サビアンが示す牡羊座の性質      上昇気流に乗る特性


サビアンシンボルは、意味のほぼ同じ
シンボルどうしで、隣り合ったり、
接近したりするものがとても多いの
です。
当然コンジャンクションのオーブと
いう意味でも、サビアンシンボルが
確かなものである事の証明になりますが、
その上にやはりサインの性質をよく
表してもいるのです。
今回ご紹介するのは

牡羊座18度
「空っぽのハンモック」

牡羊座19度
「魔法のじゅうたん」
です

これはとてもよく牡羊座の性質を表現
できているといえるでしょう。
牡羊座の性質を私の、サイン解説から
転載させていただきますね。

12サインの1番目にあたるこの
牡羊座のサインは、生命エネルギーの
目覚め、個人の成長の開始、物質意識
の目覚めと位置づけられます。
これの一つ前の画像にあるように支配星
は火星なので、外へ向かってどんどん
積極的に行動しようとします。生命の
始まりだから単細胞というわけではない
ですが、直情的で本能的、またそのため
直感も優れてます。四元素でいえば火な
ので、これは創造的な活力で、こちらも
新しいものに貪欲で、向上心豊かなエネル
ギーとなります。
まだ生命エネルギーとして目覚めたばかり
なので自分が確立されていないため、常に
活動しながら、自分探しをしているという
ようなサインでもあります。

つまり支配星火星の影響を強く受けて、
どんどん自分の世界を広げていこうとして
いるのが、この牡羊座のサインだという
わけですね。

今回の牡羊座18度や19度のシンボルは
、自分の世界を広げていったのが、大空
という象徴によく表れています。
魔法の絨毯はもちろん、空を飛ぶ絨毯の
事です。
そしてまた自分の内面がまだ確立されて
いないということが、「からっぽの
ハンモック」によく表れていますし、逆に
自由に何者にでもなれるという意識が
「魔法の絨毯」に表れているという事
ですね。また牡羊座の特性を活かした事で
リラックスして、とてもポジティブな意識に
なっているという事もあらわしています。

ではまた(^^)

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

10天体の影響する年齢域について      広がる意識のエネルギー


占星術に詳しい方であれば、天体が
個人の人生に、特に影響を与えやすい
年齢域というのは、ご存知ですよね。
詳しくない方は、あんみんの
神秘メッセージから西洋占星術へ
そして10天体というように画像を
クリックしていけば、解説をして
いる各天体の一覧にいくので、それぞれ
の天体の説明をご覧ください。

上の図をざっとご覧になれば、大体
影響を受ける天体は、太陽系の内側から
外側へ広がっています。例外なのは、
月と太陽の年齢域だけですよね。
ここで私の神秘研究を背景にした新解釈
を説明させていただきます。

まず私たちは魂の状態で、肉体に宿ります。
この時点では太陽の意識としての魂が、
宿る直前の意識にあたります。つまり
0歳以前という事ですね。
そうなると確かに、スタートラインが
太陽系の中心にセットされる事になります。
私たちの人生において、中心となる意識が
魂の意識だとすれば納得のいく配置に
なります。
そして私の月の解釈がここで、入ってくる
ことになります。私が真実の月編で説明
している通り、また松村潔氏が説明して
いる通り、月はわれわれを肉体に、定着
させる役割を担っています。
松村潔氏の月の解釈をここでもう一度
引用させていただきましょう。

「太陽意識は目覚めた意識なので、浮力が
強く、それをより低い次元の地球にとど
めることはできません。この時、地球よりも
低い次元にあり、より重さを持つ月が、太陽
の力を否定的な姿勢で固定化して受け止める
ことで、太陽の意識は地球にとどまることが
できるのです。
太陽がプラス1の力だとしたら、
月はマイナス1、そしてその両方の均衡が
地球を表し、地球は太陽と月の二つの力の
調停点だと考えられるのです。
 人間の生活の中では、このプラスの浮力
である太陽の力と、マイナスの重力である
月の力が葛藤を起こしつつ、両方生きて
ます。
     (中略)
月は、人間の中にある何ものにも限定され
ない意識を、人の形やエゴに閉じ込める
重力を象徴した天体です。」

“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”
人間の中にある何ものにも限定されない力
とは、太陽が担っている魂としての本来の
自己意識という事です。
つまり魂の意識であった太陽を肉体に
閉じこめる役割を担っているのが、月という
事なのです。私の真実の月編の一連の記事
でも私たちに生命体としての身体を
形成するためのプログラムを月が、
担っているという事を説明しています。
という事は、月は生命として人生がスタート
する時点に影響を与える事になり、
それが0歳から7歳までという年齢域として
反映されるという事で、とても納得のいく
説明になるというわけなのです。
つまり太陽の魂の意識を月で干渉させたため
地球の衛星である月が、最初に影響する
年齢域という事になったのです。

そしてやはり太陽系の内側からの意識として
水星から金星へと影響を与える年齢域が
進行していきます。
と、ここまでは良いのですが、金星の年齢域
のあと、太陽の年齢域になりますよね。
これでは逆戻りしてしまいます。
ですが、太陽のサイクルとは見かけ上の
ことで、実は太陽の周りを公転している地球
のサイクルだという事なのです。
これも松村潔氏の著書からの引用をさせて
いただきます。

「西洋占星術は地球中心の天動説であり、
ここで用いられる太陽の周期は、太陽の
周りを回る地球の周期にほかなりません。
結果的に占星術の太陽は、太陽系という
輝きの中に、地球そのものを投影している
ことになります。」
“出典:「完全マスター西洋占星術Ⅰ」
             松村潔 著
             説話社 刊”

