陽明学と量子物理学と釈迦の言葉が一致する!   激動の時代の英雄 河合継之助の思想


この記事は、「意識と魂と思考その2
という記事ととても関係の深い内容
になります。
今日再投稿しておきましたので、
まだお読みになっていない方は、
その記事もご覧くださいね。

ツィッターで知り合った方から、
時代小説のファン同士というよしみ
で、司馬遼太郎の「峠」という本を
紹介していただきました。
この方はハンドルネームを、
出していいのかわからないので、一応
匿名にしておきますね。
占星術にも深い知識がありながら、
タロットなどあらゆる占術にも通じて
おられるというすごい人です。
で、私は時代小説といっても、
ほとんど司馬遼太郎氏の小説は読んで
おりませんでしたし、ほとんど戦国時代
に関する時代小説ばかり読みあさって
いたので、この江戸末期を題材にした小説
は、紹介されなければ、一生読むはず
のないものだったでしょう。
ところが、読んでいくと面白いという
だけでなく、自分の研究してきた事と一致
するような思想を、この主人公の河井継之助
が、持っていたというので、とてもびっくり
したのです。
これはありがたい。紹介してくれて
ありがとう!ですね。

この小説に出てくる主人公河井継之助という
人物は、越後の長岡藩の一介の藩士(藩に
所属する武家の一人)にしかすぎません
でしたが、幕末の武家政権の崩壊をいち早く
見抜き、西洋思想や当時の世界情勢に
精通するようになった実力を買われ、藩政
の実権を握るようになったのですが、
英雄と呼ばれるのは、そこからの話なの
です。
この後の事については、小説を読んで
いただくか、下記のサイトで詳しいので
また参考までにご覧ください。
幕末維新風雲伝
河井継之助
~明治維新を阻止しようとしたサムライ~

で、私がとても驚いたのは、この小説に
出てくる河井継之助の思想なのです。
彼は、あまり勉学による知識を求めない
破天荒な行動派タイプでしたが、それは
すでに精通していた「陽明学」の思想の
影響があったからだというのです。
陽明学とは、江戸時代の主流の儒学で
あった朱子学に対して、異端とされて
いた、これまた儒学の一つであるという
事です。これがなんと私がブログで
一貫して説明してきた事と全く同じ
思想だという事なのです。
それにまた現代で異端とされているような
学問に通じているという点でも、私は
共感を持てるというわけですね。
(でも異端の方が真実ですがねー)

その事について書かれた部分を小説から
引用させていただきます。

「」内が引用で~は中略です。

「江戸はおろか満天下の学者という学者は
九割九分まで朱子学であった。
なぜならば朱子学が幕府の官学であり、
これをやらねば官途につけない。陽明学
は幕府からみればもっとも嫌悪すべき
「異学」であった。
星、月、山、川、人間など、あらゆる実在
というものは、本当に実在するのか。
朱子学にいわせると天地万物(実在)は
ちゃんと客観的に存在する。石ころも、
道をゆく犬も、堤防上の松も、いっさいが
客観的存在である、という。
 が、継之助の陽明学では、そうは見ない。
それら天地万物は人間であるオノレが
そのように目で見、心に感応しているから
そのように存在しているので、実際には
そんなものはない。たとえば継之助は
あるとき佐吉(引用注:継之助を師匠と
仰ぐ若い書生)にいった。
「春がきて桜が咲く。ありゃうそだ」
というのである。桜は客観的には存在
しないし、花も咲かないし、春という
ものもありえない。人間が心でそれを
感応するから、天に春があり、かつは
春に花がひらくという現象がある、
という。人間の目と心があればこそ
天地万物が存在するというのである。
つまり天地万物は主観的存在である、
という。いわば、雄心的認識論と
いっていい。
 要するに、人間が天地万物なるもの
を認識しているのは、人間の心には
天地万物と霊犀(れいさいと読みますが
意思が通じ合う事の意味です)相通ずる
感応力があるからであるという。
いやいや、その天地万象も人間の心も
二つのものではない。天地万象も
人間の心も、「同体である」という。
~-心は万人共同であり、万人一つ
である。というのが、継之助のいう
王陽明の学説であった。」

“出典:「峠」上巻
    司馬遼太郎著
        新潮文庫刊”

