退行催眠で、自分の過去生にアクセスできるだと!?

あんみん
あんみん

どーだなおみん、山本先生に
「退行催眠」とゆーものを
かけてもらった感想は

なおみん
なおみん

あれー、私の過去の別の人生
だったのー?
男の人になってたわよー
でもそれでいて、確かにそれが
自分だって分かった感じだったの

あんみん

ほほー面白そうだな

なおみん

またその時の事は後で話すわよ
で今回は何?
まあそりゃ大体わかるけど
つまりは、この退行催眠で過去生
に戻る話についてでしょ?

あんみん

そうそうさすがだなーなおみん
なんと臨死体験の研究で
第一人者と認められる、レイモンド・
ムーディ氏が、退行催眠での過去生の
研究もしておられたんだよ。

なおみん

あー何度も臨死共有体験の時の記事で
引用させてもらったの、ムーディ氏の
本だったもんねー
あの人いろいろやっておられるん
だねー

あんみん

そだねー

なおみん

ちょっとなにそれ平昌オリンピックの
カーリング女子の方達のセリフじゃ
ないのよ
おにいちゃん時代の変化について
いけてないわよー

あんみん

たははー確かに今の流行語とか
わかってないしなー
そうそうそんな事より、過去生が
観れるってすごくないか?

なおみん

まあ確かに自分の過去生だったら
ずっと自分が生きてるって事
だから、なんだか凄い贈り物を
いただいた感じよね。
でもほんとにこれ過去生なの?

あんみん

そうそう確かに絶対とは言い切れ
ないものはあるんだ。
レイモンドムーディ氏は、過去生
があるとは証明できないとして
おられるし、アニータムーアジャニ
女史も、別の人生に意識を移行した
だけだとも言ってるしね。

なおみん

別の人生だったら、なんで自分の
人生のように思えたの?

あんみん

それはつまり、俺たちは、上の次元
のレベルでは一体で、そこにいる
無数の全ての人の意識とも一体
だから、その過去生の人生での意識
も当然、自分だという感覚は、ある
と思うよ

なおみん

なんだ全然わかんないしー
じゃあ私たちは、永遠に
生きてるってわけじゃないのー

あんみん

いやそれが永遠の意識は、意識
なんだ。
とにかく過去生についての記事を
以前書いてるので、それを読んで
みてよ

なおみん

えー、なによー、読むのが
めんどくさいから
聞いたのにー(^_^;)

あんみん

まあまあこれだよん

今回は、過去世について新しい視点を
もたらす、「退行催眠」というものを
ご紹介していきたいと思います。
「退行催眠?なんじゃそら?」
などという人も多いでしょうね。
前世記憶では、まだ魂の記憶または、
霊的な領域に存在していた自分の
意識が幼少の頃に残っていて、前世
または霊的な存在での自分についての
記憶を自然に家族などに語り始める
という事が、一般的でした。
もちろんその証拠となる、身体のあざや
傷痕なども、多く事例があります。
それが、新しい人生での環境や経験に
より、前世の記憶が、少なくとも
7歳児くらいまでには、完全に無く
なってしまうというものでしたが、
それとは全く別の仕方で、成長した大人
などが、「退行催眠」をかけられる事に
より、過去世とおぼしき記憶を意識的
に「体験」するという事例が無数にある
という事を、数年前に知りました。
それは、臨死体験研究の第一人者
レイモンドムーティー氏などの著書に
よって、ですが調べていくと研究者の
間ではその退行催眠は一般的な
コンセプトとしてあるようなのです。
ではその退行催眠とは何か?について
レイモンドムーティー氏の著書から
引用させていただきます。
ちなみに前世の記憶でなくて、過去世と
言う表現は、直前の人生だけでなく、
さらに以前の人生のような記憶も思い
出しているように見受けられる事から
そのように呼ぶ場合も多いのです。
「」内は全て引用で、~は中略の意味
です。
「次の日に私は、心理学者のダイアナ・
デンホルムを訪ねたのである。
彼女は治療に催眠術を使っている人だ。
デンホルムは、当初催眠術を、禁煙
したい人やダイエットしたい人、
あるいは物忘れした人の記憶を取り戻す
ときなどに使っていた。
ところが奇妙なことが起き始めたと
いう。催眠術をかけられた人が、ときに
過去世のことを語り始めるのである。
それはとりわけ、患者の人生の
トラウマ(心的外傷)となっている
時期に、催眠術で退行しているときに
起きた。
これは「退行催眠」として知られて
いるものだ。
(引用注:専門家の間で知られている
という意味です。ムーディ氏は医学博士
であり精神科医でもある専門家です)
この心理療法は、人生のある時期に
受けた心の傷をいやすためのもので
ある。
ちょうど考古学者が地層を掘り進む
ように、その人の記憶の層を過去へ
たどっていき、トラウマの原因を
見つけて、治療する。
しかしこれをおこなうと、患者は
ときに自分の誕生日より前の過去へ
さかのぼり、はるか昔の過去世のことを
語り始める場合がある。あたかも、
今ここで起きていることのように語り
始めるのである。
この現象は当初、デンホルムには理解
できなかった。
彼女は、催眠術の仕方をどこかで間違
えたのかと思った。あるい患者の奥に
ひそむ多重人格が現れたのか、と
思ったりもしたという。
しかしこうした現象が幾度もおきる
ので、ともかくデンホルムは、患者の
トラウマの治療にこれをつかうことに
した。彼女がこうして「過去世治療法」
をし始めると、それが治療に大変効果的
であることがわかってきたという。
彼女は私に、
「あなたもあれこれ言う前に、やって
みたら?」
と言った。もっともだった私は、
ともかくもやってみることにした。
その午後、デンホルムは私に退行催眠を
かけてくれた。
彼女はリクライニング・シートに私を
深く座らせ、ゆっくりと、熟練した
やり方で、私を深い催眠状態へさそい
こんだ。
あとで彼女が教えてくれたところでは、
私は1時間ほど催眠にかかっていたと
いう。もちろんその間、自分が
レイモンド・ムーディであることは
知っていたし、催眠療法士
(催眠セラピスト)のもとにあることも
自覚していた。
しかし、同時に私は九つの過去世を
行き来し、昔を思い起こしていた。
どの人生も夢のようなものではなく、
むしろ現実と感じた。
また過去世へ戻ることは、あたかも映画
を見ているようだった。
見える光景も色彩もリアルだった。
出来事も、起こるべくして起こった事柄
であって、なにかの私の内なる願望や
心の創作によるものではないと感じた。
そこに見たものが現実であることは
わかった。というのは、もし創作なら、
自分ならもっとましなものを創作する
だろうと思えたからである。
九つの過去世のうち二つは、歴史的に
特定できる時代のものであり、両方とも
ローマ時代だった。
他の過去世は、先史時代のものか、
もしくはとくに時代特定できないもの
だった。
これは当時のことがよく思い出せ
なかったということではない。すべてが
私にとって、なつかしさを感じるもの
だった。」
“出典:「生きる/死ぬその境界は
なかった」
レイモンド・ムーデイ
ポールペリー 共著
矢作直樹 監修
堀 天作 訳”
この退行催眠というのは、子供たちが
幼少時に記憶している前世記憶と、
アプローチは違うけれども、ほぼ
同じく過去世のものと考えてもいい
と思います。ですが、真理探究の成果
として、それだけが唯一の観点でも
ないのです。
前世であるけれども、その人固有のもの
とは限らず、他の人と共有している
ものでもあるという事でもあります。
以前にも書かせていただいたように、
全ての意識、つまり過去の意識や未来の
意識の全ての人々の意識も、無限にある
タイムラインにある無限の時空も全て
一体、そしてそれが全て自分自身と
いう事でもあるからです。
この事は臨死体験シリーズを読んで
いっていただければわかっていただける
と思います。
ただ、一つの観点として、レイモンド・
ムーディ氏の魂レベルでいえば、これは
過去世だと言ってもさしつかえありません。
それにしても、とても感応度の高い方の
ようで、退行催眠の例は、いくつも知る
事になりましたが、このように一どきに
9つもの過去世を体験した人は、今の
ところ他に知りません。
これは、レイモンド・ムーディー氏が、
臨死体験領域のエピソードを研究する
ようになったこと、また過去世も研究
するようになったことと深く関係が
あるような気がします。
高い次元の自分自身である、自身の
霊というものは、本人にとっての
道しるべとなるようなきっかけを
多く与えようとします。
しかもムーディー氏は、トランス状態
にあったわけで、そのような状態の
本人に、高い次元の霊は作用を及ぼし
やすいですからね。
そうですね、この高い次元の霊のこと
を、守護霊とも呼ぶ事もあります。
またその霊とほぼ同じ存在が、臨死体験
でよく出会うと報告される光の存在と
同じ存在であると、思っていただいても
いいと思います。
つまりレイモンドムーディー氏が、
過去世の研究を始めるように、過去世
を通常よりも多くみせるように誘導
したという事です。
この9つの過去世のうちのいくつかを、
このシリーズの次回でも取り上げよう
とは思います。
確かに彼が自分自身で語っているように、
心の願望からくる創作の幻覚でない事も
わかるのが、かなり大変ネガティブな
過去世が多くありました。
それと映画を見ているようだったという
のは、その過去世の意識が存在している
領域は、やはりホログラム的現実の
世界であるという事の裏付けでもあり
ます。
しかも多くの退行催眠による、過去世の
体験では、3D映画のように立体的で、
さらに360度の視点があり、それを
第3者の視点で眺めたり、当人になり
そのまま体感までしてしまう事も多い
ようです。
しかし、これも臨死体験者の人生回顧と
共通している点が多くあり、やはり
霊的な領域は、無限の鮮明なホログラム
の世界の側面もあるという事ですね。
側面といったのは、意識レベルによって
さまざまな現れ方が体験できるという事
だからです。
ただ確かに、ホログラム的現実は、我々
の日常の現実と、意識的に近いところに
存在しているという事がよくわかる
わけです。なぜなら、退行催眠一つで
それを体験できてしまえるからです。

なおみん

わーもう長ーい!
要するに深い催眠で、現実と全く
変わんないようなホログラムの
世界にいって、自分の過去生
らしき時空に、意識がジャンプ
するって事ね

あんみん

そうそうその通りだよなおみん
凄いなー

なおみん

おにいちゃんみたいに長々
説明しなくても、私の説明の方が
わかりやすいんじゃないのー

あんみん

え、ま、まあそうとも言えるかも
知れないけど、オレの役、
取り上げないでよー

なおみん

大丈夫よ、そんなめんどくさい
役割なんて、こっちがごめんだわ

あんみん

で、とにかく、そのホログラム的
な現実には、全ての時空の、全ての人
の人生や、無数のタイムラインの
人生まで収められてるんだよ

なおみん

まーったく想像もつかないわよ
おにいちゃんが見てきたわけ
でもないんでしょ

あんみん

そうなんだけど、アニータさんの
ような、臨死体験でも一番高い
レベルの到達したような人が
いってるんだから、まず間違いない
と思うし、それに多くの超常現象や
臨死体験事例、タイムスリップの
例などいくもの事が、その裏付け
にもなってるから、それが正しいと
思えるというわけさ。

なおみん

なあるほどねー
まあいいわ、とにかくその
ムーディ氏の過去生の
エピソード楽しみにしてるわね

 

あんみん

おーまかしといてー

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

なんと二人で時空の裂け目から過去にタイムスリップした実話がある!?

