あの堤未果さんが5Gの危険性を基本から語った内容とその詳細前編


堤未果さんといえば、超有名な
国際ジャーナリストで、マスコミにも
登場したりもしていますが、この方は
まさに正論中の正論から、説明して
くれるので、私も長年参考にしてきた
方です。

そもそも最初は、2012年に本を
出された年に購入した「政府は必ず
嘘をつく」という著書で初めて知った
のですが、誰にでもわかりやすい内容
でありながら、世界の権力者や政府の
意図までよくわかる優れた内容になって
いるのです。

その本でも、911のテロから監視国家
の米国になった経緯をわかりやすく説明
してありますが、これは常に応用可能で
確かに、現在の日本がコロナパンデミック
によって監視社会のコースを歩み始めて
いるのが、今や誰の目にも明らかになって
いますよね。

やはり最近でもスーパーシティ法案や
監視社会の危険性やコロナショックの
影響などについて、真実を発信してくれて
いるようです。

しかし、自身の知り得た深い真実について
は、専門の「UNDERWORD」という
おそらく堤未果さんのトーク主体の
会員専用チャンネルで、暴露されて
いるようです。

ですがそのチャンネルが先週の木曜日
まで限定公開で、5Gについての危険性に
ついて語ってくれた動画があったので、
それを観させてもらいました。

さすがに5Gというのは、コロナやワクチン
の真実以上に、支配層が隠蔽したいものの
ようで、
インターネットでも規制される事が多く
なっていて、FACEBOOKではかなり
早い段階から、コロナと5Gを関連づける
言葉は、禁止ワードになっていました。
ツイッターでも、5Gに関するツイートは
削除の対象になったり、アカウント休止
などの制裁が取られるようになって
きたので、私も記事のタイトルはともかく
ツイートでは、ゴージーとか、ファイブG
という言葉に変えて発信したりしてるの
です。

それだけ、支配層のシナリオにとって
大事なシステムがこの5Gシステム
なのです。

つまりこの5Gについてどれだけ理解
しているかが、今回のこの偽コロナ
パンデミックの真実を知る鍵にもなって
いるという事です。

そして全く5Gの危険性について全く
知らない多くの人にも、わかって
もらえるように、5Gの基本から
説明してくれている堤未果さんの
動画の詳細をわかりやすくまとめて
ご紹介します。

つまりこの動画では、私が記事に
してきたような、コアな内容までは
言及されていません。

それだからこそ5Gの危険性を、全く
知らない人たちにもわかりやすい内容
となっているわけです。

では詳細ですが、私のこれまで得てきた
解説付きなのでとても長くなってます。
なので前編と後編に分けさせていただき
ました。ただどちらも内容としては充分な
ものになっていると思います。

そもそも私も5Gや4Gについては
知っていても、1Gから3Gが、
何を意味するか全く知りませんでした。

説明はまずそこから入ってます。

1Gは、要するに無線や、以前から
主体の電話などの通信による、
アナログ回線でのネットワーク。

2Gはパソコンなどを介しての、
電子メールやパソコンでの
ネットの利用、そして文字
通信が可能なポケベルなどの
パケット通信。

3Gがウェブ利用で、世界中に
張り巡らされたインターネットで
双方向の送受信が可能になり、
しかも同時に世界中にアクセス
されるように発信もできるように
なったという事です。
つまり2Gでのネット利用よりも
大容量になり、ガラケーなどの
携帯での通信も利用になった
画期的なシステムの事です。

私たちは、この時点で一気に便利に
互いと連絡を取れるようになって、
密にそして、大きな広がりを持って
つながれるようになって大喜び
でした。

しかし、監視システムの事について
の真実も暴露されだしたのもこの頃
からで、敏感な人は、その頃から
支配層の影を感じとっていたよう
です。たとえば衛星から、狙った
キーワードの通信などを拾い集める
エシュロンシステムというものが
ある事を知ったのはその頃です。

ただしその全容については、私に
とってはずっとあとの2008年頃から、
その危険性についてようやく理解し始め、
近年のスノーデンのCIAやNSA
の内部情報の暴露によって、米国の
全世界に対する軍事的な諜報だけでなく、
世界中の家庭の全通信、つまり
インターネット、電話回線、メール
などの通信を詳細に把握できる事を
全世界の人々とともに知ったわけです。

ただ日本国内では、戦後からの情報
隠蔽が徹底していた事もあり、よく
調べてネットでの暴露動画を観た人や
スノーデンの著書を購入したような人
以外は、その全世界的な監視システム
については、知らない人が大半なの
です。
しかし、映画にもなった事から、
ご存知の方もまた多いでしょう。
その映画は、とても制限された公開
だったので、いかに彼ら支配層に
とって気づかれたくない情報でも
あったかという事がわかりますね。

さてみなさんもよくご存知のように
3Gでの通信システムより大容量の
情報を送受信できる4Gシステムが
導入されるようになったのです、
つまりスマートフォンやアンドロイド
などの携帯やタブレット、そしてそれに
対応できるようなデジタルテレビ
やパソコンなどが、私たちが今
現在なじんでいる通信システム
です。

もちろんデジタルテレビとスマート
フォンは同時ではなく、確か
デジタルテレビの方が先だったと
思いますが、こちらも送受信が
可能になったという事は、ご存知の
方も多いですよね。

ところでこの送受信について、
みなさんは、テレビやパソコンの
画面は、こちらからたとえば
スカイプやテレビ通信などを
しなければ、相手から観る事が
できないと勘違いしている方が
今でも多いのではないでしょうか?

ですが、スノーデンが暴露して
くれた驚愕の事実は、テレビ画面
やパソコンの画面は、こちらが
特別な事をしていなくても、NSA
やCIAなどの諜報機関や、もちろん
支配層、そして特別な階級の人々には
そのままテレビカメラとなって、
そのパソコンやテレビの前にいる
我々の日常が、そのまま映し出されて
観る事ができてしまうという事が、
真実なのです。

つまり知らずに使用していた人たちは、
今まで自分たちが観られている
事なんて全く意識していなかった
でしょう。
ただしご安心ください、一般の方は
要注意人物でもない限り、詳細に
観られる事は、ほぼありません。
ですが、たとえば政府中枢にいる人物
や、経済界の大物、芸能界の大物、
大物政治家、マスコミの経営陣、
警察や軍、日本では自衛隊の幹部
以上などはもれなく詳細な画像
として彼らの配下の諜報工作員達に
届けられているというわけなのです。

だから、私はパソコンの電源は、
コンセントからスイッチオフに
していて、携帯は普段家では
居場所と別の部屋で充電だけ
しているのです。

またそのような事を知り始めた
6~7年前購入したパソコンには、
当然のようにテレビカメラがついて
たので、ガムテープやシールなどで
画面を塞いではいましたが、
スノーデンの暴露まで、パソコンの
画面自体がテレビカメラとなって
いるとは全く知りませんでした。

みなさんの多くは、スーパーシティ
法案で、やっと監視社会について
危険を知って大騒ぎしていますが、
真実暴露の発信者たちの間では、
監視社会へのシナリオは、はるか
以前から進行していたとわかって
いたのです。

たとえば監視カメラを観光バスや
通常の公共バスの車内に設置するのを
法制化するために、わざわざ
観光バスの事故を起こして、問題を
人々に意識させてから、その反応を
待って、解決策として監視カメラ設置
を法制化させたのです。

これが以前にもアイク氏の著書にも
書かれている事としてご紹介しました
彼らの手法の一つである
問題-反応-解決というものです。
つまり彼らが意図的に、もちろん人には
知られずに問題を起こし、そして予想
していた人々の反応を待ってから、
彼らが予め用意していた解決方法を提示
するという手法です。

だから今ではバスのほとんどに
監視カメラが設置されるように
なったのですが、事故を防止する
ためだから、運転席周辺だけで
良いはずですよね?

ですが、監視カメラが設置されたのは
社内全域、つまり、乗車する人全員
が監視できてしまうカメラなのです。

あの濃い黒か紺の卵の半分くらいの
カプセル型のカメラは、どなたも
1度くらいは目にした事がある
でしょう。
それです。

つまりこれが支配層の得意とする監視
カメラ設置のための、
問題-反応-解決というものです。

さてしかし、どうやって観光バスに
事故をおこさせたかが、そこに気づいた
人は、日本ではとてもわずかな人数
だったと思います。

その中の一人が私でもあったわけ
ですが、要するに、観光バスが使用
している電子システムは運転制御
システムと、カーナビ回線などを
通じてつながっていて、当然特別な
立場の者たち、つまり支配層の
意図を受けた者たちには利用可能
だったというわけです。

だから観光バスが危険な崖の側の
コースを運行中に、その回線を
通じて運転手の操作を無効にして
遠隔で操作し、転落事故を
起こしたというのが、真実だった
というわけです。

そしてその応用が私もコメント付き
でリツイートさせていただいた、
乗用車の外部からの遠隔操作の示唆
のツイートです。
やはり初耳だった人は多かったようで
、いいねの数も私にしては多かった
です。

こちらですね。

要するに電子制御システムが
かなり詳細に機能するプリウスが
事故を起こした中で最も多かった
のもそういう外部からの遠隔
操作によっての事だったのです。

そして今回4Gシステムとは
比べ物にならないくらいの
大容量でのデータ送受信が可能に
なった5Gでは、広く知られる
ようになったその重大な健康被害
と同時にその遠隔操作もより
緻密なコントロールが可能なの
です。

ここでみなさんに想起していただき
たいのが、そうです、今回ゲイツが
再三証言してきたあのワクチンに
より人体に埋め込もうとしている
電子ナノチップなのです。

つまりあの電子ナノチップは、
多くの人が、すぐイメージする
ような完全監視システムの完成
としての危険はもちろんあるわけ
ですが、さらに危険なのは、
遠隔からの操作もまた緻密に
コントロールできるという事
なのです。

つまりその電子ナノチップは人体
の神経システムと直接連動して、
遠隔から身体操作、思考操作、
感情操作されてしまうためのツール
でもあるというおそらく確実な
危険性があるというわけだったの
です。

ですが、確かに大容量のデータを
送受信できからといって、5G
電波の届く範囲が、4Gシステム
よりずっと狭くなる欠点があります。

だからこその5G電波塔の設置であり
その間隔も100~200メートル
から50メートル前後であったりも
するのです。

しかし、この電波塔を媒介にして
彼ら支配層とその意図を受けた者
たちにとっては、電子ナノチップと5G
システムの連携により、監視だけで
なく我々の身体と思考・感情そのもの
まで操作可能になってしまうという
まさかのSF映画にもなかった
ような驚愕のシステムが完成する事
になるわけです。

さて今回はここまでですが、堤未果
さんの動画の続きについて、次回も
このような私の解説つきで記事にして
いきます。

では近いうちに続編を投稿させて
いただきます。

ではまた(*’▽’)

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

長引く大雨の意外な真相が明らかに!311とコロナをつなげる真実とは?


私の記事をご覧になっておられる
ような方々の多くは、気象操作が
当たり前のように可能で、
これまで、世界中はもちろんこの
日本でも何度も気象兵器でもある
「HARRP」または同じような性能
を持つ施設によって引き起こされてきた
事などは、よくご存知の事と思いますが、
私の記事も最近だいぶアクセスが
増えてきましたので、そういう情報に
疎い方にも、わかっていただける
ような記事にもしていかなければ
ならないと思っています。

要するに私が再三記事にしてきました
ように、大気や空気中は、プラズマ
つまり電磁気の元で、満たされて
いるので、大気の状態もその電磁気
エネルギーの影響により、やはり
変化する事になるのです。

そして「HARRP」などから
照射される電磁波で、大雨も人工台風
も当然引き起こせますし、当然
ミネラルを大量に含んだ海水は、
とてもよく通電しますので、津波も
さらには海底の地盤にも影響を与えて、
地震を引き起こせるという研究も
報告されています。

だからよく大雨の時に発生しやすい、
雷なども、「HARRP」に頼らず
とも、大気中の無限に近いほどの
プラズマエネルギーが、ミネラルを
含んだ雨に反応して、発生する事にも
なるのです。

空気の摩擦熱というのは、真っ赤な偽物
の科学の公式見解です。
大気中に雨がなくても、地球の大気が、
余り過ぎた電磁波を宇宙へ放出する際にも
雷は発生するのです。

雷と同時に、大気のはるか上空で、
吐き出される超高層雷放電というもの
があり、中間圏のスプラウトや、
熱圏下部という超上空でのエルブス
などが知れられています。さらに
成層圏上部付近で見られる
ブルージェットというのは、
雷雲から上に伸びるため「上向きの雷」
とも呼ばれています。
要するに、もともと地球にある電磁気
エネルギーの新陳代謝のような働きを
しているのが雷だという事なのです。

