方の動画です。

まだの方はまずこの動画をご覧になって
いただきたいと思います。

また全容はこちらの動画ですが、長い
ので私はダイジェスト版の法だけ観ました。

行政への働きかけという意味では、全国
的に有名なあの寺尾介伸さんの同志の方
のようですが、まあ何が凄いかって、知識
が豊富で的確にそれを説明して、相手を
納得させるだけでなく、法律にも精通して
おられる事で、訴訟を起こして裁判沙汰に
持ち込む事で、行政を動けなくさせるなど
もの凄い事を考え実行されているので、
ただただ感動するばかりでしたね。

そして私が記事で取り上げたのは、この方
のダイジェスト版でもある上の動画から
学べる事を、やはりしっかり文字にして
まとめ、解説も加えていくためです。

動画だけでは、多くの人の記憶に
印象としては残るけれど、具体的な
内容は、やはり文字にしておいた方が、
しっかり残るし、また彼に学んだ行動を
取る時にも役立てられると思ったからです。

では動画の学べる重要部分を抜粋して
取り上げていきます。

まずは感染症対策の無効さについて
マスクが逆にウィルスや菌を付着させる
だけと、医療従事者であった経験からも
発言されていて、すでにマウントを取り
はじめておられますね。

こんな情報さえ知らないでしょといって
おられた時点から、もはや相手はいいなり
状態です。

私たちが、行政などに働きかける時の
お手本として、最初から自信満々で
のぞむというのは非常に大事な事だと
思います。

このあと手洗いは、まあ必要でしょうと
言っておられますが、常在菌を殺して
逆に免疫を低下させるだけなので、それも
いらないのですが、ツッコミが入った
のはそれくらいで、あとは感心しながら
聞いてました。

とにかくマスクも三密も必要がない、
という軽い牽制から入って、いきなり
一番の急所「新型コロナウィルス」自体
が存在していない、存在する証拠がない
という事をとても丁寧にわかりやすく
説明しておられました。

寺尾介伸さんが提出された厚労省への
公開質問状で、新型コロナウィルスの
存在証明の回答を要求されましたが、
厚労大臣からのという名目の回答文が
なんと国立感染症研究所のホームページ
を、参考にしているというふざけたもの
だったのです。

厚労省自身はコロナの遺伝子配列を
把握していなくて、国立感染症研究所
のホームページに記載されている
コロナウィルスの遺伝子データを
コロナの存在証明とするという事
なのでしょう。

ただし、動画でも説明があり、みなさんも
ご存知のように国立感染症研究所が分離
したという新型コロナウィルスの遺伝子は
ホームページから削除されてるのです。
つまり厚労省は、存在を証明できる証拠を
持っていないという事が明確になって
いますが、それを的確に説明
されているという事です。

しかもこの方の凄いところは、徹底的に
世界中のどこにも新型コロナウィルスの
存在証明がない事も合わせて説明して
おられるのです。

世界最高権威の遺伝子データバンクに
新型コロナウィルスの存在を示す
遺伝子コードがないという事で、その
証明ができたという事になるわけです。

世界中に新型コロナのデータも標本も
なく、病原性も証明されていないと
説明して、完全にここで有利な立場に
立っておられます。

確かに私たちも行政に働きかけたり
人に伝えるのでも、やはり決定的な
事を最初に持ってきて、相手より完全
に優位に立つ事が必要だと思いました。

あと国会で、厚労省大臣官房の
佐原審議官が、PCR検査の陽性者は
感染者の事ではないと、国会で証言した
という事を取り上げて、PCR検査
陽性者を感染者として報道している
マスコミは真っ赤な嘘だという真実を
しっかり語っておられます。

あと奈須りえ議員が大田区議会で質問
された無症状感染の証拠や新型コロナ
ウィルスの存在証明についても
対策チームは答えられないという事や
池田としえ議員が国会で、新型コロナ
ウィルスの存在証明開示を求めても、
回答が得られなかった事などを取り上げて
この三岬さんの説明が裏付けられている
事を強調しておられます。このあたり
非常に説得力のある順序だと思います。

また今度はワクチンの危険についても
説明されています。普通開発に7年は
かかるものを1年足らずで開発した
事も信頼できない理由としてあげ
おられますし、前厚労大臣で
現官房長官の加藤氏が自分では
打つつもりはなく、しかも
「あんなもの打ったら死んでしまう」
ともらしたとも説明されました。

さて次が今回の動画のメインの一つ、
ファイザー社のワクチン添付文書を
取り上げて、その冒頭になんと
今回のコロナワクチンは、劇薬だと
しっかり明記されていると説明。

これには私も驚きましたね。劇薬
といえば、都合の良い西洋医療の
表現で、毒性のとことん強い毒薬
よりは、毒性が弱いのが劇薬という
定義にしているのです。
しかし、成分が「毒性」を持つ事
には変わりがありません。
そしてこういう場合強弱などは、医療利権
にまみれた薬品メーカーなどは、いくら
でも操作できるので、強烈な毒性を
ごまかしている可能性も高いという事
です。

つまりこのワクチンは毒だとはっきり
暴露しているようなものだという事です。

三岬さんが言うには、ファイザー社の
社員には真実を知っている人が多くいて、
なんとか全員接種の方向を変えたい一心
で、劇薬指定という形で、一般の人々に
知らせようとしたのではないかという
事ですが、それは十分にありえる事です。

なぜなら今回の新型コロナワクチンは、
全世界・全人類に接種させようという
のが支配層の悲願なので、ファイザー社
の社員も当然例外ではないという事です。

そういう意味では、日本人の富を吸い
上げてきた、アジア系の民族の人たちも、
今回は間違いなく例外はありません。

もちろん政治家たちもゆくゆくは多くの
DSでさえ順番が少しだけ後になるだけ
の事です。

ところで投稿後にいつも興味深いコメント
をいただいてる咲珈琳さんから次の情報を
いただきました。

まあワクチン自体が全て毒だという事
ですね。
ただしファイザー社の社員の気持ちは
あり得るし、このワクチンの毒性は
これまでのワクチンとはくらべものな
ならないほど強烈な事は、もはや疑い
ようがなく、結局多くの支配層も含めて
ほぼ人類全員接種を目論んでいるのが
支配層の頂点の奥の院だという事は、
間違いないと思います。