あんみん

なおみん、タイムトラベルって、
信じてるかー?

なおみん

さあタイムマシンとかあったら
便利だけどー

あんみん

へへー今日は、そのタイムトラベル
についての話だよー

なおみん

えーなんだタイムマシン発明できた
とかじゃないのー!つまんないー!

あんみん

んなのオレができるわけないだろー

なおみん

まあそりゃそうねー、おにいちゃん
メカとか、パソコンとかめっちゃ
苦手だもんねー

あんみん

たはは、まあ人には向き不向きという
ものがあるからなー

なおみん

おにいちゃんは向いてないものが
多すぎるんじゃなーい
まあいいわ、そのタイムトラベルの話も
よく考えたら面白そうだわ

あんみん

そーだろー、これは単なる勘違いでも
幻覚でもなかったんだ。

なおみん

なぜそんな事がわかるの?

あんみん

なんと今回の話は、2人で、過去の
時代にタイムスリップしたという
話なんだ。

なおみん

わーすごい楽しみ早く聞かせてよ

あんみん

ではこれだよん

さてこれまでの記事で、私たちの現実
というのは、ホログラムという光の
波動の干渉による無限のパラレル
ワールドの世界になっていて、過去も
未来も無限のタイムラインも同時に存在
しているという事でしたが、時空のゲート
のようなものにより、別の時空やタイム
ラインに入り込む事もあるという事を
ご紹介してきました。
しかも今回ご紹介するのは、その時空の
ゲートが、継続的に存在する場所が
あるという事なのです。
常にあらゆる超常現象に対して、鋭い
観察眼を持っておられるマイケル・
タルボット氏の著書から引用させて
いただきます。
ちなみに次の実例は、映画のワンシーン
でなく現実のエピソードです。
「」内は引用で、~は中略です。
1901年8月10日、オックスフォード
のふたりの教授、セント・ヒューズ・
カレッジ学長アン・モベリーと副学長の
エリノア・ジョーダンは、ヴェルサイユ
宮殿のプチ・トリアノン庭園を散策して
いた。
そのとき、このふたりの女性の目の前
で、ちょうど映画の場面が変わるときに
使われる特殊効果に似ていないことも
ない一筋の光が風景を横切っていった。
この光が過ぎていったあと、風景の
様子が変わっているのにふたりは気が
ついた。突如として、まわりにいた人々
が十八世紀の衣装やかつらを身につけて
おり、みんな何か興奮した様子を見せて
いた。二人があっけにとられて立ち尽く
していると、天然痘の痕が残る顔をした
醜い男性が近づいてきて、差し迫った
様子でどこか他へ向かうように言うの
だった。
ふたりは彼のあとをついて並木を横切り、
庭園に出たが、そこでは音楽の調べが流れ、
貴族とおぼしき婦人が水彩画を描いて
いるのが見えた。
やがてこのヴィジョンは消滅し、風景は
平常に戻ったが、あまりに劇的なその
変貌にふたりが振り返ると、たったいま
歩いてきたばかりの小道は、古い石壁で
行く手がさえぎられていたのだ。
英国に戻ったふたりは、歴史の資料を
くわしく調べた結果、自分たちは、
チュイレリー王宮の略奪とスイス衛生兵
の虐殺が起きたその日へと時間を超えて
移送されたのであり(庭園にいた人々の
興奮した様子もそのためだった)、
庭園にいたあの女性は、
マリー・アントワネットその人だったと
結論を下したのである。
この体験があざやかなものであったので、
ふたりはこの出来事を本一冊分の原稿に
まとめ、英国心霊研究教会に提出したの
だった。
モベリーとジョーダンの体験が大きな意味
を持つのは、ふたりが単に過去透視によって
過去の一場面のヴィジョンを見たのでは
なく、実際に過去に戻ってその中に足を
踏み入れ、人々に出会ったり、百年以上も
前の姿のチュイレリー庭園を歩き
まわったりしたという点である。~
~それに、チュイレリー王宮でこのような
現象が起きたと英国心霊研究協会に報告
された例は、これが唯一というわけでは
ないのだ。一九五五年五月、ロンドンに
住む弁護士とその妻が、やはりこの庭園
で、十八世紀の装いをした人物数人に
遭遇している。また別の例では、
ヴェルサイユを見下ろす場所に位置する
ある大使館のスタッフが、庭園が歴史上
の過去の時代にさかのぼってしまうのを
見たと主張している。
(引用注:ここまでがチュイルリー庭園
で起きた時空転移現象)
アメリカでも、アメリカ心理学会と
アメリカ心霊研究協会両方の会長を
務めた超心理学者ガーナー・マーフィー
が、これと似たあるケースの調査を
行っている。
バターボーグという名でしか示されて
いないある女性が、ネブラスカ・
ウェスリアン大学にある自分のオフィス
から窓の外を眺めたとき、五〇年前の
キャンパスの光景が見えたのだ。ふだん
のにぎやかな通りや女子学生クラブ
会館は消え失せ、そのかわりに広い
野原と数本の木々がそこにあり、遠い日の
過ぎ去った夏の風に木の葉が揺れていた
というのである。」
“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”

これは完全な時空転移ですね。つまり
俗に言うタイムスリップです。
私は当ブログの記事でいくつもそれを
紹介しています。
あの東日本大震災の数日後のタイム
スリップや、バミューダ海域での
タイムスリップした上に生き返った
男性の話と同じという事ですね。
彼女たちの証言が、偽物でないのが、
別の証言で、同じ場所で時空転移の
目撃情報が複数ある事でも裏付けられ
ますね、そもそもパラレルワールド
の無限のタイムラインが同時に存在
しているという事が真理だと確信して
いるので、私には当然起こりうる事
だと思っていますが、いつものように
疑り深い方のために、説明だけして
おこうと思いました。まあしかし、
時空転移によって、過去の世界に完全に
入り込んだというのは、極めて稀なケース
なので、彼女たちが、一冊の本にまとめた
くなるのも理解できます。

逆に虚言なら、それだけの量にはならない
だろうと思うのです。なぜなら、虚言なら
どこかで、ボロが出るかもしれない事を
警戒して短くするものだからです。
またこの報告で、彼女たちが変人扱いされ
学長や副学長の地位を失う恐れもある
のです。当然その事を自覚した上で
確信を持った真実だと思えるからこそ
の報告だったというわけです。

とにかくこの時の時空転移は、スイス
衛生兵に見とがめられるくらい、彼女たち
も相手からはっきりと確認されていたので
単なる霊体としてとか、ビジョンの上で
だけという事もないわけです。
これはかなり強力なそして「安定」した
状態の時空転移のためのゲートが、その
チュイレリー庭園にあるという事ですね。
私たちも意識の上で、アクセス可能な
レベルにある時、またこのような時空の
ゲートに遭遇したとき、そしてまた
電磁界異常などの状況に出くわした時、
時空転移する可能性は常にあるという事
なのです。

なおみん

うわー、なにこれー凄いじゃないー

あんみん

だろー

なおみん

やっぱり過去にもいけるんだねー
でもこれって、自分たちの意思で
という事じゃなくて、偶然に過去に
いけたって事よね?

あんみん

まあそーだなー、これはちと難解かも
しんないけど、意図的にタイムスリップ
しようと思うと、わりと意識のブロック
というのが邪魔になる場合が多い
という事なんだ。

なおみん

じゃあそのブロックを外すことが
できた人はいないの?

あんみん

いや世界中の長い歴史の中では、わりと
あると思うよ。
たとえば、遺跡発掘物を手に取るだけで
過去の1シーンにトリップできた、
サイコメトリスト、オソヴィエツキー
なんかもそうだね。

なおみん

それもまた話きかせてねー

あんみん

もちろんだよ
それと今回の事で、過去は消え去るもの
でもないという事が、わかってもらえた
かな?

なおみん

確かにちゃんといけちゃうくらい残って
たもんねー、なんとなくわかるわ

あんみん

それがどういう事かも
また説明するよ

じゃまた次回もお楽しみにー

 

 

いつもありがとうございます(*^_^*)

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

意識が、身体のエネルギーをコントロールして病気を治す!?

