なおみん文字ばっかりに怒る!2改


あんみん
「まずは、宇宙は真空というのは、物質の
最小単位である素粒子が、実際には波動を
物として見ただけの錯覚だということで、
物質がない状態という意味なんだ
もちろん物質そのものや液体を真空と
呼ぶのは違和感があるだろうから、
便宜上、真空に近い状態の空間のことを
想定して説明してるけどね」
なおみん
「うん、目が悪いから物質が錯覚と
いうのはわかるよ。で、プラズマって
どんなだっけ?」
あんみん
「えーと💦一応公式には、原子が電離して
陽子や電子のような電荷を持った素粒子が
ある状態の空間だということなんだけど」
なおみん
「わかった!それも錯覚ね!本当は真空
だということだもんね。でもだったら何故
電磁気の発生しやすい状態になってるの?」
あんみん
「いい質問だよなおみん!真空状態という
のは、物質や素粒子などの密度が高い
状態に比べて、波動が活動しやすい状態
なんだ。つまり干渉しさえぎるものが
なくなるからね。
真空状態では、あらゆる無限の種類の、
波動が、共存できるんだけど。
真空から発生した電磁気の波動は我々が
感知しやすいものなんだ。」
なおみん
「まーた難しくなってきた。要するに
真空が電磁気を発生しやすい状態
だってことだよね。
それはわかったわ。」
あんみん
「えらい!それでこそ我が妹だぞ」
なおみん
「質問はまだあるわよ、真空のことを
プラズマといいながら、雷とか蛍光灯
の光もプラズマといってるんだけど
なんだかごちゃまぜになってる気がする
のよねー」
あんみん
「それは、公式には電荷を持った素粒子
が浮遊している状態(実際には真空)
をプラズマといって、雷などのことは、
プラズマ現象といって区別してるん
だよ。」
なおみん
「なるほどねー。」

なおみん
「ところでお兄ちゃんが持っているその
透明のボールが、確かプラズマボール
とかいってなかったっけ?」
あんみん
「そーだよ、夜だから、部屋の電気
消して、これのスイッチを入れて見せて
あげよう。」
なおみん
「わーい、私もプラズマが見られるのね」

あんみん
「どうだい、凄いだろう?」
なおみん
「これは凄い、蛍光灯を外から近づけても
勝手に光ってるわよー」
あんみん
「もちろん、空気も固体よりは真空に近い
ので電磁気が活動しやすくて、当然電気
エネルギーは伝わるというわけなんだ。」
なおみん
「そっかー、電波だって伝わってるもんねー」
あんみん
「それからこうやって手を近づけるとー」
なおみん
「すごいー、手の指からプラズマが放射
されてるみたいー。お兄ちゃん、スター
ウォーズの皇帝みたいよー」
あんみん
「たとえが悪いよー。あんなしわしわの
おじいちゃんじゃうれしくないに決まってる
だろ?せめてバビル二世の電撃波とかに
してくれよ」
なおみん
「なにそれ?」
あんみん
「そっかー世代間ギャップというやつですな」
なおみん
「でも手からあんな凄いのが出てるって
不思議」
あんみん
「それは人体がプラズマエネルギーの循環
で生命を維持してるからだよ。」
なおみん
「えー?わたしたちもプラズマ
だったのー?」
あんみん
「そうだよ、最近その事について記事を
書いたばかりなんだ、よかったらその
生命エネルギーもプラズマという記事も
読んでみればいいと思うよ」
なおみん
「また文字ばっかのやつでしょ?少し
ずつ読んでいくわよ、順番にね。
読者の人たちのためだもんね。
はああーあ。次は太陽の記事とばし
とばし読んでみるねー」
あんみん
「ん?いつも、そのとばし、とばし
なのか?」
なおみん
「当然!!!!!」

もう一回投稿編一覧

かんたんメッセージ一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

私たちが永遠で一体である事の証明その2       アニータさんの証言その2改


前回のアニータさんの証言その1で、
アニータ・ムーアジャニさんが、臨死体験
でもまれな、絶対意識領域に入る事が
できたという事で、その体験を自身が
語った著書から引用しながら、考察を
加えて紹介していこうとシリーズ化
しました。
今回はその第二弾という事になります。

