真理のヒント編その2      真空だらけって、かんたんにわかる方法


前回この真理のヒント編は、みなさんに
かんたんにわかりやすく伝えるものと
して始めたのに、なんだか長くくどく
なってしまって反省してます。
もっと簡単に、しかも貴重な真理の知識
がわかってもらえるように頑張ります!
今回はこだわり派の方々には、ここからと
いう境界を、いいますので、かんたん
でいいという人はそこまで読んで
いただいたらいいと思います。

テーマも順番とかも決めずに、これはヒント
になると思ったら片っ端から取り上げて
いこうと思ってます。
でもいきなり宇宙は全て真空だって
いってもピンとこない人のために、
まず私たちのいる現実世界が、ほとんど
真空である事をとーってもかんたんに説明
しますね。みなさんがまず空気と呼んで
いる空間にも気体分子があって、などと
説明されるから、なんだか物質だらけだと
思ってしまうのです。
これも誘導なんですけどね。
では逆に物質がほとんど真空でできている
としたらどうでしょう?

物質が全て原子からできているのは、ご存知
ですよね、もちろん先ほどの気体分子も原子
の集合体でしかありません。
では原子の内部はどうなっているかというと
原子全体のサイズに対して、10万分の1
のサイズの原子核があるだけです。
電子は?そうですね体積を量れるとしたら
原子核より、さらに小さいサイズですが、
電子は体積をもたない素粒子ともいわれて
いるので、ほとんど考えなくてもいいです。
どうしてもある事にしたい人は、じゃあ
原子核より小さいサイズで考えてもらえれ
ばいいです、ではそれでも物質の部分は
5万分の1以下という事ですね。どういう
サイズかといいますと、原子核は、原子を
東京ドーム全体に例えれば、パチンコ玉の
サイズが、原子核という事ですね。
では原子核に比べて、超広大な領域って
なんでしょうか?当然それが「真空」
だということなんです。
要するに、真空が物質の正体と言い換え
てもいいくらいに、ほとんど真空だと
いうことです。
みなさん学校でも成人してからも、その
原子核と電子以外の領域に目もくれない
ように教えられてきましたよね?
だから気づかなかっただけです。
それも誘導です。

「我々は真空を意識するように教えられ
ていない」

これが真実です。
この現実に気づくことができるのは、
思考を取りもどした人だけです。
誰かのいわれた事をうのみにして考え
たらそれは、あなたの思考ではありま
せん。その思考をあなたに吹き込んだ
人のものです。
だから取りもどす必要があるのです。
自分に思考を取りもどした人なら、
このくらいの事簡単に思いつきますし、
理解できるようになりますよ👍
さてこだわり派は、ここからも
引き続きお楽しみください。

「誘導されているなんて、そんな事
あるわけないだろ、ひねくれてる
だけじゃないのー?」

さーて、では今その証拠をお見せ
しましょう。
ご存知ウィキペディアといえば、
インターネットではメジャーなサイト
ですよね、疑問があればそこに尋ねる
人も多いでしょう。
実は、インターネットでもこのような
メジャーなサイトは、マスコミの一種なの
で、根本的な真理に関する事には、
「編集」「誘導」があるのです。
さてでは、そのウィキペディアで真空
のページから引用させていただきます。

「」内が引用です
「絶対真空とは空間中に分子が一つも
無い状態を示すが、地球の表面上の圧力
(1気圧)は100 kPa時に1 cm3中の気体
分子は0 ℃時で2.69×1019個も存在する。
人工に作り出せる真空状態は10−11 Pa
程度である。この圧力下でも1 cm3に
数千個の気体分子が存在することになる。
外宇宙と呼ばれる銀河と銀河の間でも
気体分子は存在するとされている。」