常識の裏には様々な真実が隠されて
いますので。ご存知なかった方はまた
調べてみられるといいでしょうね。

とにかく大気中のミネラルを含んだ
水分というのは、電磁波を通電させやすい
ので、気象操作も容易にできるというわけ
です。そのために特に雨が予想される
前日に、空からケムトレイルも撒かれる
というわけです。

これの事ですね。


ケムトレイルを検索すれば
いくらでも出て来ますが、健康への
悪影響やアルミの粒子についも
書かれているのがこちらです。
リンク先↓
おだ様のnoteの記事
【考察】空から「毒」を撒く?
ケムトレイルについて
調べてみた

ケムトレイルには様々な人体に有害な
ものが含まれていますが、中でも
超微細なアルミ粒子も含まれていて、
当然大気を操作しやすいように、また
電磁波を通電させやすいようにされて
いるわけです。

これがまた5Gとも関係してきます。

大気中に含まれるアルミが呼吸や農作物
などで人体に取り込まれる事で、
5Gの電磁波で人体との送受信が、非常に
有効に働く事になるわけです。

とにかくそんなわけで、今回の大雨の操作
は「HARRP」やおそらく人工衛星
やあとハープによく似た兵器が日本にも
設置されているという情報もありますので
とにかくそのあたりからの電磁波によって
いくらでも大雨を長引かせる事が可能
なのです。

実際今回雨がひどかった九州にも電磁波
攻撃があったようで、これがその
情報です。もちろん西日本など他の地域
も同様のようですが。

さてこれだけ意図的に大雨を長引か
せるからには、当然理由があると
思わなければ、彼らの術中にはまる
だけでしょう。

当然農地を破壊して、日本の農業に
大打撃を加える事は、もちろん
意味のない自粛と同様、人々の生活の
糧に致命的な悪影響を及ぼしたり、
行動を著しく制限する事にもなります、
それらは、全て管理社会や、ワクチン
摂取などへの誘導になります。

避難所に人を集めておけば、あの
効果の全くないPCR検査でいくら
でもクラスター騒ぎをでっちあげ、
このような事が、ワクチン摂取に
結びつく事は、簡単にイメージ
できますからね。

つまり災害が起こる事は、彼ら
支配層にとっては、とても好都合
だという事なのです。

そこで今回その大災害につながる
とても重要な情報を見つけたのです。

実は、地震のメカニズムは、プレート
の歪みエネルギーの蓄積からという通説
とは違って、断層は地震の結果であって
地震の原因とはなりえず、海底の
地震は地中で何かが爆発することが
原因だと考えられ始めているらしいの
です。

そしてその爆発の原因ともなるのが
水素という事らしいのです。

さてそのような貴重な情報が書かれて
いる記事を引用しますね。

『』内が引用で~が中略です。

『断層は地震の結果であって、原因
ではない。
断層は過去の地震の履歴であり
未来の震源地とは成り得ない。
地殻は地震エネルギーの伝達の媒
体にはなっても、
その歪みが地震エネルギーの発生源
にはならない。

つまり、地震は地中で何かが爆発する
ことが原因、と結論する。

ではその爆発物とは何か?
プロセスは?
それは地下に発生、蓄えられた水素。

水H2Oに含まれる酸素が地下の鉱物を
酸化すると、水素が残される。
その水素が常温核融合を起こすとき、
水爆と同じ原理で巨大なエネルギー
が発生する
(ヘリウムガス発生が水素核融合を物語る)。

もし時間をかけて地下に多量の水素が
蓄えられた場合、
巨大地震発生の可能性は否応なく
高まる。

地震学会は既に国際金融資本家達の
支配下にあり、
真実を語る地震学者は学会から
追放される。
一般大衆は地震の本当のメカニズムを
知らされない仕組みができて
いるのだ。~

いわゆる太平洋などの海底で起こる地震が
巨大化するのは・・・

海底の地下の岩盤で、海の膨大な量の
海水が浸み込むからです。
そこに、すさまじい量の原子状水素の
滞留域・・・
つまり、水素の格納庫が出来る訳です。

海底探査船の「地球号」は、まさに、
その水素の格納庫を調べているのでは
ないですか?

さて、そのすさまじい量の原子状水素
の滞留域の
岩盤の上に穴をあけ、強力な水爆を
爆発させると
一体、どういう事になるでしょうか?』

“出典:『光軍の戦士たち』様のサイト
豪雨と地震の関係そして
~真の希望とは~
より”

これはとても貴重な情報です。
ここで、海底探査船の「地球号」
が出て来たという事に、鋭い読者の
方は、ピンと来られた事でしょう。

地球号つまり海底探査船であり、
掘削船でもある「ちきゅう」とも
いいますが、
これは、2011年の3/11に
海底の地盤に穴をあけて、まさに
この記事が書かれているように
水爆を埋め込んで遠隔から起動させ
地震を引き起こしたと想定する
研究者もいるのです。

実際そのようにしてあの東北沖の
大地震が引き起こされたと、真実
発信者たちの間では広く知られている
事なのです。

これは2011年8月の
さてはてメモ帳様の記事ですが、
この頃には、国内外で、人工地震の
真実が知れ渡っていたのです。

もちろん、多くの一般の方々は、陰謀論
と一笑に付してましたけどね💦

ではそのサイトを引用してみましょう。
確かに水爆を埋め込める能力はある
というのが、よく分かっていただける
と思いますから。これは東北大震災
のみならず東京近海でも巨大地震を
引き起こそうとした事の理由を研究
している部分からです。

『』内が引用で、~が中略です。

『そのような船舶を検索すると大震災の
前後にここに長期滞在し、なおかつ
ボーリング工事まで可能な巨大船舶
といえば……その特定は難しくありません。
この海ほたる付近の会場(海上)に震災を
前後して長期停泊していた日米主導の
国際深海掘削計画の名の下で働く
科学掘削船
ちきゅうです。



この船舶はなぜか、東北もしかり、
震災前後にいつもそこにいたという
隠しようのないGPS履歴による足跡が
リアルタイムでネット上に残されています。
ちきゅうは日米主導と言っても
実質アメリカ専属のものかもしれません。
この船で固い岩盤の
(北緯35・3度 東経139・5度)を
ボーリングして穴を空け、純粋小型水爆を
繰り返し投入してはリモート起爆し、
爆破の勢いで東京湾北部断層を動かして
1923年の関東大震災さえも再現しよう
としていたのではないかと、
うわさされています。~

科学掘削船「ちきゅう」の乗組員が、
その目的に「人工地震」があることを暴露!

またその乗組員が失言的に、自分たちの
行なっている仕事をインタビューの中で
堂々と暴露してしまったとんでもない
動画映像もネット上で広く公開され
物議をかもしています。

この人は日米合作ちきゅう号の
乗組員であり、インタビューの中で
この海中深くまでボーリングできる
特殊船舶のちきゅうの一般に知られて
いない使用用途について聞かれて
いますが、その質問に対する回答説明
の最後に勢いあまってこうまで答えて
います。

「その他、人工地震等を発生させまして、
その地震波を測定するための装置です」

この乗組員がはっきり「ちきゅうによって
人工地震等を発生させている」と公言
しています。今や各サイトに広まり
回収不可能な人工地震計画稼働中の
一つの証拠です。実際、このちきゅうが
悪用されればボーリング用ドリルの
刃先を何本も交換しながら船の真下の
海底の岩盤の断層に無数の穴を空けて、
その穴めがけて核弾頭付き
バンカーバスター弾を撃ち込んで
核爆発を再三繰り返すと、それなりの
大地震を引き起こせるというのは
理論上、十分可能なことです。』

“出典:{さてはてメモ帳 
Imagine&Think}様の
サイト
3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証 
泉パウロ・著  ヒカルランド  
2011年刊
より”

このようにちょうど9年前から、
真実発信者たちの間では、地球号は
人工地震を引き起こす事が主目的
で運用されているものと広く
知られていたわけです。

さて記事では、海底の地盤に
埋め込んだ水爆を起動させるのに
バンカーバスター弾を撃ち込めば可能
などと書かれていますが、なんの
事はない、「HARRP」など
からの電磁誘導で簡単に起爆
できるのです。

さとここでつなげていただきたいの
です。

光軍の戦士たち様の記事にありました
ように海底に大量に収められた水素の
格納庫を地球号が発見し、そこに
水爆をいくつか埋め込むだけで、
とてもなく巨大な大地震を引き起こせて
しまうという事に、すでに気づいて
おられる方もいるでしょう。

さてここで、今回の大雨がどうこの
人工地震と関係があるかですが、
答えは簡単です。

雨を降らせる時には、お馴染みの
ケムトレイルを大量に雨雲の上から
撒いておけば、それに含まれる金属
微粒子などが、大雨により大量に
沁み込む事になるからです。

つまりケムトレイルの中に含まれる
アルミなどの金属超微粒子が、海中
海底に蓄積される事で、電磁波誘導
による、地下の水爆を起動させるのに
とても有効に働くからです。

さらにその強力な電磁波そのもの
だけでも、その爆発を誘引させる
事もまた可能だという事です。

そしてまさにその大量に大雨を降らせた
九州沖を現在地球号が、移動して
いるらしいです。
それが以下です。

これは、とてもわかりやすいつながり
ですね、海底の大量の水素格納庫を
探しまわり、いくつかのめぼしい場所に
水爆を埋め込む可能性があるのでしょう。

当然同様の方法で、東北大震災の
人工地震も引き起こされたという
わけです。

当時地震の時に、3回も巨大な轟音が
したというのが広く知られていて、
ネットでも相当その情報が流されて
いましたので、3回もの轟音の
話は、聞いた事のある人もいる
のではないでしょうか?

これは当然、海底の地下に埋め
込まれた水爆3個がタイミングを
ずらして起爆された証拠でしか
ないと思いますが、いかがで
しょうか?

そしてこの地震が、九州の原発事故
も引き起こす原因にもなり得るので、
当然可動していなくても、九州から
偏西風の影響で、本州にも放射能が
拡散する可能性があるので、これも
また要注意です。

以前の記事にも書きましたが、放射能
などにより、細胞が傷つけられると
大量のエクソソームが人体で生成
される事になり、当然その
エクソソームをデータとしている
PCR検査で、とてつもない量の
偽陽性患者をでっちあげ、これも
またコロナ感染第2波につなげられて
しまうのは、容易にイメージでき
ます。

もちろん現在大量に設置が進んでいる
5Gの電磁波によってもやはり
同様に人体で、エクソソームが生成
されて、これまた第2波の演出に
つながる事もまた想定内です。

もちろんそれが超危険なコロナワクチン
の強制摂取につなげられるだろう事も
間違いないという事だと思います。

本当にみなさんが目覚めて
いかなければ、いいように攻撃
されるだけです。
どうか真実の情報をご自分でも
調べていただいて、彼らの意図を
読み取って、それを阻止できる
ように力を合わせていただきたい
と思います。

また貴重な情報を記事にして
いきます。

ではまた(^o^)

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

まさか肉食も栄養とは別モノだって本当なのか?真相はこれだ!


この記事は今日の
まさかカロリー計算ってでたらめだった!?
栄養とは関係ないらしい!