これは、あくまでも継之助が陽明学を
このように解釈したという事ですが、
当然司馬遼太郎氏も、陽明学の思想に
ある程度精通していたと思われるので、
これを陽明学の思想として良いと思い
ます。

とにかく、この陽明学の思想は、私が
これまでブログでご説明してきた真理
とほぼ一致している事がわかって
いただけるのではないかと思います。

釈迦が、世界は我々の思考の産物であり、
我々の思考が現実世界を創造すると
言った事とも一致しています。

また超常能力を身につけ「視覚化」に
よるイメージで、現実を創造すること
ができるチベット密教の行者の言葉
もご紹介しましょう。

「」内が引用です。

「この思考の物質を「ツァル」とよび、
すべての精神活動はこの神秘的な
エネルギーの波動を生み出すと言う。
彼らは、宇宙はすべて心の産物で
あり、すべての存在のツァルの集合
によってそれは創造され生命を
与えられていると考えた。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

まだ他にも世界中の賢人や超常現象
体得者など多くの人たちが、この
ような言葉を事実として受け入れて
ます。

また量子物理学(量子力学)もこの考えを
実験の結果などから導いています。

「」内は引用です

「皆さんは「誰もみていなくても、月は
立派に存在するに決まっている。
宇宙飛行士だって現実に月に着陸した
ではないか・・・」
と言われよう。
それは確かに常識で、これまでの
科学の基本観だった。
しかし近代量子力学が到達した結論は
そうではない。
月だけではない。個々人が客観的に存在
していると認識している自然界の現象は、
(人が)観察するという行為によって、
千変万化し、誰も見ていない時は実在
しない・・・・・というのである。」
“出典:「死後の世界を突き止めた
量子力学」
     コンノケンイチ著
         徳間書店 刊”

これはつまり人が観察しなければ月や
あらゆる実体だと思っていたものが
存在しないという事を言っているわけで、
まさに継之助の言う陽明学と全く同じ
なのです。

まさに時代を超えて、現代の量子物理学
と、江戸時代末期の陽明学が、思想を
一致させているというわけなのです。

ただ量子物理学の思想を説明するのに
上の言葉だけでは不充分ですね。
誰も見ていない時は実在しないという
よりも、人が観察するような形では存在
しないという言い方の方が正しいし、
自然界の現象が千変万化するのでは、
なく観察(意識)によって、あらゆる
現実が投影されるといった方が正しい
という事になります。

このことをさらに詳しく丁寧に
説明してくれているのが、別々の分野で
研究してきてほぼ同じ結論に達した
脳生理学者のカール・プリブラムと
量子物理学者の第一人者である
デイビッド・ボームなのですが、
その二人の言葉をご紹介しましょう。

「」内が引用で、~が中略の意味です。

「プリブラムは、客観的世界などと
いうものは存在しないと考えるように
なった。少なくとも私たちが慣れ
親しみ、こうだと信じこんでいる
ようなかたちでは存在していないのだ。
目の前に広がっているのは、実は茫漠
とした波動の大海であり、現実が
堅固なものに見えるのも、脳がこの
ホログラフィックなもやもやを、
私たちの世界を構成している木や石と
いったおなじみの物質に変換することが
できるからにすぎないのである。
(引用注:このホログラフィックな
もやもやというのは、極小レベルで
測定すれば、全て電磁気の波動でしか
ない事を比喩的に表現しているという
事です。)

~プリブラムによれば、これはなにも
磁器や海辺の砂が存在していないと
いうことを意味するのではない。
磁器のカップという現実には、
ふたつの非常に異なった側面がある
というだけのことだ。私たちの脳の
レンズを通すと、それはカップとして
現れる。しかし、もしこのレンズを
なくしてしまえば、私たちはこれを
干渉パターンとして体験することに
なるのである。どちらが現実で、
どちらが虚像なのか?
「私にとっては、どちらも現実です」
とプリブラムは言う。「あるいは、
もし別の言い方のほうがいいのなら、
どちらも現実ではないのです。」