つまり太陽のサイクルは地球のサイクルの
投影であるという事、つまり太陽の意識の
影響を与える年齢域が、金星のあとに続く
地球に投影されるのは、これで自然だという
事がわかります。
そしてやはり、太陽のもともとの意識である
魂の意識も、この地球のサイクルに投影
される事になるので、この年齢に達する頃に
人生に対して自分の本来の個性を発揮しよう
とするわけです。
エネルギーの形でいえば、太陽が示す自分の
意識が、月の干渉によりいったんフィルター
をかけられた状態になり、本来の魂の意識が
少しずつ内側の水星と金星から広がってくる
まで、待たなければならなかったという事
なのです。
私の太陽のサビアンシンボルは、
乙女座27.78度なので
乙女座28度
「禿げ頭の男性」で変革をもたらすシンボル
ですが、進行のオーブ(許容範囲)という
のは、それに続いての強い影響力を持つ
シンボルなので、0.22だけの差で、
乙女座29度
「読んでいる書類から秘密の
         知識を得る男性」
なので、とても強くこのシンボルの影響を
受けているわけです。
確かに私の神秘研究熱は、このシンボルから
来ているのは明らかだし、研究を始めたのが
太陽の意識の影響を受ける年齢域25歳の少し
前の、20歳頃だという事であれば、まさに
自分の内側の魂からの信号を受け取って、
研究を始めたと納得がいくというわけです。

以上の事から影響を受ける年齢域が、太陽系
の内側から順番に外側へ広がっている事に
なっているというのを説明できたという事
になります。
そして最終的に一番外側の冥王星となると、
全時間という事なのですが、これは私たちの
本来のもう一つの姿、霊という存在への回帰
という意味なのです。ここで臨死体験をした
人の証言をご紹介しましょう。
多くの臨死体験者たちは、肉体を離れた自分
が、個人というより、まわりの人や世界と
一体になったというような感覚を覚えたと
証言しているのです。人によっては、まわり
の人と一体になったことで、その気持ちや
感情まで経験できたという人もいます。
つまり霊の領域では個人の意識ではなくて、
まわりの世界との一体感、つまり宇宙との
一体感になるわけで、これが宇宙意識と
しての完成形という事になるわけです。
だから私が冥王星を太陽とは逆の核の
意識だという定義にしているわけなの
です。
つまり太陽が、魂としての人生の入り口
だとすれば、一番外側の冥王星が出口
つまり、霊としての意識となり、当然
それは霊としての存在を示す事になる
というわけなのです。
当然冥王星が人生の出口ですから、死を
象徴している事になりますが、それは
一般的な占星術の解釈のような
ネガティブなエネルギーでなく、霊と
いう高次の存在に移行するという事で
根底にあるのは、とてもポジティブな
エネルギーの事だったのです。

よく冥王星の影響がある時には、否定的
な意味として、解釈される事が多い
ですが、これは本来の全体としての
自分の中心的意識なので、とても大事な
もので、それを意識する事は、自分の
核からの大きな力を受け取る事につながる
という事なのです。ただ日常の生活や
集合意識の社会の感覚に、どっぷり
はまっていると、なかなか気づかないもの
で、それゆえ冥王星が、影響を与える時
には、日常の生活に対して否定的な
エネルギーが、もたらされるという事
でもあるのです。つまり冥王星の
エネルギーを届かせるために、日常意識
や、社会的意識を解消させようとするから
です。そういう時こそ冥王星の意識の
自己の性質を知っていれば、その否定的な
エネルギーもなくす事ができ、より大きく
ポジティブなエネルギーを引き出す事が
できるという事なのです。
だから肉体を離れるという意味の死と
霊としての再生という言葉があてはまる
というわけなのです。

このように人生の意識の流れは、太陽系の
中心から外へ向かっていくという事が、
納得できる形で説明できたことになり
ますが、人生の過程でもその流れを実感
できます。
たとえば若い年齢では、やはり自分自身の
生命に意識が集中していますが、子供が
できるようになる頃には、自分以外の
他者の生命も特に意識するようになり
ます。つまり外へ少し広がったわけ
ですね、男性が家庭を持てば、家族の事
もちろん結婚をしていなくても、稼いで
いる事で、親の面倒をみたりするような
事もあるかもしれません。
また社会に出る事でも意識は広がります。
自分個人だけでない意識へと移行して
いくわけです。そしてやはり母親に
なった人は、自分よりも子を優先する
ようになったりもしますので、やはり
意識は、自分から他者へと広がって
いったという事になります。
そして晩年ともなると、自分の家族だけ
でなく、次世代への移行という事も意識に
入ってきて、何かを残そうというような
意識になっていくわけです。
もちろん孫の世代まで、生まれてくると
さらに外へ広がったという事にもなり
ますが、やはり年齢が高くなるにつれて
人生全般また時代や社会全体の事を意識
するようになるのは自然な事だといえ
ます。
このように私たちは、年齢を重ねるごと
に、本来の霊としての意識、つまり宇宙
との一体の意識へと移行していくという
事なのです。

若い年齢では「体験」が意識の主体で
あったのが、年齢が高くなっていくに
従って「内面の意識」へと移行していく
という事でもあります。
だから、天王星から冥王星にかけては
潜在意識を象徴する意識となるわけなの
です。

ではまた(^^)/

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

一挙公開サビアンスクエアイラスト集その2 各画像クリックで元記事へ






サビアンシンボルのスクエアのイラストが、
またたまったので、第2弾をアップします。
だいぶシンプルになってきた感じがあり
ますね。
セリフばっかりでごちゅごちゃしすぎてた
のは、手間がかかるわりには、大した出来
でない事にようやく気づきはじめました💧
振り返ってみると、自分を客観視して、
「まーったくこいつは💢」という感じで
おでこに手をやり、冷や汗をかいてる
イメージが、思い浮かぶのが「その8」の
イラストだったりします。
とにかく画像をそれぞれクリックして
いただければ元記事に、とびますので、
またスクエアの意味などをご覧いただけ
れば、いいかなと思います。
では(^^)

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

サビアンが示す双子座の性質        知性とコミュニケーション


サビアンシンボルは、何度もいいますが、
360枚のサインと度数だけ書いた
カードを裏向けてバラバラに、1枚ずつ
イメージしていったものだという事です。
もちろんイメージしている時も、その後
も、一切エリス・フィーラーさんは、
そのカードに、何が書かれているか
知らされていません。
なのに・・・なのにですよ。
そのサインの性質がそのまま描写されて
いたり、度数までぴったりのアスペクト
で意味がそのままのつながりが、数え
きれないほどあったりするわけです。
しかもそれぞれのサインの度数の進行も
意味がつながっていったり、5度ずつ
で意味がまとまったり、終盤の度数では
次のサインの影響を強く受けていたりと
「これって裏見てイメージしたん
ちゃうーん?」などと聞く愚か者が、今まで
たくさんいただろう事は、想像にかたくない
ありません!?