この記事で、カロリーの必要摂取量
というものが、全く根拠のないでっちあげ
であるという事を説明しましたが、
そのカロリー神話の元になった人物が
いるのです。
その人物とは、カール・フォイトです。
彼によって近代栄養学が確立された
といわれる事から、「近代栄養学の父」
とも呼ばれているようですが、これが
全くのでたらめを広めた人物だった
ようです。
事実カロリーによる生命維持は、でたらめ
だったので大体予想がつきますが、
教育やマスコミで喧伝されている私
たちの常識が、いかに真実から離された
ものであるかを実感できます。

その事を口は悪いが、真実を語る勇気
あるジャーナリスト船瀬俊介さんの
著書を引用されている記事から
引用させていただきます。

「」内が引用で、~が中略です。

「知ってはいけない!?医食住の怖~い話
(著・船瀬俊介)より引用。
=================================
「偽りの栄養学 〝近代栄養学の
父″フォイトの深き罪」

◆肉食礼讃-フォイトの大罪
動物たんばく質を「2倍にするとガンが
11倍に増える!」「多くとるほどガン
で死ぬ」
(『チャイナ・スタディ』米コーネル大
コリン・キャンベル他著) の報告は、
ショッキングです 。
本書は「肉への崇拝」を支えた学者たちも
告発しています。かれらにより
「動物たんばく質は〝良質″」という〝
神話″が世界中にばらまかれたのです。
そして人類は完全に〝洗脳″されたのです。

その悪意のルーツともいうべき人物が
います。それが〝近代栄養学の父″と
称えられるカール・フォイト
(1831~1908)です。
ドイツ、ミュンヘン大学(生理学部) に
45年間も君臨。まさに学会の大ボス
でした。
〝栄養学の父″の人罪は、ほんらいは
発ガン食である動物食(アニマル・フード)
を礼讃したことです。

具体的には、こう推奨したのです。
「肉類、牛乳、チーズ、卵などは高栄養
なので大量に食べよ。炭水化物は低栄養
なので控えよ」

◆サルに教えを請うごとし
とくに、動物たんぱく質のなかでも
、肉食を絶賛しました。肉こそ、神が
与えてくれた最高の賜物というわけです。
さらにフォイトは、高カロリー、
高たんばく、高脂肪の食事を勧めました。
かれは、こういう言葉を遺しています。
「よい栄養に、とりすぎるということは
ない」
これは、頭の中身を疑う暴論いや珍論です。

~◆個人の妄想にすぎない
この大ボスは、後世の学者たちに、こう
批判されています。
「フォイト栄養学は、科学的、医学的、
統計学的な検証を一切経ていない」
呆れました。
それでは、学問でもなんでもない。
批判派の学者たちも、こう結論づけて
います。
「しいて言うなら、それは個人の
〝妄想″である」……。個人のたんなる
〝妄想″が、近代栄養学という確立した
〝学問″に化けたのです。近代とは、
なんといいかげんな時代なのでしょう。

~◆必要量の2倍肉を食え
彼は当時のドイツ人を研究して「人類は
1日48.5グラムのたんばく質しか必要
としていない」ことを発見していました。
ところが、公式には「必要たんばく摂取量」
として「一日118グラム」も推奨したの
です。なんと2.5倍近い量です。
彼のいう〝たんばく質″とは「肉」のこと
です。
つまり、肉を必要量の2.5倍食べろ!と
提唱したのです。

それは、ドイツ国内の栄養基準から、
ヨーロッパ基準に、さらに世界標準となって
いったのです。彼の背後に世界的食肉産業が
存在していたことは、疑う余地もありません。
さらに軍部も彼の庇護者でした。肉食は体質
を酸性にし、大きな体躯、捧猛な性格、俊敏
な能力をつけさせるからです。それは兵士
として最適の資質だったのです。

◆カロリー理論もペテン
フォイトは肉食礼賛の他、カロリー理論を
〝確立″したことでも、知られています。
それは、近代栄養学の基礎でもあります。
かれらは人間の基礎代謝カロリーを
約1500キロカロリーと定めました。
寝ているだけでも消費する熱量(カロリー)
という意味です。これ以下になると、人体は
自らの脂肪や筋肉を栄養源に消費して
生き延び、最後は、餓死する。カロリー
理論の骨子です。しかし、それも大ペテン
だったのです。

たとえば、わたしの知人、森美智代さん
(49歳‥森鍼灸院・院長)は、1日
50キロカロリーの青汁一杯で17年間も
生活しています。フォイトのいう基礎代謝量
のなんと30分の1!!カロリー理論が正しい
なら、彼女はとっくの昔に餓死していた
でしょう。しかし、森さんはお会いすると、
ふっくらとした顔だちで笑顔が素敵です。
とても17年も青汁1杯で生きてきた方には、
見えません。

フォイトの過ちは、人間を内燃機関
(エンジン)のようにとらえたからです。
いわゆる〝機械的″人間論です。しかし
、生命は〝機械″とは根本的に異なります。
生命エネルギーも、まさに多元的なのです。

“出典:「るいネット」様
近代栄養学に根拠なし!肉食推奨の
プロパガンダに過ぎなかった 
吉田達乃鯉様より
 ”

この肉食が、ガンになる確率を極端に
引き上げると結論したチャイナスタディ
とは、統計されたデータをもとにした
信頼ある資料で、世界中の有識者が
参考にしているものです。
発表された当時、多くの学者たちに
よって支持されましたが、マスコミは
完全に黙殺して、日本での訳書も発売
されていません。

今では、全ての成人病の原因が、酸性
体質にある事などは常識になっています
が、それもこのフォイトの栄養学が原因
になっているのです。
もちろんそれを、結びつけて教育される
事も、マスコミなどによって知らされる
事もないのです。
なぜか?それは結びつけて考えられると
嘘がばれるからなのです。
このような嘘がばらまかれているのは、
食肉産業や、良質な兵士を増やしたい国
のせいだけではありません。
私たちの健康を害する事によって、巨大
な医療産業も儲かる仕組みになっているの
です。
実はその上に立つ人間の意向が働いて
いる事を感じられる人は鋭いですね。

音の波動の記事でも紹介しましたが、
私たち大衆が、互いに分裂し、争っている
間は上は安泰という思想のもとに、この
ような「肉食」も奨励されているという
のが最も大きな要因だったのです。

肉食は上の記事でも説明されているように
獰猛な気性にさせてしまいます。
つまり好戦的で、人と対立、分裂しやすく
なるという事になのです。
これは、まさに上の者の意図通りですね。

カロリーがでっちあげであるという事は、
これまで説明してきた事でわかって
いただけると思いますが、このように
いいかげんな人物の仮定でしかないでたらめ
を信じ込まされていたとは、悔しいですね。

上の記事で紹介されている森美智代さんが
またとても良い例になっていてくれます。
1日50キロカロリーの青汁一杯だけで、
17年間も健康に生きて、しかもふっくら
とした顔立ちをしておられるというの
だから、いかにフォイトの提唱した栄養学
が、でたらめであったかを理解する事が
できます。

ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

まさかカロリー計算ってでたらめだった!?栄養とは関係ないらしい!


断食が、健康にとても良く、若返り
遺伝子を発動させて、老化を遅らせ
長生きできる秘訣と、言われ出して、
それが知られるようになってから10年
は経つような気がします。
実際、私は健康のためだけでなく、
意識的な覚醒状態に少しでも近づけようと
、1日おきに断食を実践しています。
そして、以前食べていた量の1/3ほどの
食事量にしてますが、それでもしっかりと
体重も体力も維持されています。
それどころか、身体の動きなどは以前
よりも良く、以前はたびたびひいていた
風邪も断食を習慣にしてからの3年間ほど
全くひきません。
そしてやはり、以前よりも、感性や
理解力が上がっていると実感しています。

さて断食をしていると聞いて、一般の
多くの方は、「それじゃカロリー足りて
ないんじゃないの?」
「それじゃ生きていけないはず」
「栄養が全然足りてないはず」
などという言葉が出てくるのは、目に
見えて明らかですが、そもそもカロリー
という考え方が、本当に正しいもの
なのか、1日に必要な摂取カロリー
という基準も正しいかについては、
通常ほとんど疑問を持たれる事さえ
ありません。
それは、教育やマスコミで、あたかも
絶対的な真理であるかのように、繰り
返されてきたので、私たちが「常識」
のように思い込んできて、さらに
ここが重要なのですが、それを信じる
人々が、それを共認しあう事によって
さらに「強化」されてしまったという
事なのです。

さて今回は、その「常識」が本当なのか
まず考えていただきたいのです。
少し考えるだけで疑問がたくさん出て
くるのに、気づかされます。
たとえば2000キロカロリーが、
もしエネルギーに転化されたところで、
心臓が1日に10万回も拍動し、36度
の体温を維持する事など到底不可能
なのです。
これは今日投稿しました
生命エネルギーもプラズマ    
真空からエネルギーを得る生命

で、千野遙教授が実際に計算して、
詳細に説明されています。

そして今回は、そのわずかな2000キロ
カロリーでさえ、摂取してエネルギーに
転化できているわけではない事を説明して
くれている記事を紹介させていただきたい
と思います。
貴重な真実をあらゆるジャンルに渡って、
多くの記事で紹介されている
「るいネツト」様からの引用です。

「」内が引用、~が中略です。

「食事や食べ物を扱う学問である栄養学で
よく使われている「食物のカロリー」
という概念があります。今やコンビニの
お弁当にも表示されるようになったこの
カロリーですが、実はその算出方法を
調べてみると、全く自然の摂理とはかけ
離れた測定方法に基いており、全く意味
の無い数字であるということがわかり
ます。

「栄養学は欧米食を正当化するための
観念であり、日本人の健康を守るもの
では無い」272715や、
「近代栄養学に根拠なし!肉食推奨の
プロパガンダに過ぎなかった」286294
のように栄養学の怪しさは多数言われて
いるように、栄養学という学問が現代の
様々な「食」に関する弊害を生み出して
います。

『ダイエットの新常識…カロリー数
を信じるな!』
リンクより引用

食物のカロリー数はどうやって測定
されたのかを調べてみると、かなり
インチキくさいことが分かる。

測定法は、1883年にルブネル
という科学者が考案した方法が現在も
使われていて、基本的な考え方は当時
と同じだ。

計算式は、
[食物の熱量]=[食物を空気中で燃やして
発生した熱量]-[同量の食物を食べて
出た排泄物を燃やして発生した熱量]

であり、これをさまざまな食物や
各栄養素ごとに測定する。

具体的には、ボンブ熱量計
(カロリーメーター)という
機器のなかに、熱量を計りたい食品(
乾燥させてある)と酸素を入れ、
電熱線に電気を通して熱して燃やし、
容器内の温度の上昇を測定し、それを
熱量に換算することで、カロリー数は
測定できる(ちなみに、1カロリー
とは水1グラムの温度を1℃上げる
のに必要なエネルギーである)。

しかしこの測定法は疑問だらけだ。
なぜなら、

◇体温は最高でも、せいぜい40℃
であり、この温度では、脂肪も
炭水化物も「燃焼」しない。つまり、
人体内部で食物が「燃えて」いるわけが
ない。

◇そもそも、細胞内の代謝と大気中の
燃焼はまったく別の現象である。」

“出典:「るいネット」様
290351
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は
全く意味のない数字
」より”

なんともいいかげんなしろものでしたね、
カロリーはつまり乾燥させた食材を燃焼
させて測っただのものであったとは、
勘の良い方は、これだけでもカロリー
による、生命維持に全く根拠もなにも
ないことがわかっていただるでしょうね。
燃焼というのは、体温の36度~40度
では当然不可能であり、実際消化時に、
食べ物が燃える事はありません。当然
です食べる度に消化器官で、実際に
食べ物が燃焼していたら、私たちは、
何度も丸焼きになってしまいますからね。
つまり、せっかく乾燥した食物を燃焼
させて、2000キロカロリーを出して
も、人体でそのカロリーの熱量が再現
される事はありません。
「消化では燃えていないのだから当然」
です。
逆に食べるために、つまり消化するために
多くのエネルギーを必要としてますが、
それも食品の燃焼によるものではない
のは明らかです。さらに分解・吸収・
排泄にいたるまで、さらに多くの
エネルギーを必要とします。
つまり食べ物から得られるエネルギー
ではなく、別のエネルギーによって
それらの消化活動が行われているのです。
たとえば、私も3日ほど断食してから、
食事をした事がこれまで数度以上あり
ましたが、その間ほぼ0カロリーなので、
当然体温維持や生命活動でエネルギーを
使用していますが、食品によるもの
ではない事が明らかですよね。

これはもちろん今日の
生命エネルギーもプラズマ    
真空からエネルギーを得る生命

で説明しているように、生体
プラズマの循環エネルギーだという
事なのです。
つまり食品などの物質の消化によって
ではなく、地球にも宇宙にも無限に
潜在しているプラズマエネルギーを
取り込んで、循環させている事で、
体温維持や内臓などの働きなど、生命
活動に必要なエネルギーを生み出して
いるというわけなのです。もちろん私
たちの五感で認識できる領域にある
ものは、ごくわずかなので、感知・観測
できているわけではありません。しかし
、心臓を中心とした半径数メートルの
範囲が磁場を形成しているように、その
プラズマ循環の状態をわずかに観測
する事ができるというわけです。

とにかく、食品を燃やして測ったカロリー
などが、生命維持や健康維持のための
基準などでは全くなかったことがこれで
よくわかっていただけだろうと思います。

この記事に関連した事は、また書いて
いこうと思っています。
ではまた(^^)/

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

コロナワクチン推奨の政府、マスコミ、芸能人の優遇措置は反故になるよ!