あんみん

あれれー、全然変わんないぞー

なおみん

なにやってんのよー

あんみん

いやこの暗示効くはずなのに
おまえちっとも変わんない
じゃないかー
美人に変われっていったのに

なおみん

はあ?
当たり前じゃない
美人の私が、美人に変わる
わけないじゃないのよ

あんみん

あちゃー、暗示よりも強い
思い込みというのが
あったかー

なおみん

しっつれいねー
思い込みじゃなくて、
私が正真正銘の
「ザ・美人」というやつよ
まーったく自分の無能を棚上げ
にしてー

あんみん

へへーい
まあいいやー
とにかく暗示だけで、次から
次へと病人を治療していった
という凄い人の話を紹介するよー

なおみん

まさか、ほんとなのー
ウソのような話だわ

あんみん

それが本当の話なんだ
これだよん

神智学の創始者としてその名を知られた
プラヴァツキー夫人の終生の仲間だった
ヘンリー・スティール・オルコット大佐
についてのエピソードを、
コリンウィルソン氏の著書から引用して
ご紹介したいと思います。~から~は
中略の意味です。

“一八八二年の七月、大佐はセイロン島の
コロンボにあって、ある仏教活動の
復活活動に従事していた。~
~それまでのところは、まだ奇跡は
起こっていなかったが、大佐は、集団
暗示が作用しはじめれば、奇跡が
始まり、仏教の信者は半減してしまう
だろうと悟った。
そこで彼はくだんの高僧に、あなた
ご自身で奇跡を働くことに尽力した方が
いいですよ、と告げた。~
~そのすぐあとで、大佐は、片腕が麻痺
していて、片脚も半分麻痺にかかって
いるコーネリウス・アプという男に
あった。
大佐は、これなら暗示の効き目を
ためしてみてもよかろうと決め、
いくつか神秘的な動作をその男に対して
行い、これで良くなるかもしれないと
男に告げた。
同じ日の後刻、アプ氏が戻ってきて、
もう気分が良くなった、もっと治療を
施してくれといった。大佐はまたその
男に神秘的な動作を行った。
コーネリウス・アプは、みるみる
うちに病気が良くなり、会う人ごとに、
大佐は奇蹟を働く人だといいふらした。
大佐は、麻痺していた手に対する
治療の仕方を記した文書を書いた。
それは-おそらくは地元の新聞にー
発表された。アプ氏は麻痺患者の友人を
連れてきたので、大佐がまた暗示療法を
繰り返すと、それは効き目をあらわした。
ところが、大佐を滅入らせたことに、
大佐はあらゆる種類の病気にかかった人々
の大群に押しかけられて、にっちも
さっちもいかなくなった。
人々は群れをなして押しかけたのである。
大佐は、たいそう忙しい目にあったが、
まもなく、自分の治癒能力を用いる
ことが、自転車に乗るこつを覚える
ようなもので、あくまでも自信と練習
しだいでどうにでもなるものであるのに
気づいた。大佐は自分の治癒力を信じ、
病気で苦しんでいる人たちもそれを
信じたので、治療はいっぺんに十二人
もの人に作用した。
人々は彼の食事を妨げ、着替えをして
いるときにも押し入ってきた。
彼の記録によると、彼は一定の間を
おいて外に出、家の裏手にあたる港の
塩水につかることを欠かせなかった。
そこで彼は「新鮮な活力が潮のように
入ってきて私の身体を再び強める」の
を感じたのだ。
彼の能力は非常な程度にまで発達した
ので、ある日の朝、とりわけすがすが
しい気分でいるときに(「私は
ほとんど像にも催眠術をかけられそう
だった」)
部屋の一方の端にいて、他の端にいる
顔面麻痺の若いインド人に、片腕を
あげ、ベンガル語で「治れ」といった
だけでその若者を治療してしまったほど
だった。
「そのインド人の身体に痙攣が走り、
その眼は閉じ、再びあけられ、長い
あいだ痙攣していた舌が自由に突き
出されたり、ひっこんだりして、
荒々しい歓喜の叫びをあげるなり、
インド人は前に走り出て、私の足元に
身を投げ出した」
大佐は理想的な条件のもとで自分の
能力を開発したのである。
たとえコーネリウス・アプに対する
治療が失敗していたとしても、そんな
ことは少しも問題にならなかったろう。
というのも、彼が自分の相手に
「詐欺を働く」ことによって相手の
病気を治してやろうとしているのだと
しっかり信じていたからである。
彼は、これが単なる暗示でしかないと
信じ続けていたが、そのうちに、自分
が治癒能力を持っていて、それが自然に
それなりのペースで発達しているのだと
がもはや間違いようのないものに
なった。~
~人間が自分の意志と称している
ものは、たいがい自己分裂している。
それだからこそ、たとえば、誰かが
あんたはかゆいと暗示しただけで私は
かゆくなるのである。私はかゆく
なりたいとは欲せず、かゆくなること
への不安が私の内部の天邪鬼(引用注:
あまのじゃくと読みます)な否定的意志
を、無意識で用いられていない意志を、
目覚めさせ、それがじっと坐っている
ことに飽きてくるのである。
(私は、多くの病気-潰瘍から癌まで
-を引き起こすのは、この否定的な意志
だという持説を持っている。)
もしオルコット大佐がコーネリウス・
アプをどうしても治したいと思っていた
ならば、大佐の緊張と神経のとがりが、
彼が自分の真の意志を呼び覚ますのを
妨げたであろう。その真の意志とは、
意識的な意志と無意識的な意志との結合
であり、それこそが「魔術的」な力の
基盤なのである。”
“出典:「オカルト」
コリン・ウィルソン著
中村保男訳
平河出版社刊”

さすが、これまでの人類史上に見られた
超常現象の数々を、とてつもなく多く集めた
著書をたくさん書いておられるコリン・
ウィルソン氏ですね、考察まで非常に
鋭い見解だと思います。
ちなみに「オカルト」という言葉は意味を
誤解されている事が多いですが、
「超自然的」というのが本来の意味です。

オルコット大佐の最初の奇蹟は、神秘的な
動作を行っての成果のようにもとれますが、
おそらく暗示療法を助ける役割を果たして
いたものと思われます。
オルコット大佐が深く関わっている神智学
協会は、東洋の神秘に学ぶところが大き
かったので、その時に神秘的な動作も
覚えたものと思われます。
ですが、基本的に「暗示」療法が効き目を
あらわしているという事が後半の奇蹟で
明らかになっていますね。
もちろん最初の時にも「これでよくなる
かもしれない」という暗示をかけています
よね。
実は、近代でも暗示効果による治療効果が
認められつつあって、プラシーボ「偽薬」
を絶対的な効果のある薬だと信じた患者
の病気が完治したという例はいくらでも
あるのですが、それも一種の暗示効果
だといえると思います。
「単なる水」でもはっきりとした治癒効果
があらわれたという事例もあります。
もちろんオルコット大佐の時代には、
そういう概念はなかったのですが、
この本にも書かれているように、
「大佐は自分の治癒力を信じ、病気で
苦しんでいる人たちもそれを信じた
ので、治療はいっぺんに十二人もの
人に作用した」
とあることから、やはりオルコット大佐
の治癒力を信じる患者たちの潜在意識の
能力も同時に発現しているという事なの
だといえますね。
しかし、部屋の端にいるインド人に
ベンガル語で「治れ」といっただけで、
その若者の麻痺していた舌を完治させた
のだから、オルコット大佐の暗示
能力も、とてつもなく高いのも事実です。
この場合の暗示は特に催眠効果を伴って
いないので、催眠術とは厳密にはいえない
かも知れませんが、逆に覚醒時に潜在意識
に働きかける事ができているという事で
オルコット大佐の能力が、ずば抜けている
ともいえます。
この能力を自分の「意志」で開発したの
ではなく、つまり自分の能力でなく
「暗示効果」のおかげであると信じた
オルコット大佐の無意識が、本来の能力
を覚醒させたという事を、ウィルソン氏は
ここで解説してます。

私は、無意識と潜在意識をはっきりと区別
しているので、オルコット大佐の能力を
目覚めさせたのは、「無意識」の力では
なく「潜在意識」の力によるものだと解釈
します。
無意識というのは、むしろ潜在意識も
働かないロボット的な意識なので、むしろ
本来の真の意識の力から最も遠いもので
あるという事なので、オルコット大佐の
能力を目覚めさせる事はできないという事
なのです。
だから、ウィルソン氏の「真の意志とは、
意識的な意志と無意識的な意志との結合
であり、それこそが「魔術的」な力の
基盤なのである」といっておられる
ように、無意識という言葉を使って
おられますが、私の言葉で書き直させて
いただくとしたら
「真の意識とは、顕在意識(表面にあらわ
れて容易に自覚できる意識)と潜在意識
(目覚めている時には容易に自覚できない
右脳や松果体で、ようやく感知できる無限
に近い意識領域)との融合であり、
それこそが私たちの本来の万能な潜在能力
の基盤なのです」
という事になります。え?私の方が
わかりにくいですって?そこをなんとか
お願いしますよ(^_^)

また興味深いのが、オルコット大佐の奇跡
を聞きつけた人々が、オルコット氏の
着替えや食事のときにも押しかけてきて
とても忙しくなって、オルコット大佐が
へとへとに疲れた身体を癒やすのに、
なんと家の裏手の海(塩水)に浸かって、
見事にエネルギーを復活させる習慣を
身につけたということですが、これは
私が生命エネルギーもプラズマ
で書いているように、塩水が人体の生命
エネルギーを支えるプラズマエネルギー
循環を助けて、その電磁気的エネルギーを
「通電」させるのに役立っているからと
いう事が、ここからでもわかるという事
ですね。
どんな時にも真理はすべてつながって
います。

なおみん

わー凄い人だったわねー

あんみん

だろー、暗示だけで病人が治るなら
そういう能力を身につけたら、誰でも
名医になれるよなー

なおみん

にしても長かったわよー
無意識と潜在意識の違いなんて
どうでもよくなくない?

あんみん

まあこのあたりは、オレのこだわりが
入ってるかなー

なおみん

まあいいわ、とにかく暗示というのが
凄い力を発揮するというは、よーく
わかったわよ

あんみん

そうそうそれでいいんだよ

なおみん

まーったくえらそーなんだから
次もおもしろくなきゃ、おしおきよー

あんみん

なんじゃー
そのおしおきって

なおみん

それはお楽しみよー

あんみん

やれやれ

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

催眠で、人とプラズマでつながるのが見えた!?

なおみん

わーつながってるー

あんみん

なんだなおみん、何が
つながってるって?

