DNAの驚異の力編 まとめと再考     その4



今回は
DNAの驚異の力その5
についてのまとめと再考です。

その5の記事の冒頭に、内容の濃い記事
だと書いているように、そうとう重要な事
がいっぱいつまっている記事です。
まずは、真空から無限にエネルギーが取り
出せるという、ニコラテスラのフリー
エネルギーのコンセプトとなったのが、
スカラー波と呼ばれるものです。
実際真空から、ニコラテスラがエネルギー
を取り出すことを、テスラコイルにより
証明しているというわけです。
真空には、無限のエネルギーが存在して
います。くわしくは、神秘メッセージの
最初の「宇宙は全てまさかの真空です
という記事に書かれていますので、ご覧
ください。

量子物理学では、すでに真空から物質が生成
される事を実験で証明していて、エネルギー
も同様です。

そして真空からエネルギー、つまりスカラー
波が生まれ出る仕組みを、その5で説明
していますが、そのまま引用します。

「全く同じ振動数を持つ二つの電気の波が、
完全に逆向きから流れ、二重螺旋の状態
になり、一方の電磁波がもう一方の電磁波
を打ち消し合い、電位差0になります。
その時その電磁波は真空に消えていったの
ではなく、スカラー波に変換されたという
事です。そしてまた逆に真空から変換
されたスカラー波は、無尽蔵の電磁波
として我々が感知・観測できる状態になる
という事です。
つまりこの逆向きで互いに、距離を保った
まま、電磁波を打ち消し合う二重螺旋の
構造は、真空から無限にエネルギーを
取り出し循環させる仕組みになって
いるということなのです。
これが銀河や竜巻、DNAが継続的に
エネルギーを生み出し続ける仕組み
だという事です。」
(上の説明を再度読んで、少し言葉足らず
だったので、追加説明します。
二重螺旋で電位差0となったスパイラルの
中心を流れる垂直な通路(超伝導)を
通して無尽蔵のスカラー波が、生成また
消滅するという事です。)

この二重らせんのスパイラルは、我々の
観測出来る宇宙の基本的な力である電磁気
エネルギーの原初の形態である
ビルケランド電流と同じです。
宇宙の根本的な力は重力じゃないという
記事もご覧ください)

また宇宙はプラズマという記事で
我々の宇宙はほとんど全て電磁波のもとで
あるプラズマだと説明させていただき
ましたが、このプラズマとスカラー波は
ほぼ同じ意味だと捉えていいと思います。
そのためスカラー波を生み出すテスラ
コイルが、無尽蔵に電磁気を生み出す
ための装置なのです。

そしてここから、宇宙の真理につながる
大事な事を説明しますので、みなさんの
右脳のイメージ力をフル稼働して、
お読みください。

実はこの永続的なエネルギーである
二重螺旋構造には、さらに永続的に循環
させるための構造が隠されているのです。
それがトーラス構造で、この二重螺旋
の端は、どんどんひろがりやがて湾曲して
いき、裏返しの向きの球状を形成します。
そしてそのまままた逆の曲のスパイラル
とつながるのです。
これは説明するとややこしいですが、
画像では何度も引用させていただいて
いるトーラス構造をご覧いただれば、
イメージとしてすぐに理解して
いただけると思います。
下の画像です。

“出典:「はーとふるユニバース」様”


“出典:「末日聖徒イエス・キリスト
教会の会員の聖典研究」様」”

このようにトーラス体の中心の空洞は、
二重螺旋のスパイラルエネルギーが
流れていて、両端で広がりそれが
スパイラルを維持しながら湾曲して
いき、やがて逆のスパイラルの端へと
つながり今度は収縮していくスパイ
ラルとしてまた中心に向かいます。
それは上から広がり、下の端につな
がって収縮する流れと、同じく下から
広がって上の端につながる流れが、
均等になっているため、永続的な
トーラスの循環システムを形成して
いるという事なのです。
ただこの二重螺旋と、トーラス循環を
現代の観測機器では、同時に感知、観測
する事ができないため、別々のものとして
捉えられているというだけの事だったの
です。