真実に気づき始めた人たちの多くは、
コロナの恐怖という真実とは真逆の事を
広めたり、ワクチンを推奨したりする
政府関係者や、マスコミ、芸能人達が
きっと自分たちは、ワクチン摂取を免除
してもらえる優遇措置を約束されて
いる事だと理解しておられる事でしょう。

てすが、彼らも絶対ワクチン摂取される
事になるのです。
それは、世界の支配構造を知れば
簡単にわかる事なのです。

私の2008年頃からの研究で、間違い
ないと思える真実の事を彼らは絶対に
知らないと断言できます。

これは部分開示といって、彼らが知るべき
最低限の情報しか知らされておらず、世界
の真実の構造についても偽の事実を、
吹き込まれているからです。

下の立場の者が真実を知ってしまえば、
当然どこかで、心ある人物に真実が、
漏れてしまい、彼らが最も恐れる
彼らの正体と、真実の支配構造を明らか
にしてしまい、全ての人に知らせよう
としたり、支配を終わらせようとする
からなのです。

まずよく真実に気づき始めたみなさんが
目にする世界の支配構造は、99%
または99.9%の大衆を1%または
0.1%の支配層が、コントロール
しているものだという事ですが。

そうなると現在77億人に対して、
支配層は7000万人や700万にも
なりますが、それはとんでもない誤解
です。

確かにいったんは、その程度で完全
管理の支配構造を完成するかも
知れませんが、もうその前後から
最終的には、おそらく数千人程度対
残り約77億人くらいの支配構造に
するつもりなのです。
数千人よりずっと少ない可能性は
高いです。

つまり段階を経る事はあっても必ず
ほぼ全人類の人体にナノチップを
埋め込み、5Gとの連携でマインド
コントロール、身体コントロール、
行動・思考操作など、あらゆる事が
支配層にとって操作可能になるのです。

私が、数千人と概算してみた理由は、
おそらく研究してきた結果から、
現在の支配層の頂天は、太古から
連綿と続いている13血族に集約
されるという事で、その血族の中でも
純度の高い血族だけに限られると
考えたからです。当然推測ですが、
研究結果からは、確信しています。

たとえば、世界の支配層の血族の一つ
として有名な、ロスチャイルド家は、
世界中に閨閥網を創り上げていて、
その親戚関係にある人物も含めると
10万人にも及ぶらしいです。

ですが、それは、相当純血種から
薄められた血族なので、彼らの頂天
そのものの正体にはつながらない
という事なのです。

13血族の中には、今のロスチャイルド家
やロックフェラー家、コリンズ家、
デュポン家など、そして結構知られてきた
あの李家も入っています。
そしてもちろんヨーロッパの王族の系譜
ですね。

このあたりの家系の純血種でなければ、
たとえ自分の子供にはワクチンを
打たせないとしているビル・ゲイツも
当然、微妙な立場という事になる
でしょう。理由については今回は、
触れずにおきます。

真実を知り始めた人たちの中には、
ビルゲイツこそ、今回の偽パンデミック
の黒幕だと言う方もおられましたが、
本当の黒幕である支配層の頂天は、
とにかく身を隠したがる性質と
立場でもあるので、マスコミに
堂々と登場したりはしないと
いう事です。
彼のような人物をフロントマンと
呼ぶ事もあります。

というわけなので、すでに米国政府や
英国政府、そして多くの金融寡頭資本
から完全に格下扱いされている日本
政府や、マスコミ、もちろん芸能人等も
多くの人より少しだけ順番が後になる
事は、あっても必ずワクチン強制摂取
させられて、5Gともつながって
完全管理支配下になるのが、間違い
ないという事なのです。

こういう事がやがて、政府やマスコミや
芸能人たちの知るところとなれば、事態を
逆転させる原動力になってくれるの
ではないかと期待しているという事です。

先ほども取り上げましたが、「部分開示」
というのは、彼らの太古から得意とする
手法で、CIAのお手本だったりも
します。

要するに、下のものに何かを行動させたい
時には、偽の情報も含めて、必要な情報
だけを与えて、コントロールするという
事です。

しかし、これは私たちも逆に使用できる
手法なのです。
つまり彼らの手法を逆手に取れば、効果的
に頂天の者の意図とは逆の方向に事態を
向ける事ができるという事なのです。

今回は、私はこの記事で、わりと突っ込んだ
内容をお話ししましたが、さらに上の存在
の正体については、お話していません。
それを話すと危険というよりは、たぶん
その存在の話をすると、多くの人の理解が
及ばないだろうからという判断をしたわけ
です。

とにかく、現在強制摂取を免除される
という、優遇措置を期待したり、
信じているような人たちには、
このように最終的に、そのような約束は
破棄されるものだと、わかってもらう
のが一番だという事です。

そういう意識で私は、先週厚労省の
新型コロナウィルスご相談センターに
電話してみました。

電話口に出ていただいたのは、
とてもやさしそうですが、
かなり元気を無くされた感じの
女性の方でした。

なるほど、厚労省への苦情や真実を
知り始めた方からの、糾弾などを
受け付けるのに、こういう方なら
相手の情を誘い、あまり強く
言えないと思わせる事ができる
ので、本人の意志とは裏腹に
その係にさせられた感じです。

やはりどんな時でも相手の立場に
立たない限り、相手に言葉を伝える
事は難しいのだと思います。

で今回は、私は大体、こういう受付の
方へ語るような事は、一番上の決定権
を持つ人物のもとへは、たいてい
届けられない事を予想していました。
その下の立場にいる者たちに、
現行の方針に逆らうような意見は、
適当に処理しておくように言い含め
られているからです。

これが原発反対やTPP反対の1000
万人からなる署名まで、捨てられて
しまった構図なのです。

そもそも厚労省の上にいるのは、その
オーナーである頂天につながるジャパン
ハンドラーたちなので、シナリオを
実行する事だけ命令してくるので、
反対意見など求めていないからです。

では流れを変えるにはどうすれば良い
かというと、現在ワクチン摂取を
免れると言われて、優遇措置が
与えられたと勘違いしている多くの
下の立場の人たちに、それを示唆
してみると良いのではないかと
思ったわけです。

つまりこの電話自体も、受付の上の
立場の人物も同時に聞いていたり、
録音もされて、知られる事をわかって
いたので、彼らのワクチン接種免除
という優遇措置は反故にされるという
事を伝えておけば、すでに真実を
知っていたり、もちろん一般市民から
の説明で知り始めた人も多くいるはず
なので、とても効果的だと思った
わけなのです。

そして、そういうこの電話も聞かれて
いる事なども説明して、これだけ
危険なワクチンを結局自分たちも
受ける事になるのだから、シナリオを
そのまま進行させるのは、よく考えた
方が良いという事、何か逆の流れに
なるような事もしてみれば良いのでは
ないかと説明してみたわけです。
つまり立場が近いものどうしで、話を
してみてアイデアを出し合ってみれば
良いのではないかと言ってみたのです。

さて、これを聞いて、変化があるのか、
どうか、私も他の方法もいろいろ
あるかも知れないので考えたい
と思います。
また厚労省のような政府機関や、
大企業への抗議は、結局頂天にいる者
たちの配下か資本下にあるので、
なかなか意志が通りにくいと思います
が、それも抗議の人数が増えれば
逆転する可能性は高いです。
頂天のものたちは、多くの人に知られて
覚醒される事になるのを最も恐れて
いるので、やはり真実を知る人が、多い
というだけで力になるわけです。
この理由については、また別の記事に
書かせていただきます。

とにかく自分たちは大丈夫だと信じて
いる立場の人たちに、真実を知らせる
事も重要だという事を今回記事にした
というわけです。

いきなり血族の話とかはせずに、もっと
上の立場は、結局優遇措置を反故に
しますよ、みたいな話をその人の事
でなく、関係ない立場の人に対して
というようにはぐらかしながら
伝えてみたらいいのではないかと
思ったわけです。

とにかく今回のワクチンだけは、頂点の
彼らの究極の目標の一つでもあるので
徹底して避ける流れを創っていって
みてはいかがでしょうか?

最後に、今回のワクチンがどれほど
やばいものか、さらにわかるような
情報を真実発信者の方々からお借り
して貼り付けておきましょう。

今回のワクチンに限らず、これまでの
ワクチンでも、猛毒水銀や、
不妊のスクワレン、そしてウィルス
そのものなどが入っていると記事に
書いてきましたが、どうやら
猛毒農薬まで入っているようです。
ワクチンってこれらの事知らないで、
自分だけじゃなく、かわいい自分の
子供に打たせていたのかと愕然と
される方も多いでしょう。

世界では、これまでゲイツのワクチン
に自国民を殺されたり、不妊に
させられた事から、情報を集めて
知識が豊かになっている大統領たちが
公然と、ビルゲイツやWHOを批判して
反対を表明している国も出てきています。
こちらは、ガーナ大統領の情報

そしてやはりワクチンで電子システム
を埋め込む計画は、以前からあった
というのがこちら

ワクチンについての情報はいくら
でも見つかりますが、また別の
記事で取り上げたいと思います。

とにかく、多くの人が真実を知って
いくのが一番効果的なので、みなさん
とともにがんばりたいと思います。

また貴重な情報を記事にして
いきます。

ではまた(^^)/

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

権威あるドイツ人医師達が、コロナ対策は無効でワクチンも不要だと証言!


これは、必読です!
ドイツの医師たちが、コロナが、過剰に
恐れるものではなく、従って現在の
ような過剰な対策も当然必要ではない事
さらに、その対策として、計画されて
いるワクチンもとても危険である可能性
が高い事などを、正当な医学的または、
政治的理由から、全世界に向けて真実を
公表しています。

このドイツの医師団たち
(啓蒙のための医師団)
は、どのような世界的機関や、権力者
たちからも支援を受けておらず、
ドイツ国内の医師達や、法律家などの
専門家たちからのプライベートな
寄付金のみで活動しているという事
なので、私たちが信頼できる方達の
活動と公開内容だと断言できる事に
なります。
どうか、今回のコロナが心配するもの
ではなく、過剰な対策をする必要が
ないという、私たち真実発信者の
言う事を、全て「陰謀論」だと断定
してきた人たちにも、是非読んで
いただきたい記事です。
これはまさに医師たちの正当な立場
として、正式に発言されたものだと
いう事を理解して、彼らの語る
「コロナの真実」をご覧いただきたいの
です。

またコロナやワクチン、そして5Gの
真実について、既に良く理解されている
人々も(この記事を読んでおられる
ような方は大体そうですよね)
やはり医師たちの正式な立場からの発言
での真実を再確認していただきたい
と思うわけです。

今回の私の記事は、そういう意図のもとに
まとめてみました。

まずは大変ありがたい事に真実暴露
ブロガーで大変質の高い情報を発信
し続けておられるlemonさんが
なんと、このドイツ人医師たちの
インタビューの公開動画を、ほぼ
重要なところを完全訳してくださった
のです。

最初字幕動画を観ながら、メモして
記事にしていこうと思っていた私は、
その記事を引用させていただく事に
なりました。
ちなみに私も動画は最後まで観て
おります。
その動画はこちらからアクセス
ができます。

https://www.dailymotion.com/
video/x7ul0zq

そしてこのlemonさんの詳細な
訳文をさらに、重要なところだけ
わかりやすく抜粋しながら、それを
分析・解説する事にしたわけです。

なので、詳細下記にあるリンク先の
の元記事をご覧ください。

では以下の記事です。

『』内が引用で、~が中略で、
(引用注:~)が私の解説と・分析
という事になります。

『非公開のFacebookグループにシェア
されていた記事を全文コピーしました。
ドイツの医師たちは行動しています。
私にとってはとても嬉しいニュースです。
コロナの嘘と真実がもっと広まります
ように願います。~

以下は、ドイツ語のYouTubeを翻訳して
くださったものです。
大変な負担だったと思いますが、日本語
にしていただいて、とても感謝して
います。

誤解が生まれるとよくないと思ったので、
長文ですが全文のコピペです。~

ドイツでは、COVID-19がパンデミックだと
する感染回避政策の中、マスメディアに拡散
される情報内容が余りにも医学的に理不尽
であることに対して疑念を抑えきれ
なくなった複数の医師が集い、
「啓蒙のための医師団」という政党とは
無関係で資金援助元との癒着もない
クリーンなボランティアによる医師
グループが立ち上げられました。
代表〈連絡先〉となっている4人の医師の他
全国から既に約1500人【注1】の大半医師を
含む支援者がホームページに公に名前を連ね
https://www.xn--rzte-fr-aufklrung-pqbn68b.de
/team-unterstuetzer/

、更に募集を続ける他、同様目的の複数の
活動団体とも連携して活動しています。
5月7日にはRBB(ベルリン・ブランデンブルク
放送局)などを前に記者会見を行いました。~

この医師団の活動は既にいくつかの記事を
紹介するだけには納まらない膨大な量に
なっており、本来それらの資料は
(特にウェブサイトが興味深いので)量的に
この投稿欄で報告不可で、言葉がわかる方
には各自に見てもらうしかない程なんですが、
結果的にこの記者会見動画はかなり
コンパクトに主旨がまとめられているので
字幕代わりにほぼ全域を訳します。

医師たちの声には決意がこもっていますので、
言葉がわからなくても動画を流しながら翻訳
を見ていただけると臨場感が出るかもです😅

—————————
(動画〜3:58)
Dr. H.・シェーニング氏(Heiko Schöning)
本日の記者会見にようこそ。
我々「啓蒙のための医師団は」
コロナ感染回避対策が過剰であることを
公然と批判します。
「我々が体験している“対策”はウイルス
抑制に対する適切な処置とは無関係である。
ではここで抑制されているのは何(誰)
なのか。
これはペストではなく、今年のコロナウイルス
であるSARS COV-2は季節毎の
インフルエンザウイルスとほぼ同じで、
それは本来良いニュースであるが、
悪いニュースは皆がパニックを体験して
いること。このコロナ・パニックは”演出
“であり、詐欺のトリックである。我々は
世界中に敷かれたマフィア的犯罪の最中に
いるということをこれ以上見逃しては
ならない。
証拠に挙げられるのはBhakdi教授、Wodarg医師、
そして私(Heiko Schöning)自身の
証言インタビュー動画である。~