そして三岬さんは、「劇薬」は自治体
では扱えない、もちろん勧奨する事も
赦されていないと、釘をさしておられ
ます。

要するにワクチンを薦める事は、法に
反していると指摘しておられるわけです。
こういう、説得の仕方は、やはり学ばない
とわからないものですね。

さらにPCR検査の陽性でワクチンを
打たせるなんてできない、なぜなら
新型コロナ感染の証明にもなっていない
からという事です。
そしてまた、病原性の新型コロナウィルス
感染を証明するためには抗原検査(抗体
検査の事ではありません。)しかない
けれど、そもそも新型コロナウィルス
自体のデータがないため、その検査も
無効という事になるという事です。

そしてここからが、学べる事ばかり
なのですが、行政に対しての対抗措置
に関する事に入ります。

まずここで取り上げておられるのが
「行政不作為の不服申し立て」という
ものです。

これをする目的は、ワクチンをとにかく
止めたいという事です。

「マスクをしていても死ぬ事はないけど
ワクチンを打てば確実に3%から5%
死ぬわけだからね。」

これは、現在の状況では、的確な数字
だと思いますが、接種後の時間の経過
とともに死亡者数は、どんどん増大し
とてつもない死亡率になると予想されて
います。

それにここで言われている3%から5%
の死亡率というのは、これまでの
ワクチンからは考えられないほどの
高い死亡率です。

臨床データもなく、治験も終わって
いないと説明されていて、それを
推奨するなんて、ほとんど殺人に近い
わけですが、その事をしっかり説明
しておられます。

つまりこのワクチンを推奨している事
が特に、行政不作為の不服申し立て
の対象だという事です。

これは裁判所において使われる用語で、
行政不服審査法
第7条の規定
「不作為の不服申し立て」に基づく
ものだという事です。


要するに、今回の件より以前に、三岬
さんと同志が行政に働きかけてきた事
がことごとく無視されてきた事に対して
裁判を起こすと宣言されたという事です。

そして非凡なのがここで、支配層の存在
を示唆して、邪魔が入る事を予測して
配慮していると説明しておられます。
みなさんはDSと呼ばれているように
三岬さんもその言葉を使用しておられる
ようですね。正体は軍産複合体と
おっしゃってますが、その機能的呼称は、
他にも金融寡頭資本と呼ばれたり
ユダヤ支配層と呼ばれたり、全て
複合して支配層の呼称にふさわしい
ものなので、私などはめんどうなので
支配層としてしています。

そしてそのDSがこの座間市役所にも
いると示唆しておられますが、正確に
いうと、DSの息のかかった配下の
下っ端が存在しているという事ですね。

世界の支配層がここまで出張してくる
事はありません、何重もの代理人が
間に立っているのだという事です。

しかしそういう代理人の存在も、この三岬
さんは、内定調査で把握されているとの
事です。
何者なのでしょうか、凄い方ですね。

とにかくDSの邪魔が入らないように
という意味もあって、裁判を起こして
いると説明されているわけです。

そしてこの訴訟が妥当であると認められ
れば、行政側つまり座間市は是正する策を
必ず出さなければならないとの事です。

審査報告の証拠により、行政庁座間市に
してはならない事を裁判所から命ずる
ことを求め、新型コロナウィルス感染症
に関する、不存在、無根拠の行政遂行を
差し止める行政訴訟を起こすという事
です。

そしてまだまだ終わりせん。
ここで間違った政策を出してきたら、
今度は公権力の行使に関する不服の
訴訟を起こすといっておられます。

なんとこの訴訟を起こしている間は
政策を実行できないという事です。

素晴らしい!
訴訟をする事で、行政に対して実行力
を発揮できるという事を知っておられた
という事ですね。これは大きな学び
です。

この場合政策は仮差し止めになるから
裁判で決着が着くまで、政策を実行
できないという事です。

ここでワクチンを打たせようとする
行政政策をブロックすると宣言
されました。

そして裁判が勝訴した場合は、市民の
健康や生存権、幸福追求権の権利行使
達成のため、政策の計画や遂行にあたり
事実や根拠・証拠に基づいて、中立公正
な事務を引き続き行うという市長の宣言
を要求するとしておられます。

そして敗訴した場合でも、何度も訴訟
してその間政策の実行を延々とブロック
し続けるという事です。

なんという完璧なワクチン接種阻止の
作戦でしょうか。

最終的に座間市の自浄能力が機能し
(つまりDSの邪魔を一掃できた
状態になる事だともいえます。)
市民の権利を保護できるような
中立公正な事務を行うようになれば
訴訟は取り消しますという事です。

また今回の事に関しては、もし訴訟
内容に嘘や捏造があれば、この三岬
さんは、割腹自殺をすると遺言した
公正証書を発行されているらしい
です。

きちんと交渉役人が証人となった
書類があるというのだから、本当に
命がけの訴えです。

こういう覚悟を持った人間に対しては、
支配層の奥の院は、恐怖するのです。

なんという素晴らしい漢の姿なん
でしょう。

今回の三岬さんの行動からは、多くの事
が学べました。これは行政に対しての働き
かけとしても、とても有効だし、また人に
伝える時にも参考になるものが結構
ありました。

またこのような訴訟が、大阪市や東京都
で起こされるような事になれば、まさに
日本を変える事になるのは間違いない
ですね。

そのきっかけを三岬さんが、つくって
くださったというわけです。

本当にありがとうごさいました。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

驚愕!コ〇ナ死亡者よりも567枠珍による犠牲者の方が圧倒的に多くなる!?


次々と報告される新型コロナワクチン
接種後の死亡者は後を絶ちません。

もちろん世界中の政府当局は、
「因果関係は認められない」の
一点張りで、国民へのワクチン
接種を止めようとすらしていない
のが現状です。

特に米国での犠牲者が多いように
思えるのは、情報の公開度が、
他の先進国よりも自由にされている
からかも知れませんし、米国で
主体的に打たれているワクチン
が、ファイザー社やモデルナ社など
の米国のメーカーの、有害度が
高いからという可能性もあります。

明日の世界さんによると以下の
ようにどのメーカーであっても
中味が同じなのではないかと
いう疑惑もあります。

あとは、高濃度と低濃度が
あるらしいので、その高濃度の
方のワクチンが米国で使用されて
いるのかも知れません。

いずれにせよ、我々に接種される
予定の新型コロナワクチンの犠牲者の
数は、できるだけ正確に把握したい
ものですよね。

そこで、一番正確な数字を提供している
と思われるのが、米国のVAERS
というデータシステムです。

これは米国政府機関によっても認可されて
いる公式のデータだという事です。

VAERSのホームページに記載の説明
がこちらになります。

『1990年に設立された
ワクチン有害事象報告システム(VAERS)は、
米国で認可されたワクチンの安全上の問題の
可能性を検出するための全国的な早期警告
システムです。VAERSは、米国疾病予防管理
センター(CDC)と米国食品医薬品局(FDA)
によって共同管理されています。』

