パラレルワールドは現実その7     アニータさんの未紹介の証言より1


アニータ・ムーアジャニ女史の
臨死体験で、もう一つパラレル
ワールドを裏付けるような体験の
事例を今回新たに紹介させていただ
きます。

先日アニータさんが、臨死体験中に
別のタイムラインの自分の人生に
アクセスしたという事をご紹介しま
したが、今回はさらにそのパラレル
ワールドの裏付けとなるような
証言があったのを思い出したのです。
それは、彼女があまりにも至福な意識
の状態であった事から、もう肉体に
戻りたくないと思っていたのですが、
臨死体験中に既に無くなっていた父親
の存在と出会い、思念で会話をして
そして生き返るように薦められるの
です。
通常なら光の存在なのですが、
アニータさんの場合、臨死体験で到達
するレベルでは、最も高い絶対意識
レベルにあったと思われるので、最も
会いたい人物でしかも、説得力のある
人物に出会えたのだと思います。
またアニータさんは、他にも亡く
なった親友ソニにも会ってます。
そして、父親との会話で、ようやく
アニータさんは生き返る事を選んだ
のですが、その時の様子をまた引用で
紹介させていただきます。

「」内が引用で、~が中略です。

「父との対話に言葉はなく、互いに
対する理解が完全に溶け合っていま
した。父のことが理解できただけで
なく、まるで私自身が父になったよう
でした。
亡くなってからも、父はすせっと家族
と一緒にいてくれたことに気づきま
した。父は母のそばにいて、母を助け
、見守り、私の結婚式や闘病生活でも、
ずっと私のそばにいてくれたのです。
 私は、父の本質が、これまでより
はっきりと自分に話しかけているのに
気づきました。

「アニータ、今はまだここに来るべき
時じゃないんだよ。でも、私と一緒に
行くか、身体に戻るか、おまえが
自分で決めなさい」

「私の身体は重病で、癌に侵されているの。
もうあの身体には戻りたくない。だって
苦しみ以外何もないんだもの。私にとって
だけじゃなくて、ママやダニーにとっても
・・・。戻る理由なんか何もないわ」
という思いが直ちにあふれ出てきました。
 無条件の愛の状態がこの上なく幸せ
だったのは言うまでもありませんが、私は
身体に戻るという考えに耐えられません
でした。
今いる場所に永久にいたかったのです。
このあと起こったことを説明するのは、
非常に困難です。
第一に、私が意識を向けたものは何でも、
自分の目の前に現れるような気がしま
した。第二に、時間はまったく問題となり
ませんでした。時間はまるで存在して
いないかのようで、それについて考慮する
必要さえなかったのです。
 このことが起こる前に、医師は私の臓器
の昨機能を検査して、すでに報告書を
書いていました。
でも向こうの世界では、その検査結果と
報告書の内容は、これから私がしなければ
ならない決断、つまり生きるか、このまま
死へ向かうかという決断次第だったのです。
私が死を選択すれば、検査結果には
臓器機能不全と書かれ、もと身体に戻る
選択をすれば、臓器が再び機能し始めたと
記されるでしょう。
 その瞬間私は、「もう戻りたくない」と
決意しました。そして、自分の身体が
死んでいくのを感じ、機能不全による死
だと医師が家族に説明している場面を目に
しました。
 同時に、父が私にこう告げました。
「アニータ、おまえが来れるのはここまで
だ。これ以上進んだら、もう戻れないん
だよ」
 物理的な境界線ではありませんでしたが
、自分の前に、エネルギーレベルの違いに
よって区分された、見えない境界線がある
のがわかりました。
もしそこを渡れば、もう二度と戻れないの
です。身体とのつながりは永久に切断
されてしまい、私が目にしたように、家族
は、悪性リンパ種による臓器不全で亡く
なったと医師から告げられるでしょう。
無条件の愛と、自分が受け入れられた感覚
はすばらしいものでした。
私は永遠にその状態にいたかったので、
境界線を越えようと思いました。そこには
痛みも、苦しみも、ドラマも、エゴも
存在せず、私はあらゆる生きものと創造物
の純粋な本質に包まれていました。
まさしくすべてが一つであると感じていた
のです。
私は、医師からの死の知らせに取り乱した
家族のほうへ意識を向けました。ダニー
(引用注:アニータさんの夫です)は
、私の胸に顔を埋めて、やせ細った手を
握り、深い悲しみにむせび泣きながら、
身体を震わせていました。母は信じられ
ない様子で、真っ青になり、私の前に
立ちつくしていました。
 けれど、私の身体や家族に起こっている
ことに巻き込まれそうになると、再び自分
の感情から引き離されていったのです。
私はもっと偉大なストーリーが展開
しつつあるという安堵感に包まれました。
そして、たとえ戻らない選択をしても、
生命という壮大なタペストリーの中で、
なるにようになるのだと知りました。