ん?この一連のサビアンシンボルの説明記事
これから使えるなーっと思いましたので、
再三あらゆる記事の「まくらことば」に
使わしていただこうかな?

さて本題に移らなければ、本気💢で
怒られる💦

サビアンシンボルが、隣同士から、一つ
とばしなど、近辺に似たイメージを
集めているのも、本当に神秘の力です。
これは全てのサインにいくらでも見つかり
ます。
くわしくは
サビアンシンボルの解釈についてその1
をご覧ください。

で今回ご紹介するのは、双子座の中盤に
まさに双子座らしいシンボルが4つも
固まっているという事です。

ならべてみましょう。

双子座14度
「テレパシーでの会話」

双子座15度
「会話をしている二人のオランダ人の子供」

双子座16度
「熱弁する婦人参政運動家」

双子座18度
「中国語を話す二人の中国人」

14度から16度まで連続、そして
一つとばして18度とすべて、会話とか
話すシンボルです。
会話のイメージはほとんど他のサイン
には見当たらないのにもかかわらず、
このかたまり方は、裏向けて見たの
でなければあり得ないと思いませんか?
でも見ていないんですねーこれが。
この一つだけとってもみても、エリス
女史が、別次元のレベルのエネルギー
を読み取って、このサビアンシンボル
を生み出したとしか、考えられないじゃ
ないですか?

Don’t you think so?

(訳:そうは思いませんか?思わなかったら
あなたは人間じゃないロボットだと自覚
した方がいい!という意味です)

でやはりこのことにより、双子座のサインの
特質が、支配星水星の影響もあり、知性と
コミュニケーションである事もまた明らか
となったという事ですね。

実際個人特有の影響力を持つ支配星の出し方
に、ファイナル・ディスポジターという
のを最近紹介されたんですが、本人にとって
どれが一番影響力のある支配星か出して
くれるというものです。
これは
あなたの本質を教えてくれる天体 
ファイナル・ディスポジターとは?

という記事ですでにご紹介していますので
そちらをご覧下さいね。
でわたくしは、8ハウスの水星に集中
していました。
わたくしは、25年ほど勤めていた会社で
四六時中しゃっべっているような男でした
ので、まさにこの水星の影響が大きいのが
わかります。
また8ハウスは生死を司る領域なので、
私が臨死体験や霊について、記事をたくさん
書くという事にもつながっているわけ
ですね。
とにかくサビアンシンボルもこのファイナル
ディスポジスターも、全てつながって理解
できるという事です。
ちなみにあなたの支配星の出し方
つまりファイナル・ディスポジターの
出し方は下記のサイトで詳しく説明
されていますので、よかったらどうぞー
(^^)

心に翼♪~占い&エッセイ

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

占星術は科学!その2改 微加筆


先日占星術は科学!その1
微加筆再投稿させていただきましたが、
今回は、その続きの記事になります。
占星術が宇宙の実際のエネルギー
たとえば電磁波そしてそのもとである
プラズマエネルギーなどによって、人体
とリンクしている事をベースとして、
天体とのの配置関係から、運気や体質や
性質を読み取っていくものだという事を、
私は、宇宙エネルギーが何故人生の
エネルギーサイクルを決定できるのか?

という記事などで説明してきましたが、
これとほぼ同じ事をデービッド・アイク氏
も述べておられるので、その事を紹介して
います。
このコンセプトは、つい先日投稿させて
いただいた引き寄せも電磁気エネルギー!
という記事とも、意味がつながっている
ので合わせてご理解していただくと
いいと思います。

では元記事です。

前回その1では、インドでは法的な見解
で占星術を「信頼できる科学」であると
しているという事を紹介しましたが、
まさにその通りだと思います。
今度は、占星術の科学的な解釈を慧眼に
よって説明してくれている、比類ない
真理探究家であり論述家である
デーヴィッドアイク氏の著書から引用
させていただきます。

“だが、深いレベルで行われる占星術は
科学だ。
 電気的宇宙(ないしその波形の基盤
である形而上宇宙)では、電気的に孤立
した状態で機能しているものはなにも
ない。惑星と恒星は本来電気的性質を
持っているので、帯電したプラズマ場との
交信に影響を与えたり受けたりしている。
私たちに見えるのは、惑星や恒星が
物理的に出している可視高周波による
プログラムだが、星は電気および波形の
情報場でもある。
太陽周囲の軌道を回るときも、宇宙の
電気・波形情報と交信し、場の情報を
変化させ、同時に変化させられている。
だから、複数の星が特定の配列
(アスペクト)になると影響力が何倍も
強くなる。
私たちは生まれた瞬間に(受胎した瞬間
という人もいる)
宇宙の電気エネルギーや情報の場とつな
がる。その瞬間の場の情報が、その人の
「星座」をはじめとする詳細な占星術上の
影響を決定する。
占星術に表れるエネルギー場
(=誕生か受胎時の宇宙の状態)は、
その人の生涯を通じて、宇宙の情報網と
交信し続ける。
宇宙の情報網は常に変化しているので、
交信方法は、1年のどの時点で生まれたか
によって違ってくる。
逆に、同じ(情報)時期に生まれた人には、
才能や能力や性格の面で共通点が多い。
   (中略)
占星術には別の面もある、宇宙という
ホログラムのなかでは、あらゆるものは
全体の縮小版なので、、惑星の動きや
並びは、私たちのホログラム場の中でも
起きている。
上の如く、下も然り。私たちは占星術的な
力に大きく左右され、影響されているが、
ここでも、もし〈意識〉(コンシャスネス)
が選択しさえすれば、その力に打ち勝つこと
ができる。”
“出典:「ハイジャックされた地球を99%
            の人が知らない」
      デーヴィッド・アイク 著
            本多 繁邦 訳”
私はこちらの本の原著「Remember
Who You Are」も持っており
ます、原著の方が深く理解するのには適して
います。私はさらに訳されていない
最新の3冊も手に入れ、読破しております。