“出典:「VAERS」のホームページ”

実はツイッターでもこのシステムから
情報を取ってツイートしてくださる方
も結構おられて、正確なデータを常に
提供される事で、定評のある「町の猫」
さんのツイートが以下で

これは、VARESのデータから、
推測できる死亡者数を割り出した
Dr. Ariyana Love
@AriyanaLove_
さんの以下のツイートからの訳
という事です。

このデータとツイートを画像とともに
観てみましょう。

要するに上の方のデータは、現在
死亡者が報告されているのは、
接種が報告されている全体の数字の
1%しか反映されていないのを
100%報告された場合の死亡者数
だという事で(✖100)としている
という事で、64500人というのは
推測値だという事です。

ただすでに報告されている死亡者の
接種者に対する割合は4.1%も
あるので、アメリカ全国民に接種した
場合として換算するとなんと959万
4000人にものぼると見積もられる
というわけです。

しかもこれはたったの40日余りの
期間内での統計で、接種してから
もっと期間を置けばさらに、死亡率
が増加するのは必至です。

その理由としては、これまでの
記事でも書かせていただいた
ADEや塩化カリウムの長期間に
渡る致死的な悪影響や、PGEや
LNPについても同様の危険性が
あり、
さらに免疫力を担う8番遺伝子
をターゲットにするとも言われる
遺伝子組み換え機能が、人体に
とってやはり致死的な悪影響が
が出てくる可能性が示唆されて
いる事からも、犠牲者は天文学的
な数字になる可能性があるわけです。

現在の統計では、なんと1265人
なので、推定12万6500人と
見積もられ、死亡率も4.1%から
5.02%に跳ね上がってます!
そうなると米国民全員の数もさらに
増加する事になるわけです。
短期間の間にこれだけ変わったの
だから、このあとも死亡率はどんどん
上昇すると思われます。

もちろん世界中で犠牲者の情報が
入ってきていますが、こちらの
イスラエルの事例報告も、驚異
でしょう。

取り上げておられるInDeep様の
記事から引用させていただきます。
例によって、どこまでも正確な情報を
もとに記事を書く姿勢でおられる
ようですが、その部分についても、
私から見解を述べておきました。

『』内が引用で、~が中略です。


イスラエルは世界最速で国民の大多数への
ワクチン接種が進められている国のひとつ
ですが、ワクチン担当部局である
イスラエル保健省のデータを、フランスの
大学の教授(イスラエル国籍を持つ方)
などが分析したところ、

「コロナワクチンを接種した人たちの
死亡数が、コロナそのもので亡くなった人
の数より著しく高い」

ことが見出されたということが報じられて
いたものです。

そこにある数値はすさまじいもので、
イスラエル保健省のデータの検証で、

・65歳以上は、ワクチン接種者の
死亡率は接種していない人の 40倍

・65歳以下では、ワクチン接種者の
死亡率は接種していない人の 260倍

という壮絶な数値が書かれているもの
でした。

以下が引用されているサイトのページです。

「ワクチン接種を受けた人の桁違いに高い
死亡数」:イスラエルのワクチンデータは
恐ろしい状況を明らかにしている
‘Orders of Magnitude Higher Deaths
in the Vaccinated’: Israel’s Vaccine
Data Reveals a Frightening Picture

COVID-19によるイスラエルの高齢者に
対する死亡率40倍の実験的ワクチン
Experimental vaccine death rate for
Israel’s elderly 40 times higher than
COVID-19 deaths: researchers

このどちらも決していい加減な
ウェブサイトではありません。しかし、
引用されているオリジナル記事の数値の
扱いがどうも合点できないのです。

私から見ると「数値の取り方を間違って
いる」
部分があるように思えて仕方ないのです。

(引用注:ここでInDeepさんは、
信用ある二つのサイトが、ほぼ同じ結論に
達しているのに対して、、数値の取り方に
疑問を感じるとしておられますが、この
あたり、知名度の高いブログとして、
あくまでも正確さを大事にしておられる
からだと思います。
そもそも以下にあるように、ヘブライ語
をこのInDeep様がそれほど
理解されていない事からも、むしろ
ヘブライ悟をきちんと訳せている
という前提で書かれている上記の二つの
記事を、信頼すれば良いと思うのです。)

しかし、もともとのデータがイスラエル
保健省のもので、そこで使われている言語が
イスラエルの公用語であるヘブライ語であり、
わからないのは仕方ない面もあります。


数値の部分だけは納得できないまま
ですが、しかし、その記事を掲載させて
いただこうと思います。

今回ご紹介する記事の内容が間違って
いたとしましても、そのような部分を
むしろ指摘できるような方々に読まれて
いただければ幸いです。

私自身としては、コロナワクチンの
潜在的な危険性を否定することは
どうしてもできないわけで、自分の中に
「コロナワクチンは危険だ」というような
偏った価値観があることは事実ですので、
読まれる方にはそのような面を排除して
客観的に判断されていただければと
思います。

(引用注:今の部分ですね、InDeep様
「コロナワクチンは危険だ」というような
偏った価値観がある
というように
表現される事自体が、偏った見解だと
思えてしまうのです。
以前も記事で取り上げさせていただいた
ように、ご自身で、今回のコロナ騒動の
背後には、悪魔的存在がいると、確信
しておられて、しかも今回のワクチンに
致死的な影響の可能性まで示唆されながら
、あまりに明らかなコロナワクチンが危険
だという見方を偏っているとしている
のは、やはり知名度の高いブログなら
ではの少し謙虚すぎる表現なのではと
思ってしまいます。)

なお、オリジナルの記事は、最初に
投稿されたヘブライ語バージョンは
以下です。

www.nakim.org
その後に、各国語に翻訳されて
投稿された記事は以下にリンクが
あります。
The uncovering of the vaccination
data in Israel reveals a frightening
picture