しかもこの逆向きに流れる二重
のスパイラルを垂直つまり、画像で
いえば真上(真下)から見ると、二つの
円が重なっているように見えますが、
その円同士は、逆向きの方向への力
になっていますので、重なっている
部分でねじれの力の影響を受けます。
つまり一方の円の流れが、ねじれの
力の干渉を受けて、もう一方の
円に移るというわけです。
(もちろんそれぞれの円のスパイラル
の流れも維持されたままという事です)
これがメビウスの輪のような別の
エネルギーの流れを生み出すというわけ
なのです。
下手ですが、下の画像を参考にして
ください。

これで二重螺旋のスパイラル、
トーラス体、そしてメビウスの輪
のエネルギーが一体のものであり、
それぞれが別々に観測されるため、
別のものとして、理解されてきたと
いうわけなのです。

その5では、宇宙のプラズマエネルギー
を永続的に取り出せる循環システムが
人体の極小のレベルてもみつかった
という事で、人体の60兆ある細胞に
あるミトコンドリア内のそれぞれに
数千のメビウス状のDNAがあると
いう事を引用で説明させていただいて
ますが、詳しくはその5をご覧ください。
つまりエネルギー産生システムである
ミトコンドリアは、やはりプラズマ
循環システムのトーラス体により、
エネルギーを真空から取り出していて
それが、メビウス状のDNAとして
観測されているという事なのです。
この場合もトーラスと二重螺旋と
メビウスの輪が一体である視点を加えて
初めて、全てがつながって理解できる
というわけです。

また細胞の核内のDNAの二重螺旋では
現在の科学で人工的に不可能な常温での
「超伝導」が実現されていて、フリー
エネルギーを実現させているという事を
佐野教授が説明してくださっています。
これもその5で引用させていただいて
ますのでご覧下さい。

これで人体の極小のレベルで、フリー
エネルギー循環が生体エネルギーを
支えているという事が証明されました
が、もっと大きなレベルでの生体
プラズマ循環が、心臓を中心とした
半径数メートルの範囲での電磁波の
トーラス体なのです。
要するにトーラスのねじれの中心に
あたる部分が心臓で、二重螺旋の
エネルギーが流れるのが、脊髄を
中心とした中枢神経なのです。
これで全てトーラスと二重螺旋と
メビウスの輪の流れが一体となって
循環しているという事が理解して
いただけたかと思います。

つまりこのトーラス体の循環システムは、
真空から永続的にエネルギーを取り出し
続ける事を可能にする仕組みとなって
いるという事なのです。
つまり、本来ならば人体の生命力は永続
的に尽きることがないのですが、それは
DNAのプログラムに、干渉する意志が
あるため、微妙に書き換えられている
という事なのです。
それが「老化」というプログラムで、
本来の生命体としてのプログラムには
なかったものなのです。
それについてはまた別の記事で書いて
いきます。

そしてこの循環するトーラス体のサイズ
は、振動数による事がわかっているので
これが、さらなる別の真理へ導いて
くれる事になるわけです。
それについてはまた別の記事という事で
ではまた(^^)/

DNAの驚異の力編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

DNAの驚異の力編 まとめと再考     その3


今回は
DNAの驚異の力その4
についてまとめさせていただきながら、
さらに別の観点も加えて、説明して
いきたいと思います。

前回のまとめ記事では、DNAが遠隔で
信号を発信して、自身の複製を蒸留水
のみの皿に作ったという事例を、ご紹介
しましたが、つまり我々の物理的感覚
、時空の感覚では説明のつかない、無から
有の物質が、もとのDNAからの信号の
発信によりつくられたというわけなの
です。
これは時空を越えて信号を発信したり、
受信したりする能力をDNAが発揮した
という事でこれを
ハイパーコミュニケーションと呼びます。
この言葉は、「テレパシー」「未知の
情報伝達」「時空を超えた次元間情報
伝達」というような意味になります。

