これがインド占星術のホロスコープのベースだー(≧▽≦)


本当にぼちぼちインド占星術を勉強
やり始めてみてますが、まずは、
インド占星術の鑑定のベースにあたる
のが西洋占星術でもおなじみの
ホロスコープなんですが、なんとこれが
下の画像のように四角い( ̄▽ ̄;)

「なぜ四角いんだーー、丸い方が調和に
つながり宇宙の真理にうんたらかんたら」

ええーいじゃかましーー!いらんことを
考えるなー、いつもやたら余計の事
ばかり思いつくうえに、能書きだけは
一人前だから、前に進まんのじゃー!

はいー素直に学ばせていただきまーす。

でホロスコープのベースがこれです。

実は真ん中に出生時間やら
出生地やら書いたり、在住(在泊のこと)
の惑星を書き込んだり、いろいろ詳しく
書き込むことになります。

とにかく一応区切りが12星座の
12マスあるという事だけは、
西洋占星術と一緒ですねー(*´ω`*)

で、このインド占星術のホロスコープ
は、なんと常に星座はこの位置に書く
のだそうです。
西洋の方は、アセンダントが常に
東つまり出生図の右の真ん中に来る
ように配置しますので、その都度
星座サインは、動いていく事になり
ホロスコープを出す人によって、
星座の位置はばらばら(といっても
サインは反時計まわりに順番に
進行します)
なのです。

インド占星術は、しかもサインの進行が、
西洋とは逆に時計まわりに進行していく
ので、上の図のようになるわけです。

でなぜ星座サインが動かないのかと
いうと、アセンダントを逆に個人の固有
の場所に配置するからなのです。

そしてアセンダントのあるサインを
1室として、順番に時計まわりに2室
3室~12室というように書き込んで
いくわけです。つまり一つのサインに
対してきっちり一つの室が与えられて
いるわけです。西洋占星術では、1室
つまり1ハウスの中に二つくらい星座が
からんできますので、このあたりも
また全然違いますね。

そういう意味ではここまではきっちり
しててわかりやすいんですけれどもね。

またここに惑星などを書き込んでいく
わけですが、インド占星術では、トランス
サタニアンの天体は使用しないそうです。
つまり天王星、海王星、冥王星は考慮に
入れずに、太陽、月、水星、金星、火星
木星、土星とラーフとケートゥという
ものを加えた9つの惑星を書き込んで
いくらしいです。

ラーフとケートゥというのは、西洋
占星術でいうところのドラゴンヘッドと
ドラゴンテイルにあたり、つまり
月と太陽の軌道の交差点のポイント
という事で実際の惑星とは違いますが、
西洋占星術のように感受点とはいわず
惑星扱いのようです。

まあここで私の月に対する見解に
ついて、ここで披露するのは完全に
おかど違いというものなので、黙って
おきますね(^▽^;)

とにかく惑星などを書き込んだりして
ホロスコープを完成させるのですが、
ありがたい事にみなさんも簡単に
自分のインド占星術のホロスコープが
出せるのです。
以下のサイトで、出生時間やら
出生地を書き込むだけです。
無料なのでぜひお試しくださいねー

Jyotish-ONE Chart 入力フォーム

ちなみに私のホロスコープがこちら

あんみんの
インド占星術ホロスコープ

ご覧になっていかがですかー?
もちろん初心者の方向けの記事
なので、初心者の方々には、当然
ちんぷんかんぷんですよねー、
私も同じでーーす(^^)

だからみなさんと一緒にまた次回
からも学んでいきましょーねー。

ではまた(*´▽`*)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
おかげ様で上位継続中です💦

インド占星術編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

インド占星術編スタート!  初心者でありながらサビアンとの融合を目指して


え、あんみんってインド占星術も
知ってるの?ってなわけがありません。
知っていれば、この男の事、インド占星術
の知識をしたり顔でいくらでも、サビアン
鑑定に持ち出します。
もちろん私のSTOREの鑑定メニュー
にも登場させます。
それをしていなのは、私がインド占星術の
完全なる初心者だからです。
おー完全なというところが、なんだか
できるやつのように気になるではない
ですか。
このようなくだらなしい思考が、常に
頭あたりを駆け巡っているアホなヤツが
あんみんという高等になりかけの生物
なのです。

まあこんなやつの戯れ言はほっておいて
本題にまいりましょう。
きっかけは、インド占星術をネツトや
ツィッターで知って、天菜さんという方
が、自分は初心者と言いながらも、鋭い
鑑定例をツィートしておられたり、
サイエンス ジョーティシュ
コンサルタント様が、とても優れた鑑定を
しておられるようなので、独学で習得
しようと、インド占星術.com様という
サイトで学んでみることにしたのです。

私は、ただ学ぶだけでなく、同じ西暦の
日付が関係するものであれば、必ず
サビアンシンボルとの関係あるはずだと
いう確信めいた予感があります。
私のサビアン占星術は西洋占星術を
ベースにしてきましたが、真理につながる
ものであれば、インド占星術も取り入れて
も良いという考えです。
それぞれに優劣はなく、融合という形を取る
のがコンセプトです。

というわけで、みなさんとともに学びながら
サビアン占星術との融合がかなうところまで
いくといういつになるかわからない企画を
スタートする事にしました。

そうそうインド占星術の根底にある
コンセプトが梵我一如(ぼんがいちにょ)と
いうものです。
その説明をさきほどのサイトから引用させて
いただきます、
「核心をなすのは「梵我一如」
(ぼんがいちにょ)の思想であると
言われます。「梵我一如」とは、
世界の根本原理(ブラフマン)と
個物・個人の本体(アートマン)とが
究極的に同一であるという考え方です。
簡単に言ってしまえば、神と私たちの本質は
同じであると言うことです。この真理を
悟れば、輪廻の連鎖を断ち切って解脱する
ことができるとされます。」
“出典:インド占星術.com様”

なんとこのコンセプトは私が神秘
メッセージの記事で再三申し上げてきた
ワンネスや絶対意識と同じ境地ではない
ですか。このコンセプトに真理を見たの
で、やはり謙虚に学んでいこうと思います。
まあ私の時間の空いた時の学習なので
恐ろしくぺースは遅いと思いますが、
楽しみながらまいりましょう。

インド占星術編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