望むべくは、この記事のデータを正確に
判断され得る方がこの記事を読まれて
いらっしゃれば幸いに思います。

記事はここからです。

イスラエル保健省:ファイザーワクチンは
「新型コロナ感染症自体による死亡数より
40倍高い率で高齢者を殺した」
Experimental vaccine death rate for
Israel’s elderly 40 times higher than
COVID-19 deaths: researchers

lifesitenews.com 2021/03/02

イスラエル保健省のデータの新しい分析に
よると、ファイザーの COVID ワクチンは、
最近の 5週間のイスラエルでの
ワクチン接種期間中に「コロナ感染症自体
が殺すよりも約40倍多く」の高齢者を死亡
させ、若い人では 260倍高かった。

1月に、アメリカの医師グループにより、
COVID-19 ワクチンは実験的であり、
これはコロナウイルス感染そのものよりも
「安全ではない」と結論付けたことが
報じられたことがあるが、最近の
イスラエルでのワクチン関連の死亡率の
新しい分析は、この医師グループの主張が
実際に起きている可能性があることを
示している。

データの分析は、仏エクス=マルセイユ大学
の新興感染症と熱帯病の教授である
エルヴァ・セリグマン博士
(Dr. Hervé Seligmann)と、エンジニア
のハイム・ヤティフ (Haim Yativ)氏に
よって行われた。

この分析を一言でいえば、イスラエル保健省
から公表されたデータは、ファイザーの
実験的な mRNA ワクチンの最近の 5週間の
ワクチン接種期間中に、「新型コロナウイルス
感染症自体で死亡したよりも約 40倍多くの
高齢者の人々が死亡した」ことを示すものと
なっている。若い年齢層では、これらの
数値は、新型コロナウイルス感染症自体で
死亡したよりも 約 260倍の高さとなって
いる。

完全な数学的分析は博士たちの示した
記事に記されている。こちらがその
記事だ。

著者たちは、以下のように述べる。

「ワクチン接種を受けた 65歳以上の人の
うち、
3週間の投与期間のうちに約 0.2%が死亡
したため、10万人のワクチン接種者のうち
約 200人が死亡したことを示している。
これは、
ワクチン接種をしていない同じ世代では、
新型コロナウイルス感染症で死亡した
のは、
10万人のうち 4.91人だった」

この恐ろしい状況は 65歳未満の人々にも
及ぶ」と研究者たちは続ける。

5週間のワクチン接種プロセス中に、
「ワクチンを接種した 65歳未満の人々の
うちの 0.05%が死亡した。つまり10万人中
50人が死亡している。これに対して、
ワクチン接種を受けていない
新型コロナウイルス感染症で死亡した
65歳未満の人々の数は 10万人あたり
0.19人と比較される。したがって、この
65歳未満の年齢層の死亡率は、
ワクチン接種プロセスのこの
5週間の間に 260倍増加した」

(引用注:この記事の著者は、これらの
数値には、ワクチン以外での、心臓疾患
などが含まれている可能性も示唆して
います。しかし、ワクチン接種によって
死亡者数が圧倒的に上昇した事は、
まぎれもにない事実だという事なの
です。イスラエルは、ワクチンを接種
しない人達の社会的立場や権利が
著しく不利になるように、法制度を
進めていて、ワクチン接種を国民
全員に普及させる強い意志でいるよう
です。

以下がそれについてのものですが、
それらを観る限り、民族としての
「ユダヤ人」(正確には存在して
いませんが、世界の通年として
イスラエル人の事をユダヤ人と
する風潮にある事をふまえての表現
です。)はなんら、優遇される立場
にはなく、真実暴露者や私も
取り上げてきた世界の支配層と
しての「ユダヤ人」とは、全く
次元が違うもののようです。)

過去数週間、イスラエル政府は
「グリーンパス(ワクチンパスポート)
」システムを採用したことで注目を
集めた。これにより、ワクチンを
接種した人々はグリーンコードを
受け取り、娯楽施設やレジャー施設
などへの入場が許可される。

また、グリーンパスが与えられた人たち
は、いかなるビジネスも再開でき、
コロナ感染者との濃厚接触を認められて
も自己隔離する必要もない。

イスラエルの保健大臣、ユーリ・
エデルスタイン氏は、グリーンパスの
発行の際に以下のように述べている。

「ワクチン接種はイスラエル国民の
道徳的義務である。それは私たちの
相互責任の一部だ。予防接種を
受けないイスラエル人は誰であろうと、
取り残されることになるだろう」

イスラエルのグリーンパスは
6か月ごとに更新する必要があり、
またグリーンパスを保持していても、
現在のイスラエルは、国民全員に
マスクと社会的距離のルールの遵守
の義務がある。

また、イスラエルの報道によれば、
ワクチン未接種の人々の職場への
立ち入りを拒否する権利を雇用主
に与える法律がイスラエル政府で
検討されていると報告している。

ここまでです。

(引用注:InDeep様が取り
上げられた今回の記事は、ここまで
ですが、この後、m-RNAワクチン
だけでなく、英国アストラゼネカ社の
ウィルスベクターワクチンや
中国シノファームの不活性化の
ワクチンは、さらに危険であると
いう事を紹介されています。)

フランスでは、英アストラゼネカ社の
ウイルスベクターワクチンが使われて
いますが、先行して接種された
医療従事者たちのあまりの副反応の
多さに、

「フランスの介護施設従事者の半数
はワクチンを拒否している」

とロイターは報じています。

このロイターの記事では、フランス
の医療従事者の話として、「ワクチン
への信頼は完全に失われています」
と述べたことが記されています。

そして、もうひとつの
「不活性化ワクチン」。

これは Wikipedia 的には「ウイルスの
毒性をなくし、必要な成分を取り出して
ワクチン化したもの」ですが、
中国シノファームのワクチンはこれに
該当することが以下の記事で取り
あげました報道には書かれています。

中国シノファーム製コロナワクチンの
「副反応の全リスト」が中国の専門家の
投稿により判明。記載されている
副反応は73種類
地球の記録 2021年1月12日

この中国シノファームのワクチンを
国民の多くに接種している
アラブ首長国連邦が「ひどいことになって
いる」ことを以下の記事で書かせて
いただいています、

人口100人中のワクチン接種率で
世界第二位の高さを誇るアラブ首長国連邦
で、接種開始後2ヶ月にして過去最大の
新型コロナ死者総数を更新中
地球の記録 2021年3月4日