また別の実験でDNAが、ワームホール
をつくる事が明らかになったのですが、
ワームホールとは、当然時空を越える
通路だという事です。
これで、DNAが時空を越えて、発信、
受信できるという事が、別の観点からも
裏付けられたことになります。
実は、自然界でこのようなハイパー
コミュニケーションの事例は、いくら
でもあって、わかりやすい事例として
アリの世界をその4の記事でご紹介
しました。
女王アリは、働きアリたちに対して、
まったく互いの距離に関わらず交信
をする事ができ、それは互いの存在が
確認できないような位置や距離でも、
女王が生きている限り、働きアリは
女王の指令通りに行動し、女王アリが
死ぬと、働きアリは行動の仕方がわから
なくなり右往左往するだけだというの
です。
このように、アリの世界のように司令塔
的な存在がいれば、働きアリの一生は
全て女王のコントロール下にあるという
事ですが、働きアリほどでなくても、
日常のわたしたちに対して、司令塔的な
役割を果たしているものはあるのです。
わかりやすい例からいうと、自分自身の
生まれ持っての遺伝子、つまりDNAに
書き込まれた信号がありますが、考え方や
行動もほぼそれに従った人生を送りがち
になるのが私たちです。

DNAの驚異の力編のまとめと最高その1
ご説明したように、DNAは親から
受け継いだ遺伝子だけでなく、その時点
での宇宙エネルギーや意識エネルギーを
取り込んで、それを選択しながら反映させ
ます。
たとえば、天体の配置による宇宙エネルギー
全体を取り込んで、私たちは生まれて
きますが、その時にDNAにそのエネルギー
が書き込まれるのです。そうすると、その
信号が人生のサイクルとして、考え方や
好み、意志、感情などをある程度決定
づけるので、占星術などが人生傾向、
性格などを鑑定できるという事です。
もちろん、DNAには親から受け継いだもの
もあり、それが特技や考え方などに影響を
及ぼします。しかし、それだけではない
という事をまとめのその1で説明させて
いただいたというわけなのです。
言葉による暗示や、音楽などでも、DNAは
書き換えられるという事が、実験で確かめ
られているので主流の科学や私たちの常識
である「DNAは固定されたデータ」という
コンセプトは、とっくに反証されている
というわけです。
さらにここでその事をもっとかんたんに
理解できる視点を、ご紹介しましょう。
もし遺伝子が親から受け継いだものだけで
成り立っていて、その遺伝子を持った
子供が、その人生で新しく最新の
コンピュータ理論を学んで育ち、立派な
IT技術者になったとします。
そして彼が結婚をして、子供が生まれた時
彼の子供がコンピュータの知識に関して、
まわりの子供にくらべて非常に吸収力が
あり、とても優秀な理解力を持っていたら
、それはやはり親から受け継いだ才能です
が、その才能は父親が先祖からのDNAに
「新たに書き込んだ」才能である事は
確かですよね。つまりDNAは新しい
信号を受け取り変化したという事が、
これだけ簡単に証明できたというわけ
なのです。

だからこそ、宇宙エネルギーの波動による
信号を生まれた時点で受け取り、それが
DNAに書き込まれて、私たちの人生や性格
の傾向を決定づける事ができるのです。
これが占星術の鑑定のベースになって
いるという事です。
以後ももちろん宇宙エネルギーを受けます
が、最初に書き込まれたデータをコピーして
増殖していくDNAのデータに対して、選択
しながら書き込まれていく事は、簡単です
が、基本となるデータを「書き換える」と
いう事は簡単ではありません。
つまり生まれついての基本的な性格や
人生傾向などは、簡単には変わるものでは
ないという事です。
もちろん日々の宇宙エネルギーは、強く
私たちに影響を与え続けているので、基本
のデータ以外は、刻々と変わっていって
ます。
もちろん私たちの意識(特に潜在意識)や
言葉、行動によっても変わります。
その中で生まれた時点から、決定的な影響力
を持っている司令塔的な天体が太陽や、月、
そして土星だという事なのです。
ただ月や土星に関しては、ネガティブな影響
による干渉というようなエネルギーなのです
が、それについては、別の記事で書いてます
し、また追加して書いていこうと思って
ます。
DNAが、ハイパーコミュニケーションで
時空を越えて、受信、発信しているという
事は、宇宙エネルギーによる、「アリの
世界」のハイパーコミュニケーションも
また可能だという事なのです。
私のサビアン占星術のコンセプトはこのよう
な事がベースとなっているというわけです。