なおみん

催眠術師の山本先生と私が、
なんだか、光のひもみたいな
ものでつながってるのが見えた
のよー

あんみん

見えたって、おまえずっと目を
つぶってたじゃないかー

なおみん

鈍いわねー相変わらず。
つまり心の目で見えたって事
でしょーー

あんみん

おまえいつのまに「心眼」を覚えた
んだ?
すげーなー。

なおみん

なにその「しんがん」って、
わけわかんないしー

あんみん

でもなおみんが見たっていうのは、
おそらくプラズマエネルギーに
よる電磁波の事だろうと思うな。

なおみん

プラズマって・・・あーーーあの
ボールーー
そうそう確かにあの時と同じように
体から光る波動のようなものが見えて
山本先生とつながってるのが見えた
のよー

あんみん

やっぱりそうか

なおみん

なによーやっぱりって、
どうせまた受け売りの記事とかで
説明すんでしょー?

あんみん

厳しいなー、ちゃんとオレの説明も
たくさん書いてるよー
ではこれねー

意識はどこにあるかで説明させて
いただいたように、我々の意識は脳の
中や、肉体の内側に閉じ込められて
いるものではなく、まわりの環境と
一体であるという事です。
今回は、そのことを裏付ける実例を
また一つご紹介しますね。
これまで世界中でそれこそ無数といっていい
くらいの超常現象や超常能力の実例が、
報告されてきましたが、
コリン・ウィルソン氏ほど、その事例を、
多く集めて著書に書かれている人はいない
のではないかと思うくらい、あらゆる事例を
紹介してくれています。
そして、今回は興味深い催眠術の実例を
やはりコリン・ウィルソン氏の著書から
引用させていただきます。

“バーゲンシュティッヒア(引用注:ドイツ人
医師)は超常現象にまったく関心がなく、
催眠下で「透視能力」を発達させた患者の話
などいっさい信じていなかった。しかし、
これが偶然であり得るかどうかを調べるだけ
の度量は有していた。
驚いたことに、彼女(引用注:患者の一人
マリア・デ・ジェロルド)は疑いようの
ないサイキックをあらわした。
マリア・デ・ジェロルドは、催眠術をかけ
られた人間は術師の思考や感覚を共有できる
という、サー・ウィリアム・パレットや
ピエール・ジャネらの見解を裏付けた。
パレットはかつて、自分の手を炎の上に
かざすと催眠術にかけられた少女が顔を
しかめ、砂糖をなめると微笑することを発見
した。マリア・デ・ジェラルドは、次のよう
に断言している。「深いトランス状態に
はいっているあいだ、私の五感はすべて
閉ざされる。ただ閉ざされるだけでなく、
催眠術師のほうに転移される。私は彼の
耳が刺された痛みを感じ、彼の舌にのせら
れた塩や砂糖を味わい、彼の耳に近づけた
時計の音を聞くことができる。そして
彼の指にマッチが近づけられると、私も
火傷(やけど)をしそうに感じるのだ。」
催眠状態で目を閉じている彼女には、
もちろん何も見ることができない。
しかし、バーゲンシュティッヒアが自分を
見るよう命じると、彼女はまず彼の立って
いるところに影のようなものを感知し、
それからごくふつうの映像を見た-しかも
それは、彼が彼女の背後に立っていようと
変わりがなかった。
(中略)
奇妙なことに、マリアはバーゲンシュ
ティッヒアとの距離が遠いほど、強く彼を
感知した。
(中略)
さらに不思議なことに、彼女は、自分の体
と彼の体が発光性の「電気的」性質を帯びた
「紐」によってつながれていることに気づく
ようになった。シルヴァン・マルドゥーンも
投影されたアストラル体(引用注:霊体の
ようなもの)が同種の紐によって肉体と
つながれていたことを語っているし、
アストラル体投影を体験した者でこれに
言及している者も多い(全員ではない)。
つまりマリア・デ・ジェラルドのアストラル
体は、催眠下でパーゲンシュティッヒァの
のものと接続されていたのであろうか。”

“出典:「サイキック」
コリン・ウィルソン著
荒俣宏監修・解説 梶元靖子訳
三笠書房刊 ”

もちろんその通りです。彼女の見た催眠術
師と接続されている電気的性質を帯びた紐
は、プラズマの事です。このプラズマは、
生命のある間肉体に宿っているもので、
それが亡くなった患者から抜け出る白い
光る雲の事です。これは魂と呼んでもいい
と思います。

つまり彼女の見たレベルというのは、
プラズマのレベルで、催眠術師と自分が
一体になっているという事です。
もともと潜在意識のレベルでは意識は一体
なので、催眠術師とマリアの意識が連結
されるのは当然可能なのですが、トランス
状態にある彼女が、その連結をプラズマの
紐として感知できたのはとても興味深い
ですね。

さらに高いレベルの意識では、全てと一体
である事が感知できるのですが、彼女の
トランス状態では、そこまでには達して
いなかったようです。
ただ五感の肉体レベルでは感知できな
かったプラズマレベルで、催眠術師との
連結が見れたという事なのです。

彼女は催眠による深いトランス状態に
入っている間、意識ははっきりしてい
ます。この点、催眠術の驚異の力その2
で紹介したトムのように暗示をされている
間意識がなかったのとは違います。
これは、潜在意識で覚醒している状態で、
よく超能力者やヒーラーが経験している
状態です。つまり覚醒夢の状態と同じ
です。私も何度か経験があります。
「夢の中で、これは夢だという事に気づき
その夢の中で自在に空中を飛んだりする
ことができる」というものです。

彼女は、意識は覚醒していますが、五感
は眠っています。つまり顕在意識が働いて
いないからです。逆につながった催眠術師
の感覚と自分の意識が一体となっている
ので、催眠術師の五感を感知するように
なったということですね。

またマリアは催眠術師との距離が遠いほど
強く彼を感じたとありますが、我々の五感
による空間認識と違って、潜在意識では、
空間は逆転して感知されるという事ですが、
むしろ潜在意識の方が、本来の空間を感知
できているということだと思います。

(この事が、私の全ての空間は逆転して
宇宙の果て、または極大が、自分自身に
回帰するという、宇宙モデルのコンセプト
の裏付けの一つにもなっているのです。
なんと、あの空海や仏教も同じく、逆転・
裏返しの宇宙観を太古から説いている
というのですから心強いですね)

今回取り上げたこの事例で、意識は肉体の
内側に存在しているのではなく、潜在意識
のレベルでは、肉体の外の環境と一体で
ある事が理解できるのではないかと思い
ます。連結されている紐を見て、肉体の
内側にも存在していると思われるかもしれ
ませんが、それは意識の一部だということ
です。しかも強力なプラズマ循環をして
いる五感に囚われた肉体意識だという事
です。

それをさらにわかりやすく説明しま
しょう。プラズマの紐を見ているのは
それを客観視しているマリアの潜在意識
ですよね?
つまりそのレベルでは、彼女は自分の肉体の
プラズマ自身でもなく、催眠術師と
つながっているプラズマの紐でも
ありません、彼女の潜在意識は、それを
いわば外から眺めているわけです。
これが我々の潜在意識の存在する本来の
領域だということなのです。
どうでしょうこれで理解していただける
と思いますが。

なおみん

そうそう私のもこれだったわー
やっぱり本当の事だったんだねー

あんみん

そのようだね
で、やっぱり山本先生の感覚が
自分のものになったというのも
感じたか?

なおみん

そうそう私はなんにも口にしてない
のに、山本先生の食べたリンゴの味
もわかったし、口を動かしたわけ
でもないのに、かみ砕いて飲み込む
感覚まであったのよー
どうしてなのー?

あんみん

それはなおみんが催眠術でトランス
状態になって、山本先生の意識と
一体になれたからなんだ。
つまりトランス状態では、普段の
意識では分離している、他人の意識
とつながる事ができるという事だよ。

なおみん

えーとトランス状態というのは、
なんだか凄い状態のようねー

あんみん

つまりトランス状態というのは、
五感のフィルターを通さずに、潜在
意識で、現実を感知できるように
なるという事だね。

なおみん

えーまたわけわかんないし、でも
催眠術でトランス状態になって
一体感というか、一体になれたって
事よね?

あんみん

まあそんな感じだよ。
次回は、催眠術で、またすごい能力
「サイコメトリー」という超能力が
発揮できるようになったという記事を
紹介するよ

なおみん

楽しみにしてまーす。

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

真空の疑問はこのエピソードで解ける!   究める究極編その4

なおみん

「私実はまーだ納得してないのよねー」

あんみん

「は?何が?」

なおみん

「何って真空の事よ!だって
どー考えたってうさんくさい
じゃないのー」

あんみん

「うさんくさいって、おまえ兄の
せっかくの記事をなんちゅー言葉で
打ち消してくれてるんだー」

なおみん

「ごめんごめん、でもやっぱ
まだ納得できてないのよー」

あんみん

「だっておまえ見えてるのも錯覚
だし、触っている物だって、思い込み
のプログラムだって、理解してた
じゃないかー」

なおみん

「いやそれはそーだけどー、
だって私は今、思ってたり考えたり
してるでしょ?」

あんみん

「へ?そりゃそーだろー」

なおみん

「じゃあその私はちゃんとここに
つまりこの身体にあるっていう事
じゃない。
つまり我思うゆえに、この身体
ありという事よーー」

あんみん

「あーーなるほど、おまえ確かに
勘違いしてるよ、お前が今考えたり
、思ったりしてるのその肉体の
おかげだと思ってるだろ?」

なおみん

「え?違うの?」

あんみん

「そう違うんだ。ふふふそうか」

なおみん

「な、なによーー」

あんみん

「よーし肉体がなくても、考えたり
思ったりできるという証拠を
見せればいいんだな?」

なおみん

「え、ええそうよ!そんなもの
お兄ちゃんが見せられるわけ
ないじゃない」

あんみん

「ところが、ちゃーんとその証拠が
いくつもあるんだなー」

なおみん

「じ、じゃあ見せてよ、その証拠と
やらを」

あんみん

「いいだろう下の臨死体験者の言葉や
レイモンド・ムーディー氏の解説を
見てごらん」

「体外離脱は、臨死体験を経験した人が
よく口にすることである。
体験者は、自分が肉体から離れたという
そのとき、自分が上下に移動し、自分の
体と周囲にあるすべてのものをよく観察
できる位置に移された、という強い感覚を
抱く。
臨死共有体験者は、多くの場合、不思議な
エネルギーのうねりを感じたり、轟音を聞い
たりすることに始まる。体験者はその直後に
、自分が上空の別の位置から自分の体とその
周辺を見おろしていることに気づくので
ある。
多くの場合、天井の近くから、あるいは
上空何メートルかの位置から見おろすこと
になる。そしてその位置から、死につつ
ある人と、自分との関わりなどをながめる
ことができる。」
“出典:「臨死共有体験」レイモンド
・ムーディ/ポールペリー共著
堀天作訳 ヒカルランド刊”