死の方へ歩き続けると決心した瞬間、私は
あるレベルの真実に気がつきました。
自分が本当は誰かに気づき、本当の自分
のすばらしさを理解したので、もし身体に
戻る選択をすれば、病気は急速に治癒する
だろうとわかったのです。それも何週間や
何ヶ月かけてとかではなく、わずか
二、三日のうちにです。もし身体に戻った
ら、医師は癌の痕跡すら見つけられない
でしょう。
「一体どうやって?」
この意外な新事実に驚き、その理由を知り
たいと思いました。その時身体は、自分の
内側の状態を反映したものにすぎないと
悟りました。もし内なる自己が、その偉大
さと大いなるものとのつながりに気づけば
、私の身体はすぐにそのことを反映し、
病気は急速に治るでしょう。
 私には選択権があると知っていましたが、
何かそれ以上のものが存在するとわかりま
した。
「私にはまだ実現していない目的がある
ような感じがするわ。でもそれは何だろう
?」
 そこで私は、自分がすべきことを探す
必要はなく、自然に目の前に現れてくると
知りました。それは何千人という人たち、
おそらく、何万もの人たちを手助けする
ことと関係しているようでした。
彼らと臨死体験で得た知識を分かち合うの
かも知れません。
でも自分から追い求める必要はなく、また
それをどうやって実現するかを考える必要
もないのです。
ただ、自然の展開に任せていればよいこと
でした。
自然の展開へ到達するために、私がすべき
ことは、ありのままの自分でいることだけ
なのです。
 自然の展開へ到達するために、私が
すべきことは、ありのままの自分でいる
ことだけなのです。
私は、これまでのすべての年月において
自分に必要だったのは、ただありのままの
自分でだったと悟りました。自分を非難
したり、欠点があると思ったりせずに
です。同時に、私たちの本質は純粋な
愛だとわかりました。誰もが純粋な愛
なのです。
完全なるものからやってきて、それに
戻るのであれば、そうでないはずはありま
せん。このことを理解したら、自分で
あることをもう恐れることはないで
しょう。
愛であることと本当の自分であることは
一つであり、同じことなのです。
 もっと大きな新事実は、雷光のごとく
やってきました。単に自分の本当の姿
である愛であれば、自分も他人も癒せる
とわかったのです。これまで理解でき
ませんでしたが、それは明白なことに
思えました。もし私たちみんなが一つ
で、無条件の愛という全体のさまざま
な側面であるなら、私たちはみんな愛の
存在だということです。~
~私が理解したことを確認するように、
父とソニが私にこう言っているのに気が
つきました。
「自分が本当は誰かという真実を知った
のだから、もう一度身体に戻って、今度
は何も恐れずに思い切り生きなさい!」

“「」内全て出典:「DYING TO BE ME」
アニータ・ムーアジャニ著 
           hay house 刊
邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”

当初この本を読んだ時は衝撃でした。
すでに神秘研究で、私たちの身体は
実体ではなく、意識そのものが真の実体
でしかも全ての宇宙や現実が一体で
あり一つで自分がその全体でもあり
同時に部分であるという事がわかって
いた私でも驚くべき内容の本だったの
です。
というのも、それまでの研究成果を、
ほぼ全て裏付けてくれた上に、自分の
内面がその全体の意識である、究極の
「愛」
(ここでいう愛とは、私たちが
日常使っているような愛であり、覚め
たり、奪い合ったりするような小さな
意味ではなく、全ての存在への愛と
そして調和、そして全知であり万能
であるという意味での愛のことです。
つまり神の愛だという感じでもいい
でしょう。しかし、神というのも
私たちが想念でつくりあげた幻想に
すぎないとアニータさんはいいます
し、同感です。確かなのは、神という
全てを愛する存在は、全体としての
一つの意識のことであり、自分たちと
離れた存在でもなく、本来の私たち
自身であるという事です。)
とつながれば、末期癌も数日で完治
すると、臨死体験中に気がついたと
いう事です。
そして今回のテーマである、パラレル
ワールドの現実の未来をいくつか
検証したのちに、戻って自分の身体を
完治させ、多くの人々とそのメッセージ
を分かち合うという未来を選択した
という事なのです。