上記のようにアイク氏は、見事に占星術の
科学的な仕組みを説明しておられますね。

私は、「受胎よりも生体プラズマとして
独立した時点である、出生時の方が人生
全般に渡って影響を受ける、電磁波
サイクルの生成として正確」なのだと
思っていますし、どの人も出生時の記録は
あっても、受胎時を知る事はほぼ不可能
なのだと思います。
まあめったに夜をともにしない両親が、
「あのときの」といえるような特殊な
場合を除いてはですが💦
まあしかし、受胎は出生時ほどでは
なくても影響があると思われます。
生命の原型が出来た瞬間なのだから当然
ですね。
だから十月十日前のサインなどを見るの
も参考になるかもしれません。

またアイク氏の見解と私の見解がほぼ
一致しているのは、
宇宙エネルギーが何故人生の
エネルギーサイクルを決定できるのか?

の私の記事を読んでいただければ
よくわかってもらえると思います。

アイク氏のいう「我々のホログラム」
というのは、生体プラズマ循環の
エネルギーフィールドの事です。
ホログラムは、極大から極小まで同じ
ものを投影しているので、当然
宇宙の運行の電磁気情報は、我々の
生命エネルギーフィールドにも、同様
にあるという事をいっておられるの
です。

ただわたくしが信頼する、コンノケンイチ
氏の宇宙モデルに従えば、我々自身が
宇宙大の空間そのものでもあるという事
なので、太陽系の運行や宇宙全体の情報も
自分自身であるという事になるのです。
そしてまた本来の意識が全てと一体で
あり、宇宙全体とも一体なので、自分の
意識のレベルが高ければ高いほど、その
宇宙の情報も、またそれによる影響も
書き換えができるという事なのです。

ところでアイク氏の記述の冒頭に
電気的宇宙とありますが、これはもちろん
プラズマ宇宙の事です。そしてこの電気的
宇宙を形而上宇宙とも注釈してますが、
原著では、超自然的宇宙とあります。
これは訳し方にもよりますが、形而上
というのは、誤解の生じやすい日本語
ですね、それにあまりにもなじみが
ありません。要するに五感で感知でき
ない領域のものだという事なのですが、
この言葉には、抽象的という意味も
含まれているのです。それでは実体の
ない想像上のという意味も含まれて
しまいますが、実際にこのプラズマ宇宙
は観測可能ですので、形而上という
言葉があてはまらなくなるのです。
こういうことも含めて、理解のためには
原著を読んだ方がいいというわけなの
です。

今回の記事は長くなりましたので、簡単に
まとめますと、我々は宇宙と電気的に
つながっていて、巨大な電磁気を
プラズマ循環させている天体の影響や
宇宙のプラズマエネルギーと、常にリンク
しているので、運気や健康や性質など全て
に渡って影響を受けているという事です。
また出生時は、母体を離れて、独立した
プラズマエネルギーフィールドになる
瞬間のため、そのフィールドを生成する
時点で、宇宙のプラズマエネルギーを
そのまま取り込むため、自分自身の
生体エネルギーの基本サイクルの性質
として生涯に渡って影響を受け続ける
という事なのです。

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

サビアンシンボル徹底比較 その14       敏感なアンテナの象徴「リボン」


今回比較するサビアンシンボルは

牡羊座8度
「風になびくリボンのついた大きな帽子、
           東に向いている」
です。

このとても抽象的で意味深なシンボルを、
徹底比較してみたいと思います。
まずは私の解釈から

これは、風になびくリボンがアンテナ
の象徴になります。風はもちろん何かの
知らせを暗示していますし、東は叡智の
方向の象徴です。
そして帽子は、知覚を表す頭を暗示して
いますので、叡智からのヒントを受け
取っているという意味になります。
このシンボルは、牡羊座が生命の誕生の
サインで、地上界のエネルギーを受け
取り初めているので、生命エネルギー
のための叡知を自然界から受け取って
いるという事になります。
対称の180度のオポジションが、
天秤座8度
「荒廃した家の中で燃えさかる暖炉」
で、すでに肉体を去ったあとの魂が
燃えているという意味となり、こちらは
霊界からの叡知を受け取っているという
対称的な意味となっています。

さてでは松村潔氏の解説をまず引用
させていただきます。
「」内が引用で、~が中略です。

「第2グループ3番目の度数である
8度(引用注:サビアンでは5度ずつ
で1グループとして数えます)では、
自然界に対して敏感に働くアンテナと
して「風になびくリボン」が描かれます。
「東に向いている」というのは、人生を
能動的に生きる時に、こうした自然界の
潮を読む能力を生かすことを意味
します。~
~牡羊座8度は、世の中を動かす「風」
を観測します。そして「帽子」によって
自分を守り、「風」がやってくる源流
である東方についての知恵を深めるので
、行動に重きは置かれません。何かを
知る時に、書物から知識を得るのでは
なく、実地の現象を観察し、ものごとを
動かす根底にある自然界の法則について
コントロールする方法を模索する事に
なります」

これは、私の解釈とよく似ていますね。
もちろん私の独自の解釈との比較なの
ですが、同じように自然界からの叡知を
受け取っているというシンボルとして
して解釈されています。
私は、松村氏のいうように、世の中を
動かす風の源流が東という事ではなく、
東や北東などか、知恵をもたらす方角と
解釈してますので、少しだけ違いますね。
また松村氏の解釈では、風が世の中の
動きであるとして、社会の動きまで察知
しているというのと、また風が霊的なもの
も示しているとも解説されており、
それら全てを察知するのが、このシンボル
のリボンとされていますが、私は、牡羊座
は、まだ社会的な意識が発達するには
早すぎ、また風は、エネルギーとしての
「動き」や「流れ」に関するものだと
理解していて、霊的な潜在意識に関して
は「水」や「火」があてはまるので、今回の
場合に霊的な意味はあまり持ってない
と考えていますので、そこは違う解釈
ですね。