ただそういう宇宙からのエネルギーに対して
も私たちの意識で、変更させる事ができる
のですが、そのハイパーコミュニケーション
を行うためには、リラックスした状態が
必要だという事なのです。
リラックスした脳波は7~8Hzで、7Hz
で書き換えが行われる事が実験で確かめられ
ているという事だし、7.8Hzは地球の
波動で、さらに8Hzで超能力が発揮される
という事なので、全てつながります。
そしてこの時に特に指摘されているのが、
固定された知性は、自由な発想と感性、
柔軟な思考を妨げるので、ハイパー
コミュニケーションを妨げるということ
ですね。
私たちが、司令塔にあたる宇宙エネルギーや
生まれた時点でのベースとなるDNAの
信号に対して、有効に自分の望むような
エネルギーや信号に変更させるためには、
そのDNA(潜在意識の一部)に長い間
刷り込まれ続けた固定観念や固定された
知性を、まず書き換えないとだめだという
事なのです。

またDNAが、時空を越える通路である
ワームホールをつくり出す時、電磁界
異常が見られる事が、明らかになって
いますが、これもこれまでの記事で
何度も説明してきた、超常現象は電磁界
異常と密接に関係があるという事の
さらなる裏付けとなっています。

このDNAのワームホールのような時空の
ゲートは、人体でいうチャクラにあたり
ますし、地球に12ある巨大なエネルギー
ボルテックスポイントにもあたります。

次回はその5についてのまとめです。
ではまた(^^)/

DNAの驚異の力編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

DNAの驚異の力編 まとめと再考     その2



今回は
DNAの驚異の力その2

DNAの驚異の力その3
についてまとめさせていただきます。
前回7Hzの周波数で、言語や光、そして
音楽や意識でもDNAの書き換えが
行われ、私たちの思考や現実感覚まで
変える事ができるという事を説明
しましたが、今回は同じ7Hzの波動で
DNAが蒸留水以外なにもない離れた
場所にある皿に信号を発信して、その上
自身の複製をつくってしまうという事を
DNAの驚異の力その2で紹介した事を
取り上げます。もう一度その時の画像を
掲載しますね。

つまり水という媒体があれば、自分自身
の情報を発信して、離れた皿の蒸留水に
自身と同じものを創造できるという事
なのです。

このことはとても強烈な真実を私たちに
つきつけています。
つまりDNAは素材もなにもない状態で
全く新しい物質を生み出したという事
という事です。しかも複雑な分子構造を
持つ物質をです。
物質が物質を生み出すという概念しか
持たないのが主流の科学と教育そして、
それにマスコミ、そしてそれを受けた
多くの日本人、いや先進国なども全て
ですね。
この7Hzの周波数により、DNAが
遠隔で自分の複製をつくったという
事は、物質から物質が生まれるという
概念そのものをくつがえしたという
事なのです。
蒸留水はほぼ水分子であるH₂Oなので
水素と酸素だけです。
それに対してDNAは下の図のように
なります。

“出典:「啓林館」
「核酸」のページより”

P=リン酸、C=炭素がしっかり含まれ
ているのがわかりますよね?
つまり素材も何もないところからDNA
のこの複雑な分子構造が生まれたという
事なのです。
(まさか蒸留水の中にわずかに、リン酸
や炭素の成分があるに違いないという
ような頭ガチガチの人はいませんよねー)

そもそも真空から素粒子が生成されるのは
量子物理学が、数え切れないほど繰り返し
証明しているのに、なぜ、物質は物質から
しか生まれないと思い込めるのでしょうか
?不思議でしょうがありません。
もちろん塩水を飲むだけで、輸血の代わり
に大量の血液が体内で生成されるという
事実もすでに生命エネルギーもプラズマ
の記事でご紹介してますが、これも塩水
が血液の成分にならない事はおわかり
ですよね。しかも摂取した塩水の量とは
比べものにならないくらいの量の血液が
生成されているわけですから、物質
から生まれてきたわけではない事は
明らかです。
真理探究にとっての障害になるのは、
物質は物質からしか生まれないという
ような植え付けられた根本的な世界観
なんです。