「~自動車事故現場に向かって、四方八方
から人がやってきました。わたしには
その人たちが見えました。わたしは
とても狭い歩道の中央にいたのです。
それなのに、その人たちはわたしのほう
に向かってくるのに、わたしに気づか
ないのです。みんなまっすぐ前を見て、
どんどん歩いてくるのです。すぐそば
までやってきた時、その人たちのじゃま
にならないように道を譲ろうとしたの
ですが。みんな平気でわたしの体を通り
抜けていったのです。」
“出典:「かいまみた死後の世界」
レイモンド・A・ムーディー・Jr.著
中山善之 訳
評論社 刊”

「 容態が急に悪化したので、医者は
私を入院させました。その朝わたしは厚い
灰色の霧にすっぽりつつまれてしまい
ました。そして、わたしは自分の肉体を
離れたのです。自分の肉体から抜け
出したのがわかった時、漂っている感じ
がしました。ふり返ると、自分自身の
肉体が下のベッドに横たわっているのが
見えましたが、少しも恐ろしいとは思い
ませんでした。静かでした-とても
平温だったのです。~

~(引用注:別の人の証言に入ります
以後~で区切られるたびに別の人の証言
の抜粋になります。)

~自分があんな姿をしているなんて、全く
理解できませんでした!写真や鏡に
写っている自分の姿しか見たことがないし
いずれの場合も、私は平面です。しかし
突然そこに自分がいて-わたしの肉体が
あったと言ったほういいかもしれません-
自分の目で見ることができたのです。
5フィート離れた場所から、体全体を
はっきり見ることができたのです。
それが自分の体たどわかるまで、ちょっと
時間がかかりました。~

~わたしは、集まって来た人垣にかこまれた
車の中で、身動きができなくなっている自分
の体を見ることができました。でもなんとも
思いませんでした。あかの他人のようだった
し、単なる物体だとさえ思えたのです・・・
あれが自分の体であるということはわかって
いましたが、なんの感情も起こりませんで
した。~」
“出典:「かいまみた死後の世界」
レイモンド・A・ムーディー・Jr.著
中山善之 訳
評論社 刊”

あんみん

「どーだなおみん、これで肉体がなくても
考えたり思ったりできるという事が
わかっただろー」

 

なおみん

「なるほどーー、しかも霊的な肉体は確かに
真空で、みんな自分の身体をすり抜けたり
してるもんねー」

あんみん

「そーだよー、これでオレたちがいる
世界が真空だという事がわかった
だろーー」

なおみん

「うん確かに見えてるものも錯覚、
触ってるものも錯覚、考えてるのも
この身体じゃないという事なら
確かに、この世は真空だわ」

あんみん

「よーーやくわかってくれたか
なおみん」

なおみん

「ではみなさんもこれまでの記事
読んでちゃんと理解してくださいねー」

あんみん

「いやたぶんここまでわかってなかったの
おまえだけだと思うぞ」

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

真空ならなぜ痛いのよ!殴っておいて言うセリフなのか?  深める究極編3


ボカッ

なおみん
なおみん

「あれ?」

あんみん
あんみん

「いてていきなり何すんだよー
暑さで頭やられたのかあー?」

なおみん
なおみん

「あれれ、やっぱそうだよねー
ちゃんと痛いよねーー」

あんみん
あんみん

「なあにがやっぱそうだよねー
だよーー 何やってんだよー」

なおみん
なおみん

「いや、もしあんみんにーちゃんも
わたしも真空なら、叩かずにすり
抜けてくれるかなーって」

あんみん
あんみん

「んなわけないじゃないかー、
真空は真空だけど、俺たちが経験
してるのは、物質世界なんだから
当たり前だろー」

なおみん
なおみん

「おかしいのは、お兄ちゃんの方
じゃない。その物質が錯覚だって
いってたのはお兄ちゃんの方なのよー」

あんみん
あんみん

「あのねそれはねー」

なおみん
なおみん

「ほら、やっぱり真空だって言ってる
おにいちゃんの方が錯覚なんじゃ
ないのー?」

あんみん
あんみん

「ふふふ、かかったななおみん」

なおみん
なおみん

「な、なによー」

あんみん
あんみん

「俺たちがこーやって物があるように
触ったり、たたいたりつかんだり
できるのは、俺たちがそのように
現実を捉えるように設定された
生体プログラムにしたがっているから
なんだよ」

なおみん
なおみん

「ますますわかんないわよ」

あんみん
あんみん

「えーとつまりDNAにあらかじめ
そのように現実を捉えるように
書き込まれていて、それを俺たち
全員のプログラムとして、生まれた
時から無意識に実行してるという
わけなんだ」

なおみん
なおみん

「もうついていけない」

あんみん
あんみん

「えーとまたそれは教えるとして、
それよか今回は、俺たちの現実が
本当に真空だとわかる人の体験を
紹介しよう」

なおみん
なおみん

「えーーすごいわー、おにいちゃん
みたいに口でくどくどいわれるより、
それを実行できる人を、私は信じるの」

あんみん
あんみん

「はいはい、そーですか😭
まあいいやとにかくその人は俺たち
ほとんど全員がしたがってしまって
いる、プログラムをどーいうわけか
解除できた人なんだ」

なおみん
なおみん

「ほーーそれはすごいわ」

あんみん
あんみん

「よーしじゃあその人の体験を
これから、紹介しよう以下の記事だ」

なおみん
なおみん

「やったー、早速読んでみるー」

これまで説明してきたように宇宙は真空で、
物質というものが、五感の投影する幻影
だということで、実際にはホログラムの世界
だという事ですが、ではなぜ我々はホロ
グラムの現実を真空状態として認識できず
物質だとしか感じられないのでしょうか?
実は我々の経験するホログラムは我々の
知る抵抗のないような投影物と違って、
我々の五感全てと連動しますので視覚と
連動して触覚つまり皮膚感覚まで働きます
ので、どうしても物質としての作用を受けて
しまうのです。それは我々が「自分自身の
DNAレベルでプログラムされた通りの
物質的感覚を、五感を通じて自分自身で
投影しているから」なのです。
これが無意識による現実の投影です。
ですが、意識の変更によりそのプログラムを
変えてやると、物体が肉体に与える影響
まで、なくしてしまう事が可能だという事
なのです。

そこでそれにうってつけの実例が
ありますので、ホログラムの現実を専門家
以上に深く理解しておられる、マイケル・
タルボット氏の著書から引用させてい
ただきます。

“一九七〇年代、オランダ生まれの著作家、
講演者であるジャック・シュワルツは、
体内の生物学的プロセスをコントロール
できる力を披露し、アメリカ中の研究機関
の人間を仰天させた。
メニンガー財団やカリフォルニア大学の
ラングリー・ポーター神経精神医学研究所
、その他の機関で行われた調査で、
シュワルツは船の帆を縫うのに使う十五
センチはあるような針を腕に貫通させたが、
苦痛に顔をゆがめもしなければ、出血も
なく、ベータ波(苦痛を感じている時に
ふつう生じる脳波)さえ出ていなかった
ことが、医師たちの度肝を抜いたのである。
針を抜いても出血せず、穴は完璧に塞がれて
しまった。それだけでなく、シュワルツは
脳波のリズムを自由に変えられたし、火の
ついたタバコを皮膚に押しつけても火傷
せず、赤熱した石炭を手で運ぶことまで
やってのけたのであった。
彼の話では、こういった能力は、ナチスの
殺人収容所に入れられ、ひどい暴力を受けて
いたとき、その苦痛に耐え忍んでいくために
身につけたものだという。
シュワルツは、誰もがこういった意志の力
で身体をコントロールする能力を学び、
自分の健康に責任を持つことができると
考えている。
おもしろいことに一九四七年にもまた
別のオランダ人が同様の能力を披露して
いる。この男の名前はミリン・ダーヨと
いい、チューリッヒにあるコルソ劇場で
行われたパフォーマンスには、観客が茫然
となった。誰にもはっきりと見える
ところで、ダーヨは助手にフェンシング用
の剣で自分の体のあちこちを刺し貫かせ、
明らかに内臓を貫通しているにも
かかわらず、何の傷も苦痛も見せなかった
のである。
シュワルツと同様、剣を抜いたときにも出血
はなく、わずかに残った赤い線が、剣が
入っていった場所を示しているだけで
あった。
ダーヨのパフォーマンスは観衆にあまりの
ショックを与えたため、ついにある日、観客
のひとりが心臓発作を起こし、彼は公衆の
面前でのパフォーマンスを法律で禁じられて
しまった。
しかし、スイスの医師ハンス・ナイジェリ=
オスヨルドがダーヨの能力のことを聞きつけ
詳しい科学的調査に身を委ねる気がないか
打診してきた。
ダーヨは承諾し、一九四七年五月三十一日、
チューリッヒ州立病院に赴いた。
ナイジェリ=オスヨルド医師に加えて、
外科部長のウェルナー・ブルンネル博士、
他にも多数の医師、学生、ジャーナリスト
が同席する場で、ダーヨは胸を出し、
気を集中させると、そこに集まった全員が
見守る目の前で、助手に剣で体を貫通させ
たのである。
いつものように血は一滴たりとも落ちず
、ダーヨは完璧に平静をたもったまま
だった。だが微笑んでいたのは彼だけで、
残りの観衆は石と化し、身じろぎすら
しなかった。どう考えようとも、ダーヨの
臓器がひどく損傷を受けたことは間違い
ないはずであり、彼が普通の健康な状態で
いるように見えるのは医師たちにとっては
とても受けいれられないことだった。
信じがたい気持ちで一杯になりながら、
医師たちはダーヨにレントゲン撮影を
してもいいかたずねた。彼は承諾し、特に
無理をしている様子もなく後について階段
を上がると、腹部に剣を刺したままの
状態でレントゲン撮影室に向かった。
レントゲン写真の結果は疑うべくもない
ものであった。
ダーヨは本当に突き刺されていたのだ。剣
を貫通させてから優に二〇分は経過した頃、
ようやく剣は抜き取られ、そこには二箇所
のうっすらとした傷跡が残っているだけ
だった。
その後、ダーヨはバーゼルでも調査され、
そこでは医師たち自身に彼の身体を剣で
突き刺すこともさせたのだった。”