そして直居あきら氏はどうでしょう。
著書から引用させていただきます。
「」内が引用で、~が中略です。
またシンボルタイトルは、ディーン
ルディヤー氏の解釈によるもので
少し特殊です。
(原典は私が使用しているエリス女史
のチャネリングをもとにした、マーク
・エドモンド・ジョーンズ氏のシンボル
です)

「エリーズ八度

「東風に揺れる大女の吹き流し」
シンボル課題
【防御・過敏さ・安全性への指向・
インスピレーション・守られる】

このディグリーは自己を守る意味を
持つ。それゆえ、人生は安定的に
生きられてゆく傾向があり保守的な
生き方をするかも知れない。
人生でピンチを経験しても必ず再出発
出来る運の強さも持つ。
スピリチュアルなことに感性を持つ人の
場合、目に見えない勢力に守護されるの
で、霊的危険を避けることができる利点
がある。しかし、ただ身を守るだけで
なく、意識を常に人生と魂の真善美に
向けてほしい。
そのことが意図されているからである。
自己の個の世界についてよく知って
いることも大きなポイントになるが、
臆病な生き方をすれば退屈な人生に
なる。」

こちらは、まずシンボルタイトルが、
また全然違ったイメージになりまし
たね。リボンが吹き流しで、帽子が
大女に変わりました。
風は、松村氏と同じように東から
向いていると解釈されています。
また帽子に保護の意味がこめられて
いると松村氏は、解釈されている
ので、それとこの直居氏の防御の
解釈は通じるものがあるという事
ですね。
ただこれから地上界で生命エネルギー
を謳歌するために、叡知を受け取ろう
としている牡羊座の序盤としての
私の解釈は、松村氏の解釈によく似て
いて、直居氏のように自己を守ると
いう意識がことさら強調されているの
とは違うようです。
ただ感性が豊かであれば、高い次元の
存在に守られるシンボルでもあると
直居氏は解釈していて、なかなか
恵まれたシンボルのようでもあります。

さてマーク・エドモンド・ジョーンズ氏
の原典のキーワードは
「励起・興奮・刺激」
という事です。
この場合は励起があてはまりそうですね。
つまり、アンテナで感じた叡知や自然界
または世の中の流れを、自身の人生に
活かそうとしているという事ですね。
これは、私と松村氏の解釈に通じるもの
があるようです。

今回も三者三様の解釈だったという事
ですね。
(前回も書きましたが、なんだか
大家の先生方と肩をならべている
ような、書き方に一見見えますが💦
もちろんそんな事は全く考えてない
です。でもわたくしも独自性を
持って解釈しているという、
ささやかな自己主張です(^^))

ではまた(^^)

サビアンシンボル比較一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

あなたの本質を教えてくれる天体 ファイナル・ディスポジターとは?


みなさんファイナル・ディスポジター
という西洋占星術の技法をご存知
でしょうか?
占星術家の方でも意外に知られて
いない?はずのこの技法をまず
紹介しますねー。
ていうか、これもこないだツィッター
で教えてもらつたばっかりなんです
けどね。

この方法は、自分の本当に影響力の
ある支配星はどの天体かがわかる
というものです。
もちろん太陽も大事ですが、
それ以外の最重要な天体がみつかる
というものです。

もちろん紹介してくれているサイト
から引用させていただいた方がいい
でしょう。私はこちらから学んだ
ばかりですので💦

「」内が引用です

占星術の中で、ディスポジターと
いうものがあります。
「支配星配列」というもので、天体の
支配星から支配星を並べていく手法
です。
この並べた先に行くつくものを
ファイナル・ディスポジターといい、
「根」というものになります。
この「根」になる天体は、その人に
とって大きな影響力を持ち、判断力の
指針になったりするものです。
ファイナル・ディスポジターを
見つけてみることで、自分という
ものが判る事もあります。
一度この方法を覚えると、結構
楽しくなるので面白いですよ。

ディスポジターのやり方は、外側
にある天体から内側の天体へと探
していきます。
例として、浜崎あゆみさんでやって
みます。
外側の天体ということで、冥王星
から始めます。
彼女の冥王星は天秤座です。天秤座
の支配星は金星なので、冥王星は金星
へと向かいます。
次に金星は蠍座で、蠍座の支配星は
冥王星なので、金星は冥王星に向かい
ます。
ここで、ミューチャルレセプション
(支配星交換)が出来てしまったので、
ここで一端終わります。

冥王星=天秤座→金星=蠍座→冥王星 
となるのですね。

続いて、次の外の天体ということで、
海王星を見ます。
海王星は射手座で、射手座の支配星は
木星なので、海王星は木星に向かいます。
木星は獅子座で、獅子座の支配星は太陽
なので、木星は太陽に向かいます。
太陽は天秤座で、天秤座の支配星は金星
なので、太陽は金星に向かいます。
金星は天秤座…ですが、もう出たので
一端終わります。

海王星=射手座→木星=獅子座→太陽=
天秤座→金星 となります。

続いて、次の外の天体で、天王星を
見ます。
天王星は蠍座で、蠍座の支配星は冥王星
なので、天王星は冥王星に向かいます。
冥王星は先ので金星に向かっていたので、
一端終わります。

天王星=蠍座→冥王星→金星 
となります。

続いて、次の外の天体で、土星を見ます。
土星は乙女座で、乙女座の支配星は水星
なので、土星は水星に向かいます。
水星は天秤座で、天秤座の支配星は金星
なので、水星は金星に向かいます。
金星はもう出たので、一端終わります。

土星=乙女座→水星=天秤座→金星 
となります。

続いて、次の外の天体は…木星はもう
出たので、火星を見ます。
火星は蠍座で、蠍座の支配星は冥王星
なので、火星は冥王星に向かいます。
冥王星はもう調べたので、一端終わり
ます。