そしてまた遠隔で、DNAが自身の複製
を作ったという事は、それが波動の信号
を発信できる力であるという事です。
つまり前回のように波動を受信して
書き換えを行ったり、記憶したりする上
に、発信までできるという事なのです。
我々のDNAは、受信、変換、保存する
だけでなく、発信まで行って、しかも
それが物質の創造力まで発揮してしまう
という事です。

このようにDNAに遠隔での自身の複製
や書き換えを行うのに適した7Hzとい
う低い波動は、超能力者が能力を発揮する
8Hzの脳波とほぼ変わらない数値です。
超能力者の脳波は8Hzという事が、
実験で確かめられています。インドの
ヒーラーの能波を実験室で確かめたら、
超能力を発揮している時、やはり8Hzが
検知されています。そしてまた彼が去った
あとに残された水も、しばらく8Hzを
維持していたそうです。

つまりこの7~8Hzが、高い意識レベル
を発揮させたり、生命エネルギーを維持
するのに適したものだという事なのです。

そして我々の地球もまたその7~8Hzの
波動で満たされているという事が、
シューマン共鳴波の発見によって証明
されたのです。
その3から抜粋して引用します。
“実は、地球を取り巻く電離層が7.8Hzの
プラズマ振動を起こしているという事実が
分かっています。
   (中略)
つまり地球は周波数7.8Hzの電磁波で
囲まれているということです。そして、
我々は、生まれて以来ずっと、7.8Hzの
電磁波を浴びていて生活しており、脳波は
その影響を受けているということにもなり
ます。
(中略)
 つまり、私たちは系統発生的にも個体
発生的にも、7.8Hzを中心とした「揺らぎ」
の中で進化し、成長してきたことに
なります。”
“出典:BLOG【日々是好日】(株式会社カムナプランニング代表の
青木 敬司様のブログです)”

つまり7.8Hzが地球の波動だとすれば、
DNAの受信、変換、保存、発信、複製
に適した7Hzとほぼ変わらないので、
地球自体が、生命にとってとても良い環境
である事を示しているのです。
それについてのエピソードをまた、その3
から引用します。
アポロの宇宙飛行士が、宇宙に出るとみんな
一様に体調を崩すという事態が続出したので、
試しにこの7.8Hzの周波数を出し続ける
装置を宇宙船内に設置して、宇宙に出た時は、
全ての乗組員の健康状態が良好であったという
事実があり、以後の宇宙船には必ずこの
シューマン共鳴波発生装置が設置されるように
なったといいます。
つまり地球上の波動環境にする事で、健常
な体調を維持できるようになったということ
です。
我々が都会を離れ、自然の豊かなところで、
休日を過ごすと、元気を回復させることが
できるのもこのためです。

また超能力が発揮される7.8Hzと、
地球の波動の8Hzは、ほぼ近似値なので、
超能力に最適の環境は、自然のエネルギー
に満たされた場所だという事になります。
つまり意識レベルを高めようとしている人
は、やはり自然のエネルギーを存分に取り
込める環境に身を置いた方が、いいという
事なのです。
電磁波で満たされ、コンクリートの建物が
並ぶ大都会では、その地球の波動がとても
受けにくい状態にあるのは、明らかです
よね。

ではまた(^^)

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

DNAの驚異の力編 まとめと再考     その1

DNAの驚異の力編についてのまとめと、
新しいコンセプトを加えた記事を書き
ます。
今回は、

DNAの驚異の力その1

についてまとめさせていただきます。

まずはその1の最初に、DNAの画像で、
DNAがいかに、波動を受け取るのに最適な
形態をしているか、説明させていただきま
した。
まさに360度全てに渡って、最適な形態を
しています。
つまり親から引き継いだ遺伝子をコピー
する、または、新しい細胞を生み出す
ために、古い細胞のデータをコピーする
ためだけなら、このような形態は必要では
ありません。
つまりDNAは常時、まわりの環境から
新しい波動を受け取るのに最適な形態を
していて、実際にそれを受け取っているの
です。
DNAが固定されたものだという考え方
は、一般の人に刷り込まれた、間違った
概念です。
DNAは常時書き換えられているのです。
ロシアのガジャジャエフ博士たちは、
DNAが常に書き換えられているとの
研究結果を発表しています。

