生まれ日だけでわかる前世占い     21日生まれから 


生まれ日だけで、その人の性質や
運命傾向などがわかるという誕生日
占いというのは、わりと多く
ありますが、前世占いというのは、
面白いですよね。

輪廻転生の考えでいえば、前世
というのは誰しもあるわけで、
私の先日の記事、
絶対意識を得たアニータさんの気づき   
輪廻転生の真実とは?
で説明
させていただいたアニータ
さんなどは、輪廻転生のサイクル
からも解脱した境地で、それは、
別の時空の個人の意識にアクセス
しただけという高度な視点もあります。
まあ通常の人の意識レベルは、時間
のマトリックスに、肉体を離れても
囚われている事がほとんどなので、
確かに前世というものがあるという
見方で通常はいいわけです。

で、このような面白い前世占いという
ものを世に紹介してくださっているのが
はづき虹映(こうえい)さんという方の
著書「誕生日でわかる前世占い」
         PHP文庫刊
です。

この本からの引用を主体にしながら
誕生日の日付のみ(何月かは関係なし)
による占いを紹介していこうと思います。
つまり31日分を1日ずつ記事にして
いこうという試みです。
数秘術も取り入れたものらしいので、
サビアンシンボルの度数なども合わせて
紹介できたら面白いと思いますので
次回以降は前世占いとサビアンシンボル
というタイトルでいこうと思います。

で今日は私が9/21日生まれなので
21日からスタートします。

はづき虹映様の「前世占い」から
「」内が引用で、~が中略です。

「21日生まれのあなたの前世は・・・
    古代インカの音楽家

~前世あなたはこうだった
 あなたの前世は、アンデス山脈の麓に
暮らす、歌と踊りをこよなく愛する
古代インカの音楽家です。幼い頃から
常に歌と踊りが息づいており、物心
ついた時から、あなたは自分の気持ちを
歌や踊りで表現することが、ごく自然に
身についていました。~

あなたが前世から引き継いでいる性格・特徴

ちょっぴりシャイで恥ずかしがり屋。
はにかみ屋の子供です。
受け身の性格で、母性本能が強く、女性的な
気遣いやさり気ないやさしさを持ってい
ます。~芯の部分は強く、しっかりと自分の
意見を持っていますが、相手や周囲の状況に
配慮して、ストレートに表現することを
控える奥ゆかしさを持っています。~
音楽や芸術的な感性も鋭く、自分らしい
表現手段を持つと、一気に才能が開花する
でしょう。

前世が導くあなたの恋愛・結婚
恋愛面では特に受け身の性質が強調され
ます。~
パートナーと二人で一緒に何かをしたい
という傾向が強く、常に一緒に行動
したいと願うタイプです。
(引用注:ここだけ少し違って、むしろ
自由に独りで行動する方が、とことん
好きです)

あなたの現世での課題
依存的で迷いが出やすく、なかなか決断
できません。厳しい現実に直面すると
そこから逃避しようとする傾向も。~

あなたの現世での適職
チームで協力して、新たなものを生み
出していくという仕事が向いています。
二つ以上の別々のものを統合したり、
編集加工したりすることも得意でしょう。
音楽や芸術を愛し、クリエイティブな
センスもあるので、ファッション、
マスコミ、音楽業界なども◎

あなたの現世での金運
基礎的な金運は堅調ですが、周りの
環境に左右されやすい傾向にあります。
クリエイティブな才能もあるので、
それよって大金を手にする可能性も
ありますが、それをどう使い、どう
分かちあうのかがポイントになる
でしょう。

あなたの現世での健康運
やや弱々しい印象がありますが、
見た目よりも基礎体力はあり、
元気です。~

“出典:「誕生日でわかる前世占い」
        はづき虹映著 
        PHP文庫刊”

なんとまあ日にちだけなので、全く
自分自身とはいえないまでも、かなり
当たっているのがわかりますね。
女性的な性質はそのものだし、受け身の
恋愛傾向もまさにそれ。
さらに優柔不断なところとか、内気な
ところ、またたぶん自己評価としても
クリエティブなセンスは確かにある
と思います。絵は下手ですけどねー💦
私の場合言葉のクリエイティブという
事で、よろしくです。
あと音楽ももちろん大好きで、バロック
音楽の紹介もそのあらわれの一つでも
あります。
まあみなさんも次回からは1日生まれの
方からという事なので、またご覧に
なって自分と照らし会わせてみれば
いかがでしょうか?

さてこんなエネルギーを持つ21という
数字が、その数字を度数に持つサビアン
シンボルと関係しているのかどうか
みてみましょう。

もちろんサビアンシンボルは生まれ日の
日にちを示しているわけでもありません
ので、あくまでも数字の持つエネルギー
という意味でなので、共通するものが
あればという事でみていくと、まず
目についたのが
蟹座21度
「歌っているプリマドンナ」
です。
なんと古代インカの音楽家と、音楽
つながりがあったじゃないですか。

また適職がチームで協力するような仕事
というのがあったのですが、それに
関係するサビアンシンボルが、なんと
あるじゃないですか。

乙女座21度
「少女のバスケットボールチーム」

山羊座21度
「リレー競争」

これらは確かにチームで協力する
シンボルなので、この前世占いと
つながっていることになります。

このように数秘術としてのエネルギー
を介して、前世占いとサビアンシンボルが
つながっている事も紹介していきます。

そうでないと私の記事になりません
からねーー💦

ではまた(^^)/

よろしければ、こちらもよろしく
お願いします(*^_^*)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

夢に出てきたなつかしい祖母        サビアンシンボルとつながっていた!?