“出典:「ウィキペディア」様 
         「真空」

この文章まず、思考を取りもどした方
なら、どれだけ誘導されているか、もう
おわかりですよね。
地球上の空間の1立方センチの範囲に
気体分子が、かなりたくさんあるような
説明ですね。
で?それ以外の空間は?なにも説明して
おられません。私は、真空の領域を
尋ねているのですよ、分子の数を
聞きたいのではありませんよ。
つまり真空の部分を意識させたくないの
です。わかりますか?
じゃあそのとても多くある分子どうしに
すき間がないのですか、でもそれじゃ
液体か固体になってしまいますよね。
そうです、騙そうったってそうは
いきませんよ。それだけの数があっても
その分子全部足した体積よりも圧倒的に
それ以外の空間の方が領域が広いに
決まっているじゃないですか、そうです
地球上の空間の気体分子以外の圧倒的に
広い空間の領域は「真空」なのです。
それに地上の空気中の温度0度も誘導
なのわかります?温度が低いほど、
気体分子の数が増え、空気中の密度は
温度が高い時に比べて当然濃くなります。
地球上の平均気温は、15度程度だから
これもやはり誘導でしょう、気体分子の
数を多くみせるためです。
またこのあと人工的に作り出せる真空
のなかに、気体分子が数千個ってだいぶ
少なくなったと喜んでいる場合じゃない。
なにも完全真空の空間をわざわざ
つくらなくてもいいんですよ、そんな
事しなくても、ふつうに気体分子がある
状態でも、真空の領域が圧倒的に広い
ということさえわかればいいので、
しかもその気体分子も、原子の集合体
という事だから、原子がほぼ真空なので
分子も同じくほぼ真空です。
だからいくら気体分子があっても気に
なりません。
つまり、わざわざ真空状態を作ってくれ
なくったって、自然に真空だらけなん
だから、無理につくろうとしなくても
いいんですよ。
ですが、真空状態をなんとかつくろう
としているという表現にすれば、まるで
自然界に真空状態がないというように
錯覚してしまいますよね。なるほど
これも確かに誘導です。
ご安心ください、つくらなくてもすでに
我々のまわりは真空だらけですから、
ご心配なく。
またきわめつけは、銀河間の真空領域
ですが、当然完全真空だといえるくらい
希薄な状態である事が知られています。
しかも宇宙ではその銀河間が大半の
領域なのです、つまり宇宙はさらに
真空の領域が圧倒的だという事です。
そういってくれればいいのに、いうに
事かいて、またしても真空の領域の
事には全く触れずに、気体分子が
あるといわれていますですって。
これ誘導ってわかりますよねー。
しかもどぎつくあからさまなやつです。

また外宇宙っていわれているってわざわざ
言っているのも不自然です。その銀河間
の方が、宇宙では圧倒的に広大なので、
それこそ宇宙の主役の領域だといっても
さしつかえないのに、真空領域が広大な方
が、まるで脇役の領域のように言ってる
わけです。
これわかんないと、詐欺に遭いやすいので
気をつけてくださいねー。
さて思考力を取りもどしていただけたら
また次回をお楽しみに(^^)

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

真理のヒント編 その1        意識とは? 


私がこれまで書いてきた記事はとても
多くて、みなさんに伝えたい事が、
ちゃんと伝えきれているか、まだ実感が
わかないので、宇宙の真理編を全体的に
わかりやすくまとめたいと思って、新しく
「真理のヒント編」を新設しました。
ここには、これまでの宇宙の真理編の記事
の中で、シリーズ化されていないものや、
割と根本的なテーマに関する記事をまとめて
並べてます。
それぞれ真理のヒントとして役に立つ記事
ばかりだと思いますが、当然シリーズ化
して、カテゴリーに分けている~編という
記事の集まりも、真理の重要なヒントになって
います。

とにかくわかりやすく伝えたいという事で、
これまでの記事で書いてきた事に関係する
ものなら、なんでも思いつくまま書いて
いこうと思います。

まず再三私が使っている「意識」について
説明したいと思います。

みなさん意識って言葉、本来の意味って
ご存知でしょうか?
意外と、考えた事もないという人が
ほとんどでしょうね。
でも私たちが身体を去る事になる臨死体験
でも、肉体を離れる体外離脱でも、意識は
あります。
つまり意識は永遠に私たちのもので、
私たちはその意識とともにあるという事
なのです。
だからこそ意識というものがわかって
いないと真理探究は、スタート地点から
コケてしまうでしょう。