以下のグラフにありますように、
ワクチン接種開始後、
「新型コロナウイルスの死者の増加に
歯止めがかからなくなっている」の
です。

(引用注:以下がそのグラフですが、
この激増した新型コロナウィルスによる
ものとされている死亡者の、本当の
死因が、中国の不活性化ワクチンで
ある事は間違いないでしょう。
なぜなら、新型コロナウィルスは
存在もしていないからです。
というより新型コロナウィルスの死者
が増加したと捉えても、コロナ
ワクチンの期待される効能は、全く
観られず、逆に致死的な影響をもたらす
だけだという事が明らかになった
という事になるのです。)


他のタイプのワクチンでも、「死者数が
良い兆しを見せている」という国や地域は
私が知る限りはないです。』

“出典:「InDeep」様のサイト
イスラエル保健省のデータ分析から
「コロナワクチン接種者の死亡数は、
新型コロナ感染症そのものの死亡数
より40倍高い」
より”

今回取り上げました記事からも明らか
なのは、新型コロナワクチンであれば
どんな種類であっても、致命的な危険
を伴う事が一つ。
そしてもう一つは、ワクチン接種後の
死亡者の方が、でっちあげで、騒がれて
いたはずの新型コロナの捏造の死亡者数
よりもはるかに、多いという事です。

この記事以外でも、ワクチン接種後に
死者が激増したという情報は、次々
と飛び込んできています。



「画像の表は、ドイツのある地方での
80歳以上の人の死亡者数です。

青が、2020年1月から12月27日
までの死亡者数、オレンジは12月
28日以降の死亡者数です。」

つまりそれまでの1年(コロナ騒動の中
での)に対して、ワクチン接種後の
2ヶ月余りの間に死者が激増している
のがよくわかりますね。

たとえば、このドイツの
LK Mittelsachsenと
いうエリアでは
接種前の約1年の間に70人ほど
亡くなっていて、接種後の二ヶ月
余りの間に、340人ほど亡くなって
いる事から、同じ期間で控えめに
でも換算すると、死亡者は28倍
に激増した事になり、上の記事で
取り上げました、イスラエルの報告
(40倍)が決して誇張すぎる数値では
ないという事も裏付けられた事になり
ます。

このように世界中で、新型コロナワクチン
が危険だという事が明るみに出る一方
で、隠蔽大国日本では、治験による
死亡者が出てもニュースにされない
のです。

こういう世界の情報を周知させていく
事は、とても重要ですが、こちら
国民主権党から千葉県知事に立候補
されている平塚正幸さんは、本当に
ありがたい事にも今回の情報を
なんとポスターに入れてくださって
ます。

なんと小学生の子供たちの方が、
勘が良いですねー。
この子たちこそ未来の希望です。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

枠チ〇接種で確実に予定されているもう一つの危険な重大作用とは?


この記事は、先週投稿させていただいた
ワ〇〇ン接種は二種類の超危険な目的に
使用されようとしている!

の続編にあたります。

前回、我々に接種させようとしている
ワクチンには二種類あって、一つは
接種後の影響が出る時間を微妙に調節
しながら、人口削減をしていくための、
致命的な効果のあるワクチンで、これが
前回説明したタイプのものです。

そしてもう一つは、若年層や幼少世代に
主に用意されていると思われる、完全
管理支配され、心身ともに完全操作
されるための意図が含まれたワクチン
です。このワクチンについて今回
明らかにしていきたいと思います。

前回同様その事の警告を端的に表現
されている明日の世界さんのツイート
を再掲しておきましょう。

さて今回は、完全管理支配と、完全操作
されるためのワクチンについてですが、
特に多くの人に浸透されていない
コンセプトが、ワクチンによって
私たちが、心身ともに完全操作される
危険性についてです。

実は、すでにこれまで、それについて
のテクノロジーの記事をいくつも
投稿してきています。

それは、特に5Gシステムの
テクノロジーとして、取り上げた
ものでずが、つまり私たちにワクチン
などで、電子システムを埋め込まれ
ない状態でも、私たちは、5G
システムにより操作されるという
テクノロジーはすでに開発済みだと
いう事です。

以下をご覧ください。

『~研究者たちの懸念は、ムクドリの
墜落死だけではない。
「5G電波がマインド・コントロールに
使われる!」

専門家によれば、5G周波数の波形が
脳神経活動と酷似しており、脳に侵入
する5G電磁波を操作することで、
人間の思考や感情を外部から操作する
ことも可能という。
まるでSF映画のような話だが、それは
現実に可能なのだ。~

~人間の脳の各分野は、喜怒哀楽で反応
する部位が異なる。そこに、脳波に
連動する周波数の波動を送り込む。
すると、操作する側の思い通りの感情を
被爆者に起こすことができる。つまり
外部から電波を被験者に送ることで、
思い通りの行動を起こさせることすら可能
るなのだ。
 これこそマインド・コントロールの極致。
この“洗脳”テクニックは、不特定多数の
大衆に向けても可能だ。それは南アフリカ
の機密実験で成功している。
 民衆に暴動を起こさせたり、鎮めたり
することも可能というから恐ろしい。
かつて起こったロサンゼルスの黒人暴動
なども、この“洗脳”装置が使われたという。
そして・・・。5Gは、この大衆煽動
システムをより高度化させたものという。』

“出典:「ショック!!やっぱりあぶない
               電磁波」
             船瀬俊介著
             花伝社刊”

つまり人間の感情や思考をコントロール
する洗脳手段としても5Gが機能する
という事が、世界の専門家によって
示唆されているという事です。

そして今回は、その事を受けてさらなる
真実が明らかにされているのです。
その事をアイク氏の訳本の最新刊から
引用させていただきましょう。

『』内が引用で、~が中略です。

『5Gの導入は、テクノロジーで人間の
精神を乗っ取るためには不可欠なもの
で、その力は人間の電場と電磁場を混乱
させる。いったん精神と身体の定常波
サイクルが混乱しだしたら、、行動と
健康に取り返しのつかない影響が出てくる
はずだ。

(引用注:この定常波というのは、二つの
波動が、一定の間隔を保ちながら、逆向き
に流れる事で、均衡を保ち、それが、
循環する事によって、恒常性を維持して
いる波動の事です。それを説明できる唯一
のモデルが、宇宙に普遍的に観られる
トーラスエネルギーの循環形態で、
私たちのプラズマ生命エネルギー循環も
原子を初めとした、物質の形態も、その
定常波の循環で表現されています。もちろん
これはDNAの二重螺旋構造も定常波
そのものである事からもわかっていただける
と思います。
つまり定常波が乱されるというアイク氏の
言葉は、私たちの健全な生体エネルギー
循環が乱されるという事なのです。
実際これまでの記事で説明させて
いただいたような影響が出るという事を
アイク氏が2017年の執筆時点で
予告してくれていたという事です。
まあ私も原著をすでに2018年
頃には入手していたので、その事は
わかっているつもりでしたが、やはり
現実化しないようにイメージする事に
努めていたという事です。)