大好きだったおばあちゃん!
すでに他界してから30年近く経とう
としています。
このわたくしがいう、おばあちゃんとは
母方で、私が生まれてから幼稚園の頃
まで、とても身近な存在だった人です。
とても、大好きでした。兄や近くに
住んでいた「いとこ」とともに私を、公園
などに遊びに連れて行ったりしてくれて
いたのですが、たとえば婦人会のような
自分の集まりの場に、私を連れて行って
待たせられる事もありました。
ところが、たぶん幼稚園児だった頃の
私はとてもおとなしく、祖母を待ち
ながら、おそらく今の神秘研究に関係
するような、普遍的な知識について
考えていたような記憶がはっきりと
残っているのです。
今でもどんな事といわれると当然言葉
で覚えているわけもないのですが、とても
まわりの大人の人たちも含めて、みんなの
気付いていないような大事な事について、
ずーっと感じたり、考えたりしてた
と思うのです。
たぶん前世でそのような事を研究していた
人物だったのかも知れませんね。
覚えているは、確かにとても重要な事を
感じて、思考していたようだという事
だけです。
今振り返ってもややこしい子供でしたねー
(^^)💦

数秘術では、生命数が7ですが、ご存知の
方は、この私の個性がそのままあてはまる
のがわかっていただけると思います。
要するに、深い事を探究するのが生きがい
のような性質です。

んでそんなややこしい私ですが、寝ている時
は思考を休め、とてもよく夢をみます。
成人してから30年以上も経っているのに
です。
平均的な日本人の方は、ほとんど見なく
なる年齢という統計が出てますが、私は、
毎晩とてつもなく眠くなっては、そのまま
ぐっすり寝て、たくさん夢を見ます。
それが私が安眠を由来にした「あんみん」
というハンドルネームにした理由でも
あるわけですね。

さてそろそろ本題に入らないと💦

先日4/4深夜23時から23時15分の
間、いつものように早めに睡眠状態に
入った私は、やはりいつものように夢を
見ていました。
とっても気持ちの良い眠りだったようで、
夢の中でもベッドに寝てて、ベッドの外、
頭の方に親友が一人立っていて、いつもの
ように私と他愛もない会話をしています。
そうするとまわりで子供たちが遊んで
います。まあほのぼのとして良い雰囲気
の中、女の子がベッドに入った、大きめ
のビーチボールのようなものを取りに
来ます。表面に立体的な模様が入った
奇妙なボールでした。
取りに来た女の子は、ニコニコしながら
私に笑いかけると、なんとそのボールを
持ち上げるやいなや、私の顔にぶつけて
きます。もちろんふわふわのボール
なんで痛くもなく、笑いながらその
ボールを顔からどけると、予想に反して
その女の子の姿はなく、変わりに
なつかしい「おばあちゃん」があら
われたのです。そして心配そうに私の
顔をのぞき込んでいるのです。
なつかしさのあまり私は、祖母に
だきついて、「おばあちゃんずっと
愛してるよーー」というと、祖母も
満足そうに同じ様な言葉を返して
くれたと思います。
そしてこんなに童心に返って、祖母に
抱きついているのは、そばに立って
いるはずの親友に少し恥ずかしいな
などと頭の隅で考えていたら、目が
醒めたのです。
目覚めてかられしくなって、メモを
取りました。
最近私が、仕事やブログの事で悩んで
いるのを元気づけに来てくれたに、
違いないと思って、一気に気が楽に
なりました。
こんなに心強い応援がいるのなら、もう
何も悩まなくていいような気にも
なったのです。

さてこの後朝起きてから、その夢の事
を考えていたら、ふとサビアンシンボル
が気になったので見てみたら、
夢を見たその時点での太陽のサビアンが、
牡羊座15度
「毛布を編むインディアン」
です。

おー確かに明治44年という明治の最終年
に生まれた祖母は、家事をてきぱきと
そしてまた喜々としてこなしていた様子
が、思い出されてなるほどと思いました。
このシンボルは日常の繰り返しを意味
するものだったのです。
また明治の終わりに生まれて、平成に
なってまもなく亡くなった祖母は、なんと
明治、対称、昭和、平成と4つの元号の
時代を生きてきたのであり、そしてまた
平成が終わる直前にまたこうして、私に
会いにきてくれたのも印象的ですね。

そしてなんとこの牡羊座から見て70度
にあたるのが、
水瓶座5度
「先祖の委員会」
なのです。

これは、オーブ(許容範囲)2度で
神秘的なつながりを持つクインタイル
の角度(アスペクト)ですが、つまりは
牡羊座15度に隠された意味としてこの
先祖のシンボルがあるので、まさにこの
夢の祖母がそれにあたるわけなのです。

いろんな意味で、とても印象的な祖母との
夢での再会となったのでした(^^)/

よろしければ、こちらもよろしく
お願いします(*^_^*)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

マドモアゼル・愛先生の    「月の教科書」を読んで


月に対してのポジティブに偏った
解釈が、昨今の占星術界で主流で
ありながら、月のネガティブな影響
を、とてもわかりやすく説明されて
いる事にとても感銘を受けて、深く
敬意を持たせていただいております。

ただ、以前にも書かせていただいた
ように、先生の解釈と私の解釈では、
アプローチそのものが、違うため、
同じ月のネガティブな解釈とはいえ、
だいぶ内容が違うものになります。
その事をまた真実の月へんの新規記事
で書かせていただこうと思いますが、
先生の見解と違う内容に、先生の名前を
使わせていただくのは、あまりに
失礼になるので、真実の月編ではタイトル
に先生の名前を使わせていただく事は
ありません。
だから今回の雑記帳の占星術編で、
マドモアゼル・愛先生とは比べ物に
ならない、社会的認知レベルでの
単なる神秘研究家の考え方を、つぶやか
せていただきます。

深い内容は、真実の月編での新規記事に
書かせていただこうと思いますが、先生の
おっしゃっているように、月も他の惑星
と同じように、太陽の光を反射している
だけで、実体としてのエネルギーはない
とされていますが、という事であれば、
他の天体も同じように実体としての
エネルギーがない事になります。

申し訳ないのですが、そうではないと
思います。
太陽系にある天体は、太陽も含めて「光」
のエネルギーを地上に届けているだけの
ものではなく、というよりそれとは
かけ全く次元が異なり、比べ物にならない
くらいのプラズマエネルギーを受け取って
いるのです。
これを観測できるレベルでいえば、磁気
(電磁気)エネルギーといっても、
いいと思います。
これは
宇宙の根本的な力は重力ではない
詳しく書かれています。

実際月の磁力により地軸が傾き、地球の
潮力そのもののエネルギーになり、
私たち、特に女性の生理現象に密接に
影響を与えているわけです。
月には確かに実体としてのエネルギーが
あるという事です。むしろ月がなければ
地上の生物のほとんどが死滅すると
いわれている通り、月自身の存在が、実体
エネルギーを持っているのは明らかですね。