ロシアの科学者たちは、DNAの90%
ともいわれるジャンクDNAを入念に調査
しましたが、なんとそれはジャンク
(役立たず)などではなく、とても大きな
役割を担っている事を発見したのです。
まずジャンクDNAを入念に調査した
結果をその1からそのまま引用しますね。

「その結果、研究者たちによると、DNAは
わたしたちの肉体をつくるもととなるだけ
なく、データの記憶、そしてコミュニケー
ションの記憶も蓄積しているという事を
明らかにしました。
我々の体内にはのべの長さにして1900億
キロメートルのらせんがあり、現在の
人間が構築できる最高の装置の100兆倍
もの量の情報を保存できるのです!
またこのジャンクDNAのコードは、人類
が普遍的に使用している言語のパターンに
酷似しているということも発見されました。
つまり我々が言葉を使って、会話ができる
のも、互いの生体内に組み込まれた言語
パターンを使用しているからという事なの
です。」

なんとDNAはとてつもない容量の超記憶
媒体でもあったのです。ということは、
これまでの先祖代々からの何千何万という
年月の叡智もつまっているという事ですね。
単なる生体モデルとしてのコピーや親の
特徴の継承くらいにしか、思われて
いなかったのに、そんなレベルとは、かけ
離れたスグレモノだったというわけなの
です。
そしてまた、我々人類の普遍的な言語
パターンにも酷似しているという事なの
です。我々が言葉を話すことができる
のは、小さい頃から耳で覚えただけでなく
それよりはるかに効果的に、自分の生体内
にある言語パターンを読み取ることで、
言葉を話せるようになったという事なの
です。もちろん日本人なら日本人特有の
言語パターンが、生まれついてのもの
として備わっているから、それを日常の
言葉に変換して話せるようになったと
いう事なのです。
確かに耳で覚えるより効率的に私たちは、
母国語を話せるようになったと思いま
せんか?

そして今度は、ロシアのガジャジャエフ
博士と仲間たちが、適切な周波数
(特定の周期を持った波動という意味)
が使用されれば、生きたDNA物質は、
言語変調されたレーザー光や電波に
反応し、書き換えが行われるという事を
発見しました。
つまり言語によって、DNAは書き換えが
可能だという事なのです。
だから、我々が自分の能力を発現させる
ためにアファメーションといって、言葉
を発することによって、いろんな能力を
開発していけるのは、そのためなのです。
そしてまた、この書き換えが行われやすい
周波数の一つが、7Hzの波動だという
事です。これは脳波でいうシータ波に
あたるもので、普通の状態でいえば、
ほぼ睡眠に入ってます。しかし、瞑想や
催眠術は、まさにその状態にあるわけで
その時に自己に暗示をかければ、DNA
が反応し、書き換えることができると
いう事なのです。
瞑想をして覚醒するような賢人は思念
だけで、暗示の言葉というかイメージを
DNAに伝えて、超常能力を発揮する
のでしょう。催眠術も同じように睡眠
に入ったような状態、つまりほぼ
7Hzの脳波の対象の人物に暗示を
かけることで、DNAの書き換えを
行っているという事なのです。

これは、実は大きなレベルでの真理に気づ
かせてくれる事になったのです。
記事を書いた時点では、その事が頭にあり
ませんでしたが、いろんな事を記事に
書いてまとめていく間に気づいたこと
なので、これは貴重な事です。
どういう事かといいますと、言語パターン
というのは、我々の思考パターンの事なの
です。もちろん具体的な言葉というよりも
その言語パターンの意味するものが、あら
ゆる現実的なイメージと結びついている
のです。
たとえば、食べ物の言葉のイメージが出て
きて、それを食べるとおいしいとか、おなか
を満たすものというイメージと結びつける。
それが、思考パターンとなって、無数に存在
しているというわけです。これは無限の
バリエーションがあり、それら全てをDNA
の巨大なデータベースで記憶しているという
事なのです。