 5Gは群集コントロール兵器に
使われるのと同じ周波数を使っていて、
肌に焼けるような痛みを感じさせる。
アメリカ国防総省のある報告書に
よれば、体を火に焼かれるように
感じる」というものだ。~
5Gは、記憶の抹消を含めた健康と
知覚をターゲットにして使える武器
システムなのだ。ここで扱っている
のは、こんな代物なのだ。~

フェイスブックのザッカーバーグは、
ソーシャルメディア・ネットワーク上での
コミュニケーションは、キーボードではなく
テレパシーに向かう、脳波や思考は
インターネツト上に直接発信されるように
なるだろう、と言っている。どうすれば
そんなことができるのかって?AIを
通して脳とインターネットをつなぐのだ。
「[ザッカーバーグは]人間の思考に直接
アクセスしようとしているのだ」と、
あるニュースは伝えている。
わたしは絶対に彼の脳内になんか入り
たくはないがね。』

“出典:
「今知っておくべき重大なはかりごと➃」
       デービッド・アイク著
           本多繁邦 訳
          ヒカルランド刊”

さらに以下の記事も参考になります。

精神工学的電磁兵器:人間の神経系の
遠隔制御 By Mojmir Babacek
2020-07-14 ~

Home


/psychotronic-and-electromagnetic-
weapons-remote-control-of-the-human-
nervous-system/5319111

2012年3月、ロシアのアナトリ・
セルジュコフ[Anatoli Serdjukov]国防相は
次のように述べている:

  「直接エネルギー兵器、
地球物理学的兵器、波動エネルギー兵器、
遺伝子兵器、サイコトロニック兵器など、
新しい物理学的原理に基づく兵器の開発は
、2011-2020 年の国家軍備調達計画の
一部である。」Voice of Russia

イギリスのデイリーメール紙は~
電磁兵器の研究は、1950年代からアメリカ
とロシアで秘密裏に行われてきたと書いて
おり、「以前の研究では、低周波波や
ビームが脳細胞に影響を与え、心理状態を
変化させ、誰かの思考プロセスに提案や
命令を直接送信することが可能になる
ことが示されている。高線量の
マイクロ波は、内臓の機能にダメージを
与え、行動をコントロールし、犠牲者を
自殺に追い込むことさえある。」~

世界のメディアが、人間の神経系の
遠隔操作の研究の進展の全容を公表しない
ことを、改めて強調するしかない。折れた
骨の治癒におけるパルス電界の効果の発見で
二度もノーベル賞にノミネートされた
ロバート・ベッカー博士は、情報自由法の
要請により公開されたJ・F・シャピッツ
[J.F. Schapitz]の1974年からの実験に
ついて、
著書『ボディ・エレクトリック』の中で
こう書いている。

J.F.シャピッツは述べた。

「この調査では、催眠術師の話し言葉も、
人間の脳の潜在意識の部分に直接変調された
電磁エネルギーによって伝えられるかも
しれないことが示されるだろう-すなわち、
メッセージを受信したり、トランスコード
したりするための技術的な装置を採用する
ことなく、そのような影響にさらされて
いる人が意識的に入力された情報を
制御する機会を持つことなく。」~

(引用注:要するに精神工学兵器の
テクノロジーは、催眠術のように、人が
知らず知らずのうちにコントロール
されるための技術だという事です。)

電磁波を使って人間の脳に人間の言葉を
送信することは、研究者にとって最も困難な
仕事の一つであることは明らかである。
人間の思考、意思決定、行動の動機となる
人間の感情をコントロールすることは、
はるかに簡単にできるに違いない。これらの
装置を使った実験の犠牲者であると主張する
人々は、声を聞く以外にも、偽の感情
(オーガズムを含む)や、医師が診断
できない内臓の痛みを訴えている。

(引用注:精神工学電磁兵器のテクノロジー
では、人間の思考、意思決定、行動の動機
となる人間の感情をコントロールすることは
事は、比較的容易なのだという事です。)

2000年11月、ロシア国家ドゥマ安全保障
委員会は、人間の神経系を遠隔操作したり、
健康障害を遠隔操作したりすることを可能
にする能力は、多くの現代政府が利用可能
であると述べた。~

(引用注:多くの現代政府が、神経や
健康障害を操作できるという事は、当然
私たちの政府も同じくできるでしょう。
もちろん日本においては、背後の支配層の
意図通りにしか使用を許可されていない
と思いますが)

アメリカでは現在、神経系の遠隔操作に
不満を持つ数百人の人々が、FBIや
国防総省、その他の機関を相手に
集団訴訟を準備しており、FBIや国防総省、
その他の機関に対して、個人に関する
ファイルの公開、身体に向けられた
有害な放射線の検出、放射線の発生源の
開示を求めている。おそらくロシアでは
2000人以上、ヨーロッパでは200人以上、
日本では300人以上、中国やインドでは
数十人の人々が訴えている。』

“出典:「さてはてメモ帳」様のサイト
精神工学的電磁兵器:人間の神経系の
遠隔制御
より”

ざっとこれだけのテクノロジーが
明らかになっている事を理解して
いただければ、私たちが5Gシステム
そして、次世代の6Gシステムに
よって、心身をヒントロールされる
意図がある事は、間違いないと確信
していただけたと思います。
さてこの5Gシステムと、ワクチンに
埋め込まれる予定の電子システムが
どのように連結されるかについて、
観ていきましょう。

まずは、私たちの人体に埋め込まれる
予定の電子システムについては、大きく
分けて二種類に分類できると思います。
一つには、完全管理による支配のための
ルシファレイス酵素、
そしてもう一つは、ハイドロジェルや
ナノチップ等によって、人体とAI
が電磁気信号的に遠隔で連結される
事による、心身の完全操作のための
システムという事になります。

私たちをまず完全管理する事による
支配は、国連の提唱したID2020
の全人類の、デジタルID化をもとに
したもので、それを人体に埋め込もう
としているというわけです。

これを担うテクノロジーの一つが、
ルシファレイス酵素というわけです。

やはりマドゥ医師の警告ですが
以下です。
マドゥ医師のインタビュー動画を
泣いて生まれてきたけれど様が
まとめてくださってます。

『ワクチンを体内に届ける際使われる次の
方法は、ルシファレイス酵素。
彼等はそう名付け、ルシファレイスとして
特許を取った。
その名は嫌いです。
(訳注:Lucifer=堕天使、悪魔、サタン
を想起させるから)~