(もちろん生命エネルギーが月にだけある
という意味では全くありません。
太陽など、月よりはるかに大きなエネルギー
をもたらしています。月はむしろ
太陽エネルギーに干渉して、劣化させた
生命エネルギーとして届けているといった
方が正確だと思います)

他の惑星についても同様で、土星などは、
太陽から受け取るエネルギーの2.5倍
ものエネルギーを放出している事が明らか
になっているのです。
つまり全ての天体は、自身のエネルギー
を私たちに届けているというコンセプトが
正しいという事ですね。

太陽も自身の生み出すパワーで、動いて
いるのではありません。

太陽の真の姿とは?でも
説明させていただいいる通り、太陽は
宇宙からエネルギーを取り込み、
それを自身のトーラスシステムで、
運行エネルギーや光や電磁波の
エネルギーに変換しているという事
なのです。
たとえばコロナは、先端つまり核から
大きく離れた宇宙空間で200万度で
あり、核により近い地表近くでは5千度
しかないという事実をみても、太陽
自身の核融合のエネルギーによって
動いているわけではない事が理解でき
ます。
太陽は、自身よりはるかに巨大な宇宙自体
のスパライルのエネルギーによって運行
しているので、核融合によって動いている
のではないのは明らかなのです。
核融合反応のような、変則的なエネルギー
が、どうしたら常に同じ動きに変換
できるのか、説明できる科学者は、
実は一人もいないでしょう。

とにかく、太陽は確かに、私たちの本来の
意識のエネルギーを示していますが、
月も確かに実体エネルギーとして、私たち
に影響を及ぼしているという事です。

詳しくは、真実の月編の新規記事に書かせ
ていただこうと思います。
今回は、マドモアゼル・愛先生の
「月の教科書」を読んでの、自分の
正直な見解を、さらっと述べただけ
です。

ただどのわようにとられるかは、わかり
ませんが、私がマドモアゼル・愛先生を
大尊敬しているのは確かで、見解を異に
するから、その気持ちが変わるというもの
ではありません。

失礼いたしました<(_ _)>

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

月のネガティブな面の解釈とは?        月のエネルギーの真実 その2改 微加筆


現在、太陽が山羊座入りして、対称の
180度のシンボルが蟹座となって
います。
毎日のサビアンでこの蟹座も、少し解説
することになるので、そのためにこの
蟹座の支配天体である月についての
記事を取り上げました。
私の独自なサビアン占星術の解釈の中
でも際だって、目立つものがこの月と
土星についての解釈だからです。
特に月は多くの占星術家の方が、肯定的
なものとしての観点から、その影響を
説明する事に終始されていて、ほとんど
ネガティブなエネルギーとしては、解釈
されていないようです。
ただ少ないですが、ネガティブな
エネルギーとしての側面も持つ解釈を
紹介されている占星術家の方もおられ
ます。
松村潔もその一人で、
松村潔氏を大尊敬する理由その1という
記事では、月の解釈のネガティブな側面も
説明されているとご紹介させていただき
ました。
私は、占星術研究よりも、真理や神秘に
ついて探究する事にかけた時間の方が
圧倒的に長く、その研究の成果として得た
事と、占星術の解釈をつなげて理解すると
いうスタイルを取っています。
そして月なども占星術とは関係なく調べる
機会があったので、月が我々にとってどんな
影響を与えるものかについて、様々な知識・
情報を得る機会があさったわけです。
そしてその事を占星術に応用していったのが
この私のサビアン占星術の月に対する
解釈だという事なのです。
つまり多くの占星術家の方が、月について
古来からある占星術の知識をベースにして
学んでおられるのに対して、私はまったく
別のアプローチをしているというわけなの
です。
その別のアプローチが、神秘メッセージの
宇宙の真理編内の「真実の月編」の一連の
記事だという事なのです。
今回は、その記事の中から重要な一つを
編集して、ご紹介しようと思ったわけです。
その記事が以下です。

前回その1では、私たちの身体が、完成
されたものではないという事を説明
しました。そして、宇宙エネルギーに
よって、DNAに書き込まれた生命
プログラムが、不完全なものなので、
機能的にも、構造的にも完全でない状態
で、生まれてくるという事です。
その生命プログラムに主要な影響を与えて
いるのが、月だという事も説明しました。
ここでDNAというものが、親から受け継
いだプログラムだけでなく、生命として
生まれてくる時に情報を追加して生まれて
くるという事を、少し説明しておかなけ
ればなりませんね。
DNAの驚異の力その1でも
説明しましたが、DNAは超精巧
なアンテナとしての構造をしていて、
それは電磁気エネルギーの信号つまり
情報を受け取るのに最適なものである
という事です。
DNAがもし、親から受け継いだ
遺伝子をコピーするだけの固定された
ものであれば、このような形状には、
なりません。常に全方向からの
電磁気エネルギーと、そしてその
エネルギーの持つ情報を受け取る
ようになっているのは、それによって
自身のプログラムとして投影する
ためなのです。もちろんDNA自身
のプログラムが、その情報の選択を
担っているので、そのまま全て受け
入れるわけではなく、ベースとなる
プログラムを維持しながら、情報を
選択して受け取る仕組みになってい
ます。
我々が、言葉や音などの情報で常に
プログラムをマイナーチェンジさせて
いる事を、ロシアのガジャジャエフ
博士たちが、研究の結果つきとめている
という事です。

これで、生命体としてのプログラムに
その時点での宇宙のエネルギーが、
付加されるという事はわかっていただ
けると思います。
それが、人生の読み取りとして有効
なのは、その最初に書き込まれた
プログラムがベースとなって、人生を
生きていく事になるからです。
これが占星術の原理というわけですね。

魂の固有の意識もプログラムされる
という事は、のちの記事で前世記憶に
ついて書かせていただく時に詳しく
説明したいと思いますが、肉体に宿る
魂もプラズマエネルギーであるという
事は、亡くなった人の肉体から、
プラズマである白い霧のようなものが、
のぼっていくという事が目撃された
という、数え切れないほどの証言に
よって裏付けられています。
つまり魂はプラズマであり、肉体に
ある間は、循環して保存されている
電磁気情報だということなのです。
そしてそれがDNAに書き込まれて
生命が生まれてくるという事です。
また生命エネルギーもプラズマという
記事も、ご覧くださいね。