火星=蠍座→冥王星 となります。

続いての天体は…金星水星太陽は出て、
最後に月が残りました。
月は天秤座で、天秤座の支配星は金星
なので、月は金星に向かいます。

月=天秤座→金星 となります。

これで、10個の天体全てが出そろい
ました。
これをまとめて図にすると、
こうなります。

        ↙☽
 ♂→♇⇄♀←☉←♃←♆
  ♅↗   ↖☿←♄

こうして見た時に、矢印の最終先にある
天体、がファイナル・ディスポジター
となり「根」となる訳です。
浜崎さんの場合、矢印が一番多く
集まってるのが、金星になりますね。
彼女のファイナル・ディスポジターは
金星になるようです。
それと冥王星もですね。金星と冥王星は
ミューチャルレセプションしてるので、
関係が深いようです。

ファイナル・ディスポジターは、1個の
場合もあれば、2個や3個ある場合も
あります。
浜崎さんの場合、きれいに一本に繋がり
ましたが、繋がらない人もいます。
複数ある場合は、判断基準が複数ある
ので、混乱することも多いようです。

一度試しに、誰のでもいいので
調べて↑のような図に書いてみましょう。
覚えてしまうと、その面白さに癖に
なってしまいますよ。
ちなみに自分のは、こうなってます。

     ☉↘ 
 ♆→♇→☿⇄♀←♂←♃←☽
  ♄→♅↗

さて、あなたのファイナル・ディスポジター
はなんでしょうね。」

出典:心に翼♪~占い&エッセイ様

これでみなさんも、自分の「根」に
あたる、最も影響力のある天体が
わかるでしょう。

で私の場合はといいますと

冥王星⇒♍水星⇒♎金星⇒♍水星
海王星⇒♏冥王星
天王星⇒♍水星
土星⇒♓海王星
木星⇒♋月⇒♐木星
火星⇒♌太陽⇒♍水星
ですね。
図に書けないので、説明だけして
おきますね💦
たぶん上の文ご覧になればわかって
いただけるとは思いますが、
水星が4つ、つまり⇒がほとんど
水星に向かっているという
わけです。
あと水星と木星がミューチャルレセプション
です。
まあとにかく水星が私の個性でしょう。

また8ハウスに5つの天体が集中して
いて、そのうち4つの天体がこの8ハウス
にある乙女座に集中してます。
つまり乙女座の支配星水星が私の最も
支配的な天体だという事ですね。

鏡リュウジ氏が、「一つのハウスに5つも
天体が在泊している人は、特別な運命
を持ってこの世に生まれてきた人だと
いえるかも知れません」というような
事を最新の著書
「占星術の教科書Ⅰ
   自分を知る編
    鏡リュウジ 著
     原書房 刊」
で言っておられたので、まさに8ハウス
は生死を扱う場所!私が臨死体験やら霊
やら、神秘的な事を研究してきた事を
完全に表しているではないですか。
しかもそこに支配的な天体の水星の
「知性?とコミュニケーション」が加わる
わけですから、そりゃあ記事にします
よね?

という事で、西洋占星術の奥深さを、
サビアン占星術研究家の私が知って
驚いたというわけです。
ていうか、サビアン占星術も基本的な
コンセプトを西洋占星術からいただいて
いるので、親分にありがとうという
事ですね(^^)

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

占星術は科学!その1   微加筆分

私が、このブログで説明しているように
占星術は、天体の配置と人体が電磁気
(プラズマエネルギー)によってリンク
している事によって、人生や運命、健康
などを読み取る事ができる科学です。
この思想は、むしろ太古からあるもの
ですが、最近は偏った教育や常識に誘導
されている事によって、わりと「当て物」
とか非科学的なものと思われている事が、
特に日本人に多いと思います。
また非科学的とか思わなくても、深く
考えずに、利用する人も多いでしょう。
それと超常現象や目に見えない領域の事を
スピリチュアルの幻想世界のように思う
人も多いと思いますが、それらはれっき
とした現実で、しかも科学的な説明が
可能なものです。
まさに私の神秘メッセージを読んでいって
いただければ、わかっていただける内容に
なっています。

さて今回は、その占星術についてのみならず
、あらゆる超常現象や、古代からの知識や
真理などについて取り上げ、深い考察を
加えておられるブラッド・オルセン氏の著書
「モダン・エソテリック」を、訳して
くださっているサイト、「両生歩き」様より
引用させていただきます。

“     占星術は科学か
占星術は、意味を解釈するもう一つの最も
持続する手法であり、神話よりむしろ科学で
あると信じている人たちもいる。私たちの
太陽系の惑星の位置と、それが人々の生活に
どのように関係しているかの研究は、
少なくとも4000年前に成立し盛んとなった。
しかも毎年、その有用性が増しているようで
ある。天文学の知識は古代近東から始まって
時とともに発展し、最終的には惑星の位置、
月の位相、日食などの現象の予測を可能に
した。この知識は、ギリシャとローマ帝国の
異教同士が統合された宗教制度の基礎として
用いられた。これは、惑星と星の崇拝に
関係し、人の死後、もしその人が崇高で
あればその人は天に昇るとされた。
今日、そうした古代の星崇拝の痕跡は、
7日間の週、1年の12カ月、そして冬至が
キリストの誕生を祝うこととなっている
ように、私たちと共に残っている。
占星術の真の信者は、それを個人の将来の道
を決めるために使う。だがそれに疑いを
抱く者は、占星術が医療現場で使用され、
患者の治癒や、障害を伴うのか、あるいは
死亡するのかどうかを決定するために
使われているのではないかと疑っている。
だが、天宮図の使用は、病気の診断および
可能な治療法の提供に使用されてきた。
これは、人の誕生日に由来する「誕生の
運星図」(ホロスコープのこと)――出生時の
星と惑星の位置を
描いたもの――を参考にする。「天体通過図」
(トランシットの事)は、出生時と現在
の両方の星や惑星の位置に基づいており、
対比の比較に使用される。
最近の法的挑戦にもかかわらず、占星術の
実践はインドの最高裁判所から事実上の承認
をえている。それはしかし、現代の支配的
制度にとって受け入れられる発展ではない。
それに懐疑的なインドのタイムズ紙の報じる
ところでは、「占星術は世界の科学者の
大部分が欺かれてきた」と、「著名な」
物理学者のヤシ・パル教授の言葉を引用
している。インドの裁判所に提訴された
訴訟は、占星術に基づく予測の広告を禁止
しようとしている。占星術の広範な信奉を
乱用し、間違いをもたらしたにせ者がいる
のは確かである。にもかかわらず、インドの
裁判所は、そうした告訴をよそに、占星術を
「信頼できる科学」と判決している。
そのインド裁判所には、
『Theatre of Astrology』の著者
ジョン・アンソニー・ウエストを含む多くの
専門家が参加している。彼は、
トマス・アクィナス、ヨハネス・ケプラー、
ゲーテ、ラルフ・ウォルド・エマーソン、
カール・ヤングなど歴史上の多くの偉大な
思想家によって有効であると認められて
いることを指摘している。ある事が
正しく用いられないことを理由に何らかの
慣習の有効性を否定する者たちは、家を
燃やすために使用する人がいるから
ライターを所有する権利を否定するのと
同じ論理にたっている。もし、ある予測が
誤った結果となったからと言って、科学が
違法とされてもいいとするのだろうか。”