以下はアニータさんの著書からの引用
抜粋とそれについての私の考察という形
で進めていきます。

 ~以下引用~

人々がやってくるたびに、それが誰で、何を
しているのかわかりました。目を閉じていた
のですが、自分の周囲で起こっていること
だけでなく、それ以外のことも詳細にわかる
気がしました。
私の知覚は、今までよりもはるかに鋭く
なっていました。
あらゆることがわかり、理解できるよう
でした。
それも実際に起こっている出来事だけでなく
みんなが感じとっていることについても
です。
まるで、一人ひとりの中を見通して、
感じられるようでした。
そして、私の現状に対する彼らの恐れや絶望
やあきらめがひしひしと伝わってきたの
です。
 
   ~引用終了~
“出典:「DYING TO BE ME」アニータ・
ムーアジャニ著 hay house 刊”
“邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”

さて拡大された意識になると自分の肉体に
収まらない意識は、まわりの人々の意識
とも一体になるのです。
つまり自分がまわりの人々の意識も自分
のものとして体験できるという事です。
ここで重要なのが、彼女はすべてのもの
になっているということです。
全てのものであれば、これまでとは違って
ありとあらゆる外界だと思っていたもの、
そのものになりその意識も感覚も感情も
自分自身のものになるという事なのです。
だから一人一人の中の意識を、自分自身の
感覚として感じ取れるようになったという
ことです。
ここで、私たちが、日常の状態から、
高次の意識を体得しようと思えば、
共感や共鳴などの意識が重要になって
くるのです。
つまりアニータさんが体験したような
意識状態を、意図的につくり出せる
という事です。
共感も共鳴も、同調も同情も人々と意識
を共有している状態なので、一体感を
味わえる高次の意識の状態に近づくの
です。
そうです、よくコンサートなんかで、
会場中の人々が一体感を味わったり
しますが、それはその高揚感が高次元
の意識につながり、至福の状態になれる
という事を意味します。つまりは、
その一体感が、人々をコンサート会場に
足を運ばせる大きな理由の一つになって
いるのだと思います。
私たちはこのようによく一体感という
言葉を使いますが、それがあたたかい
感情をともなった共感や共鳴として
働くと、レベルの高い意識状態に近づ
きます。
なぜなら、多くの臨死体験者がいうよう
に、愛と知識が私たちの本来の実体に
とって重要だからです。
そこから派生する感覚として、相手の
立場で、感じ行動する事も大事な事に
なります。
これらは、高次の意識レベルに到達する
ために、非常に大きなきっかけに
なります。
逆に、疎外感や孤独感、分離意識、利己的
な意識や感覚、排他的な感情や意識、敵対的
な感情や嫌悪感などは、その逆に
高次元の意識から離れる事につながる
というわけなのです。

また長くなりすぎないうちに次回に
まわす事にします。
では(^_^)