さて宇宙エネルギーによってDNAに
書き込まれる時に、肉体の形成や
無意識の感情や嗜好、行動パターンなどに
主体的な影響を与えるのが月のエネルギー
だと説明しましたが、そのエネルギーとは
どんなものか、詳しく証拠をあげて説明して
おられるデーヴィッド・アイク氏の著書から
引用させていただきます。

“2007年にイギリスの
「インディペンデント」紙は、
「月があなたの生活を支配している」
という見出しで、人間の行動に与える
月の影響を立証した研究のことを報道
した。古くから民間伝承では、月は
発狂(心身喪失)と関係があると言わ
れてきたが、この研究では人間の生活
の細部に至るまで深く月が作用して
いることが発見された。彼らは、
独自の研究に加えて50件もの研究を
評価し、月のサイクルの特定の段階で、
医者や警察の仕事が増えることを指摘
している。
満月のときには、医者の予約が3.6%
増加し、新月と満月のときには痛風と
ぜんそくの発作が最大を迎えることが
明らかになった。
ホルモンのバランスや、膀胱も影響を
受ける。「フロリダ医師会ジャーナル」
が発表したエドソン・J・アンドリュース
博士の発見では、手術後出血事故の82%
は、新月か満月の付近で発生している。
新月や満月付近では、手術そのものの件数
は少なかったにもかかわらずである。
(つまり出血事故は大半が新月か満月の
時期に発生しているという事です)
月の女神は常に生殖と出産に結びつけ
られるが、月は生殖に根本的な影響を
与えている。
ニューヨークでの14万件の出産データ
には、月の29.53日サイクルによって
出産に「体系的な変化が見られ、下弦で
ピークになることを示している。
その報告によると、「受胎がピークを
迎える時期からして、満月直後の明かりが
減退する時期に排卵が促進されることが
うかがえる」という。
ポーランド科学アカデミーのミハウ・
ジメツキ博士は、月のサイクルが人間の
生殖(特に受胎)、月経、出生率に作用
しており、こうした作用は、以前考え
られていたように、地球を引き寄せる
月の重力によるものばかりではなく、月
が人間のホルモンに与える作用もあると
述べた。
 (月経の28日周期が、完全に
月の周期とつながっていることも後で述べ
ておられます。)
     (中略)
満月の時期に犯罪が増えることが統計で
判明しており、自動車事故は月が欠ける
時期よりも満ちる時期の方が、顕著に
多いことが分かっている。
     (中略)
マイアミ大学の心理学者アーノルド・
リーバーたちは、ある地方で15年間に
わたって殺人のデータを研究した。
そして殺人件数を月のサイクルと照合
すると、ともに増減していることが
分かった。新月と満月が近付くと殺人率
は急上昇し、上弦と下弦では減少して
いた。また、オハイオ州の別の地方で
同じ調査を行い、とても似通った結果を
得ている。
アメリカ風土医学協会からのフィラデル
フィア警察への報告書では、殺人、無謀
運転、放火などの犯罪の件数は、満月に
ピークを迎えることが判明している。
満月のときには、監獄の囚人たちの喧嘩
、暴動、動揺が増えるようである。
ギリシャの哲学者アリストテレス、
ローマの歴史家の大プリニウスは、月が
潮流に影響を与えるように、最も
「湿潤」な器官である脳に影響を与える
と信じていた。
現代の科学では、これを否定する見解が
多いが、月がどれほど人間の認知に影響
しているかを理解していない。
それは月が動作している波長の多くは、
科学では測定不可能だからである。” 
“出典:「ムーンマトリックス
        〈覚醒編7〉」
     デーヴィッド・アイク著
       訳 為清 勝彦  ”

このように、満月の時に、人間の
感情やホルモンに影響を与えて、殺人
、無謀運転、放火などの犯罪件数が
ピークを迎えるという事や、
手術後の出血事故も新月か満月の付近で
大半が発生していること、また自動車
事故も月が満ちる時期の方が著しく
多くなるという事は、月が間違いなく
ネガティブエネルギーを有している
という事を、統計的に裏付けているの
です。
もちろん生命プログラムとしても、この
ような月のエネルギーを受け取って
生まれてくるので、そのネガティブな
影響は、とても大きいことを証明して
いるという事なのです。
つまり我々の身体が、完成体からほど遠く、
また痛みや苦しみなどのネガティブな
感覚や感情を持って生まれてくるのに
月の影響が深くかかわっているという
事なのです。

つまり私が、占星術の解釈で、月の
ネガティブな影響を説明するのには、
きちんとした根拠があるという事です。
蟹座の支配星が月で、その影響が
サビアンシンボルにあらわれている
事も説明してきました。

蟹座の影響を受け始める双子座28度
「破産宣告された男性」
蟹座2度
「広く平らな場所の上につるされた男性」
蟹座5度
「列車に破壊された自動車」
では、その蟹座の支配星月の影響による
暗示について説明をしておきましたので、
よければご覧ください。

真実の月編一覧

占星術編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

占星術歴史編一覧

トップページ

松村潔氏を大尊敬する理由その2    土星の解釈について

前回鏡リュウジ氏とともに大尊敬
する松村潔氏の記事を書かせて
いただきましたが、今回はその
続編です。
前回は月について私がそれまでの
真理探究で得ていた知識による
月の解釈を完全に裏付けるような
解釈を松村氏がされていたので
その事を紹介しました。
今回は同様に土星が人類の意識に大きく
制限をかける存在だという事を、
それまでの研究でつきとめて
いましたが、その事についても非常に
適切に解釈をされていた事に感銘を
受けまして、私がサビアン占星術に
傾倒する事になったというわけなの
です。
いつもながら、前置きがなっがい
ですねー💦
すいません!
ではその松村氏の著書から土星に
ついての解釈を抜粋して引用させて
いただきますね。
土星について書かれている記述の途中
からです。

