月について改


今日月についての記事を投稿しました
ので、ブログを始めた当初から、
固定記事として、あんみんの西洋
占星術内の、太陽系10天体に
並べております、そして最近
真実の月編にも追加しておきました。
月についての解説
記事を再投稿しておきます。
これは、そのまま再投稿している
だけなので、読み切りです。
またこれからもご覧になる時には、
真実の月編からか、太陽系10天体
の一覧から、入っていただいた方が
見やすいと思います。

太陽系の10天体のうちでも太陽と同じく
特別な意味があるのが月です。
生命としてこの世に生まれて来るとき、
必ず母体となる女性は常に月のリズムに
合わせているのは、みなさんご存じの
通りですね。月経や臨月という言葉も、
いかに月のエネルギーが我々の生命に
深く関わっているかという証拠です。
つまり我々は月のプログラムによって
この世に生命を受けているのと同じです
から、その影響はとても大きくなります。
ただしですが、生命は我々自身の全て
ではありません。あくまでの我々の意識
の一部が魂となって生命に宿っている
だけなのです。
ところが、この世に生まれてからしば
らく、生命としてこの世に定着するた
めには、月の信号をしっかりと受け続
けなければならないので、影響を強く
受ける年齢域が0歳から7歳までの
期間なのです。この頃は無意識に月の
信号を受け取り、同時にまわりの環境も
無意識に取り込んでいくのです。
取り込んでいる場所は潜在意識なのですが
無意識に取り込んでいる状態なので、本来
の自分自身である中心の意識はほぼ寝て
いるようなものです。無意識と潜在意識は
全く意味が違って、無意識は文字通り
意識のないロボットのような状態のこと
です。つまり生命または肉体という
ロボットに本来の意識である自分が宿り、
生命体として定着するために、意識を
眠らせ、無意識に月からのプログラムを
受け取っているということです。
その無意識のプログラムは潜在意識に
刷り込まれるので、生命のあるうちは、
非常に大きな影響を受け続けます。
ただし本来の意識は太陽の影響を強く
受ける頃には、完全に目覚め始めるので
無意識に刷り込まれた月のプログラムに
対抗しようと創造エネルギーを強めます。
つまり、創造意識の太陽に対して、
無意識の月の意識が制限の力として働くの
です。
つまり個人が人生において、本来の意識の
望みを体現しようとするには、生命エネ
ルギーに深くかかわっている月の
エネルギーに安住していてはいけない
ということになるわけです。
とはいっても月のシンボルエネルギーは、
潜在意識に刷り込まれたこの世での我々の
安心できる場所で、なかなか抜け出すのは
容易ではありません。
徐々に太陽をはじめとした天体の影響力を
使って、創造的エネルギーを強め、思い通り
の人生を歩めるようにするのが、占星術の
役割ということになります。

太陽系10天体

あんみんの西洋占星術

真実の月編一覧

トップページへ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です