“出典:「両生歩き」様”

こちらは、原著を訳してくださっている
わけですが、私は原著も持っていて、やはり
自分で読破しております。こちらのサイト
では訳されていない部分もあり、さらに
理解が深まりますので、本格的に研究
したい方は
“「Modern Esoteric」
       BRAD OLSEN 著
   CCCPublishing 刊”
をお読みください。

まず占星術の発祥は、近東から始まった
とされていますが、近東とはバルカン諸国
やトルコ、シリア、エジプトなどの地域
の事らしいですが、西洋占星術はそれより
後の事だということのようですね。
またこのブログでも紹介しているギリシャ
の、音階まで発見した大天才真理学者
ピタゴラス(哲学という訳し方は、誤解を
生みやすい日本語で、英語の
フィロソフィーとは、真の知を探求する
学問の事で、真理学と訳した方が適当
だといえます。)
もエジプトに学んだという事
ですから、古代の歴史はこのあたりから
西洋に文明が広がっていったという事
でしょうね。
もちろんインドや中国、チベット、日本
などの東洋もそれに劣らない歴史を
持っています。
インドは今でも、最高裁判所が占星術を
正式に承認していて、占星術に対して
訴訟のあった裁判で、なんと
「占星術は信頼できる科学」だと判決
しているというのです。
日本では考えられないことですが、インド
では常識だということですし、世界でも
日本よりは、占星術に対して科学的な見方
として正しいという考えが浸透している
と思います。
断言はしませんが、あまりにも日本では
「イロモノ扱い」したり「非科学的扱い」
する風潮が強く蔓延しているのを、感じて
いるからです。また深く考えずに単に
神秘的だから楽しめばいいじゃんという人
たちもおられるようですが、それはそれで
いいと思いますが、やっぱり本当の意味
とか仕組みとかわかった方が、より興味が
湧いてくるんじゃないでしょうか。

また天体との位置関係で、そのエネルギー
を読み取るのは科学的だと、納得する人は
いても、私がベースにしている、エリス・
フィラー女史のチャネリングによる
イメージを天球の360度の1度ずつあて
はめたサビアン占星術を科学的ではないと
思う人は多いでしょう。
ですが、それも超常能力を発揮できる
レベルの人は、高次元のエネルギーを
読み取る事ができるという事が裏付けに
なっていて、そのような事も科学的に
説明していっているのが、このブログの
神秘メッセージの記事の数々なのです。
事実そのエリス女史のチャネリングによる
サビアンシンボルは、あらゆる面で
占星術的な意味やつながりを表していて、
逆に占星学に示唆を与えてくれる事が多い
のが、多くの占星術家に支持される理由
なのです。
また占星術が科学だとしている別の記事を
またこのシリーズの次回で取り上げて
いこうと思っています。

サビアン占星術解釈編一覧

占星術編一覧

占星術歴史編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

松村潔氏も直居あきら氏も過去世を解釈に使用   コア解釈編その1


最近神秘メッセージの超意識編で
過去世体験について、取り上げ
始めましたが、このように非日常的
な知識も、占星術には深く関係して
います。
過去世、輪廻転生というのは、占星術
の解釈として、それほど特異なもの
ではなく、広く一般的な概念だという
事です。そして今回のサビアンシンボル
解釈の紹介でも、大家である松村潔氏や
直居あきら氏の過去世のコンセプトを
使用されているものを、取り上げます。
今回は徹底比較ではなく、単に先生方の
解釈のご紹介という形です。
というのも、サビアンシンボルの徹底比較
では、利用先生方のサビアンシンボル
解釈のオーソドックスな方の著書を用いて
いるのですが、今回はお二方の、別の
サビアンシンボル解釈の著書からの引用に
なるからです。

徹底比較で使用させていただいている先生方
の著書というのは、
「決定版!!サビアン占星術」
          松村潔 著
        Gakken刊
「定本サビアン占星学」
          直居あきら著
      魔女の家®BOOKS刊
ですが、今回のお二人の著書は、
「神秘のサビアン占星術」  
         松村潔 著
         Gakken 刊