そしてまだ驚いたのは以前の記事でも
紹介させていただいたように、
時空の全てを俯瞰できて、またいくつ
ものタイムラインがあるパラレル
ワールドの全容が見えたという事です。
これは、自分のこれまでの世界観や
宇宙観をほぼ完璧に裏付けてくれて
いるではありませんか。
このように壮大な永遠の時空を私たち
は生きているのであり、全体であり
ながら、それぞれの部分としての経験
(たとえば人生)などもしていると
いう事であり、とても壮大で幸福感を
もたらす真実に気づけたことに感謝
したいですね。
つまり私たちの人生は、一つの貴重な
体験なのだから、どんな人生も生きる
価値があり、大切に生きていこうと
いう気持ちになるという事なのです。

ただアニータさんの究極の絶対意識状態
というのは、一つ大きな盲点があります。
これは別の記事でも書いてますが、全て
が一つである意識なのに、どうして
私たち人類に、悲劇や惨劇、残虐な歴史
が繰り返されてきたのかという事です。
全てが愛という意識の表現であると
すれば、これは、とても疑問に思わなけ
ればならないことなのですが、自分を解放
ささせ、至福の極にいて、絶対意識に
到達したアニータさんには、その仕組み
は盲点になっているのです。
それは究極の分離意識である、いわゆる
「悪」という存在です。
これについては別記事の

臨死体験者の言葉  その27      
エベンさんの証言その9

非人格的霊というもの         
悪霊の一つの形
などを
読んでいただくとわかっていただける
かも知れません。
悪はこの絶対愛とは全く逆の極にある意識
ですが、それはもともと自分を永続的に
「個」として存在させたいという欲を持つ
単なる分離意識の一つだったのです。
これについて、またのちの記事でも説明
させていただきたいと思います。

とにかく、今回、アニータさんのおかげで
私たちのいる現実がパラレルワールドの
世界で、同時に存在しているという事が
わかり、全てけが一つであるという事も
わかったというわけですね。
ではまた(^^)/

パラレルワールド編一覧

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

対抗のサインの影響を受ける16度         サビアンシンボルスクエア四重奏

これはつい先日毎日のサビアンシンボル
で紹介したばかりの水瓶座16度の
サインと、それに対するオポジション
(180°)とスクエア(90°)で
形成される4つのシンボルの図ですが、
どのサインでも中盤で対抗(180度
の対称)のサインの影響を強く受けます。
サビアン占星術の第1人者の松村潔氏も
以下のように説明しておられます。
「どのサインでも、その真ん中の場所
16度で、そのサインの影となる
サインの影響を受けます。」
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”
この影というのは、著書で松村氏が、説明
されている通り、180度の対極にある
サインの事です。
今回の場合ですと、水瓶座の影のサインが
獅子座で、その軸から90度に当たる
牡牛座と蠍座が互いに影どうしだという
事です。
私の場合1度ずつで大きな壁があるわけで
なく、エネルギーはつながっているもの
とみなしているので、きっちり16度から
影のサイン(対抗のサイン)の侵入を
受けるというより、中盤の度数で影響を
受けるという見方をしています。
その方が、他のサビアンシンボルの説明の
時に、納得のいく説明にもなっています。

さて今回の水瓶座は、しかしそのちょうど
16度で、見事に4つのサビアンシンボルが
対抗のサインを受けるものどうし、正方形
のアスペクトを形成しているので、四重奏
(カルテット)と名付けさせていただきま
した。

水瓶座16度のシンボル
解説で、対抗のサインの影響について、
一通り説明させていただいてますが、
今回は、その対抗のサインの影響を
中心にもう一度解説させていただき
たいと思います。

水瓶座16度の「偉大なビジネスマン」は、
対抗の獅子座の個人としてのパワーを
受けているという意味になります。
個人的な生命エネルギー、創造エネルギー
が最大になる獅子座が、社会の浄化、
変革など、広い世界に影響する水瓶座
とミックスされたのが、社会的に大きな
影響力を持つビジネスマンとなった
という事になります。
もっと大きな意味では、宇宙の意識の
水瓶座に、個人の魂を司る獅子座の太陽
が侵入してきたという事です。