(引用注:ここでこのシェーニング医師が
語っている、新型コロナは、インフルエンザ
とほぼ同等だという事は、すでにこれまでの
私の記事で、ご紹介してきたように、
大橋眞名誉教授やカウフマン博士の
語っていた事とは少し違います。
両氏が明らかにしたのは、コロナは、データ
からして信用できず、世界中に出回っている
正式な新型コロナウィルスのデータを
分析すれば、それは体内物質である
エクソソーム、または無害な常在性
キメラウィルスでしかないという事実
です。
私も記事にしてきた通り、こちらも医師
や教授としての正当な立場からの見解で
用意されたデータからも、新型コロナ
ウィルスは、架空のものであり、その
正体は、体内生成物質エクソソーム
だと確信して記事にしてきたので、
このドイツ人医師たちとは、この点で
のみ、少しだけ見解が違うようです。
このあとこのシェーニング医師は、この
コロナパンデミックが宣言される
4ヶ月も前から、ドイツ国民に向けて
警鐘のメッセージを公開してきた
という事を語っています。
そしてやはり、計画されている
ワクチンについても、その危険性を
指摘しています。それが
以下になります。)

最終的に明確に警告しておかねば
ならないのは、残念なことに現在計画
されているワクチンの中には何が
含まれているのか、安全だという
確証がないということです。
それに関しては非常に重要な形跡と
証拠があり、それは我々のウェブサイ
トでも公表してあります。6年前に遡り、
WHOによる予防接種キャンベーンがケニア
で執行され、そのアンプルの中には
秘密裏に、繰り返して言いますが
“秘密裏(!)”に妊娠に関連するホルモンが
混入されていました。ということはこの
ワクチンと共に不妊のための薬剤が投与
されたということです。学術的な証拠は
医学論文としてPDFで入手できます。
その他さらなる証人、複数の医師と2
0人以上の司教の証言もあります。

(引用注:このワクチンに不妊のための
材料(スクワレン)が入っているという
事は、猛毒である水銀などが混入されて
いるという情報とともに世界中のネット
に公開されているものですが、公式的な
発表とされているものとしては秘密裏
だと言う事なのでしょう。
さらに私が、ワクチンについての記事
でご紹介してきたように、計画されて
いるワクチンには、ゲイツが全世界に
向けてのワクチンに、デジタル
コンテンツである、ワクチン接種証明書
を含める可能性がとても高いという事
が真実であり、しかもそのデジタル
コンテンツには、個人データも
含まれるであろうと想定されている
事、さらには、今回か、次回のワクチン
には、個人データだけでなく、人体
のマインドコントロールや身体機能
の操作まで可能だと言われている、
電子ナノチップも含まれる事になると
いう事なのです。
この事の、裏付けとなる情報が、
たくさん公開されていて、間違いの
ないものであると私は記事にして
きました。
そしてシェーニング医師もその事は
充分に承知しているので、その事も
インタビューの中で示唆してくれて
ます。)

どうかこれを真剣に受け取ってください。
そして今一度警告したいのは、ワクチン
には何が入っているのかわからない
ということです。そして民主主義の
もとに問題提起したいのは、なぜ
このような大げさな対策が施されて
いるのでしょうか?医学的にも科学的にも
証拠は既に明らかなのに、です。ただ、
この証拠がまだ公然と民衆に行き渡る
状態に置かれていない、というだけの
ことなのです。
しかし幸運なことに我々は善き同志
となる組織と繋がっています。ありがとう
ございます。

(動画 4:00〜7:40)
Dr. W.・ヴェーバー氏(Walter Weber)
以下に述べる我々の疑問全てを解く回答を
要請します。
✘ なぜ、Bhakdi教授やWodarg医師etc.
などのような”主流とは異なる意見”は
即封じられてしまうのか。
✘ なぜ、120人以上の歴とした科学者が
「陰謀論者」と片付けられてしまうのか。
✘ なぜ、まるでワクチンのみがたった
一つの解決法であるかのように公に
提唱され、免疫システムの本来の意味と
その強化については全く報道されない
のか。
例として、中国ではビタミンCの投与が
効果をなしている。
✘ なぜ、ビル・ゲイツが我ら
ドイツ公共放送のニュース番組で
「この状況を脱する方法は新ワクチンのみ」
などと布告できるのか。彼のこれまでの
数々のワクチン配備が世界各地で惨憺たる
結果になったことを思うと不思議でなら
ない。~

(引用注:これは疑問の形をとっては
いますが、ウェーバー医師から全ての
人々へ、異常な事が進行している事に
気づいてもらう事を意図したものに
なっています。
テレビやマスコミなどによる主流の
見解と違うものは、すぐに封印され
120人以上もの、正式な「科学者」
たちが、「陰謀論者」とみなされる
事をまず異常だと気づいて欲しい
という事です。
そして本来の治癒力として効果が
ある免疫システムについては全く
報道されずに、ビルゲイツがドイツの
公共放送を使って、新ワクチンのみ
だけが、新型コロナの解決方法だと
発言するのを許しているのか。
ゲイツがこれまで、推奨してきた
ワクチンが世界中で多くの死者を
出したり、重大な健康被害を
出してきた事にも関わらずにという
事です。
またこのあとも彼らの意図を受けた
専門家やマスコミが、その危険な新
ワクチンをとにかく国民に接種
させるような、意図的な報道や
行為をしている事の異常性についても
発言しています。
それは長いので省略させていただき
ました。
そしてこのあと、シェービング医師は
憲法で保障されている基本人権法に
もとづき、このような「抵抗」は当然の
権利であるとも語っています。
そして以下では、新ワクチンの正体に
ついても語っています。)

(11:10〜13:45)
Dr. Schöning~

我々はこれまでの自由の中に戻ること
ではなく、むしろそれ以上を求めている。
そして今政府が目論んでいる、ワクチン
とか”知能”を混ぜ込んだインク(皮肉)
だとかいったものの監視下に置かれた
「新しい自由」などは御免こうむる。
すでに今の中国に見られるような恐怖の
シナリオなのだから。
我々は団結をし、他の同志とも合流
できることを希望している。
既に賛同する大半の医師や専門家、
その他の支援者は何百
(現時点では約1500人)にも上り、
しかも実名が我々のウェブサイトに
載せられていています。

13:50〜15:18
Dr. Weber
「啓蒙のための医師団」というからには
医学的事項の方を扱いましょう。
まずは当然、規制対策の不適切性に関して
です。例えばマスクの義務化で、これは
全く不適格です。
ある呼吸器専門医の言葉を引用します。
「コロナウィルスは直径20ナノメートルで
これを遮断するにはマスク生地の目は
1000倍以上細かくなければならず、
そうすると呼吸は不可で窒息死に至る。
市場に何億と出回る通常のマスクは全く
無意味であり、見過ごせない経済負担
であるばかりか、繊維には細塵がたまるので
日常的に繰り返し使用することで呼吸器が
深刻な病気にかかることになる」。
…とあるように、私は”マスクの義務化”は
医学的に全くもって支持することが
出来ない。これを受け入れることは
屈辱的な忍従であり、私の中の全ての
抵抗心が湧き上がります。~

(引用注:このウェーバー医師の言葉は
特に、コロナの真実を「陰謀論」だと
片付けて、一生懸命いまだにマスクを
つけておられる方々のためにも、とても
重要です。
要するに我々にマスクを常に着用する
ようになかば義務づけるように提唱
してきた政府やマスコミの示す市販の
マスクには、ウィルスを阻止するだけの
機能は全くなく、ウィルスの侵入を
止めるためには、現行のマスクの生地を
1000倍以上に細かくしなければ
ならず、そのようなマスクでは、窒息死
すると説明しているのです。
つまり私たちにとって、安全にウィルス
の侵入を止めるためのマスクなど、製造
不可能だと、説明してくれているのです。
しかも現行のマスク着用だけでも、健康
に重大な悪影響が出る事や、免疫力も
低下させるという事については、
これまでも記事で説明してきました。)

20:30〜21:57
Henrik Söderkamp氏
我々を動かしたのは自由的基本権が
脅かされたからです。なので、
自由的基本権が全面的に復帰されるまで
やり続けます。
同様に大事なのは我々は目下、
ネオリベラリズム(政府による介入を
最低限とした経済活動を根底とする)と
経済システムの崩壊の中にあり、数カ月、
数年に渡って重苦しい社会的抑圧を体験
することとなるでしょう。総勢をなして
企業は潰れ、多くの人々は失業し、
間違いなく新たな生産法や就業の組織かも
導入されるでしょう。ですから目下の
経済形態、及び経済規制は民主主義に
基づいて導入されねばならない。つまり、
様々な考えや生き方が許容される経済活動
が今は保護されていない。…お上に一方的に
規則が押し付けられることはあっては
ならず、
我々は自らの生き方、財産管理、生産法を
個人の権利で選択出来なければならない。~

これは残念ながらお遊びではありません。
ファクトチェックしてみてください。
我々は徐々に証拠を公表していくよう
努めています。

————-以下、本題に深くかかわら
ないので省略。————-
———————————-
追記
医師団のウェブサイト
www.aerzte-fuer-aufklaerung.de
にはマスクを外すべき医学的根拠がきちんと
書かれたPDFがダウンロードできるように
なっており、そのPDFを各自が主治医に
見せて相談&同意を得、
「マスク義務解除証明」を発行して
もらえるようにしてあります。政治家や
御用専門家に向かって虚しく吠えるよりも、
ドイツ全国の街医者をできるだけ多く
味方につけて団結を固めようという
戦略でもあるかもです。
私たち一般人はそれをもって挑発的に
マスクを外して徘徊するのではなくて、
マスクをしながらでもその証明書を持ち
歩いて、「これをもっているので外しても
いいですか?」と多くの方に見てもらう
ことで、摩擦なく人々にマスク及び過剰な
対策について問題提起してもらうことも
できると思いました。~

最後に。
ここには、このような内容に今更ショック
を受ける人はいないという前提で
投稿しています。~

皆さんがこれまで勉強し、調べ、納得
してきたことが、一般世間の共通認識と
ずれていることで周囲との摩擦を体験し、
ストレスを感じている方々に、遠いドイツ
からはっきりと「そうだよ」と言う声、
段階を踏んで活動を続けようとしている
医師たちの声をきいて、しばし
勇気づけられ、ホッとしてくださったの
ならば幸いです。
人にはそれぞれ役割があり、何かができる
タイミングというのもあると思います。
皆さんにこれで武装してどこかで闘って
頂くためではなく、そのような想いを
めぐらせ、投稿させて頂きました。』

“出典:「lemonのブログ」様
のサイト
【必見】「啓蒙のための医師団」は
コロナ感染対策が過剰であることを
公然と批判します
より”

この医師たちの言葉の最後にもあります
ように、彼らが立ち上がったのは、
政府やマスコミ、そしてビルゲイツなど
一部のものたちの意図によって、
自由的基本権が脅かされたから、
このような活動をしているという事
です。

まさにドイツ国民の基本的自由と人権
を守るために立ち上がったという事
です。

私たち日本ではどうでしょうか?
基本的自由や人権は守られていると
いえるでしょうか?

政府の一方的な緊急事態宣言による
自粛要請という形で、私たちの生活の
糧を得るための、経済的な活動が、
深刻なまでに制限されてしまいました。

そのおかげで、倒産する会社が相次ぎ
ほとんどの企業や自営業の方々が。
致命的な影響を受けてしまったのです。

これらは多くの場合回復さえ非常に
困難な状況に追い込まれている
のです。

しかも政府が推奨し、マスコミが広めて
いる新生活様式とは、マスクの着用、
三密回避、ソーシャルデイスタンスの
徹底など、私たちの行動や自由を著しく
制限するものです。

そもそも私たち真実発信者たちが、人々に
知らせている情報、つまりコロナは
全く心配するものではなく、マスクも
ソーシャルディスタンスも必要でなく、
対策として計画されているワクチンも
危険なものでしかないという事が、
真実なら、私たちの基本的人権は、
全く根拠のない理由で、不当に
脅かされてきたといえるるのではない
でしょうか?
事実私たちは全く根拠のない理由で
基本的自由と人権を制限されて
きたのです。

その事をつい最近WHOも証言して
います。

その事は、
コロナ信者と呼ばれる方々へ WHOの
言葉なら信じるよね? 超短編!

