神秘のサビアンオポジション   「オポジションの解釈について」

昨日、出かけておられる方が多いからか
あまり読まれてなかったようなので
せっかくイラストつきなのにもった
いないので再アップしますね(^^)

また角度(アスペクト)のイラスト的表現
シリーズで新しいタイプをご紹介します(^^)
かなり手間ですが、ブログの中でこういう
のが一番好きかも知れませんね(^^)
サビアンシンボルでは、アスペクトでの
つながりを見ても、意味がつながる事が
多く。エリス女史が裏向けてバラバラに
シャッフルされたものを一枚一枚
イメージしたものが、そのように
アスペクトの意味まで、つながるものが
あまりに多いのに、驚きます。
特にオポジションやスクエア、
コンジャンクション(許容範囲のシンボル
どうしという意味です)のアスペクトでは
そのつながりが見られる事が圧倒的に
多いのです。さすがメジャーアスペクト
という事ですね。もちろんそれ以外の
クインタイルやバイクインタイルや
トラインなども重要です。
これから神秘のサビアンスクエアや
トライン、コンジャンクション、
バイクインタイル、クインタイル、
オポジションなどもアップしていきます
のでよろしくです。

まずはオポジション180°が「対称」
という解釈の説明からですね。

アスペクトのオポジションの解釈は、
多くの場合、逆の意味という捉え方が
一般的ですが、90度にもそういう意味
があり混乱します。
180度の逆が、同じテーマの逆の
エネルギーの現れ方をしていると
いう意味で、対称という言葉を使わせて
いただいてます。また逆といった方が
わかりやすいシンボルは、そういう
説明もしております。
それと対称には表裏一体という意味も
含まれたりします。
松村潔氏も180度のオポジションを
鏡という解釈をされていますので、
それとよく似ているといってもいいで
しょう。
そして90度のアスペクトも逆ですが、
こちらは障害として働き合う事が多い
という意味で、いつものンシンボル
解説では、「逆向きのエネルギー」と
しているわけです。

さて今回の、オポジションは
牡牛座11度
「花に水をやる女性」

蠍座11度
「救助される溺れた男性」
です。

この二つのシンボルは、「生命」が
テーマになっていて、さらに「水」
としてもつながりがあります。
牡牛座では、花にとって水は生命を
育む上で欠かせないものという
事になりますが、蠍座11度では、
男性の生命を奪うのが、これまた水
という事になります。
まさに「水と生命」をテーマにした
対称関係にあるといえますよね。
これは、神秘的なサビアンの奥深さを
感じるのに充分なのではない
でしょうか?

また生命を助けているのが、牡牛座の
シンボルの一人の女性なのですが、
これに対して蠍座のシンボルが、おそらく
多くの人々によって男性を助けていると
いう意味でも対称的だといえると思い
ます。

またイラストについて説明させて
いただきますね(^^)

牡牛座11度のやさしいはずの、女性が、
なんと気に入った男性に「やさしさ」を
アピールするために、花に水をやって
いるところを、わざと見せようとして
いるところを描写しました。
牡牛座11度の方すいません。本当は
やさしい・慈愛あふれるという意味が
こめられたシンボルです。私のイラスト
は、単純に「茶化したり、コケたり」を
テーマにしているので、まじめに取る
事のないようにお願いしますね。
そして蠍座11度の男性は、まだ
助けられる前の状態で、もうろうとした
意識で、海上からの光を「お迎えの光」
と勘違いしているという設定です。
おそまつでした<(_ _)>

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

あんみんのサビアン占星術とは?2



サビアンシンボルとは?でご説明しまし
たが、サビアンシンボルは、エリスフィラー
がチャネリングで描き出した、各サイン
各30度のそれぞれのシンボルイメージを
マークエドモンドジョーンズが、書き出し
て発表したものですが、当時すでに
西洋占星術の大家として名高かった
ディーン・ルディヤー氏が、そのサビアン
シンボルをもとに体系的な占星術として
発表したのが始まりとされています。
日本では、第一人者として松村潔氏と
直居あきら氏があげられ、どちらも
サビアン占星術の最高峰という地位を
築いておられます。
特に松村潔氏から先述のように、あらゆる
深い知識を著書で教えていただき、自分に
も鑑定ができるレベルまでにしていただた
のは松村先生のおかげだと思います。
サビアン占星術についてのベースは松村氏
から学んだものを大きく参考にして
いますが、私のサビアン占星術は、松村氏
のそれとはまた違った観点を加えて完成し
たものです。
というのは、松村氏や直居氏のサビアン
占星術は、西洋占星術を基準にして
サビアンシンボルの意味を読み取って
おられますが、私あんみんの場合は、サビ
アンシンボルの意味が全てのベースに
なっていて、それに応じた形で西洋占星術
の知識をそれに呼応させて、読み取って
いくというものなのです。
その時には、西洋占星術の知識のみならず、
自分が長年神秘や精神世界または科学などの
あらゆるジャンルで研究して得てきたもの
全てを、そのシンボルの読み取りに使用
しています。
サビアンシンボルの意味にあらゆる神秘的な
エネルギーがあるのが、多くの占星術家に
よって確認されていますが、私はそのサビア
ンシンボルそのものををベースにした解釈
の方が、西洋占星術をベースにしてサビアン
シンボルを解釈するよりも正確だと思った
というわけなのです。
というのも、西洋占星術は、太陽や他の
惑星が与える影響については、どの占星術家
の方もほぼ同じ意味を解説してください
ますが、12サインつまり乙女座や牡牛座
などのもたらす意味においては、かなり
バラツキがあるのです。
これは西洋占星術を学んだ人なら、よく実感
できることだと思います。
そこで私は、神秘的なエネルギーで読み取ら
れたサビアンシンボルなら、12サインの
エネルギーを正確に把握するのに適している
のではないかと考えたわけです。
このような鑑定を異端とする声ももちろん
あがるでしょうが、私はこの方法で鑑定
させていただき、結果が正しいことを自分
で確認させていただいてきているので、
私自身はこのあたらしいサビアン鑑定法を
大事にして、また独自に解釈したサビアン
シンボルを紹介していきたいと思います。
まあこんな見方もあると思っていただいても
いいし、意外と使えるということであれば、
是非サビアンシンボルの意味についてだけ
でも参考にしていただければ幸いです。

もう一回投稿編一覧

あんみんのサビアン占星術

サビアンシンボルとは?

なぜ西洋占星術はあたるのか

トップページ