“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”

まだこのとんでもない身体の奇跡に
ついては、まだ延々と実例がこの本には
書かれています。
ただ意識が投影する事で現実が反映された
生命プログラムを、意識を変更することに
よって書き換える事ができるという事が
理解できていれば、奇跡は奇跡ではなく
理解可能な事となるわけです。

あんみん
あんみん

「どーだわかったかー」

なおみん
なおみん

「はあー、すごい難しかったけど
なんとなくわかった気がするー」

あんみん
あんみん

「そいつは良かったー」

なおみん
なおみん

「でホログラムって何?」

あんみん
あんみん

「おーーそれはまたあとで説明
するよ」

ではまたー(^^)/

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

雑記編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

なおみん真空について、疑問をぶつける なおみんと深める究極編2

なおみん
なおみん

「こないだは確かにあんみんにいちゃんの
理屈っぽさに一応納得させられたみたい
になっちゃったけど、よく考えて
たらやっぱおかしいわよ」

あんみん
あんみん

「へ?何が?
それにひどいなー、理屈っぽいのでは
なくて、ちゃんとした理由があるって
いったじゃないかー」

なおみん
なおみん

「えー!ちゃんといいくるめられたわよ。
でもさーみんな思ってると思うんだー」

あんみん
あんみん

「何が?」

なおみん
なおみん

「素粒子っていわれてもピンとこないし、
視覚領域とか難しいって」

あんみん
あんみん

「ひゃーそのレベルーーー💧
みんなそんなんなんすかー」

なおみん
なおみん

「えー私の友達はみんなそうよ」

あんみん
あんみん

「なーんだ、なおみんの世代の女の子
ってさー平成生まれだからね
なんでも「考えた事ないからー」
とかいって、知らない事多すぎる
んだよー」

なおみん
なおみん

「ちょとまってお兄ちゃん何歳
年上の設定よーー」

あんみん
あんみん

「いや(^▽^;)だから20代💧」

なおみん
なおみん

「まあちーと無理があるけど、
そのキャラにしたら違和感ないか」

なおみん
なおみん

「でつまり私のいいたいのはこーよ
目にちゃんと見えてる確かなのは、
物質というれっきとした現実でしょ?
やっぱ目はいいじゃないの、
ちゃんと物質がみえてんだから。
検診でもいたって健全だっていわれ
てるし」

あんみん
あんみん

「待て待てなんだかつっこみどころ
満載だぞ、医者の言うこと素直に
聞いてるし、こないだちゃんと
光の反射を見てるだけと説明したの
頭に入ってないしーー」

なおみん
なおみん

「お兄ちゃんがひねくれてるだけ
でしょ?
だから難しい言葉いくら並べられても
心に響かないのよ。
福山雅治さんが言うんだったら
わかんなくても心には響くのにー」

あんみん
あんみん

「なんかいってる事がむちゃくちゃだぞ
なおみん」

なおみん
なおみん

「とにかく私の言いたいのはちゃんと
この目で見えてるのが、なぜ目の錯覚
なのかっていう事よ」

あんみん
あんみん

「ほほー、なおみんかかったなー」

なおみん
なおみん

「な、なによ」

あんみん
あんみん

「ちゃんと見えてるものが、錯覚だと
わかればいーんだな」

なおみん
なおみん

「え、そ、そうよ」

あんみん
あんみん

よーーーーし、ではちゃんとなおみんが
見えてるものが錯覚だとわかるように
実例をあげて見せよーじゃないか

なおみん
なおみん

「なによーできるわけないわよ
わたしこーみえても視力両方とも
1.5なのよ
近視の子とかうらやましがってんだから」

あんみん
あんみん

「まあ見てなってじゃあ下の画像をごらん」


“出典:「スパイシービュー」様”

あんみん
あんみん

「どう見える?」

なおみん
なおみん

「どうって、右回りに回転してるよーに
見えるわよー」

あんみん
あんみん

「ほほーそうか、では少し目をそらして
しばらく焦点を画像に合わせずに
感じててごらん」

なおみん
なおみん

「なんでそんなめんどくさい事すんのよー」

あんみん
あんみん

「いいから」

なおみん
なおみん

「わかったわよ、えーとぼやーと目を
そらして・・・と
え?えーーー💧」

あんみん
あんみん

「どうしたなおみん?」

なおみん
なおみん

「確かに右回りだったのがちょっとした
スキに左回りに変わってるーーー」

あんみん
あんみん

「お、どうした目は確かなんじゃないのか?
なおみん?」

なおみん
なおみん

「え、えーとおにいちゃん細工した
でしょー」

あんみん
あんみん

「ほーじゃあこーして立ってるの見張り
ながら、また目の端で画像感じてみなよ」

なおみん
なおみん

「あれおにいちゃんなんにもしてにない
のに、確かに切り替わったの感じたわ
あーやっぱり今度は右回りになってるー」

あんみん
あんみん

「さあどうだなおみん、これでも目は確か
だといえるのか?」

なおみん
なおみん

「えーーーくやしいーー」

あんみん
あんみん

「では他の画像も見てもらおうか」


“出典:「スパイシービュー」様”

あんみん
あんみん

「この人達のサイズどー見える?」

なおみん
なおみん

「どうって、うしろの人が大きいに
決まってるじゃない」

あんみん
あんみん

「ざーんねんこの二人全く同じ大きさ
なんだー」

なおみん
なおみん

「えーーーうそー確かにうしろの人の
方が大きいってーー」

あんみん
あんみん

「じゃあものさしで測ってごらんよ」

なおみん
なおみん

「どれどれ・・・・あーーほんとだーー
でも目でみると確かに後ろの人が
大きいままよ!」

あんみん
あんみん

「さてさてここで質問だが、なおみん
目で見たもの、見えたものは正確かな?」

なおみん
なおみん

「えーーーと、いやそーじゃない事もある
かも」

あんみん
あんみん

「だろーー
では立て続けに二つの画像を見てもらおー」



“出典:「スパイシービュー」様”

あんみん
あんみん

「まず上の画像のオレンジ色の円を
見比べて欲しいんだけど、この二つ
大きさはどう思う?」

なおみん
なおみん

「えーーそりゃあ右側の方が
大きいはずよー」

あんみん
あんみん

「んなんだか声が小さいぞ
目は確かなんじゃないのか」

なおみん
なおみん

「もう意地悪ねーだからモテないのよ
で?本当はどーーなのーー」

あんみん
あんみん

「ごめんごめんこれは同じ大きさなんだよ」

なおみん
なおみん

「えーー??うーん測ってみても確かに
同じ大きさだわ
私の視力どーなっちゃったんだろー」

あんみん
あんみん

「なおみん安心しろ、みんななおみんの
よーに見えてるはずだから」

あんみん
あんみん

「さてさて最後に下の方の画像も観てくれる
かな?
右上の青の線と左下の緑の線が見えるか?」

なおみん
なおみん

「えー!ちゃんと見えてるわよ
まさか違うのーー」

あんみん
あんみん

「さすがわが妹、オチはわかっているよー
だな
察しの通りこの二つの線、同じ色なんだよ」

なおみん
なおみん

「えーーー色まで錯覚なのーー💧
もう私の目が信じられないわ」

あんみん
あんみん

「いやいやなおみん、日常普通に生活する
限りは、その目の使い方で全く問題
ないんだよ」

なおみん
なおみん

「じゃあどーゆー事なの?」

あんみん
あんみん

「だから本当は、目で見えてるものは錯覚
だらけだから、なおみんがものさしで
測ったように、観測機器で測ったら物質は
存在せずに真空だけがあったというのが
真実だと理解すれば、いいという事
だよーー」

なおみん
なおみん

「うーーん一応わかったわー
でも疑問に思う事があれば、また
お兄ちゃんにぶつけるかんねー」

あんみん
あんみん

「あーーこういうタイプが一番やっかい
だな」

という事でみなさん視覚に頼ると真実が
見えなくなるという感覚はつかんで
いただけたのではないでしょーかー
ではまたーー(^^)

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です💦

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

雑記編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

現実に隠された真実はこれが原点    なおみんと深める究極編1  


あんみん

「まずは、僕たちが見ていると思って
目に入ってくるのは、物そのものじゃなくて
光の反射なんだよ。」

 

なおみん

「えーー。じゃ私たち目が悪いのー?」

 

あんみん

「いや目が悪いわけじゃない。とにかく
光の反射といっても、正体は光波という電磁波
なんだ。」

 

なおみん

「えー難しいー!!!」

 

あんみん

「え?これで?」

 

なおみん

「とにかくその光の反射がなければ
見えないのはわかったけど、でも物が消えた
ことにならないわよ」

 

あんみん

「う、なかなか鋭い奴。つまり今のは
確かに見えていると思ってたものは、物じゃ
ないというのだけわかってもらえたらいいや」

 

なおみん

「うんうん、それだけはわかったわ」

 

あんみん

「光の反射といっても、人間の見える範囲って
とてつもなく狭いんだよ」


“出典:WIKIPEDIA
「上の図のレインボーの色で拡大した
範囲で、これよりもっと図は広い領域まで
あるので、僕たちが見ている範囲って、
本当に狭いんだよ。」

 

なおみん
なおみん

「じゃやっぱり目が悪いんじゃない!」

 