「意識とは、意味が分かる認識のこと」
です。
たったこれだけ?って思われるかも知れま
せんが、これだけというより、これが
主体的な意味となります。
よく私たちは、恋かも知れないような
状態になった時、相手の事を「意識する」
という言い方をしますよね。それは、相手
に対して、自分が気になる人とか、タイプ
かもとか、良いルックスだとか、一緒に
いると癒やされるとか、そのような好意的
な「意味」を相手に対して持つからなの
です。
つまり相手に意味がもたらされるように
なった場合意識という言葉が自然に出て
くるという事ですね。もちろんろその意味
には、感情も入ってきます。和むから
心地良い、異性のフェロモンを感じる
とか、単純に好きだとか、気になるとか
あらゆる感情も相手に対する「意味」と
して深まります。つまり意識とは「意味」
を認識するという事です。
ところが、五感からの信号だけで相手を
感じていた場合、つまり単に見えるもの、
またもし匂いを感じたらその匂いだけ、
触るようになれば、その感触のみを認識
している状態で、他に意味が加わらなけ
れば、それは「無意識」の反応という事に
なります。つまりロボットの反応と一緒
というわけですね。
我々に特有の意識とは、その五感による
無意識の反応の事ではないという事なの
です。
つまり意識していない相手というのは、
「単なる見えているもの、または五感で
感じられるもの」となって、ほとんど
感情を呼び起こさないものとなって
しまうのです。
もちろん私たちは、まわりにいる人を
いろんな意識で捉えています。
恋だけでなく、大事な友達や親、尊敬
する人、感じのいい人など、あらゆる
意味を相手に対して、感じ取りながら
生きています。でも気にならない人に
対しては、意外と無意識の感覚になって
いる事も多いのです。
人々が互いに相手を他人だと思う
気持ちが強くなってきた時代を私が
感じるのは、通勤電車の時でしたね。
みんな、お互いを「意識」していない
ので、ほぼ無表情、無感情の顔ばかり
毎日見せつけられてきました。
ほぼ私以外の全員ですね。
もちろん自分と関係のある人同士で、
電車に乗っている人たちは、互いを
意識して感情がオモテに出てきます。
私以外のほぼ全員といったのは、
私が、真理探究を初めてから、人々に
対しても特に、深い見方で意識する
ようになったからですね。
「親近感」という言い方でもいいです。
「みんな共に働いている者同士」とか
「自分と同じように頑張ってるんだ」
とか、あの人「苦労してそうだ、自分
もあんな状態にあった」とかなんとか、
あらゆる感情がまわりの人に対して
沸き起こります。
よく私が意識レベルが上がるとか
いいますが、高い意識は、「全ては
一体である」という究極の絶対意識に
より近づいていくようになるという事
なので、私が自分の意識レベルが
上がってきたと感じるのも、
そのような時なのです。
またこの事は、別の記事でも書かせて
いただきますね。
そして次は、その意識と無意識と
潜在意識の意味がわかるように、その
関係を図にして説明しました。