とい記事でもご紹介しています。

そして今回、ドイツの医師団やそれを
支える、多くの医師や専門家たちが
「コロナは心配するほどのもの
ではなく、現在のような過剰な「対策」
も全く必要がない。
そして計画されているワクチンも
危険きわまりないと予想できる」
ということなどを私たちに知らせて
くれています。

もしこの優秀で勇気のある医師たちの
言葉を信じるなら、私たちは、偽の
現実を政府やマスコミたちに、
吹き込まれて、理不尽でしかない対策で、
自由や人権も脅かされ、私たちの
生活の糧も致命的な影響を受けている
という真実にも気づいていただける
のではないかと思うのです。

どうか、すべての日本に住む方達に、
今回のドイツの医師団たちの証言を
知っていただいて、真実に目覚め
再び私たち自身の未来を築き合う
ように、ともに協力していただく
ようにお願いしたいものです。

ではまた(^^)/

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

中学生が、先生に向かって言い放った「コロナの真実」のレベルが凄い!


今回は、なんと中学生が、普段調べて
いる情報を、信頼できる情報とそう
でない情報に、うまく取捨選択して、
全てをつなげて、とても明確な
結論を導き出したという事がまず
一つ。

まずはそれだけでも凄い事なのですが、
さらに彼の凄いところは、それを
相手である先生達に、マスク着用拒否の
効果的かつ正当な理由として、
コロナが単なるプロパガンダで、
感染者数発表に意味がない事や
検査そのものが無効である事などを、
わかりやすい意見として、レポートで
質問したという事です。

中学生にして、この思考力・理解力・
感性・表現力・胆力、勇気は、本当に
素晴らしい!私の中学の時とは、
完全に別次元の子だ。

では、そのフェイスブックからの
この中学生の凄さを引用させて
いただきましょう。

(この35itataw様の記事は
もともとfacebookからの
記事を引用されたtekereorina
様の記事からのリブログという
事で、下記の引用記事に、その
facebookのアドレスと
tekereorina様からの
リブログが、記入されているのですが
私はアメブロをやってないので、
リブログができません、なので
tekereorina様のその記事の
アドレスを貼っておきます。)

『』内が引用で、~が中略です。
(この記事は最初にこの中学生の
発言だけを載せて、そのあと
お父さんのこの発言の紹介文を
載せてあるので、この中学生の
発言が二回出てくるので、一つ
にするために、お父さんの息子
さんであるこの中学生の発言と
紹介文を掲載させていただき
ました。それと冒頭の絵文字は
出ないので、変わりのものを置いて
おきました。)

中学2年生男子13歳

コロナ禍を快刀乱麻 😆

人類は目覚めた 🎵

https://www.facebook.com/maru88888888/
posts/10220609222212673

よく調べて鋭い質問、素晴らしい !!
♥♥

頼もしいな~

 

カバ-ルもマッサオ お祝い

takeさんからのリブログです、
ありがとうございます。
https://ameblo.jp/12050913taha/entry-
12608171363.html

フェイスブックからの投稿から
知りました。この中学生の調査力と
実行力には感銘を受けます。~

Masaharu Marumoto
中学生のお父さん
6月30日 3:54 ·

学校との一時和解、中学生男子
(13才)

【学校側はマスクを強要しないこと
を約束してくれました】

珍コロ騒ぎでマスクを強要されている
学生諸君には少し朗報かもしれない
話を書きます。

うちの子のことで恐縮ではありますが、
子自らが、コロナは基本的に嘘だらけ
であり、マスクは成長期の子供に
とって有害であることを学校に
レポートしました。

学校では会議が開かれ、うちの子の
レポートが議題に上がったと連絡を
受けました。

レポートの詳細は割愛しますが、
いくつかの論文などを引用し、
各教科の先生方に質問を投げかける
スタイルを採用したレポートでした。

以下は各教科の先生へ投げかけた
内容の抜粋です。

数学の先生へ
インフルエンザなどは発症者を基準に
考えるが、何故コロナは感染者数を元に
するのか?そもそも感染者数とは何を
指すのか。インフルエンザの発症者数と
死亡者数とコロナを比較しても、
コロナの数字がもの凄く小さいことを
どう説明するのか?

英語の先生へ
世界中の記事にアクセスできるにも
かかわらず、何故生徒に世界のことを
伝えないのか?エンジンオイルやヤギや
パパイヤで検査すると陽性となる記事を
どう考えるのか?

社会科の先生へ
コロナへの取り組みを世界的に横断して
解説して欲しい。イタリアの議会で紛糾
したコロナ死水増し疑惑や、
アメリカ中心に展開された
クライシスアクターを使った
プロパガンダの存在を解説して欲しい。

理科の先生へ
折角世の中でコロナが話題になっている
時に、バクテリアなどの微生物とウィルス
との違いを解説しないのは何故か?
大きさやDNA・RNAのことを理解する
大チャンスなのに、そのことを題材に
しないのは何故か?

そして、単なるマスク云々で文句を
言っているわけではなく、納得の行く
説明が欲しい旨をまとめ、コロナ出現期
には未知として考えるのは仕方がないが、
既知となった今、もっと掘り下げて総括
すべきではないかと。

それらを一切やらず、マスクを強要する
のはオカシイと思う・・・と。

大体こんなレポートを提出し、
「納得できるまで学校に登校しない」と
宣言して登校拒否を続けていました。

学校からは「マスクの強要はしない」と
連絡を受けたので、本日は一旦登校
しました。ですが、各教諭に宛てた質問
などには未だ答えてもらっていないので、
また登校拒否に入るかもしれません。

納得行くまでやらせようと思っています。

こんなことを書くと、親の僕が入れ知恵
しているように感じる方もいるかもしれ
ませんが、そうではありません。

面白いことに、日頃は家で勉強などしない
子が、登校拒否中は勉強しているのです。
オヤジの目線としては頼もしく思いますし、
そうやって堂々と意見を展開するのは大切な
ことだと思っています。

また、わがままでマスクを嫌がっているの
ではなく、彼は彼なりに考えていることも
解りました。

コロナのおかげで息子との共有の時間も
増えましたし、

カヤックや釣りなどをして遊ぶ機会が
増えて喜ばしい限りです

お父さん』

“出典:35itataw様の
「ふうこのドイツ de マンガ
Kalligrafie」様のサイト
”すごい中学2年生が現れた。” 
コロナはウソだらけと喝破!
登校拒否すばらしい!
より”

これは本当に素晴らしい子だ!
みなさんもそう思いましたよね。

つまり内容からして、先生たちより
はるかに高いレベルの知性と理解力
なのが、一発でわかります。
そしてそれをこれまたとても素敵な
お父様が誇らしく思うのも無理は
ないです。

私が記事として引用させていただいた
以上、この中学生の息子さんの
発言をさらに吟味して、解説させて
いただく事が良いと勝手に判断
しました。

まずは数学の先生への発言
「インフルエンザなどは発症者を基準に
考えるが、何故コロナは感染者数を元に
するのか?そもそも感染者数とは何を
指すのか。インフルエンザの発症者数と
死亡者数とコロナを比較しても、
コロナの数字がもの凄く小さいことを
どう説明するのか?」

まず第一に、現在マスコミで毎日の
ように報道されている感染者数という
のは、本来報道できないというのが
真実で、感染者はどれだけ新たに
増えているかは、全国民を毎日検査
して初めてわかる事です。

つまり完全な詐欺の報道である事を
完全に理解しての意見だと思います。
もちろんそのテレビなどで毎日・毎時
報道される感染者数は、PCR検査で
陽性反応が出た人数の事を示して
いて、このPCR検査自体に、特定の
ウィルスに感染しているかどうかは
証明できないと、つまり全く効果が
ない事を開発者のマリス博士が証言
していた上に、
PCR検査の使用書自体にも、あらゆる
ウィルスに反応して陽性となる場合が
あると書かれているので、陽性反応者の
人数が、新型コロナ感染者数の事を
示すとは、全く言えないという事が
明らかなので、これも完全な嘘の数字
です。

これら全てを理解して、数字のプロ
たる数学の先生につきつけたこの発言
には、統計の数字の読み取り方まで、
先生に教えてあげているという、皮肉
まで隠されているのです。

さらに毎年のインフルエンザの発症者
・死亡数に比べても、コロナの数字は
ケタ違いに小さい事実を資料でつき
つけて、インフルでも全くしなかった
対策をするのは異常でしかない
事まで示唆してくれています。

いやー数学の先生への意見だけでも、
これだけ味わい深いと、もう少し簡単に
解説した方が良いかな?

次に英語の先生への発言
「世界中の記事にアクセスできるにも
かかわらず、何故生徒に世界のことを
伝えないのか?エンジンオイルやヤギや
パパイヤで検査すると陽性となる記事を
どう考えるのか?」

さすがですね、ツイッターでも
広がったこれらの情報は、もちろん
真実ですが、PCR検査が、全くの
でたらめだという事まで示唆して、
これに反論できるかどうか、
調べてみなさい、必ず真実に
気づくからという事も示唆して
いるし、また気づいていたとしなら
これらの情報を無視させないよという
言外の圧力まで感じます。
す、すごい。

次に社会科の先生への発言
「コロナへの取り組みを世界的に横断して
解説して欲しい。イタリアの議会で紛糾
したコロナ死水増し疑惑や、
アメリカ中心に展開された
クライシスアクターを使った
プロパガンダの存在を解説して欲しい。」

私がこれまで記事でも取り上げた
ような、世界の真実の情報を
やはり、偽物と本物と比べて
きちんと見極めた上で、間違いの
ない情報を真実だと主張する
だけでなく、それらの情報に
ついての解説を求めるという
テクニックまで凄いですね。

これを単に偽物の情報だとする
のは、根拠不足になるので、
中学生の発言を肯定せざるを
得ないというわけです。
いやおそるべし、策士ぶり。

次に理科の先生への発言
「折角世の中でコロナが話題になっている
時に、バクテリアなどの微生物とウィルス
との違いを解説しないのは何故か?
大きさやDNA・RNAのことを理解する
大チャンスなのに、そのことを題材に
しないのは何故か?」

これは真実暴露しておられる多くの方
でも、彼のレベルをすぐに解説できない
のではないでしょうか。

彼が理科の先生に発言した内容はあまり
にもレベルが高いのです。
このレベルの知識は、私もほんの数ヶ月
前にも知らなかった事です。

要するに彼がここで、理科の先生に
発言しているのは、ウィルスと微生物
は、全く違って、微生物は、これまで
分離や特定そしてその毒性、または
無毒、そして場合によっては、人体
にとって有益となる種類のものなど
とても詳細に研究されてきて、その
結果も多くの科学者たちで研究
されてきたのですが、ウィルスに
ついては、コッホの原則である
分離・特定、そしてその独立した
働きを検証するという点では、
まだまだ完全に確認されている
とはいいがたく、ウィルスと
呼ばれているものは、人体の老廃物
や、エクソソームなどの体内生成物質
だと結論づける科学者も多いという
事まで、この中学生は発言している
という事になります。

これは単なる中学校の理科の先生の
レベルをも超えてしまっていると
いえます。

まさに天才です、むしろいろんな情報
について吟味して、新しい結論に
導く時に、この中学生にこそパートナー
となっていただきたいと思いました。

こんな凄い中学生のように、今のコロナ
信者の大人達になって欲しいとは、
さすがに無理がありすぎますが、
せめて彼の発言から謙虚に学んで
真実の情報に熱心に耳を傾ける
ようにしないと、平塚氏のいうように
こんなに信者が多いままだと、日本
は本当に終わってしまうという事
になるからです。

みなさんこの中学生に目覚めさせて
もらってくださーい!

ではまた(^^)/

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

コロナ信者と呼ばれる方々へ WHOの言葉なら信じるよね? 超短編!


ツイッターの素敵な真実発信者さん
たちの、拡散力のおかげで、かなり
私の記事にもアクセスが急増して
くださってます。

そうなると読んでもらえるなら
うれしいとばかり、私もはりきり
たくもなる性分なのですが、
ほんとに睡眠時間しっかり取って
生活しないとだめな体質のようで、
あのこないだの超人的なゆきさんの
ような、内容の濃い毎日は私には
無理です。反コロナ、反ワクチン、
反5G、反完全管理社会のために
たくさん書く事がありますが、
今のパワーでは。週三つか、四つの
記事が限界に近いようで、まあほんと
そういう事がんばろうとするには、
工夫も必要だという事ですね。

だから今回はウルトラ超短編で
いきます。

要するに昨日多くの方に呼んで
いただいた
コロナワクチン強制摂取を絶対阻止へ!
世界は既に動いてる!