そこで、我々の現実の解読の仕方は、その
DNAに記録された言語パターンつまり
思考パターンによるので、それを言葉で
意識的に変える事ができる事を証明した
のが、催眠術だという事なのです。
実は、催眠術による暗示で、架空の現実を
本物だと思わせる思考パターンに、
変える事が可能なのは、さきほど説明した
DNAの書き換えに最適な7Hzの脳波に
対象となる人物を誘導しておいて、その
状態で催眠術師が、言葉を発する事に
よって、DNAの書き換えを行うという事
なのです。
そうなると、その言葉の意味するパターンを
DNAが読み取り、書き換えを行うという
わけなのです。
そして脳は新しく書き込まれたDNAの
パターンに従って、現実を解読しようとする
ので、暗示による偽の現実を解読する事
ができるようになるのです。
もちろん、それは一時的な書き換えに
終わるものですが、それは催眠術がまた
目覚めるなどの暗示をかける事によって
もとに戻る場合と、それまでの思考パターン
が、その一時的な思考パターンを修正して
いくことによって、もとの現実の解読の仕方
に戻るという事なのです。
いったん現実の解読を上書きしても、
DNAの一部の表面的なコードだけなので、
それまでに書き込まれた強固なデータベース
に残っている現実の解読の仕方のコードは、
しっかり残ったままであり、簡単にそこに
戻れるのです。(ある意味戻ってしまう
という言い方もできます。)
ここで特筆すべきは、驚異の催眠術その2
ご紹介した、トムが催眠術にかかって、
透視能力まで発揮してしまったという事
です。つまり現実の解読の仕方を変える
だけで、通常の能力とは別次元の能力を
発揮できてしまうという事なのです。
この暗示効果は、あらゆる超常能力の
発現につながった事例があるので、また
いろいろご紹介できると思います。

また催眠術にかかって、半覚醒状態で、
意識があるような場合も同じく超常能力
につながる事を、驚異の催眠術その3
ご紹介しました。
マリア・デ・ジェラルド夫人が手にした
ものから、その物質との一体感を獲得
したり、その物質の過去の体験を体感
できるというサイコメトリーなどの
超常能力を発揮したことなどです。
つまりDNAが現実の解読の仕方が
変わるように書き換えられれば、自分
自身の現実の能力も書き換える事が
できるという事です。

別の観点からいえば、潜在意識領域は
無限のエネルギーと全知万能の絶対意識
につながっているので、その力を全て
でなくても一部でも引き出すためには、
脳波の低い7~8Hz(8Hzは超能力
者が、能力を発揮する時の脳波)以下
の状態で、暗示を与えたり、イメージや
意識を投影すればよいという事です。
また7Hzなどの、通常では睡眠している
ような脳波で半覚醒していれば、
マリア夫人のように、超常能力が暗示
なしでも発揮されるという事もある
わけです。
確かに脳波がほぼ0か限りなくそれに
近い状態の臨死体験者たちも、暗示
など全くなくても幽体離脱や透視能力
などの超常能力を発揮していますよね。

とにかくシータ波と呼ばれる、7Hzの
領域は、DNAが書き換えられるのに
最適な周波数の一つなので、脳波が
シータ波になる睡眠状態や、瞑想など
によるトランス状態が、DNAの
書き換えを可能にして、現実の解読の
仕方を変える事ができ、その7Hzでの
脳波状態での暗示により様々な超常能力を
使えるようになるという事なのです。

またDNAの書き換えは、言葉による暗示
だけでなく、意識や音楽、感情でも
書き換える事ができます。
つまり心を落ち着けて、感動的な音楽を
聴いているような時に、なりたい自分を
イメージしたり、発揮してみたい能力を
意識してみると、それが実現するように
DNAが書き換えられて、現実の解読も
変える事ができ、そして現実を思うように
変えることができるという事なのです。
もちろん瞑想でも、言葉による暗示でも
同様です。

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