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

私たちが永遠で一体である事の証明その1       アニータさんの証言その1改


私が神秘メッセージで、お伝えしようと
してきた事は、大きく分ければいくつかの
ポイントに集約できます。
中でも一番お伝えしたいのがタイトルの
「私たちが肉体だけの存在ではなく、
永遠に存在する意識で、全てと一体
である、愛を中心とした、全知万能
の存在である」
という事です。
最後のは、なんだか偉そうに聞こえる
かもしれませんが、これは全員が
そうだという事なのです。
というより、あなたは全ての人の意識
と一体であり、また全ての人そのもの
でもあるという事なのです。
それは、もちろん肉体での感覚に
囚われていれば、すぐには納得
できないでしょう。だから、肉体に
囚われない意識になった賢人や
超常能力者、臨死体験者などから学ぶ
必要があるという事なのです。
ただ肉体から離れた臨死体験者たちは
まだ、その肉体に意識があった頃の
感覚をひきずったまま、その霊的な
次元に以降する人も多くて、その場合
輪廻転生を、受け身的に繰り返したり、
執着がすぎて、意識レベルが低かったり
したら、それなりの次元に、囚われたり
もします。
それでも多くの臨死体験者が証言した
ように、普通に愛情を持って暮らした人
であれば、肉体を離れれば、世界との
「一体感」を味わえるようになるのです。
そこで自分が、永遠の存在である事を
ほとんどの人が知る事になりますが、
稀に意識レベルが、その究極の到達点
である、全知万能の全てとの一体と
なる領域まで以降する人達がいます。
だから2019年の最初に、その
到達点の意識つまり「絶対意識」に
到達した臨死体験者
アニータ・ムーアジャニさんの証言を
シリーズで再投稿していきます(^^)
つまりだれでも最終的には、この
「絶対意識」と一体である自分に回帰
する事になるのですが、ほとんどの人
は魂の学びや、意識の経験のために、
長く旅を続ける事になります。
もちろん今生で、高い意識レベルへ到達
すれば、ネガティブなまわり道をしなく
てもよくなります。
もちろんこの旅は肉体を離れても、
なお続く旅だという事です。
何度も繰り返しで恐縮しますが、肉体は
あなたの全てではなく、あなたは意識
そのもので永遠であるという事です。
では元記事をどうぞー(^^)

今回ご紹介するのは、自身の臨死体験を著書
にまとめ、発表してミリオンセラーを記録
した“「DYING TO BE ME」アニータ・
ムーアジャニ著 hay house 刊”
“邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”
です。
最初購入した時は、邦訳は出ていなくて、
また電子辞書を片手に四苦八苦しながら、
数週間かけて、読破しました。
ただそれまで、研究で臨死体験については
テーマにしていなかったので、新鮮な
驚きと、それまでの自身が得ていた結論
「全ては本来一体のもの」と一致していた
という事で、とても喜び、楽しみながら、
驚きなから、読んでいったのを覚えて
います。
日本語と違って、英語は不慣れなので、
暗号を解読して謎解きをするような
スリルのある感覚が醍醐味です。

さてこれまで、臨死体験という言葉の
生みの親である、レイモンドムーディ氏
や、その後本格的な調査に発展させた
ケネスリング氏の著書から何人かの
臨死体験者の証言を紹介させて
いただきましたが、今回のアニータ
さんは、自分の臨死体験を一冊に
まとめてくれています。

臨死体験者には、真理を理解するための
ヒントになる多くの共通点がある事も
説明してきたと思いますが、その具体的な
内容は、一人一人違うという事です。
そしてまた、多くの人が高い意識の
レベルつまり「覚醒状態」を体験して
いますが、その高い意識にもレベルが
あったのです。
実は、本当に大きく分けて二つのレベルが
あるのです。

一つは多くの臨死体験者が、臨死体験中に
高い次元の存在、光の存在、神のような存在
に出会ったといってますが、これは、自分が
肉体に囚われていた時と同じ、宇宙や世界
の中で分離された小さな存在であるという
意識レベルのままだということです。
これを私は単に「高次元の意識」といいます。
(ケネス・リング氏は著書で、この光の存在
は高次の自分自身だといっておられます。
私もそう思います。この意識レベルの場合
光の存在を見ている状態が分離意識だという
ことです)

もう一つは、現代の量子物理学や太古からの
賢人たち、またはハワイのカフナや、
チベット密教の超常能力を得た人々が示唆
してきたような、自分自身が世界や宇宙と
一体であり、自分がまさにその宇宙自身
世界自体だという意識になる事です。
これは、本当に臨死体験者の中でもごく
少数の経験者の報告しかありません。
私は、この意志レベルの事を比類なき
完全な物である絶対という言葉を使って
「絶対意識」と呼んでいます。

アニータさんは、そのまれな臨死体験の
レベル「絶対意識領域」に到達した人
だったのです。

あまりに詳細なので何回かにわけて、
シリーズ化していこうと思います。
で、今日はその1です。
 
以下はアニータさんの著書からの引用
抜粋とそれについての私の考察という形
で進めていきます。引用はもちろん
アニータさんの臨死体験時について
書かれた部分です。

   ~引用抜粋~
私は、臨死状態になり、これまでよりも
はるかに鋭敏に、自分の周囲で起こって
いることに気がついていました。身体の
五感は働いていませんでしたが、それとは
比べものにならないくらい、あらゆるものを
感じ取ることができたのです。
まるで完全に異なる知覚が目覚めたよう
でした。
それは単なる知覚以上のもので、起こって
いること全てを包み込み、まるで自分が
ゆっくりとその全てと一つになっていく
ように感じられました。
   ~引用終了~