でも取り上げた引用部分の
貴重な、WHOの新しい発表を
今回も取り上げます。
私の紹介からどうぞ。

「なんと世界中で新型コロナの真実が
ばれてきたようなので、ついに
WHOが、コロナは感染力がなく
検疫の必要もないとはっきり証言
し始めたのです。

『』内が引用で~が中略です。

『supringstormさんより

WHOが急に方向転換

◉新型コロナウィルス感染者の
隔離は必要ない

◉検疫も必要ない

◉ソーシャルディスタンスも
必要ない

◉感染者からも感染しない

と言い出した。

T’zさんより コロナは嘘
であることが世界中に
知れ渡ってしまったからか

WHOもさじを投げているようです。

https://twitter.com/sprgstrm/
status/1279176711674884096…


Jhon B Wells 11:11さんより

The #WorldHealthOrganization made a
complete U turn and said that
#coronavirus patients doesn’t
need to be isolated or quarantined.
No #SocialDistancing and it cannot
even transmit from one patient to
another. *See the video.*
#coronascam

“出典:
「Michael-1001の
ブログ」様のサイト
WHOコロナ感染しないより”

要するに最初に書かれている
ように、コロナは全く感染力が
なく、隔離や検疫の必要も全く
ない、もちろんソーシャル
ディスタンスも必要ないと
いう事です。

その元の英文が最後にありますが
私も英文なら、わかります。

確かにそう言っていますね。

ここに動画についても紹介が
あったのでそれも掲載しておき
ますね。

つまりは、正式に、WHOがコロナ
には感染力がないと言った以上、
マスクももちろんワクチンも
要らないという事になり、
予防接種法改正の必要もなく、
ワクチン強制摂取も回避できる
という事なのです。

これを題材にして、抗議の電話を
入れまくりましょう。」

要するに、世界の医療界の基準とも
される公的機関が、コロナは感染症
ではないという事が正式に認められた
事を理由に政府に抗議するのも良い
と書きました。

で今回記事にしたのは、日本国中に
あふれかえっている、コロナ信者の
方々、つまりテレビや新聞の事を
思考力も推理力も感性も働かせず
にただ素直に、信じ込むだけの人に
最も効果的な材料がこれでもある
という事です。

WHOのことを世界の公的機関であり、
世界医療の基準と、少なくとも
コロナ信者の方々は信じているので、
その公的機関が正式に証言した事で
あれば、それを信じないという事は
筋が通らないという事になります。

テレビや新聞、そしてネットの大半を
占めるように工作された、「コロナ恐怖が
幻想だったと気づくきっかけとして、利用
できると思うのです。

私は当初から言い続けてきましたように
こういう事は陰謀論でもなんでもなく、
少しの思考力や観察力、理解力、想像力、
感性を働かせれば、真実を伝えてきた
事がよくわかってもらえると思っていた
からです。

今回は、彼らの信じているものを材料に
できるのだからとても、やりやすい
のではないでしょうか?

何度もいいますが、感染しない、まして
や、感染者からも感染しないという事
になれば、マスクもいらない、
ソーシャルディスタンスも必要ない、
三密でころか密着もオッケーで、
ご夫婦も恋人も夜の濃厚接待も
大丈夫だという事です。

だからみんな暗い社会にわざわざする
事はないんだ。

みんな幻想だったんだよ、目を覚まして
くれという事を、信者たちに伝えて
いけば良いと思ったわけです。

そうそう忘れちゃいけない、
感染しないのなら、隔離する必要も
なく、もともとなんの意味もなかった
検査も必要ない、さらには薬も
それこそ絶対危険なワクチンなんて
いらないという事です。

こうなったら、これまでウソを広めた
マスコミや政府、全部クビにしても良い
と思うけれど、最低限機能させる
ために今回真実を暴露してくれた
平塚氏を臨時総理にして、押越氏や
桜井氏や七海ひろこ氏も大臣にして
取りあえず、今を乗りきるの先決だと
思いますね。

何よりコロナ信者の人たちも怒んなきゃ
おかしいでしょ?

「よくぞ騙してくれたなと、隔離されて
亡くなって死に目にも会えなかった
人たちや、必要のない自粛倒産した
人たち、政府やマスコミに謝罪させる
だけでなく、責任もとらせなきゃ
ウソでしょ?

そういう事を伝えたいと思いました。

まあ超短編かつ、思いつきのまま
書いたんで、ツイッターのつぶやきの
延長のような、気楽な記事も
たまにはオッケーにしておいて
くださいねー(^o^)

ではまた(^^)/

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

コロナワクチン強制摂取を絶対阻止へ!世界は既に動いてる!


まあ私が世界の裏側の真実を知り
始めた2008年頃にはすでに、
世界中の真実暴露発信者たちが、
あらゆる著書やネットでの情報などで、
世界の絶対権力の支配層が、人類
にマイクロチップを埋め込み、完全
管理の絶対支配社会を、つくりあげる
という漫画やゲームの世界のような
話は、すでに世界では広く知られて
いました。

もともとは1980年代後半に
ヘンリーメイコウ氏や、フリッツ・
スプリングマイヤー氏、ユースタス・
マーリンズ氏などの名だたる真実
暴露の発信者が、最初だったと
思います。
それはロスチャイルドや
ロックフェラー、さらには王族や、
イエズス会、様々な世界中の
秘密結社などのカルト集団、
これらの代表者は多くの場合共通
していて、それが世界最高の頂天の
支配層を形成しているという真実を
広めてくれたという事です。

それを受けて、デービッドアイク氏
やジョン・コールマン博士、日本でも
宇野正美氏や、太田龍氏などが
世界に広がり始めた真実を暴露して
くれるようになったのです。

占星術を全く信用していない方でも、
その時代に先駆ける事数十年前に、
西洋占星術家の大家であり、私の
専門でもあるサビアン占星術を、
世界的に有名にしたディーン・
ルディア氏という方が、1979年から
冥王星と海王星の位置か逆転する事で
世界的に人類に真実がもたらされ
人類が覚醒するという変容が起こる
だろうと予言していた事と完全に
一致するのです。そしてそれは
1999年まで続いたのですが、
確かに、真実暴露が世界中で広まった
時期と完全に一致しているという
わけです。

ここは、みなさんも自信を持って
いただきたいのですが、こういう流れ
を、止める事は、世界の支配層でも
さすがに無理だったので、その真実
覚醒の流れが終わるまでは、世界的な
動きはせず、局所的な戦争や、人工
災害に留めておいたわけです。
(まあそれでも阪神大震災など、
悲惨な人工災害テロなどが実行されて
しまいましたが)
ところがその1990年代が終わり、
2000年代に入ってすぐに、彼らは
世界的な人類への取り組みを開始
したのです。

2001年9/11のアメリカ同時
多発テロという、偽の国際テロを
でっちあげて、監視国家への足がかり
をつくりました。信じられない人も
いるでしょうが、自由の国が、国際
テロ防止のためという名目の監視国家へ
と法改正もされ、変貌していったの
です。

同様な事は、世界中でも行われ、
北京オリンピックでの無数にも思える
監視カメラの設置整備が、とても有名
です。今では、日本でもいたるところに
設置されているのが、わかります。
ネツトでもわざと少ない数を紹介されて
いますが、それは全く信用できません。
どこにしまっておいたか、その資料を
再び見つけたら、記事にアップする
ようにしますね。

こういう話が、あたかも「陰謀論」
であるかのように、私たちは、
ゲームやらアニメなどで洗脳されて
きたわけですが、ようやく5G導入や
ワクチンのナノチップ、スーパー
シティ法案などの進行事態を観ると
どうやら陰謀論などではなく、れっき
とした世界の支配層の、計画通りだと
いう事に気づいてきた人も多くなって
きたようです。

さてワクチンが危険な事は、ご存じの
方も多いのですが、とにかくこれまでの
ワクチンも超危険なものです。必ず
一定の確率の人にすぐに副作用が出る
場合もありますし、中に含まれている
猛毒成分のが蓄積して、将来に甚大な
健康被害や、不妊などの極悪の影響が
出たりします。

水銀は、あらゆる元素の中で最も猛毒
ともされているもので、それが保存剤
、補助剤という名目で入れられて
います。神経毒でもあるので、脳症
半身不随、全身または部分麻痺などの
症状にもなったりします。
また難病のギランバレー症候群なんかも
ワクチンの影響や薬害ですね。

あとさらに、インフルエンザワクチン
などを接種したら、その摂取した人
だけが、感染するというような場合も
たくさんありました。

理由は、簡単です。ワクチンそのものに
そのウィルス、またはウィルス感染を
引き起こすための成分が含まれて
いるからです。

どんな中味か良い画像を見つけました。

アルミもやばいです。
正式名を
フッ化アルミニウムといって、フッ素
の化合物でするフッ素も神経毒なので
まあ水銀と同じく特に脳に甚大に
悪影響を及ぼします。

もともとフッ素は囚人をおとなしく
させるのに有効なものとされて
いましすが、それは、自発的な意欲
、思考力、理解力、表現力、感性
などがどんどん失われるというもの
です。もちろん水銀も同じ効果が
あります。

そういうものが、どの種類のワクチン
にも含まれているという事を考えても
観てください。

現代人は、思考力や表現力がなく
なったといわれるのが、ワクチンなどを
摂取してきたからという事だとも言える
と思います。

要するに支配層は、大多数の人々に思考力
も表現力も、そしてとくに発言力などが
いらない、代わりにロボットのような奴隷
が欲しいという事なのです。

テクノロジーやその他は、彼ら支配層が
取り込んだ、専用の科学者や技術者、
職人、知識人などがいれば良いと思って
いるので、大衆はつまりバカで良い
という事なのです。

さらにこの画像には入ってませんが、
ワクチンには、スクワレンという不妊剤
も入っているのです。

もちろん支配層の思惑通り、人口を
管理しやすい人数まで削減しようと
いう事です。

もちろん支配層の配下というより設立
当初から指揮下にあるWHOもその
支配層の意図通りの方針でいたのです。
それが端的に表れているのが以下の
秘密文書です。

『』内が引用で、~が中略です。


第10話 WHOで発見された
人口削減計画書類の内容~

それは、1972年のWHO内部書類で、
この中には、なんと「ワクチンの形をした
生物兵器の開発の必要性」が書かれて
あったのです、、、。

このメモは、ジャーナリストのパトリック・
ジョーダン氏によって発見されたものです。
この3ステップのワクチンを使用した
人口削減計画をみると、WHOが世界
の人々の健康に寄与するという表の顔の
裏側で、国連の一部組織として、
各種ワクチンを用いた世界的規模の
長期的人口統制計画を担ってきた団体
であることがわかります。これを具体的に
解釈すると次のようにあてはまります。

1、生まれた赤ちゃんに予防接種を
しておき、体内の免疫系をあらかじめ、
弱めておく。

2、その後の各種ワクチン、毎年の
インフルエンザワクチンなどで血中に
さまざまなウイルスを植え付けておく。

3、今回の新型インフルエンザワクチン
のようにスクアレンを含んだ免疫補助剤
アジュバンドで接種後に免疫を暴走
させる。』

“出典:「」カクヨム様のサイトより ”

要するに、赤ん坊の時から、人体の
免疫力を弱めるようにしたり、
いろんなワクチンで、ウィルスを
混入させたり、免疫を暴走させたり
するような成分まで入れようとして
いるのがわかりますね。
(身近な例でいえば、花粉症や香害
でのパニック症状なども免疫暴走と
いえると思います。)

というよりそのまま実行してきた
わけですが、だからよく免疫は暴走
するから役に立たないなどという
偽の情報をわざと流して、薬や
ワクチンに誘導しようとするトリック
は、これまででも散々使われて
きました。

これまでのワクチンだけでも、
これだけ危険なのに、強制摂取なんて
絶対に阻止しなければなりません。

しかも今まで記事で紹介してきた
ように今回のコロナワクチン、さらに
危険な副作用が報告されています。

記事でも、取り上げてきたように、
15人中3人も、摂取後に重体
となったり、別のコロナワクチン
では63人中61人が不妊となる
などの情報が入っているのです。

このように健康な甚大な悪影響を及ぼす
ものだと予想されますが、それより
今回のワクチンにはおそらく、あの
悪徳ゲイツが、パンデミック宣言の
直後から再三いってきた、電子証明書
を体内に埋め込む予定だと思われます。

もちろんこれは電子タトゥーというもの
のようで、一種の液化された特殊な
電子タトゥーつまり入れ墨のように
なるという話もあります。

もちろん、それだけでなく、今回か
次回には、ナノチップも埋め込まれる
のも間違いないと思われます。
そのチップには全ての個人情報が
収められ、そのチップの送受信機能
により、全ての人が監視下・管理下に
なるという事です。さらにチップには
思考・感情・行動を操作するための
機能まで収められる予定だというから
もはや、ワクチンを打たれたら、自分
の肉体ではなくなるといって良いと
思います。自分でなくなるという
意味でいえば、今度のRNAワクチンは
遺伝子書き換えの仕組みまであるらしい
です。これはまた記事にしますが。

さてこんなワクチンを誰もが打ちたく
ありませんよね?