今度は対称の180度にあたる
獅子座16度の「嵐の後の陽光」です。
嵐が水瓶座の浄化・変革エネルギーで
ある事の象徴で、それが侵入してきた
事を示しています。もちろんその後の
陽光は、獅子座の太陽自身を表して
いますが、こちらも見事に対抗の水瓶座
のエネルギーを受け取っているという事
になります。
つまりこのシンボルは、地上のネガティブ
なものを、水瓶座の浄化エネルギーで
一掃して、再び太陽としての獅子座の
エネルギーを取り戻したという事を
表現しているわけです。

この水瓶座と獅子座の180度の対称軸
から90度の対称軸である
牡牛座と蠍座のシンボルを見てみま
しょう。

牡牛座16度の「神秘の証明が空回りする
老人」は、私の原典からの訳になりますが、
要するに、これから魂に回帰する事になる
老人が、その魂のある領域つまり神秘的な
領域で、多くの人と共感を得たいという
事なのです。
しかし、生命エネルギーの誕生の牡羊座
のあとを受けた牡牛座は、まだ個人の
意識の成長が始まったばかり、つまり若い
意識のサインなのですが、ここで魂への
回帰を象徴する蠍座の侵入を許している
という事になるのです。
8ハウスは蠍座のサインの性質をもつ
領域ですが、やはり魂や先祖とのつながり
また霊的な領域を示し、また蠍座の支配星
冥王星も死と再生を示し、魂への回帰と
いうエネルギーを持つので、まさにこの
神秘的(霊的)な領域の共感を求めている
老人を象徴しているというわけです。

蠍座16度の「突然笑顔になる少女」は、
魂の回帰への意識など、深い内面を示す
蠍座のサインに、突然若い個人の生命
エネルギーが飛び込んで来ています。
いうまでもなく、これが牡牛座の
サインの影響だという事なのです。
生命エネルギーの解放や拡大を示す牡羊座
の後で、、この牡牛座は、生命エネルギー
や豊かさの享受、つまり受け取る意識と
なります。
つまりポジティブなエネルギーを
素直に受け取っている牡牛座としての
エネルギーが、この蠍座16度に
注ぎ込まれたという事になるのです。

この牡牛座と蠍座のシンボルの対称軸
は、対抗のサインの影響を受けるという
より、逆に対抗のサインの性質に同化
しているように見えます。
これは、これらが個人としてのエネルギー
なので同化しやすいという事なのだと
思われます。
そしてこの軸に対してスクエアとなる
水瓶座と獅子座のシンボルの対称軸は
逆に社会や地上など、とても大きな世界
でのエネルギーなので、同化には至らず
、影響を取り入れるというような形に
なっているという事ですね。

このように見事に対抗のサインの影響を
受けたサビアンシンボルが、誤差1度も
なく、180度と90度のアスペクト
で、4つ配置されているというのが
またサビアンシンボルの神秘的な力を
示しているというわけですね。

ではまた(^^)/

サビアン占星術解釈一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページへ

宇野昌磨選手劇的大逆転優勝!      出し切った!そして・・・      


今回も宇野昌磨選手が、感動的な
フリーを見せてくれました。
全日本の時も、捻挫でもう無理かな
と思ったのにもかかわらず、迫真の
演技で、三連覇を達成したのも記憶に
新しいですが、この一ヶ月の間に3度
も捻挫をして、ろくに練習できない
日々が続いての今回の四大陸選手権
だったようです。
最も難易度の高い武器である4回転
フリップは、現地アメリカに到着して
から始めたという事でしたが、なんとか
ぎりぎりのタイミングで、跳べるように
なったという事です。
その状態では普通プログラムの中に組み
込まない方を選択するものですが、羽生
選手と同じで、求道者のような彼は、
やはりそれを入れてきたわけです。
もちろんショートまで、それを組み込む
事は、コーチに許されず、フリーにその
4回転フリップ成功を賭けてみるという
事になったわけです。
しかし、プログラムをグレードダウン
して望んだショートでは、足下に不安が
残る中、着氷もぐらつく場面はあった
にせよ、よくぞ最後までまとめたという
感じで92点越えの、4位、1位との差
は10点ないというところにつけたのは
とても良かったといえるでしょう。
アメリカのゾウという選手は、知らな
かったですがショートで100点取る
ような選手がまた出てきたかという感じ
でしたね。
日本語にすると、今回のゾウ選手とか、
以前女子マラソンでロバ選手というのも
いたなーなどと思いつつ、昨日のフリー
の録画中継を観させていただいたという
事ですね。