“そこで著者は太陽をライオン、土星を
ライオンの檻という言い方をします。
太陽の力は土星の柵まで行くと、力尽きる
のです。
逆にこの柵がなければ太陽の力をどの
ような方向に向けていいかわからない
のです。 
  ~中略~
土星は否定法で、してはならないこと、
従わなくてはならないルールなどを
決める天体で、それは太陽の創造力を
禊ぎするので、太陽は作る、土星は減らす
という正反対の作用を持つ天体として、
両方協力しあうことでうまく機能している
と考えるとよいでしょう。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

これは土星が、人生にとってのルールを
つくり出し、それに従わせるエネルギー
だといっていることになります。
これは月の解釈の時と同じように、
我々にネガティブなエネルギーを
もたらす天体として土星を捉えていい
という事です。
まさしく臨死体験者の多くが口にするよう
に私たちは肉体にいる間は牢獄にいる
ようだったという事ですが、その牢獄の
役割がつまり、この土星だという事なの
です。
松村氏は、土星がなければ、太陽の力を
うまく使えないというように解説して
おられますが、私たちは太陽の力を存分に
発揮できないため、意識レベルが低く、
ネガティブな歴史を繰り返しているわけ
で、決して必要なバランスではないという
事です。
意識レベルのバランスが良い世界であれば、
地上の人が等しく豊かで愛情に満ちた世界
にならなければならず、どう見ても土星
や月のネガティブエネルギーが過剰に
働いている証拠だといえるはずです。
アニータさんがいうように私たちは宇宙
と一体であり、愛情に満ちあふれた万能で
完全な意識であるという事なのですが、
であれば宇宙と一体になっている我々が
得た肉体のある人生を、調和のとれた
エネルギーの表現として送れていない
のでは矛盾している事になるのです。
のです。
実は、なぜ月や土星のエネルギーが過剰に
働くようになっているかの理由を松村氏の
著書を手にする前から、すでに私は得て
いました。
その事についてはまた別の記事に書かせて
いただきます。
とにかく土星を檻だと表現されている
松村氏に感銘を受けて、共感も覚えたと
いう事なのです。

土星はサターンといいますが、悪魔を表す
言葉にサタンというものがあります、綴り
が違いますが、語感が似ているのは、同じ
ものだとわかっているような太古の人が、
アナグラムといって似たような言葉で
表現しただけというのが真相のようなの
です。
つまり悪魔である土星という事ですね。
でもそれにはれっきとした理由があるの
です。
その事については、また別の記事で説明
させていただきますが、かんたんに示唆
する知識だけお伝えしておきますね。
もとNASAの職員が、非公開の土星の
衛星写真画像を公表して、土星のリングは
人工のもので、UFOがそれを増設、また
修正している様子を説明しておられます。
確かに、数々の写真にはっきりそれと理解
できるような証拠を見つけることができ
ます。また太古には土星にはリングが
なかったという伝説も残っていて、太陽系
に干渉してきた、我々とは別の知的生命体
の存在を無視して考えることは、単に
狭い世界に自分を閉じ込めて現実を見つ
めることができないような見方だといえる
と思います。
当ブログでは、その存在についての追求
というより、私たち人類がどのように
ネガティブエネルギーの影響を受けている
かを、追求していきたいと思います。
その存在に関しては、デーヴィッド・
アイク氏やコンノケンイチさんをはじめと
した多くの方の著書が出ていますので
そちらをご覧くださいね。
ただそういう話題になると途端に興味を
失うような感覚であれば、それはそのよう
な思考になるようにマスコミや教育などで
誘導されてきた成果だと断言しておきま
すよ(^_^)
もちろんそれと簡単にわからない方法で
です。またそれについては、記事の中で
少しずつ説明してきますが、真理を知ら
れたくない存在が、頂点につながる権力者
としているわけで、それにマスコミも
教育も従うような構造になっていると
いうわけです。もちろんそれも間に
とてつもなく多くのフィルターとなる
役割の人がいるわけです。
その誘導の仕方は、根本の知識と感性を
得れば看破できるようになりますが、
それを長年の研究の成果として得た私は、
誘導の手法を10年以上も毎日のように
見せられているわけです。
というわけで、月と土星についての真実
の姿に関しては、また別の記事で書かせて
いただきます。

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

松村潔氏を大尊敬する理由その1    サビアン占星術に傾倒するきっかけ



私が、鏡リュウジ氏とともに大尊敬して
いる占星術ならびに占星学の大家として
有名な松村潔氏の紹介しておられる
サビアン占星術に傾倒する事になった、
真の理由について、お話させていただき
たいと思います。

私は長い間、神秘的な事について研究して
きて、真理を追究する事に没頭して
きましたが、それと平行して占星術の
オリジナルスタイルを構築する事に
なったきっかけを、この松村潔氏が与えて
くれたのです。

その当時研究していた事で、月や土星が、
人類の集合意識に著しく多大な影響を
与えているというデーヴィッド・アイク氏の
著書に感銘を受け始めていた頃に、同じ様に
興味を覚えていたのが占星術だったのですが
そのころに手にしたのが、松村潔氏の著書で
ある「決定版!!サビアン占星術
              Gakken 刊」
だったのですが、そこには月と土星に関して
の記述が書かれていて、その内容が、その
人類の集合意識に対してネガティブな影響を
与えているというアイク氏の結論に酷似して
いたのに、いたく感動して松村氏を大尊敬
する事になったというわけなのです。
もちろん、松村氏はデーヴィッド・アイク
氏の事など全くご存知ないようで、その
コンセプトも全く互いに相容れないものの
ようですが、だからこそこの土星と月に
対するコンセプトが酷似している事が、
自分にとって衝撃的だったのです。
もちろん松村氏は、全てのご自分の著書で
土星や月をネガティブなものの象徴として
の面からのみ解説しておられるわけでは
なく、その土星と月が支配星である山羊座
や蟹座に対してもポジティブな面を強調
されていますが、私にとってはそこは
あまり重要でないのです。
真理探究で得た知識と、占星術な観点から
の知識が融合する貴重な一点があった
ことが、あまりにも衝撃的で、世界観と
宇宙観に一気に感性が開けた瞬間だった
のです。
そのおかげで、サビアン占星術を独自の
観点から研究する事につながり、松村氏の
解釈とも違う、オリジナルのサビアン占星術
の解釈にたどり着いたというわけなのです。
ただそのきっかけは、松村潔氏の存在が
なければあり得なかったわけで、それが
私が松村氏を大尊敬する大きな理由の中心に
あるというわけなのです。