まずはここでよくわかるのが、肉体から自分
の意識が解放された後に、とてつもなく
鋭敏で拡大された新しい意識がとびこんで
きたということです。
それまでの肉体にとらわれた感覚や認識が
なくなると、より確かな現実感を伴った、
拡大された鋭敏な知覚を得るということ
ですね。
ここで゜私たちの思い込みによる間違った
言葉の使い方を、ご紹介しますね。
それは、気絶したり、昏睡状態になったり
もちろん人が亡くなる時にも、
「意識を失った」と表現しますよね。
ですが、昏睡状態の彼女や、多くの臨死
体験者の多くは、仮死状態または昏睡状態
であるのにもかかわらず、鮮明な知覚を得た
とか、覚醒したと報告しているのです。
確かに、まわりの五感にとらわれた人から
みると、身体または頭の機能が、一時休止
または停止状態になれば、肉体自体は意識
的な反応を見せなくなるので、そのような
意識を失うという言葉になるのもわかり
ますが、多くの臨死体験者やアニータさん
のように、肉体が機能を停止している時が
覚醒状態の時より鮮明な意識状態になる
という事なので、むしろ「意識が開かれた」
わけです。
そしてその意識状態が本来の意識だと
いう真理の観点からだと、「意識が回復
した」「本来の意識に回帰した」という
表現が正しくなるということです。
つまりふだんの我々は、「本来の意識は
失われている」という事でもあります。

私のブログは、占星術と真理解明を二つの
柱として進めていますが、これも実は
一体のもので、この真理についての深い
知識が背景になっているのが、わたくし
のサビアン占星術です。
だから、占星術の記述にも、あちこち
その知識がちりばめられているのですが、
みなさん別々の層に分かれているので
なんとかしたいとは思っています。

えーとつまり太陽と月が我々の意識に
大きな影響を与える2大天体といっても、
いいですが、太陽はその本来の意識で、
普段なじみのある五感にとらわれた
肉体の意識が月だということなのです。

話を戻しますね💦
アニータさんは、肉体の機能がほぼ
停止状態にあることで、本来の意識に
「目覚め」とてつもなく拡大された
鋭敏な知覚や認識を得ることができたの
です。
我々が、瞑想をして高い意識レベルに
到達しようとすることの意味はここに
あります。
つまり生命活動をほぼ休止に近い状態に
持っていき、五感の機能を休止させ、本来
の意識を覚醒しようというのが瞑想の
コンセプトなのです。

さてアニータさんの証言の次回その2
では、より詳細な臨死体験中の描写
について取り上げていきたいと
思います。
ではまた(^_^)

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

一挙公開サビアンバイクインタイルその1      各画像クリックで元記事へ







こうしてみると、やはり壮観ですねー
(^^)
サビアンシンボルはアスペクトでも
意味がつながるものが多いという事で
やはり深遠な宇宙の潜在エネルギーに
アクセスできたという証だともいえる
と思います。
イラストは、少しでもイメージの
助けになれればと思って始めた
のですが、手間がとてもかかるもの
でした💧
でもバイククインタイルのサビアン
シンボルが神秘的につながるものが
多くみられる事を、やはり視覚的な
イラストで紹介する事ができて、
良かったと思います。

またもう少し投稿をアップしてから、
バイクインタイルのこの総集編
その2もアップしまーす。

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

あなたの天秤座25度


天秤座25度のサビアンシンボルは
「秋の葉の象徴が伝える情報」
です。
このシンボルが太陽にある人は、
とても感受性豊かな人です。
詩人タイプといってもいいでしょう。
日本でいう「わびさび」の感覚の
わかる人ともいえます。また「美」
に対する優れた感性も先天的に持って
いるので、やはり芸術関係の仕事が
向いています。
また生命の仕組みなどの研究も得意に
なる可能性が高いので、生物関係の
研究者にも適性があります。
とても情感豊かなタイプなので、その
癒やしのオーラにひきつけられる異性も
多いですが、芯の強い人に惹かれる
傾向にあります。一本気で頑固な人とも
相性がいいでしょう。
まさに自分の葉に対して、相手が木の幹
という事ですね。