あんみん
あんみん

「まあ確かに深い意味でそうかも。
それより、ちゃんと物をみようと電子
顕微鏡でみたら、中はスカスカの空間
だったんだよ。それで最後に残った素粒子
も、波動なのか粒子なのか判別できない
んだ。」

 

なおみん
なおみん

「ほとんど全部スカスカな空間なのは、
わかったけど、最後にまだ素粒子が固体
かも知れないんでしょ?だったら全部
真空みたいに言っちゃっていいの?」

 

あんみん
あんみん

「確かに絶対とはいえないよ。ただ
素粒子が固体に見えるのは、僕たちが
観測しようとした時だけで、それ以外の
時のデータを見れば、波動でしかない
ということなんだ。」

 

なおみん
なおみん

「じゃ、わたしたちが固体があると
目で判断しようとするから、素粒子が
固体として現れるというわけ?」

 

あんみん
あんみん

「ん、さすがはわが妹!その通りだ。
凄いぞ!なおみん!」

 

なおみん
なおみん

「えへへ。なんだかすんごくうれしい!
だってみんな目が悪いのに、目で判断しよう
とするから間違うのよねー」

あんみん
あんみん

「これは逆に妹に見方を教えもらったなー。
確かに物質があるかどうか、最後の判断を
視覚に頼ってるけど、その視覚が狭すぎる
領域なら、正確に判断できるわけないも
のなー。それがたとえ電子の反射の画像
だとしても同じことだもんなー」

 

なおみん
なおみん

「ん?最後の電子の反射とかわかんないん
だけど」

 

あんみん
あんみん

「いやたぶんそれは今はいいよ」

 

あんみん
あんみん

「それより宇宙も同じくほとんど100%
真空なんだ、そして物質のように観測して
いるわずかな領域も」

 

なおみん
なおみん

「わかった!目の錯覚ね!」

 

あんみん
あんみん

「そうだ!えらいぞなおみん!」

 

 

あんみん
あんみん

「今回もの足りなかった人は、
宇宙は全てまさかの真空です
を読んで深く理解して
くださいねー」

 

なおみん
なおみん

「なによ、それじゃわたしだけ子供扱いだわ
私も読むー!」

 

あんみん
あんみん

「それはいいことだ、文字だらけだけど
いいのか?」

 

なおみん
なおみん

「うん、やっぱ今度にするー」

あんみん

あんみん
あんみん

「・・・・・」

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

催眠術で、透視能力が開花するー!?   その仕組みとは一体?

あんみん

おいおいなおみんエスパーにでも
なったかー
催眠術の山本先生に催眠術
かけられたと思ったら、
オレの背中に隠れて見えない
はずの時計の文字盤が読める
なんて、透視したとしか、
思えないぞー

なおみん

えっ、だって時計の文字をそのまま
読んだだけよ
それにお兄ちゃんの姿が見えないって
暗示をかけられたから、時計が
隠れるわけないじゃない。

あんみん

おーじゃあ催眠術の暗示効果で
本当にオレの姿が見えなくなる
だけじゃなくて、オレの体以外の
ものはちゃんと見えてたってわけかー

なおみん

なんだかわかんないけど、先生の
言った通りにしか見えなかった
だけじゃないの?

あんみん

うーむしかし、これでは超能力を発揮
したとしか思えん、やっぱり
あのエピソードは
本当の事だったんだなー

なおみん

なによー私には、超能力者になった
実感なんてなかったわよー
なんだか夢の中の出来事のよう
だったわ

あんみん

そりゃあそうさ、催眠術は
半分夢を見せられてるような
もんだからな

なおみん

じゃあ寝ている間って、みんな
エスパーみたいなもんだって
いう事?

あんみん

そうだよなおみん、夢の脳波
は、右脳がふだんよりずっと
活性化して、予知能力も寝ている
間に発揮される事が多いのも
そのためだよ

なおみん

なるほど夢のお告げとかって
意外と当たるというわけね

あんみん

そういう事。
ではなおみんがエスパーに
なったという時と同じ状況の
エピソードがこれだよん

睡眠状態またはトランス状態である
シータ波などの、脳波が低い状態での
暗示効果により、催眠術にかかった人
が超常能力を発揮できるようになったと
いう実例を取り上げていきます。
ご紹介するのは、宇宙の真理について
圧倒的な内容を詰めこんだ、マイケル・
タルボット氏の著書から、彼自身が目に
した知人の催眠術体験についての引用
です。

“私自身が一九七〇年代半ばにこの目で
見たある出来事を紹介したい。ある日
私の父が、数人の友達を家に招き、余興に
プロの催眠術師を雇ったのだが、その席に
私も招かれていた。みんながどれだけ
催眠術にかかりやすいか判断したのち、
催眠術師はトムという名の父の友人を
被験者に選んだ。トムがこの催眠術師に
会うのはこの日がはじめてだった。
トムはやはりきわめて催眠術にかかり
やすいたちで、一瞬のうちに催眠術師は彼
を深いトランス状態へといざなった。
そして舞台の上で観客を前にしてよく
行われるようなさまざまな悪戯を披露した
のである。
まずはトムに部屋の中にキリンがいると
信じこませ、驚きで息を詰まらせたり、
ジャガイモをリンゴだと思わせて本気で
それを食べさせたりもした。
だがなんといってもその夜のハイライトは、
トランス状態から覚めたら、彼のティーン
エイジャーの娘ローラの姿がまったく見え
なくなっていると催眠術師がトムに告げた
ときだった。そして、ローラを椅子の目の前
に立たせ、トムの目を覚まし、彼女が見える
かどうかたずねたのである。
トムは部屋をぐるりと見回したが、彼の
視線はクスクスと笑っている自分の娘を
素通りしてしまっているかのように見えた。
「いいえ」と彼は答えた。催眠術師はあら
ためて本当に見えないのかと念を押したが、
ローラの笑い声がますます高くなっていた
にもかわらず、彼は見えないと答えたの
である。そしてつぎに催眠術師は、自分の
姿がトムに見えなくなるようにローラの
後ろにまわり、ポケットからある物を取り
出した。彼はこれを部屋の誰にも見えない
ように注意深く隠して、ローラの背中の
ほうに押しつけた。そしてトムにこれが
何だか当てるように言ったのである。
トムは体を乗りだし、あたかもローラの
体を見通すかのようにじっと見つめると、
それは時計だといった。催眠術師はうな
づくと、今度は時計に刻み込んでいる文字が
読めるかどうかたずねた。トムはなんとか
文字を読み取ろうとしているかのように目を
細めると、時計の持ち主の名前(部屋の中に
いた人は誰もその名前を知らなかった)と
そこに彫られているメッセージを読み上げた
のである。ここで催眠術師はその物を皆に
見せたが、たしかにそれは時計であり、
それを部屋にいた全員に回し、刻んだ銘文
をトムが正しく読んだことを確かめさせた
のだった。
後で私はトムに聞いてみたのだが、自分
の娘は絶対に見えていなかったと言って
いた。目に映っているのは、催眠術師が
手のひらに時計を持って立っている姿だけ
だったのである。催眠術師が何も言わな
ければ、私たちの合意の産物である通常の
現実を自分が知覚していなかったことなど
知る由もなかっただろう。
トムが時計を知覚していたのは、明らか
に五感を通して受け取った情報ではない。”
“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”
トムが催眠にかかり、娘の姿が見えなく
なるというのなら、まあ暗示にかかったの
だろうくらいにしか思いませんが、その後
がとてつもなく大事な事なのです。
催眠術師が誰にも見えないように手に隠
したものを娘のローラ背中に押しつけたの
ですが、トムからは当然ローラの体が、
遮っているので見えないはずです。
ですが、トムは時計を言い当てたばかり
でなく、時計に刻み込まれている銘文
まで読み取ってしまったのです。
彼は透視能力を使ったのでしょうか。
結果的にはそうです。ですが、彼は
ローラが見えなくなるという暗示を
受けているので、ローラが存在しない
状態の空間の読み取りを行っている
のです。つまり思い込みだけでなく、
はっきりといない状態の空間、つまり
直接催眠術師が見える状態での現実を
読み取れているということなのです。
通常の視覚では、光の反射を読み取って
いるだけなので、当然催眠術師も時計も
見えません。ですが、彼は目を
細めて銘文を読み取ったということ
からもわかるように、彼本人は目を
使っていると思っているのです。
ただし、実際に感知しているのは、
その通常の目の機能ではなく未知の領域
の知覚です。
だから目を使って読み取ったとトムが
思って動いていたのですが、実際には
その別の知覚で読み取ったのです。
この時の未知の知覚をもう少し詳しく
説明しましょう。
我々が見ている現実というのは、物質の
ように見えるホログラムだという事は、
以前超常現象とホログラムその1で説明
させていただきました。
つまり物質のように見えているのは、
波動の干渉でしかないという事です。
つまりトムは、ローラの体という波動
の干渉部分を読み取らないように暗示を
受けているので、ローラの体の波動を
未知の知覚領域で感知せずに、体の
奥にある催眠術師と時計の波動だけ
読み取ったということなのです。
この時この未知の知覚が、トムに使え
たのは、眠っている状態の彼の潜在意識
に与えた暗示があったからなのです。
つまりトランス状態で脳波がシータ波
であるような場合、暗示により超常能力を
発現させることもできるというわけなの
です。

なおみん

なんだ私の経験したことって
つまりはこれの事だったのかー

 

あんみん

そうそう全く同じケースだと
いう事がよくわかるよねー

なおみん

これって確かに透視能力という
もののようだけど。
どうして本来見えないはずのもの
が見えるようになったのかしら

あんみん

それはね、催眠術によってなおみんの
五感による肉体の知覚から解放されて
催眠術の意識と融合する事ができたから
なんだよ。
つまり催眠術師の意識と同調できる
ようになったので、催眠術師が
なおみんに暗示をかける事で、
催眠術師の言葉がそのままなおみん
の意識につながり、そのまま現実
として、なおみんの意識に投影
されたという事なんだ

なおみん

またまた長いー
要するに私が催眠術師と、同調する
事によって催眠術師の意識と一体に
なって、催眠術師の言葉が、そのまま
自分の意識で実現されてしまうという事
なんだよねー。

あんみん

その通りだよ!
さすがは、わが妹だぞ

なおみん

なあにが「わが」よ
結局自分の自慢にしたい
だけじゃないのよー

あんみん

へへへバレたかー
ではまた次回もよろしくー

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

そうでなくっちゃ「公平な霊界」の仕組みとは?