にしても、とにかく捻挫の後遺症も心配
されるし、さすがに短期間に何度もやる
とどうしても、ひねるんじゃないかという
不安はつきまとうと思うんですが、宇野
君は、なんと冒頭の4回転フリップを完璧
に跳んでくれたではありませんか。
やはり彼は、もってますねー。
そのあとも次から次へと四回転プラス
コンビネーションやトリプルアクセル
など高難度のジャンプを完璧にこなして
いきます。これがショートの時に、不安
そうに見えた宇野君なのか?
全日本の時と同じように、完全に逆境の
時ほど彼は力を発揮するのかも知れま
せん。これは羽生選手と同じだし、
やはり彼の背中を宇野君はずっとみて
きたから、その影響もあるのかも
知れませんね。
全ての高難度のジャンプも高く、距離の
あるジャンプで、着氷後も素晴らしい
流れをみせる彼に魅了されないものは
いなかったのではないでしょうか?
またジャンプ以外の演技はもとより、
とても高度な技術でこなしていける
ので、それも当然完璧にこなして
いきます。
つまりほぼ完璧の演技だったのです。
さすがに最後の二つのジャンプだけは、
着氷が少しだけぐらついたけど、やはり
それは、足の不安と神経をはりつめて
いた事からの疲れが、終盤に出てきた
ためだと思われます。
それでも最後まで力を振り絞るように
演技をして、決めポーズ!・・・
そして大歓声・・・そして宇野君は
そこで崩れ落ちるように、全身を
脱力させます。
そして頭を抱え込み、やりきったよう
にしばらくうずくまります。
それだけ、出し切った、やりきったと
いう事でしょう。これは感動的でした
ね。本当によくがんばったと思います。
そして多くの人がが今回のショートの
出来を観て、優勝までは無理かも知れ
ないと思っていたところに、この気迫の
こもった完璧なフリーです。
会場全体からの、怒濤の歓声が何より
その凄さを物語っていたでしょう。
なんとルール改正後のフリー最高得点
となる、197.36点を出して、
合計も自己最高の289.12点を
記録しました。
観ている側としては、あっけにとられる
しかなかったというべきでしょうね。
まさかこんな演技ができるとは、あの
グレードダウンして、なんとかしのいだ
ショートの状態を見る限り思えなかった
はずです。
なんだろう宇野選手の、あまりにも底が
深い潜在力というものなんでしょうね。

あのいつも得点を待つ間にいつも隣で
微笑んでる樋口コーチが、以前全日本
の時とても出られる状態じゃなかった
足の怪我を心配し、今後のためにも
棄権を提案した時の事です。
「どうしてそこまで出たいの?」
とコーチが聞くと
宇野選手は「僕の生き方です」と答えた
というではありませんか。
まだ若いのに、なんという男前の発言を
するんでしょうね💧
しかも、あの謙虚さ、これでこれまでの
宇野昌磨選手のファンの心をさらに
引き寄せ、また新たに多くのファンも
出来たのではないでしょうか。
とにかく、とても魅力的な宇野昌磨選手
の「生き様」が感動を呼んだ四大陸選手権
でしたねー(^^)/

で感動のフリーがこちら、何度観ても
感動しますよ!

スポーツ編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

パラレルワールドは現実その6  超常能力未来予知について その2改加筆修正分 


未来予知により、自分の行動を変えて、
その未来で投影された現実を変える
という事例は数多くあります。
これまでのパラレルワールドの記事から
の見方でいくと、別の未来の現実を選択
した事になります。

今回はそのような事例について取り
上げている過去記事
超常能力未来予知について その2
を再投稿させていただきます。

以下は元記事に加筆してのものとなり
ます。

未来予知なんて信じないという人は、
それほど多くはないと思いますが、
絶対にあると確信している人もやはり
そんなに多くはないというのが、今の
日本人の現状なのではないでしょうか、
他の先進国に比べて唯物論的な教育や
マスコミの誘導が感じられることも
大きいと思います。
予知能力については、すでに世界中で
研究が進められていて、その能力が
科学的現実だという考え方は、日本以外
のほとんどの国で主流の考え方です。
つまり特殊な才能を持つ人だけに見ら
れるのではなく、誰にでも備わっている
能力だと認識されているということです
ね。
そしてどのような状態で、予知能力が働く
かという事も研究されていて、予知の
60~68パーセントが夢を見ている
最中に起きるとされています。
これは、夢を見ている状態の脳波は
シータの低波動状態になるため、時空を
越えた潜在意識や超意識にアクセス
できるという事です。同じくシータ波の
脳波状態になる催眠状態においても、予知
能力が働きやすくなる事が、1960年代
のカーリス・オーシスと催眠術師のJ・
ファラーの調査結果で明らかになって
います。