それが下の画像(下手くそですいません💦)
ですご覧下さい。

やたらいろんなところで意識や潜在意識
絶対意識という言葉を使わしていただいて
ますが、その言葉の意味が伝わっていない
と、混乱されるばかりだと思いますので、
一応図にしてみました。
みなさん、一瞬あれ?と思われる方が多い
と思いますが、無意識と潜在意識は、完全
に違う言葉だという事を、まず理解して
いただきたいと思います。
無意識というのは、文字通り意識の無い
状態を意味していて、肉体だけの反応に
まかせたり、五感で感じる事に反応して
いるだけだったり、習慣的な行動をその
まま繰り返している時などが、この無意識
になります。
つまり自分でコントロールしていない状態
で、肉体に勝手にさせている状態です。
私たちの意識は、肉体から生まれるわけ
ではありません。
生まれる前もそして死んだ後も存在し
続ける、肉体とは次元の違う、そして肉体
に対して独立した存在なのです。
私たちが生命として、この世を経験する時に
肉体に宿り、この世を経験するようになる
のですが、肉体の内側に入り込んだという
意味ではありません。あくまでも次元の違う
領域で独立しているというわけです。
もちろん、肉体特有の意識としてはプラズマ
状態で肉体の中にありますが、私たちの意識
は、もっと広大な領域にあるのです。
ただ私たちの意識が、肉体のある生命として
人生を経験しようとすれば、肉体を通じて
しなければならず、そのため普段は、自分
の肉体を自分自身のように扱って、生活
しているというわけなのです。
ですが、日常の生活で何度も同じ行動を
繰り返すうちに、肉体自身に行動を記憶
させる事ができるようになります。
そして、自分の自覚している意識を休ませ
ている間、勝手に自分の肉体が動くように
させる事もできるのです。
もちろん自分の意識の介在が必要な時だけ
コントロールするために肉体を自覚
しながら動かしますが、同じ行動をさせて
意識を休ませたい時には、この勝手に肉体が
動いてくれている状態が便利なのです。
もちろん安全に行動させたり、環境に合わ
せるように、調整が必要で、その時だけ
自分がコントロールしようと、自分の
意識を戻しますが、それ以外の時間は、
肉体に働かせたままにしておきます。
この勝手に動いてくれている時の状態が、
「無意識」というわけで、肉体や物質のみ
の働きや反応という事です。
まあ無感情で無関心、そして思考しない状態
で、自分の自覚する意識が、ほとんどない
状態だと無意識と考えていただいていいと
思います。
つまりロボットの状態だという事ですね。
この状態では、意識は働かず、よって感情
も伴わないので、記憶にも残りません。
だから年齢が高くなっていくと、習慣的な
行動で意識を働かせていないので、記憶力
が乏しくなるという事です。
また主体的な意識を働かせる事から離れる
事が多くなってくると、肉体に対して
主体的なコントロールがうまくいかなく
なり、ぼけたり不自由な身体になって
いくというわけなのです。
だから日常に感情を取りもどしたり、生き
がいを感じて、自覚的に意識を働かせる
ようになると当然ぼけなくなり、老化も
進行しなくなります。

またこの意識は、つまり普段日常生活で
自覚できている顕在意識(無意識でない状態
の意識)は、それよりずっと広大な潜在意識
の一部がオモテに表れただけのものです。
つまり普段自覚している意識というのが
この顕在意識というものです。
これは自分の意思や思考や感情が容易に
自覚できるものです。
そして潜在意識は、自覚していない自分の
意識なので、感情も思考も意思も感性も全て
高度な形で所有しています。
この時点で、機械的で人の心や感情を介在
しない「無意識」とは、種類が全く違う事
が、わかっていただけましたでしょうか?

そして潜在意識は、顕在意識をコントロール
しています。
つまり自覚はなかなか容易にはできませんが
潜在意識が、あらゆる意思や思考、感情の
もとになっているという事です。
そして潜在意識は、自分のふだん自覚でき
ていない全ての範囲にわたるので、
いろんなレベルでの性質を持ち合わせて
います。
潜在意識には、まわりの人々や、もっと広い
範囲での集合意識も含まれています。
臨死体験では、その潜在意識そのものになる
ので、まわりの人の気持ちが、全て
わかったり、一体となったようにも感じたり
自由にあらゆる場所にも瞬時にいけたり
するようになるのです。
そしてこの潜在意識は、あらゆる次元にも
またがっているので究極の絶対意識も
潜在意識の一種であるといえます。
そして顕在意識・潜在意識・絶対意識の
これらを全て自分の意識だという事が
できるというわけなのです。
そして絶対意識は、時空の全て、宇宙全体
を意味していて、これは究極の自分の意識
でもあります。

ただ無意識だけは特殊で、自分の意識では
ないというのが前提になっていて、
感情も心も思考も意思も生まれない、完全
物質のみの反応なのですが、この無意識
は、自分の意識と独立して存在します。
つまり「無意識」とは、感情も、思考も、
意思もない意識だという事です。

しかし図にもあるように、この無意識で
ある単なる物質や肉体も、全ての時空で
ある絶対意識に含まれるという事なのです。

どうですー(^^)わかっていただけました
でしょうか?

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