しかし、先日投稿させていてただいた
真実を語る平塚氏が、ついに私たちに
とっての敵陣に乗り込んだ!

という記事で平塚氏が暴露してくれた
ように、すでに厚労省は、
1億2千万人分のワクチンの製造ライン
を確保したので、私たち国民全員に
強制摂取させる予定なのは、超明らか
なのです。

そして今回この記事です。

『』内が引用です。

『政府が新型コロナウイルス対策
として、関連法の一括改正を検討
していることが分かった。

 複数の政府関係者が2日、明らか
にした。休業や検疫の要請拒否に
対する罰則を設けるなど、
国・地方自治体の権限強化が柱。
遅くとも来年の通常国会に
提出する方向で調整する。

 一括改正は(1)改正新型
インフルエンザ対策特別措置法
(2)検疫法(3)予防接種法―などが
対象となる見通しだ。』

“出典:「コロナ関連法、一括改正検討 
休業・検疫拒否に罰則 政府

YAHOO Japan
ニュース”

大騒ぎにならないように、表現を
工夫するのは、ずっと使用されて
きた手法です。

私たちはちゃんと意味を読み取ら
なければなりません。

要するに検疫拒否には罰則を
儲ける予定だという事です。

どういう事かというと検疫とは
要するに感染しているかどうかの
確認のための検査の事を
いいますが、これはつまり、今回の
新型コロナの場合、全く意味のない
あのPCR検査の事です。

当然偽の感染をでっちあげるための
道具として使用できるので、いくら
でも、偽陽性患者に仕立て上げる
事ができるのです。

そうなると隔離、そして再感染阻止
のためにワクチンという事になる
ので、当然ワクチン強制摂取と
同じ意味になります。

さらによく読んでください、
休業や検疫に対する罰則を
設けるなどとしている点
です、この「など」という事は
他にも罰則規定を設ける場合が
ありますよ、という可能性を示唆
している事になり、つまりは
最初からの意図通り、ワクチン
拒否に対する罰則規定をうまく
盛り込んだ改正になるのは
疑いないという事です。

その証拠が、罰則の記述のあとの
予防摂取法改正と書かれている事
なのです。

こういうわかりにくいワクチン強制
の表現にしているのは、すでに
ワクチンには、効果がなく、危険
でしかないという事は、わりと
知られている事だからというのが
あるのです。

ただし今回のワクチンの危険度
はこれまでとはケタ違いのもの
だという事なのです。

もちろん抗議の電話や、パブコメでの
反対をしていくつもりですが、
全国の多くの方もそのつもりのよう
ですので、なんだか凄く心強いです
これこそ本当の人とのつながりだと
実感できて幸せでもあります。

そんなみなさんに朗報なのが、
なんと世界中で新型コロナの真実が
ばれてきたようなので、ついに
WHOが、コロナは感染力がなく
検疫の必要もないとはっきり証言
し始めたのです。

『』内が引用で~が中略です。

『supringstormさんより

WHOが急に方向転換

◉新型コロナウィルス感染者の
隔離は必要ない

◉検疫も必要ない

◉ソーシャルディスタンスも
必要ない

◉感染者からも感染しない

と言い出した。

T’zさんより コロナは嘘
であることが世界中に
知れ渡ってしまったからか

WHOもさじを投げているようです。

https://twitter.com/sprgstrm/
status/1279176711674884096…


Jhon B Wells 11:11さんより

The #WorldHealthOrganization made a
complete U turn and said that
#coronavirus patients doesn’t
need to be isolated or quarantined.
No #SocialDistancing and it cannot
even transmit from one patient to
another. *See the video.*
#coronascam

“出典:
「Michael-1001の
ブログ」様のサイト
WHOコロナ感染しないより”

要するに最初に書かれている
ように、コロナは全く感染力が
なく、隔離や検疫の必要も全く
ない、もちろんソーシャル
ディスタンスも必要ないと
いう事です。

その元の英文が最後にありますが
私も英文なら、わかります。

確かにそう言っていますね。

ここに動画についても紹介が
あったのでそれも掲載しておき
ますね。

つまりは、正式に、WHOがコロナ
には感染力がないと言った以上、
マスクももちろんワクチンも
要らないという事になり、
予防接種法改正の必要もなく、
ワクチン強制摂取も回避できる
という事なのです。

これを題材にして、抗議の電話を
入れまくりましょう。

さて日本じゃいまだ多くの人に
ワクチンの危険性を説明しなければ
なりませんが、世界中ですでに
ワクチン撲滅のための反対運動が
展開しているのです。

さる6月6日には国際的な反ワクチン
デモが行われたようです。

それが以下の記事になります。

『』内が引用で、~が中略です。

『強制ワクチンに反対する国際的な抗議活動
IV INTERNATIONAL (GLOBAL) PROTEST
AGAINST FORCED VACCINATIONS

第四回 反強制ワクチン抗議活動が、
2020年6月6日にワルシャワなど
ポーランドの複数の都市やその他の国
で開催されます。

ブルガリアやウクライナ、カナダ、
アイルランド、イギリスはすでにこの
イベントへの参加を表明していますが、
さらに別の国からのご参加もお待ち
しています!

この抗議活動が、地球上のあらゆる場所
での社会的な反対行動になるように
しましょう!

私たちの目標は、基本的な自由であり、
世界的な統制やワクチンを含む医療処置の
強制化に反対することで、それをすべての
政府や国会に対して表現することです。

世界中の政府にワクチン強制化に反対意志を表明する署名ができるページ

.http://vaccineappeal.com/?
page_id=131

すべての人に免疫が行き渡らせ、
ビル・ゲイツの計画によればその
免疫をデジタルな認証で証明させ、
そのような証明がない場合には差別や
基本的人権に制限が与えられる、
ということを各国政府が口を揃えて
言っています。

グローバリストに続き、同じような
全体主義的メッセージを、
世界中の政治家が繰り返し
発言しています。

安全で効果のあるワクチンを作る
可能性などない、と医師や科学者らが
警告を発しているにもかかわらず
です!

みんなで団結することによって
のみ、私たちはこれを阻止させる
ことができます!~

年齢や政治的な考えがどのような
ものでも、このイベントには誰もが
参加することができます。そして
このイベントを、強制ワクチンに
対する世界的な反対活動にするため、
毎年、世界中で行われることを
期待しています。

メディアによって作り出された
「新型コロナウイルスの危機」と
ワクチンは、世界的なコントロールの
拡大を大規模に継続させ、そして
全体主義的な政策を実施するために
使われています。

抗議活動として、世界中の
ストリートや町を歩くことを
計画しています。~

https://stopnop.com.pl/
protest-2020/

“出典:「世界の裏側ニュース」様
のサイト
日本もワクチン強制化か:6月6日に
国際的な反ワクチンデモの
呼びかけ
より”

このような世界的な取り組みも
ありますし、また、各国でも
反ワクチンデモ、そこでは同時に
ゲイツ逮捕という言葉のボード
も目立ちます。

ドイツではこれまで記事にして
きましたように、このデモの
おかげで、ワクチン強制摂取法を
回避できました。

日本も世界に遅れずにいき
ましょう。

ちなみにこの記事にも、厚労省に
対して、ワクチン反対の意見を
届けるのには以下からもアクセス
できるようです。

厚生省「国民の皆様の声」募集 
送信フォーム

https://www.mhlw.go.jp/form/pub/
mhlw01/getmail?fbclid=
IwAR2MC6OQgoYpcaS3YOu3xfYGLn
RRyR5HDtVUfbjF85oxGNEn7qX95H7_8kg

さてとにかく、反対の声をどんどん
上げていき、多くの人に真実を
知らせようではありませんか。

それから、現在ツイッターから
アクセスしていただいてる方が
多いと思うのですが、ツイッター社
が存続の危機というような話も
持ち上がってきたようなので、
念のため今回のような記事を一覧で
掲載してるページをブックマーク
していただくとありがたいです。
わりとひんぱんに更新している
カテゴリーです。
それともう一つの重要な意識の話の
一覧のページも、よろしければ
https://wp.me/Pa36hC-3D8

生命の神秘編一覧

https://wp.me/Pa36hC-3Gq

意識と思考と覚醒編一覧

いつもありがとうございます(*^_^*)

ではまた(^^)/

生命の神秘編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

波動とはスパイラルのエネルギー 周波数とは周期的な波動というだけの事


多くの人が、言葉をバラバラにして
イメージするために、別々のものの
ように錯覚する事が、よくあります。
波動、周波数、振動数など全て言葉
が違うだけで、意味はほとんど一緒
なのです。
今回は波動の最も基本的な正弦波を
用いて説明します。
振動数の振動は、図の右側のように
波動の頂点Aから頂点A’に戻ってくる
までの一往復を表しています。
そしてまた図の左側のように波動を
進行方向から正面にみた場合、右の
円運動になります。
周波数の一周期はこの一回転ですが、
これも、先ほどの振動の上下の一往復と
同じく、波動の頂点Aから頂点A’に
移動した事を示しています。
同じ正弦波の現象を別々の見方でみた
だけで、全て同じ事を示しているの
です。

この場合、数値が問題なのではなく、
これらのことは全て同じ現象を表して
いるものだという事なのです。
見ている視点が違うだけの話ですね。
日本語では、このように言葉が、
バラバラに使われるのでイメージ
しにくいですが、みんな同じ現象を
表現しただけのものだという事を知って
いただきたいという事なのです。
なんせ周波数も振動数も波動も
英語ではfrequency
ですから。

ただ下の基本的な波の形である正弦波
は、実は自然界では進行方向に向かって
ねじれていっているのです。
つまり図の上の方のような形ですね。
少し角度が違うのでわかりにくいかも
知れませんが、下の正弦波のように
進行方向に一定に進んでいます。
戻っているように見えるのは、ねじれ
を表現するために角度をななめにして
描いたからですね。
もちろんねじれている以外は、正弦波
は、振動の上下運動と、円運動と
波動としての動きを、まとめた動きを
しているわけです。
まとめたというより、全て一つの波動の
動きを、3つの別々の視点で眺めただけ、
という事なのです。
スパイラルとなると、これにねじれが
加わって、4つの視点ですね。

つまり自然界の波動とはこのスパイラル
というものだったのです。
わかっていただけましたでしょうか?

でも自然界では、このスパイラル自体が
裏返しになるもう一つのねじれが加わって
トーラスのエネルギー形態になるのです。
そしてその中には、メビウスループの
ように、ねじれながら回帰するエネルギー
も含まれているという事なのです。
全てを一つとして表現するグラフィック
能力が私にはありませんので、お借り
してきました。


“出典:「真美 真実の物語」様”

当ブログでは、この画像あちこちから
お借りしてますね。
まあしかし、とてもきれいな上に
トーラスのエネルギーをとてもよく
表現してくれているので、とても
ありがたいです。
要するに感知観測できる自然界の基本
は波動エネルギーですが、それは
同時に全てスパイラルでありトーラス
であるという事なのです。
振動数や周波数として観測している部分
というのは、このトーラスの一部だけ
捉えているというだけの事だったのです。

しかし、これはあくまでも我々人類が、
感知観測できるレベルでのもので、
このエネルギーと宇宙の真の姿は全く
別次元なのです。
トーラスもスパイラルもねじれて裏返し
になっていますが、本来の宇宙は、
ねじれも裏返しもない全ての調和の
状態なのです。我々のイメージできる
調和の完全体といえば、「球」ですが、
「トーラスのエネルギー」というのは、
ちょうどその「球を常に裏返し続けて
いるエネルギーの流れ」という事だった
のです。
このことについては、また裏付けとなる
記事を書いていくつもりですが、
示唆的な事を紹介させていただくと、
臨死状態の患者のそばにいた人(達)が、
患者と同様に臨死体験をするという
臨死共有体験というものが、少なからず
ある事を、超意識編の記事で紹介させて
いただいてますが、
その体験の共通事項として、空間の変容
というものがあります。治療室などの
部屋全体が大きく歪んでいったという
報告が数多くあるのです。
通常の人ならこれを聞いて、感覚が
歪んでしまったと思うでしょう。
でももし我々の現実世界の方が歪んでいて、
別次元に移行した臨死共有体験者たちの方
が、本来の空間の認識に移行していたの
なら、全く逆の解釈になりますよね?
そして、その状態での体験者たちの意識
は、それまでの人生では味わった事のない
至福感と、覚醒の意識になったといって
いるのです。という事は我々がまともだと
思っている空間の認識の方が「歪んで」
いるという事も、あり得ると思いません
か?事実エネルギーは全てねじれて裏返し
になっているのですよ。
このような理解が、土星や月のプログラム
の理解にもつながっていくという事です。
またわかりやすく説明するための、資料を
用意して記事を書く事にします。

ではまた(^^)

 

いつもありがとうございます(^^)

宇宙の仕組み編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