また予知能力が働くのは、未来が決まって
いるのではなく、いくつものタイムライン
が存在していて、予知によって、危険を
避けたり、人の命を助けたりする事で、
違う未来を選択する事も可能なのです。
これまで私が説明したように、未来に
いくつものタイムラインが同時に共存
している事を別の角度から、説明して
くれているマイケル・タルボット氏の
著書から引用させていただきます。

“もし未来が、その詳細まですべて
決まっているホログラムだとしたら、
それは私たちに自由意志など残されて
いないことを意味する。私たちは、
すでに書き上げられた台本にもとづ
いて、何も考えずに動きまわっている、
運命の操り人形にすぎなくなって
しまう。
 幸運なことに、さまざまな証拠材料を
見ると、圧倒的にこれが正しくないことを
示している。
予知能力を使って未来をかいま見ることで
災害を逃れたり、航空機事故を正しく予見
し、その飛行機に乗らないことで死を免れ
たり、あるいは自分の子供が洪水で溺れる
ヴィジョンを見て、危機一髪のところで
その災難が起きる場所を離れることが
できたりした人たちの例で文献はあふれ
返っている。
あのタイタニック号の沈没を予知する
ヴィジョンを見た人の例が、十九も記録
されているのだ。この中には、自分の予感に
耳を傾けて助かった人たちが体験したもの、
あるいは不吉な前兆を無視して溺死した人
たちの体験したもの、そしてこのどちら
にもあてはまらない人たちの予知体験が
含まれている。
 このような事例は、未来が定まっている
ものではなく、柔軟性があり、変えること
ができることを強く示唆している。
 だがこの見方もそれなりの問題を抱えて
いる。もし未来がまだ流動的な状態にある
とすれば、いまから十七日後に、ある特定
の席に座る人間を描写するとき、クロワゼ
いったいどこからその情報を取り出して
いるのだろうか。未来が存在し、また同時
に存在しないというのはどういうことなの
だろうか。
ひとつの可能性として、ロイがある答えを
示している。彼は、現実はまさに巨大な
ホログラムであると考えており、そこには
過去・現在・未来が、少なくともある程度
までは確かに固まった状態で存在している。
問題は、それがただひとつのホログラム
ではないということだ。
 (中略)
「このようなホログラフィックな存在は、
平行世界、平行宇宙として見ることも
できる」
とロイは言う。
 つまり、ひとつのホログラフィック・
ユニヴァースの未来は、確かに前もって
決まっているのであり、ある人が未来を
予知し、かいま見るときには、その特定の
ホログラムだけに波長を合わせているの
である。”

“出典:「投影された宇宙」
マイケル・タルボット著
川瀬勝訳 春秋社刊”

これは私が再三強調してきた、未来が
無限に存在して、選択可能な状態で
同時に共存しているという事が正しい
という事を裏付けてくれています。
ある程度まで固まっている未来という
見方もできるようですが、クロワゼの
予知のビジョンのように、完全に鮮明
な形での未来がある事から、ある程度
までしか固まっていないのは、私たち
がたどるタイムラインへのコースで、
通常クロワゼが見るようなコースを
たどるもののようです。
つまり私たちは、日常それほどひんぱん
にパラレルワールドを選択できている
わけではないという事ですね。
これは過去から未来へと進む時間感覚を
個人としても、集合意識としても、
強力に意識の上で固定しているからだと
いう事です。
つまり未来予知や、なんらかの覚醒や
閃きによって大きく意識を変えて、
行動したりするのでなければ
タイムラインのコースが変わるという事
はほとんどないという事です。
つまりクロワゼのような超能力者が、
アクセスする近未来は、通常の意識で
あれば到達するであろう確かなタイム
ラインだということもいえます。
つまり我々は意識状態によって、
未来は選択可能になるけれども、未来
予知をしたり、霊的なアクセスをしたり、
視覚化によって鮮明な未来をイメージ
したり、電磁界異常を経験したりする時の
ような超意識にアクセスするので
なかったら、やはりクロワゼがアクセス
するようなタイムラインを経験する
可能性が高いということなのです。
未来予知についての実例は、また別の
記事で取り上げていきます。