ではそのきっかけになった松村氏のまず月に
対する占星学の観点からの深い知識を背景に
した解釈を、著書から引用させていただき
ます。

“(月についての記述の途中からの引用
です)

太陽意識は目覚めた意識なので、浮力が
強く、それをより低い次元の地球にとど
めることはできません。この時、地球よりも
低い次元にあり、より重さを持つ月が、太陽
の力を否定的な姿勢で固定化して受け止める
ことで、太陽の意識は地球にとどまることが
できるのです。
太陽がプラス1の力だとしたら、
月はマイナス1、そしてその両方の均衡が
地球を表し、地球は太陽と月の二つの力の
調停点だと考えられるのです。
 人間の生活の中では、このプラスの浮力
である太陽の力と、マイナスの重力である
月の力が葛藤を起こしつつ、両方生きて
ます。
     (中略)
月は人間の中にある何ものにも限定されない
意識を、人の形やエゴに閉じ込める重力を
象徴した天体です。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

まず月について引用させていただきました
が、この部分があまりにも自分にとって
示唆的で衝撃だったのです。すでに月の
ネガティブエネルギーについて、いくつもの
情報を得ていて、真理探究からの知識も
あった自分にはこの部分だけで充分に、
占星術と真理探究を結びつけるのに充分な事
だったのです。
松村氏は、全体的には月のエネルギーが
結局人間にとって必要だとまとめておられ
ますが、私が神秘メッセージでご紹介して
いるように、人間本来の能力は故意に眠らさ
れていて、臨死体験で肉体から離れた意識を
経験した人たちの多くが覚醒した明晰な
感覚と、自由で至福な状態になったと報告
しているのは、いかに我々が肉体に囚われて
いる間、意識を曇らされ、ネガティブな
悲しみや憎しみ嫌悪感、悩み、憂鬱などの
感情を必要以上に味わっているかを、
裏付けているのです。そしてその月のもた
らすエゴや肉体感覚が、戦争や略奪、犯罪
に走らせる原因にもなっている事などを考え
れば、その月のもたらすバランスとしての
マイナスエネルギーは、必要以上に強く
偏っているものだとしてみなければなら
ないと思うのです。つまり決して我々に
とってちょうどいいバランスをもたらして
いるのではないという事がいいたいの
です。
実際我々の左脳は、太古のある時期より
損傷した状態になり、現在の人類はその
おかげで、ネガティブなエネルギーと
限定された能力のおかげで、数々の
否定的な側面を露呈する状態になって
います。
右脳の驚異の力その5で、その事に
ついて書いていますので、ご覧ください)
もし宇宙の恩恵を受けてバランスが良い
状態であるのなら、これまでに見られた
ような人類の悲劇や惨劇は起こらず、人の
残虐な面や、獰猛、卑劣な面は生まれて
こないと思うのです。
それを気づかせてくれたのが臨死体験者
たちの証言であり、超常能力者や賢人たち
の教えなのです。かれらは心が愛情豊かに
なれば、また全てが一体であるという事が
真実であることを知れば、人類に悲劇や
惨劇がなくなり、残酷で残虐で卑劣で
醜い人間のネガティブな側面が無くなると
説いているのです。
その意識を曇らせるエネルギーの一つが、
月である事を確認させてくれたのが、
この松村氏の月の解釈だったというわけ
なのです。
もちろん、人類の否定的側面を松村氏は
あまり考慮にいれて解説しておられ
ません。
ですが、人類の歴史と現状を冷静に見つ
めれば、月のもたらすエゴや人の形に閉じ
込める重力そのものが、そのネガティブを
もたらす一つの大きな要因になっていると
確信できたというわけなのです。
もちろんその背景には、すでに月について
ネガティブな事実を別の研究で得ていた
事があります。

長くなりましたので土星については次回に
まわさせていただきたいと思います。、
では(^^)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

  

鏡リュウジ氏を信奉する理由     占星術を理解するにはこの人です!


私は、かなり若いうちから占星術や超常現象
などに興味を持って、それが大人になって
からの研究につながりました。

占星術というか占い全般で、自分の事を
占ったり、知人の占い、最近ではみなさん
を相手に鑑定などをしてきましたが、
他人の事は自分の鑑定で大体当てることが
できますが、自分の事が逆に詳細なところ
まであたってないなーと思ってました。
かなり多種類の占いを試してきましたが、
ようやく自分の事を、ほぼ完全に言い
当てる事ができたのが、サビアン占星術と
数秘術(私は7)とそしてこの鏡リュウジ氏
だったのです。
鑑定をしていただいたわけでは、ありません
誕生日占いの本です。よく書店に同種類の
本とともに売られている、あの日付毎の
百科事典のような分厚い本です。
単にその本に出てきた、自分の日付を読んだ
時に、「完全にこれは自分だ」と確信できた
のです。
他にも同じように、誕生日の本が出て
ますが、
私の9/21は、「言葉の魔術師」という
ような記述しか出てきません。
確かに、言葉は湯水のように湧き出てくるの
で間違いではないですが、内面を深く知る
自分自身としては、表面の能力しか、
言い当ててないなーという感想でした。

逆にサビアン占星術の私の太陽の、1度違い
のオーブが
乙女座29度「読んでいる書類から秘密の
知識を得る男性」
また天王星のオーブ1度が
「ウィジャ盤」(西洋のこっくりさん
つまり霊感占いの事です)
なので、これはかなり正確だなと思い
ました。

また数秘術の生命数7も、
「知と真理を探究するエネルギー」なので
これも当たってます。

そして極めつけに当ててくれたのが、
鏡リュウジ氏の著書である
「鏡リュウジ 誕生日バイブル
       鏡リュウジ 著
     ヴィレッジブックス刊」
だったというわけです。

では私の9月21日を抜粋で引用させて
いただきますね。
わりと褒めていただいてる部分は、
この方褒め上手なので、どの日付も
褒めておられます(^^)
大事なのは内容ですので、よろしく
お願いしますね。あと全国の9月21日
生まれの方は必見ですよー。