あんみん

つまり邪悪な人は、ちゃんと
地獄のようなところへいくことに
なってるから

なおみん

なあんだちゃんとそーゆーところ
あるんだ!これで安心だわ

あんみん

そういう邪悪な人たちは、自らの
意識のイメージの結果として天界
にはいけず、生前行ってきた邪悪な
行為によるイメージの生み出す世界
にいくという事なんだ。

なおみん

へーつまり邪悪な人たちが、
他人にしたひどい事を今度は逆に
自分たちが経験するようになるって
事なの?

あんみん

その通りだよなおみん。
右脳や潜在意識でも、同じ事で
そこでは自他つまり自分と他人の
区別がつかず、全て一体となって
いるという事だよ。ただし、霊的
領域なので、現実世界と同じ様な
行為で、ひどい状態を経験する
というわけじゃあないんだ。

なおみん

どういう事なの?

あんみん

だからネガティブなエネルギーを
経験するというところだけ共通
するわけで、あとは、霊的領域の
レベルによるという事だよ。

なおみん

うーん確かにちよっとイメージ
しにくいわねー

あんみん

そりゃあなおみんが、そういう
邪悪な心を持たないからだろう。
だから臨死体験者の次の証言が
参考になるという事さ

なおみん

わーい、早く見せてー

あんみん

ではこれだよん

前回
天国へ共にいくという臨死体験!?
生き延びるためではない本物の人生とは!

という記事で人は亡くなれば
天界のようなところへいけるという
話をしましたが、ではこの世で
どれだけ、邪悪な事をしでかして、
善意の人々の命や自由や生活を
奪ってきたような人、また人に
対しての邪心に満ちて、陥れたり
辱めたりしてきたような人もそこへ
ストレートにいけるかというと
そんな事は全然ありません。

高次のレベルでは、自分の
潜在意識がそのまま投影される領域
なので、霊界を何度も経験した偉人
スゥーデンボルグがいうように、
邪心を持つものは、今度はそれを自ら
のために投影し、その世界に入る
事になるという事なのです。
まあ当たり前です、この世で邪心に
まみれた人がそのまま天界に入って
きたら、天界が悲惨な事になります
から、それに邪心などの意識は、肉体
を離れればすっかり改心できるよう
な便利なものでもないからなのです。
まあ上手くできているといえば、
上手くできています。
もし、邪心にまみれて、人をどんどん
不幸に陥れているものが、そんな
事をしても死んだら全て許されると
理解するようになったら、どうなります?
彼らはまた喜んで、善意のある人達を
不幸にする事をためらわなくなります。
そんな悪人にとって都合のいい話ではない
という事が今回の記事で、わかって
いただけると思います。

死んで肉体を離れれば天界のような
領域にいけるというのは、通常の人で
あれば、という事です。
邪心にまみれて、多くの人を陥れたり、
不幸にした人や、残虐な行為を他人に
した人。陰湿ないじめを繰り返して、
人を自殺に追いやったり、ノイローゼ
にした人たちは、もれなく次のような
場所に「晴れて入場する」ことができ
ます。臨死体験者の証言では、とても
まれなケースですが、臨死体験をして
戻ってこれる人は、邪悪な心に染まって
ない人ばかりだからです。

そりゃそうですね。なんでも知って
いるような天界の光の存在が、そんな
人をこの世に戻したいと思うわけが
ありませんから。ちなみにその光の
存在も究極でいえば、アニータさんの
ように、自分と一体の存在で、自分自身
という事なのです。

また臨死体験者の中で戻って来なかった
通常の人は、そのまま天界にいくことを
選択している場合がほとんどです。
もちろん身体がもとに戻れない状態に
なっている場合もあります。
実際アニータさんも戻らない選択を、
いったんしてましたよね。
さてその天界の逆の領域について、偶然
そこを垣間見てきた臨死体験者の証言を
またレイモンド・ムーディー氏の著書
から引用します。ただし、実際にその例
を紹介しているのは、ムーディー氏と
同じように、臨死体験を研究している
エバグリーン州立大学の研究者です。

『』内が引用で、~が中略です。

『エバグリーンの研究者が調査した中に、
“地獄”の臨死体験をした者がひとりだけ
いた。これは極度の恐怖やパニック、
怒りを生ずるうえ、悪魔の幻も登場する
臨死体験だという。その体験者は、三回
臨死体験をしているが、二回目のときに
まちがって地獄へ連れていかれたという。
その体験談は啓発的で興味深い。

回答者
二回目の体験は違ってました。下の方へ
行ったんです。下は暗くて、みんな
わめいてました。火(が燃えていました)。
誰だったかわかりませんが、私を脇へ押し
やって、「こんなところへ来るんじゃない。
上へ戻れ」と言ったんです。

面接者
その人は本当にそんなふうに言ったん
ですか。

回答者
ええ、「上に戻れ。おまえはそれほど悪い
やつじゃないから、こなところにいて
もらっては困る」ってですね。

面接者
最初暗闇を通りましたよね。それから・・・
回答者
真っ暗ですよ。まず私たちは降りていって
・・・全くの暗闇でした。

面接者
トンネルを降りたんですか。

回答者
トンネルじゃない、トンネル以上ですよ、
ものすごく大きいやつ。フワフワと
ゆっくり降りたんです。・・・そこには
待っている人がいて、その人が、
「こいつじゃない」って言うんです。

面接者
わめいている人たちが見えましたか。

回答者
下にたくさんの人がいて、うなったり
わめいたりしてるのが見えました・・・。

面接者
その人たちは服を着てましたか。

回答者
いえ、いえ、服なんて全然。

面接者
裸だったんですか。

回答者
はい。

面接者
それで、どのくらいの人がいたと
思いますか。

回答者
とてもとても。そんなの数えきれませんよ。

面接者
何千人の単位ですか。

回答者
そうですね。何百万人もいるみたいな感じ
でしたね。

面接者
はあ、ほんとうですか。それで、みんな
本当にひどい状態だったんでしょう。

回答者
みんなひどい状態で、へどが出そうな感じ
でしたよ。みんな私に、水をくれ、水を
くれって言うんです。そこには水がない
んですよ。

面接者
それで、その人たちの見張りはいたん
ですか。

回答者
ええ、いましたよ。頭に短い角が生えて
ました。

面接者
角が生えていたんですか。そ・・・それは
何者だと思いますか・・・。それが何者か
わかりますか。

回答者
ええ、あれならどこにいてもわかりますよ。

面接者
何者ですか。

回答者
悪魔ですよ。 』

“出典:「光の彼方に」
レイモンド・A・ムーディー・Jr著
笠原敏雄/河口慶子訳
TBSブリタニカ刊”

この地獄のように思える領域は、当然
一つではなく、無数にあるものと思われ
ますが、邪悪でない通常の人は問題ない
のでご安心くださいね。
少しの邪心や出来心、また家族のため
やむを得ず罪を犯したとか、かっとなって
人に暴力をふるってしまったとか、それで
そのあと反省するような人は、もちろん
大丈夫です。ただまっすぐに天界と
いうより、いろいろとまわり道をしな
ければならない人もいるようです。
また嘘をついたといっても、相手を
傷つけないためとか、自分をかっこよく
見せるためとか、そんなレベルのものは、
天界にいくエネルギーを妨げるような
ものではありません。

宗教にあるような、正直に生きなさい
というのは、真実の面からいえば、
あまり関係がないといってもいいで
しょう。

問題は邪悪な心、邪心がどれだけの
レベルかどうかにかかってきます。

また少々、性欲や食欲、物やプライド
に執着があるくらいでも、程度に違い
はありますが、地獄に墜ちるほどでは
ありません。自分を愛するというのは、
スピリチュアルの世界でもいわれて
いるように、魂を輝かせるもので、
地獄へのエネルギーになるものでは
ないからです。
ただし肉体に関する欲が強すぎて、
執着しすぎると、地獄には行きませんが
天界にまっすぐにもいけません。
少し学びが必要だと判断されて、しかる
べき領域にいくようです。
自分でなく他者に対しての邪心が最も
重たいものだと理解していただければ
いいと思います。

まあ、ふつうに暮らしている人なら安心
して天界にいけると思って大丈夫です。
地獄にいった人も、自分だけでなく他の
人も救いたいとか、これまでの事を反省
し始めたような場合であれば、地獄から
離脱できます。ただ邪心にまみれた人は
自分のみ助かりたいと思う人たちばかり
なので、永遠に思えるほど長くそこに
留まることも多いと思います。

なおみん

長かったけど、なあるほどねー
よーーくわかったわー、だったら
おにいちゃんのようなケチな悪人は
地獄にいかなくてもいいわけねー

あんみん

なんだよー、ケチな悪人って、ケチ
でもないし悪人でもないぞー

なおみん

ケチよー、なによ私がケーキ買って
くれなきゃ、今にも死にそうだって
いってるのにもかかわらず。
そういう妹の危機に手を差し伸べず
わずかなケーキの出費まで出し惜しみ
するんだから、ケチで悪人じゃないのー

あんみん

はあーーー?????
お前悪の判断の基準値おかしいぞ
どの霊界にケーキを買い渋った
くらいで地獄に墜ちるシステムが
あるというんだ

なおみん

ないのなら私が創ってやるわよー

あんみん

おまえは神のつもりかーー

なおみん

まあ冗談よ、とにかくケーキ
買ってーー

あんみん

ちぇっ結局それがいいたいだけかよ

なおみん

で今度は何なの?

あんみん

それは次回のお楽しみという事でー

なおみん

なによー、やっぱり邪悪じゃないのー

クリックしていただいた方本当に
ありがとうございます(^^)
なんとまだ上位継続中です

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