 この状態はなにも磁器のカップに
限ったことではない。私たち自身の
現実も、非常に異なるふたつの側面を
もっている。自分のことを空間を移動
する肉体と考えることもできるし、
宇宙ホログラムの全体に包み込まれた
干渉パターンのもやもやとして見る
こともできるのである。
ボームは後者の方が正しいと考えている。
なぜなら、自分がホログラフィックな
心/脳であり、それがホログラフィックな
宇宙を見ていると考えるのは、これも
また抽象概念であり、究極的には分ける
ことのできないものを分けようとする
試みだからである。
~ややこしいのはこの場合、自分が
ホログラムを見ているのではなく、
自分もそのホログラムの一部だという
ことなのである。~
~脳がものを構築するというプリブラム
の主張は、ボームの結論にくらべれば
まだまだやさしい。ボームは、時間と
空間でさえ、それを構築しているのは
私たちだ、というのである。」

“出典:「投影された宇宙」
    マイケル・タルボット著
      川瀬 勝 訳
         春秋社刊 ”

少し説明が難しいでしょうね。
わかりやすく言いますと、極小の世界を
観測すると、私たちの現実は全て
電磁気の波動でしかありません。
その干渉を私たちの脳が解読する時に
初めて実体として捉える事ができるという
わけなのです。
プリブラムはどちらも現実には違いない
といいます。
ですが、量子物理学者のボームは、電磁気
の波動の方が現実だと言います。
確かに我々の五感の解読なしには、この
物質のように見える実体は存在しない
のだから、それも真実だといえます。
そしてまたとても重要なことに、私たち
自身もまた脳も電磁気の波動の干渉である
ホログラムでしかないという事なのです。
これは事実ですが、当然実感がわきません。
しかし、それを理解すれば、ボームの
いう時空さえもそれを構築しているのが
私たちだという事がわかってくる
のです。
ではこの場合の私たちというのはなんだ
という事になりますよね。
それが「意識」という事なのです。
脳も身体も実体でないという事になれば、
唯一残っているのが私たちの思考であり
意識だという事なのです。
臨死体験者や体外離脱体験者は、まさに
その意識のみの状態になったのですが、
むしろそれは生きている間からそのような
状態であった事に、「気づけた」という事
なのです。つまり肉体という錯覚に
囚われていた意識が、肉体から離れた
(確かに私たちの意識の一部、とても強力
な五感による顕在意識は、肉体に付随する
オーラ場のような電磁場に囚われて
います、それが離れたという事で、意識
が全て自由になったという事です)
という状態で、覚醒したという事なのです。

まあ日常意識にどっぷりつかっていては
なかなか理解しにくいと思いますが、
全くの真理を申し上げているので、また
じっくり読んで考えて、そして感性を
働かせていただければ、わかって
いただけると思います。

そしてこのような真実が、継之助の言う
陽明学の思想とほぼ同じ結論だという事
なのです。

このことは、「峠」の中で、弟子である
若い書生の佐吉と、継之助の問答を
読んでいけばわかるようにもなっています
ので、それは続編の記事に書いていこう
と思います。

そうそうこの河井継之助という人物は
不世出の英雄でありながら、あまり
知られていないのは、官軍側だからという
だけではなく、この思想が、私たち大衆に
浸透して欲しくないものだからでも
あるのです。なんせ唯物論が現代の私たち
の教育の基本概念として設定されている
ので当然ですね。

ではまた(^^)/

真理のヒント編一覧

宇宙の真理編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

投稿者:

あんみん댊

滋賀県在住で、 神秘についてや、精神世界について 長年研究を続けています。 携帯アプリなどでサビアン鑑定も 行っております。 神秘的なことなど一緒に探求したい という方、集まってくださいねー。 あとスポーツライターも目指して いることもあり、口数は人の 100倍はあろうかという自己評価 ですが、かなりまわりから、 「盛りすぎ!!」と批判されております。

「陽明学と量子物理学と釈迦の言葉が一致する!   激動の時代の英雄 河合継之助の思想」への2件のフィードバック

  1. 我々が見てるのは、
    現実ではなく錯覚に過ぎない訳ですね。

    徐々に浸透しつつありますが、あんみんさんのように確信するというレベルではないので、早くそれに至りたいですね。

    1. ありがとうございます謙信さん(^^)
      常に自分という存在が全体とか、または
      相当広い空間を占めていると、イメージ
      しておく事は、右脳へのアクセスとして
      とても有効だと思います。
      まさにテイラー博士のようなクジラの
      ような状態が自分だとイメージする
      わけですね。それはまさに右脳レベルの
      自分が感応してくれる意識だと思うわけです。
      いかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です