“  9月21日  乙女座

「宇宙と自然に想いをめぐらせる人」

非常に鋭い感性の持ち主です。発想力が
豊かで、大きな空に広がっていくように
自由に伸び伸びとした考え方をします。
この世の狭い世界に縛られず、壮大な
スケールで物事を考え、宇宙や自然の
ことにまで想いをはせるタイプ。
(これはそのまま私です。実際神秘
メッセージのような事を、研究してきた
ところが何よりの証拠でしょう。)
この世界の神秘や謎についても深い興味
を持っていることでしょう。
基本的には外向的で、外の世界に関心が
向くほう。
  (中略)
けれど、根本的には繊細な感受性を
持っているので、ちょっとしたことでも
心が揺さぶられてしまうことも。
人間関係でも、相手の気持ちを考え
すぎてしまったり、人の意見に左右され
たりする面もありそうです。
大らかな性格ですが、親しい人に対しては
要求が多くなったり、無意識のうちに
自己中心的なところを出してしまうのが
欠点。親しい人にこそ優しく接すること
ができると、より支援者も増えるで
しょう。
(これも私そのものです。💦自分の事
だからよくわかります。親しい人に
要求が多くなったり、自己中心的に
なるのは、相手も自分と一体という
感覚が強くなるためで、自分はこうで
なきゃいけないとか要求するのが
身近な人に対しても、同じような
気持ちになるからだと思います。
それと自己中心的なのも、相手も
自分という感覚があるので、そのまま
甘えているのでしょう。ただ年を取る
につれてましに改善されているとは
思います💦)
  (中略)
「あなたの才能と人生のテーマ」

ミクロからマクロまで。これが、この日
生まれの人の人生観や才能を現す言葉です。
わずかな変化も見逃さない顕微鏡的な目線
で物事を見つめたかと思うと、宇宙の秘密
や、世界の成り立ちといった、日常生活の
常識の枠を超えた世界に興味を示します。
これが、この人にとってはちょうどいい
バランスなのです。
(私の神秘メッセージをご覧になれば
全くその通りだとうなづいていただける
と思います)
 社会生活の中では、実務的なものを好み
、実際にその方面でめざましい活躍を
するでしょう。
(めざましい活躍はありませんでしたが
わりと喜んで、毎日の仕事をこなして
きました)
しかし、いったん仕事を離れたときには、
常人が理解できないことに強い関心を
示すかもしれません。
(実際に強い関心から30年ほど、真理
について研究してきました。)
自分自身が心から楽しめる趣味を持つ
といいでしょう。
まったく接点がないと思われれることが
、この人のなかで結びつき、壮大なSF
ドラマになったり、新しい発明となって
世に送り出される可能性もあるはずです。
(研究成果で得られた完全オリジナルの
結論は、確かに発見といえると思いますが
かなりずずいーっと奥が深いので、人に
わかるように説明していくのに四苦八苦
しています💦)”
“出典:「鏡リュウジ 誕生日バイブル」
          鏡リュウジ著
       ヴィレッジブックス刊 ”

欠点も興味もすべて、ほぼ完全にこれが私
だといっていいと思います。
これだけ当てていただいたので、なんだか
その優れた占星術の鑑定能力を大尊敬する
とともに、自分を初めてわかってくれる
人に出会えたような気持ちになり、強い
親近感も覚えたことで、信奉することに
なったわけです。
このように情に傾きやすいのも、私の性質
なので、繊細な感受性があらわれているの
でしょうね(^^)
1度みなさんも、この本高いですが、
値段の何倍もの価値があると思います
ので、よかったら一冊買われてみては
いかがでしょうか。
そしてまた鏡リュウジ氏の著書からの引用
も、このサイトでご紹介していく事になり
ますのでよろしくです。
すでに、占星術の歴史編では、鏡リュウジ氏
の著書「占星術の文化誌」から引用させて
いただいた記事をいくつか、アップしてます
のでよろしかったらご覧くださいねー(^^)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

 

   

二十四節気と12サイン2

みなさんおなじみの12サインの区分って
どうやって分けてるかご存知ですかー?
これは、地球から見た太陽の見かけ上の
一年の動きを12に分けたものだったん
ですが、それにしても2月19日から魚座
とか、4月20から牡牛座、8月23日
から乙女座というように、月の中途半端
なところで区切られてますよねー。
これは実は日本の二十四節気とほぼ
ぴったり同じ分け方なんですって!
このことは、最近購入した、鏡リュウジ
氏の著書「占星術の文化誌」で知ったの
ですが、びっくりですよねー。
日本の二十四節気の場合も春分点や冬至
などの節目を正確に読み取ってつくられて
いて、天体のサイクルをもとにしている
のだろうけど、二十四節気の区切り方の
二節気ごとの区分が、12サインの区分
とほぼぴったりなのが、非常に興味
深いですよね。日本の場合は季節の移り
変わりが豊かなので、それだけ節目の
自然界のエネルギーを細かく読み取る
必要があったため、24という分け方なの
はわかりますが、西洋のこの12サインも
同じく、自然界のエネルギーのサイクルに
よって分けていたのではないかと、思い
ます。



”出典:コトバンク”


”出典:Time less Edition”

なるほど2節気ごとの節目が、そのまま
12サインの区切りと同じ時期にぴったり
重なっていますね。
「雨水」は魚座に入ることを意味して
いて、魚座は水のサインだからぴったり
だし、「大暑」も獅子座に入る日とほぼ
ぴったりで、なるほどエネルギーの高まる
獅子座に似つかわしいですよね。
他のサインもほんの少しの誤差におさまって
いるので、確かに二十四節気と12サインは
同じように自然界のエネルギーを読み取って
の区分をしたものだということがわかり
ます。
地上の自然界はもちろん宇宙のエネルギー
を投影しているので、西洋占星術でも
日本の伝統でも、同じ宇宙エネルギーの
読み取り方をしていたということになり
ます。
つまり世界の遠く離れた土地で、互いに
宇宙エネルギーの読み取り方が正確で
あることを裏付け合っていたということ
になりますね。
この二十四節気のコンセプトは、占星術
の読み取りにまた使えそうなので、これ
からも取り入れていこうと思います。
ありがとうございます!鏡リュウジ様!