「究極のサビアン占星学」
         直居あきら 著
       魔女の家®BOOKS 刊

なのです。
この今回使う下の方の二冊の著書では、
お二人とも、サビアンシンボルの原典を
ディーンルデイア氏が意訳したものを
使用されているので、よく似た訳し方
になっているのがわかっていただける
と思います。
ただ、どちらも私が、いつもご紹介して
いるエリス女史のチャネリングイメージ
をそのまま書き取ったジョーンズ氏の
原典のサビアンシンボルではなく、
占星術の歴史的人物であるルディア氏
の解釈をもとにしているので、自分の
解釈は、持ち出さずに両先生の解釈を
吟味しようと思い立ったわけです。
松村潔氏は、「決定版!サビアン占星術」
の方では、原典のサビアンシンボルを
もとにした解釈をされていますが、この
「神秘のサビアン占星術」では、
ディーンルディア氏の意訳をもとにして
解釈されています。
そして直居あきら氏は、自身をルディア氏
直系のサビアン占星術家だとされているの
で、どちらの本でもルディア氏の意訳を
もとにした解釈ですが、今回のこの究極
の方は、さらにコアな内容となっている
というわけです。というわけでこの両者
のルディア氏の意訳をもとにしたサビアン
シンボルの解釈の紹介を以後、コア解釈
編として、シリーズ化させていただきます。

そして今回は、両者が過去世の概念を
解釈に使用している例として、
蟹座12度のサビアンシンボルを取り
上げたいと思います。

さてでは松村潔氏の解釈からです。
「」内が引用で、~が中略です

「蟹座12度・・
中国人女性が、偉大なる教師の生まれ
変わりであることを示すオーラを放つ、
赤ん坊をあやしている。
 
 有名人や偉人を笑いとばし、その
価値から自由になったあとでは、身近
な平凡な、まだ隠れた可能性である
赤ん坊の中に、偉大なものの芽が存在
する事を認知する。~
~あらゆるものの隠された価値を発見
すること。つまらないもののなかにも、
大切な価値があることに気がつくこと。
そうした価値を、偏見に支配されない
で、素直に見通す芽を養うこと。
自己の隠された、いままで気がつか
なかった価値が啓示される事も多い。
あたりまえだと思っていたものの
なかに、すばらしい可能性が隠されて
いる。ごく稀に、この度数をもった
人物は、転世の記憶を探ることで、
自己開発に役立つケースがある。」
“出典:「神秘のサビアン占星術」  
         松村潔 著
         Gakken 刊 ”

最後ではありますが、さらりと転世の
記憶を探る事での発見があるとされて
いるのは、まさしく現在私が、記事
でご紹介している退行催眠での過去世
体験などの事をおっしゃっているわけ
ですね。やはり占星術のコンセプトに
おいては、肉体のない魂の状態そして
転生について知っておく事は、常識的
な事なのだと実感しました。
そして解釈についてですが、あやされ
ている赤ん坊は、むしろ自分の中の
隠されたサインだという見方をされて
いるのが印象的でしたね。
さて転生やアストラル体としての解釈
が、むしろベースとなっている直居氏
のさらにコアな究極のサビアン占星学
の方の解説を見ていきましょう。
楽しみですね。

「キャンサー十二度
「中国人女性が世話する赤ん坊のオーラ
は、偉大な教師の生まれ変わりである事
を示している。」

絵解きのシンボルだが、中国人の女性が
出て来ると叡知の象徴である、と
ルディヤーは記している。この女性の
あやす赤ん坊は過去世の偉大な教師である
かどうかはともかく、新しい転生者である
ことは確かだ。ここではこの転生者が
過去世から、特定のスペシャリストや
研究テーマを持ってこの世に登場して
いることが教えられている。人は過去世
でおこなってきたこと以外のことに取り
組むのは難しいとされる。従ってこの
在泊の人は過去世から継続する
明確なテーマや技術を持ち、それをさらに
発展させようとしている。サビアンシンボル
の中に時々ある機能的な度数だ。」
“出典:「究極のサビアン占星学」
         直居あきら 著
       魔女の家®BOOKS 刊 ”
直居氏の場合は、常にアストラル体という
魂の一部のような存在を基準に解釈して
おられるので、過去世の事を取り上げて
もなんら違和感はありませんよね。
そうそう過去世と過去生、ひと文字違い
ですが、意味はほぼ同じだと考えて
さしつかえないと思います。
こちらの直居氏の解釈では、過去世での
能力の引き継ぎが、この度数の人生での
開運の鍵だとされているようですね。

今回は、過去世を使用しての解釈という
事にポイントをおいて、この蟹座12度
のシンボルを取り上げましたが、コア
解釈もどんどん続けていきたいと思い
ますのでよろしくお願いします。

サビアンシンボル比較一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

神秘のサビアンクインタイルその5イラスト    えらい会議ですね


さてまた元記事にイラストを
加えて、編集したメーキャップ
アップロードです。

まずは元記事からどうぞー

今回も神秘のアスペクト(角度)、
クインタイル(72°)の紹介です。
シンプルに一例だけ取り上げます。

山羊座30度
「秘密のビジネス会議」
こちらからみて、クインタイルのオーブ
(許容範囲)の71度と73度にあるのが、
71度
牡羊座11度「国の支配者」
73度
牡羊座13度
「成功しなかった爆弾の爆破」です。
どちらもビジネス会議が象徴する、決定権
を持つ少数の者が、コントロールするもの
ということでつながっています。
国の権力者が首相や大統領というような
見方は、すでに過去のものとなっている
という人も多いでしょう。多くは語りま
せん。わかる人にはわかるからです。
そういう人にこのクインタイルのアスペクト
の神秘的なつながりがわかっていただければ
それでいいです。
成功しなかった爆弾というのも、ビジネス
会議の企ての一つといえば、ピンとくる方
も多いでしょう。世の中の真実の面を
サビアンシンボルは明らかにします。

さてかんたんにイラストの説明です。
まずは、これ会議室の画像なんですけど
シンボルタイトルとセリフで、どこだか
わかんなくなりましたよね。
で、山羊座30度のビジネス会議の人達
は、政治家のスポンサーでもあって、金
とか人脈で、政治家よりもはるかに
権力者のようです、だから牡羊座11度
の国の表向きの支配者である国の政治家
よりも、格上という設定ですね。そして
会議で何をたくらんだか、牡羊座13度で
その企み(爆弾による工作)が失敗して、
それを実行しようとした下っ端が、会議で
報告するのを、怖がっているという事です。
まあわかる人にだけ、大体わかって
いただければいいかな。
ではまた(^^)

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