ルシファレイスと呼ぶのは、それが生物的
に照らす特質があり、
光 乃至は光源を作り出せるから。

ルシファレイスは、ルシフェリンと
呼ばれる潜在物質と酸素、ATPを使って
ホタルが発する黄色の光のような光を
生み出す酵素…
https://www.moleculardevices.com/
applications/coronavirus-vaccine
-research

それを あなたの皮膚下に入れるだけ、
でもあなたには見えない。

ルシファレイスが出てきたのは、彼等は
あなたがワクチンを受けたことを確かに
したいから。医学的な記録は信用しないし、
あなたが「ワクチンを受けた」と言っても、
それを信じない。絶対確実なものにしたい。
成功したい。トランスフェクションを
やって、遺伝子組換えを成功させたいから。

ルシファレイス酵素をあなたに入れたら、
iフォンか特殊なiフォンのアプリケーション
であなたがワクチンを受けたことを
確認出来る。その酵素が、あなたのワクチン
記録を保有するんです。加えてそれが
あなたに数字か、バーコードか、焼き印
またはタトゥーみたいなIDを与えるので、
あなたはまるで商品になったようなものだ。』

“出典:「泣いて生まれてきたけれど」
様のサイト
知らないままでは取り返しのつかないことに
なる、人が人でなくなる
コロナワクチン
より ”

このコンセプトは、すでにマイナンバー
と、ワクチン接種証明を関連づける
提案が、政府から出されている事に
よって、一部の気づいた人たちの間
では周知の事実ではありますよね。

そしてこのルシファレイス酵素に、
またはそれに類するものに、私たち
自身の全データも含まれる事になる
という事です。
つまりルシファレイス酵素とは、
身分証明書の代わりにもなる、
人体に埋め込まれた、読み取り
可能なバーコードのようなもの
だという事です。

まあ完全に支配層は、我々を商品化し
所有物として扱いたいという意図も
あるという事ですね。

事実遺伝子書き換えにより、私たち
の肉体の所有権が支配層の手に渡る
可能性もあるという事は、すでに
全員接種が想定されている新型コロナの
RNAワクチンの真実とは?

という記事で、やはりマドゥ医師が
警告してくださってました。

以下です。

『「興味深い点は、自然のものや自然由来の
ものは、特許を取得することができないん
だけど、改変されたものや、人工的な
ものは、特許を取得することができる
ということです。」

ここはとても重要です。遺伝子を少し
でも書き換えれば、特許を取得する
という事は、実質その使用権利は、
特許権を持つものが所有する事に
なり、実質支配権を持つ所有者に
なるという事です。
先にキャリー医師が、私たちに
伝えたかった重要な事を先に、
言っておきます。
「改変された遺伝子の使用特許が
開発者のものとなるので、ヒトの
遺伝子が書き換えられた場合、
その所有権が、開発者のものとなって
しまうという事です。

もちろんその特許権は、譲渡する事も
できるので、支配層の手に渡るのは、
自明ですよね。

そもそも私たちの遺伝子の所有権が
遺伝子改変などによって、奪われる
ものではないという法律が、どこにも
ない以上、確実に法制化されるか、
知らないうちに、そういうものと
して扱われるようになるでしょう。』

さてさて私たちが完全管理され商品化
され、さらには肉体の所有権まで
譲渡させられるとなると私たちの
精神というか、感情や思考などは
自分たちのものでなければならない
はずですよね。

しかし、さきほどの5Gシステムの
テクノロジーにより、やはり
操作される可能性が高く、その上に
ワクチンで埋め込まれる電子システム
がどのように関係してくるかという
点を明らからにする必要がありますね。

すでにマドゥ医師も、ワクチンに
含まれる事になる電子システムに
ついても警告してくださってましたね。
以下の
コロナワクチンの深すぎる闇をキャリー医師
が暴く! ナノテクノロジーが鍵!

からです。

やはりハイドロジェル(ナノロボット)
についてのようです。

ハイドロジェルはナノ技術で、非常に
小さなロボット。
この極小のロボットが…えぇ、狂った話に
聞こえるでしょうし、私には今も狂って
いると映るけど、実際可能なことなのです。
それらが(私たちの体内で)分解したり、
また結合したりして、別の物質を形成する。

(引用注:
ハイドロジェルの極小ロボットは
ナノボットというらしく、いくつか
youtubeにもありました。

なんだか頭がくらくらして
きましたね。)

それでこのナノ技術であるハイドロジェルは
ロボットのようなもの、AI(人工知能を
持っているの)で、他のAIと繋がることが
出来る。

ということは、私たちの体から様々な情報
を集め、それをあなたのスマート・フォン
と繋げたり、他のスマート技術を使って
クラウドに集めることが出来る。

そして一旦これが為されたら、一日24時間、
週に7日、年に365日のことです。
考えてみてください。それが私たちの
プライバシーを即座に変えてしまうことを。
私たちの自律性を即座に変え、私たちの
自由を即座に変えてしまうことを考えて。

これは私たちの血糖値だとか酸素量や
血圧といったデータを集める。
結構なことに聞こえるけど。
しかしそれ以外にも多くの情報を
集められる、たとえばあなたの動きや
メンスの周期、あなたの行動、栄養値が
下がったかとか、薬を飲んだか、ヤクを
やったか、あなたの体に入るもの ほぼ
すべてを監視出来る。

そしてこのような情報が一体どこへ行く
のか?
それは示されていないけど、誰がこれらを
守り、誰が何のために使うのか?

(引用注:私たちの情報がどこにいくのか
私たちは、わかっていますよね。
当然支配層のもとに行く事になります。)

皆さん、これは本当に深刻な問題です。
これらすべてが次の(コロナ)ワクチンで
ベールを脱ぐことが目論まれているの
です。

もうひとつ知っておくべきなのは、この
ハイドロジェルのナノ技術でAIと繋がる際、
あなたの携帯でテクストやメールを
送ったりすると同時に、それらを
受け取ることも出来る。

ということは、何かしらの情報を受け取る
ことになるが、どんな情報が私たちの
なかに送られてくるのか? 私たちの気分や
行動に影響するのか? 私たちの考え方や
記憶など?