もう一回投稿編一覧

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

乙女座17度と全米セレナの激情


全米女子決勝の真実にも
書かせていただきましたが、サビアンシンボル
の宇宙的エネルギーの影響の典型例として、
セレナ・ウィリアムスの感情を止められ
ない姿がありました。
その試合の当日のニューヨークの
ホロスコープを私の持っているstargazerで
出させていただいたら、その時点での
太陽のサビアンシンボルは乙女座
15.60度、つまり
乙女座16度
「オランウータン」です。
そしてそのオーブ(許容範囲)1度の
サビアンシンボルは
乙女座17度
「噴火する火山」です。
まさに、セレナの感情が止めようもなく
なったことが、宇宙エネルギーにリンク
していた事を思わせるように表れて
います。
まずサビアンシンボルは次の度数つまり
進行といいますが、向かっている方の
シンボルの影響も強く受けるわけです。
セレナといえば、テニス人生で無類の
強さを発揮した偉大なチャンピオンで、
なんと23度もグランドスラムタイトル
をとっているという、現役でありながら、
伝説となっているような選手です。
これはテニス界ではロジャーフェデラーや
ピートサンプラス、マルチナナブラチロワ
などの偉大な歴史的選手にならぶほどの
選手です。だからこそ出産後復帰してきて、
しかも36歳となった今、全盛時ほどの
力はないはずなのに。準決勝まで、全盛時
を彷彿とさせるような圧倒的強さで勝ち
上がって来ました。
そのいわばプライドのかたまりのような
セレナが、経験の浅く、全米決勝に初めて
上がってきたような若手に負けるはずが
ない、負けてはいけないと内心思って
いたのではないでしょうか、最近
グランドスラムに次ぐような格の大会を
制して、やはり世界中の強豪が大坂なおみ
選手の実力を認め始めてきたとはいえ、
彼女にとっては、圧倒できるほど小さな
存在のはずでした。
ことろが、案に相違して、大坂選手が
あまりにも、自分に対してプレッシャー
をかけてきて、プレーのあらゆる場面
で自分を上回るゲームをしてくるでは
ありませんか。ここで彼女の闘争本能に
火がつくわけです。まあスポーツ選手なら
誰にでもありますが、本能をむき出しに
して戦おうとする姿です。
これは、必死さの重いが強くなるほど、
その意識の影響が強くなります。
これは、その時点での太陽のサビアン
シンボルの宇宙エネルギーである。
乙女座16度の「オランウータン」の
宇宙エネルギーと意識がリンクします。
これが第一段階。つまり宇宙エネルギー
にリンクすれば、それがポジティブな
ものであっても、ネガティブなので
あっても自分が意識的な変えない限り
そのエネルギーの影響の流れに自分を
委ねることになるのです。
もちろんスポーツ選手らしく、アスリート
らしく本能を全開にして、自分の身体能力を
引きだそうとするのはいいことだし、
そこまではよかったのです。ただそれだけ
勝ちにも執着している感情が大きくなり、
それに対して相手が非常に強いプレッシャー
をかけてくる、ここで彼女の感情のコント
ロール力が弱くなってきます。もともと
本能のままに意識をまかせるという事は、
理性をつまりは抑えつけてしまっている
わけですから、ふだんの理性的な自分は、
すでに意識の中心にはないわけです。
そんな時、少し安心を求めてコーチの方を
みたのでしょう。もちろん指示を求めて
ではありません。ですが、コーチもあと
からコメントしているように「やって
しまった」わけで、それを見てしまった
彼女はもちろん意図的ではなくても、
ここでバレなければいいかと思います。
これは世界中の誰もが思うような小さな
邪心です。誰でもあります。全く問題
ありません。
ですが、ルール上はこれは警告以上には
当たりますので、たまたま審判がそれを
気づいてしまった。
自分に対する警告にいったん仕方ない
というような仕草を見せるものの、
プライドから、世界中に自分がフェア
プレイしていないというような印象を
与えたくないため、抗議してみたのです。
でももちろんごまかしのための抗議です
から、強くは言い続けませんでした。
審判にサンキューなどといって寛大な
態度をしてみせる事で、自分の支配的
な雰囲気を取りもどしてみせたまで
は良かったのですが、ゲームが進むに
つれて、大坂なおみ選手が自分を
たびたび上回るプレイをして、
自分の流れにできないくやしさから、
感情のコントロールがきかなくなり
ました、ここで宇宙エネルギーの次の
度数の影響を受け始めるというわけ
です。
つまりそれが乙女座17度
「噴火する火山」です。
もうこのエネルギーは、感情を爆発
させていくというものですから、
完全にそのエネルギーとセレナは
リンクしてしまったのです。
何かに当たらなければいられない、
フェアプレイをしている大坂選手
にあたったら自分が悪役になること
ぐらい経験豊富な彼女はよく知って
います。だったら、フェアプレイを
している自分のリズムをこわした審判
の警告に対して、怒りをぶつける
しかないわけです。
賢明なふだんの彼女はすでに本能の
乙女座16度の「オランウータン」に
リンクしてしまつた時点、遠くに
いってしまってます。
つまりそんな激情の自分を彼女は自分
で止められないのです。
それがあまりにも、鮮やかに感じられた
ので、今回書いてみようと思いましたが
実は、自分も感情的なところがあり、
怒ってしまった自分を、止めようとする
自分はいるのですが、勝手に怒ってしま
う肉体の自分を止められないというのは
経験があります。ただ、怒るにしても
ここまでは怒ってもいいという境界線を
もともと持っているので度を越す前に
止められるのです。
このように意識で、自分をコントロール
するとこは、とても大事だということが、
この乙女座17度のネガティブエネルギー
によってよくわかったというわけです。
すいません最後まで読んでいただく方
があるとも思えませんが、もし
読んでいただいた方がいれば、心から
感謝と親近感を持ちます。
では、今度こそ簡潔に書くと自分を
戒めて、終わりにしますねー(^^)/

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

新カテゴリー未来予知・運勢編追加しました

あんみんの西洋占星術のカテゴリーに
新しく、「未来予知・運勢」を追加
しました。またイラストをクリックして
いただければ、その一覧にいけるように
なってます。
それほど記事数自体は、多くはならないと
思いますが新カテゴリーとしてよろしく
お願いします。

あんみんの西洋占星術

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