さて未来予知についての考察でも、
私たちがパラレルワールドの現実に
いる事が、理解できたと思いますが、
先日ご紹介したアニータ・ムーアジャニ
女史の臨死体験中には、もう一つ
パラレルワールドの証明ともいえる
体験があったので、それを次回新たに
引用して紹介したいと思います。

パラレルワールド編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

水瓶座22度


今日の太陽のサビアンシンボルは
水瓶座22度
「子供たちが遊ぶために床に敷かれた布」
です。
これはとても安全な場所にいて、自由や
豊かな時間を享受している事を示して
います。これは昨日の21度で、絶望し
て、個人的な「浄化」を終えたあと、
もう一度、執着心がない頃の原点の
自分に立ち返っているという事を示して
います。子供たちは「今」を存分に
楽しんでいるので、理想や目標に対する
執着心もないという事なのです。
今日は、童心に帰って、自由に行動する
のが良いという日です。ただし、危険な
遊びは、このシンボルの暗示にはない
ものなので、逆にネガティブエネルギー
をもたらす事になるでしょう。

対称の180度のシンボルは
獅子座22度
「伝書鳩」
です。

これは、メッセージを安全に運ぶ使命を
持っている鳩だという事です。
安全という意味では今日の水瓶座の
シンボルと、共通するテーマですが、
この獅子座のシンボルが、仕事を果たす
義務を示しているのに対して、水瓶座の
シンボルは自由に遊んでいるだけなので、
対称的になっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
牡牛座22度
「荒れた水の上を飛ぶ白い鳥」
蠍座22度
「鴨に向かって進み出るハンター」
です。

牡牛座22度の荒れた水の上というのは、
嵐の海の上空だと置き換えてもいい
でしょう。つまり嵐に翻弄されながら
白い鳥が飛んでいるので、とても
危険な状態です。
これは安全を象徴している今日のシンボル
の対称軸とは逆のエネルギーとなって
います。

蠍座22度の、鴨を狙うハンターは、鴨
に危険をもたらす存在です。
サビアンシンボルでは主体と客体の区別
がありませんので、鴨自身の危険を示して
いるともいえるわけです。
これは対称の牡牛座22度と同じく
危険な状態を示しているという事を
示していますので、やはり安全を象徴
している今日のシンボルの対称軸とは逆
のエネルギーとなっています。

水瓶座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

あなたの射手座6度


射手座6度のサビアンシンボルは
「クリケットゲーム」
です。

このシンボルが太陽にある人は、
かなり活発で積極的な人になります。
またルールや規律などを守る事に
とても執心するようなところがあり、
自分だけではなく、他人に対しても
厳格なところをみせる時があります。
ただルールさえ守っていれば、あとの
部分では寛大で心優しい気遣いの
できる人です。
またチームスポーツなどに夢中に
なる傾向があり、技術レベルが
プロとして通用するとわかると、
職業にしようとするかも知れません。
ただどちらかというと堅実な道を、
選びたがるような人でもあります。
適職は、警察官、裁判官、検察官、
教師、官公庁の役人、公務員などに
なります。
恋愛は、とても一本気で、自分が
決めた相手をまっすぐに見つめよう
としますので、多くの場合成就します。
そしてそのまま結婚にまで進展し、
生涯浮気なしで生きるような人に
なります。
ただあまり相手に厳格なルールを
適用しようとすると、相手との
関係が冷えてしまう事もあるので
注意が必要です。

このシンボルが月にある人は、
とても厳しい両親のもとで育てられ
ます。しかし、それに反抗する事も
なく、品の良い大人に育ちます。
人生に対して、正々堂々と向き合い
生きるので、自然と威厳のある人物
となっていきます。

金星にある人は、野球やサッカーなど
チームスポーツに縁があり、プロを
目指す事もあるかも知れません。
生涯趣味としても続けていき、
いつまでも近所の人達と、スポーツ
を楽しみます。

土星にある人は、自分に厳しすぎる
ところがあり、窮屈に生きているのに
身動きが取れないような感覚に陥る
事があります。これは、誰かの
アドバイスを受ければ、とたんに
解消する事でもあります。

あなたの射手座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