(引用注:AIと私たちが連結されて
しまえば、情報は当然送受信される
事になり、電磁気的信号により、
情報が送られてくる事により、
私たちの思考・感情・行動などを
コントロールされるようにもなる
という事は、先日の記事
ワクチンで電子システムが体内に入れられる
のは確実! 努力義務は絶対拒否!

でもご説明しましたが、
一応ここにも転載しておきますね。

『電極や各種のインプラントによる
テクノロジーは個々のターゲットに
インプラントを与える装着作業を必要
とする。そこでマインドコントロールの
新しい方法としてこれらの装置を
持たせる必要のない技術が模索された。
より合理的で効果的な手段として
電磁波を直接ターゲットに照射する
という方法が取り上げられた。この
エネルギー直射による方法はマインド
コントロール・テクノロジーの中で最も
進化し、最も恐れられ、そして現在、
世界中で最も使用されている
テクノロジーである。

電磁波の中の、ある特定のものをビームし、
人の心理や行動を操作しようというもの
であるが電磁波の種類の多さや特質から
極めて広範な効果が得られることが
判った。

電磁波マインドコントロールテクノロジー
が包含する効果には
「マインドリーディング(読心)」
「思考転送」「身体機能操作」
「健康や死亡操作」などがある。』
“出典:「さてはてメモ帳」様の
サイト
5Gは、パンドラ計画らしいより”

さてこのようにハイドロジェル
などの電子システムにより、
私たちの心身はコントロールされて
しまうわけですが、今回以下の
字幕大王さんが日本語訳をつけて
くださった短い動画の中で、その
操作のための情報を受信させられて
しまうシステムつまり
「オンデマンド・ドラッグ・
デリバリー」の説明があります。

短いので動画ごと、簡単に解説を
書いておきます。

ハイドロジェルは私たちに
与えられるIDで、これが
埋め込まれると、現金もクレジット
も必要がなくなり、全て監視下
管理下になる事によって、自治の
喪失・自立の喪失・ぷいバシーの
喪失になると警告しておられます。

確かに彼らの計画では、全ての
デジタル通貨は、体内IDに記録
され、しかもそれを権力者が
社会に適応しているか、または
支配に従順であるかのポイントを
査定する事により、そのスコア
に応じた分のデジタル通貨を与える
というふざけたものになるという
事です。

まあ完全管理支配のための
ツールという事ですが、今回
取り上げられたハイドロジェルは、
ナノロボットのように動きまわる
ものではなく、私たちの身体の特定の
部分に埋め込んで、読み取り可能に
する「量子タトゥー」と呼ばれる
ものの事を示すようです。

先に取り上げましたルシファレイス
酵素もこれに含まれるという事
なのかも知れません。

もちろんこれらは、人類を完全
管理支配するためのものですが、
心身をコントロールする
テクノロジーが今回明らかになって
いて、どうやらこのハイドロジェル
で埋め込まれる電子システムに
対して、電磁波による光受信システム
が使用されるという事です。

これがオンデマンド・ドラッグ・
デリバリーというものだという事
です。このシステムで使用される
5Gシステム等からの光信号に
反応する、光応答機能をこの
ハイドロジェルが有していると
いう事です。

オモテ向きは、5Gシステム等からの
光の電磁気信号を体内の電子システム
が受け取り、人体にとってのクスリの
代わりになる治療効果反応をもたらす
ものだという事ですが、当然
これが人体を治療するためのものだけ
ではなく、私たちをコントロールする
ために使用される事になるのが、
明らかだという事です。

今回この動画で始めて、私たちの
心身をヒントロールするための
受信システムのテクノロジーが
マドゥ医師によって明らかにされた
という事です。

まあ支配層は、私たちの身体と、
身体につながるマインドや感情・思考
に対しては、
完全支配という事を目論んでいるよう
なので、私なんかは身体とマインドに
本来の意識がしがみついたままで、
奴隷化される事の方が、人口削減の
ために死ぬよりずっと、つらい事
だと思っています。

どうしても強制的に接種される事が
避けられない事態になったらもとっとと
身体とマインドを放棄して、本来の
自由で解放された意識に回帰しようと
思っています。

もちろんそれがただちにできなかった
人たちも、最終的には、こういう
悪夢から解放されて、本来の
「意識」に回帰できるのは確実
ですが、肉体=自分自身と思い
込んでいる人たちは、かなり長い
時間の間、相当な苦難の旅をしなければ
ならないようです。

その本来の私たちの実態である
意識の最終的な回帰はこの
絶対意識編」の一連の記事で
説明されている絶対意識のワンネス
に戻るという事です。
つまり最終的には、みなさんこの
ワンネスである全てと一体の自分に
いきつくという事です。

それと動画の最後に示唆されて
いたのが、ワクチンの遺伝子書き換え
技術です。これを
トランスフェクション・テクノロジー
と呼ぶようですが、これについては、
まだ詳細を研究中ですが、
さきほどのオンデマンド。ドラッグ
・デリバリーの遠隔操作システムを
使用すれば、DNAを何度も遠隔
から書き換える事ができると
いえそうです。

そのヒントとなる事がこの
DNAの驚異の力 その1改2     
加筆編集分

に説明されています。

再掲しますね


ロシアの分子生物学者ガジャジャエフ博士
(Pjotr​​ Garjajev)と彼の同僚たちに
よると、適切な周波数が使用された場合、
生きているDNA物質は、言語変調された
レーザー光、さらには電波にも常に反応
するというのです。そして彼らは言語に
よってDNAは、書き換え可能だといい
ます。
実際我々のDNAは電磁波や光、言葉に
よっても何度も書き換えられているの
です。』

つまり光波によっても遺伝子は書き換え
られるという事がすでに明らかと
なっているので、今回のワクチンに
含まれる光応答システム機能を有した、
オンデマンド・ドラッグ・デリバリー
・システムの隠された意図として、
特定の光波を受信させて、遺伝子
書き換えを行うというものが、ある
と想定できます。

これこそ太古から、支配層が人類に
対して行ってきた事でありその事の
説明が、先日投稿しました
ムーンショット計画は太古からの土星
システムの進化版だった!?

という記事に書かれているという
事です。

とにかく、ワクチンを打たないで
良い方向に向かう可能性はまだ
あると思いますので、ビジョンを
暗くせず、自分たちにできる事を
していくのが良いと思います。

もちろん積極的な行動から、イメージ
のみでもそこは自由で良いと思い
ます。

ではまた貴重な情報を記事に
していきます(*’▽’)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

事実の共有編一覧

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