このシンボルが月にある人は、
とても詩情豊かに育ちます。
イラストレーターやエッセイイスト
などで成功する可能性が高いです。

水星にある人は、親や学校の言う事を
よく吸収して育ちます、また恩師や
自分を助けてくれる友人や仲間に
支えられて、豊かに人生を生きる事が
できるでしょう。

火星にある人は、自然を豊かに感じる
ような場所で特に元気になりますので、
アウトドアや登山、マリンスポーツなど
を生涯の趣味としたりします。

あなたの天秤座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

山羊座11度


みなさん新年明けまして
おめでとうございまーす(^^)
今日は間抜けな私のせいで
山羊座のシンボル二つご紹介
します!ちなみに、どうしてなのか
のおわびと、「言い訳」は山羊座10度
に書いておきましたので、よければ
ご覧下さい💧

さて気を取り直してまいりましょう。

2019年1月1日元旦(朝3時頃から)
の太陽のサビアンシンボルは
山羊座11度
「キジの大きな群れ」
です。
これは、社会の集合意識が群れという
シンボルとなってあらわれていて、
やはり個人的な行動は、制限されます。
ただし、当然群れている事によっての
力も与えられるので、安定的な運を
もたらすシンボルだともいえます。
今日は、社会的なルールを守って、
人々との一体感を大切にしていくと
恩恵を授かるという日になります。
というより、家族みんなでおせちを
食べたり、友人や恋人と初詣、番組
でも全国から届けられる新年の便り
など、自動的に一体感を味わえる日
でもありまずよね。ただルールを
守ればいいだけの話です。

対称の180度のシンボルは
蟹座11度
「しかめつらをするピエロ」
です。
これは昨日の蟹座10度の「完全に
カットされていないダイヤモンド」で
人々からの恩恵を受けるようになった
ピエロが、その人々の意識に対して、
内面を出せないもどかしさを、しかめ
つらで表現しているという事です。
つまり人々に恩恵を受けた分、自分
らしさを失う事に嫌気がさして
いるという事ですね。
大衆意識そのものをあらわしている
山羊座のシンボルに対して、この
蟹座のシンボルは、人々に対する
個人的な意識を示しているので
対称的です。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
牡羊座11度
「国の支配者」
天秤座11度
「眼鏡越しに覗き込んでいる教授」
です。

牡羊座11度の国の支配者は、当然
大衆に制限を与える事ができる権力者
なので、大衆意識である山羊座の
シンボルに対して、逆のエネルギー
ですし、集合意識にうずもれた個人を
示す蟹座のシンボルに対しても逆の
エネルギーとなります。

天秤座11度の眼鏡越しに覗き込んで
いる教授は、好奇心を満たすために、
知的な探究に没頭できているの
で、個人として自由に活動できて
います。
つまり、それは個人的な活動が制限
されている今日のシンボルま対称軸とは
逆のエネルギーだという事です。

山羊座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

山羊座10度


みなさんあけまして
おめでとうございまーす(^^)
最初からみなさんにおわびを
申し上げます。
毎日のサビアンシンボルの紹介
シンボルと日付がずれてたみたいで
この山羊座10度は、ほとんど
12月31日のシンボルでしたー💧
でも私の毎日のサビアンシンボルは
日付を書いてませんので、正確には
間違いではないのですが、さすがに
新年から、誤解をまねくシンボル
紹介はまずいですよねー💧
それといつも今日の運気のアドバイス
的な事も一日遅かった事になりますが、
一応近辺2~3度は、ほぼ同じ運気
としてみるので、一応これもセーフ
という事でよろしくお願いします。
なんという口のへらない言い訳!
申し訳ございませんでした<(_ _)>
なのでたて続けに今日は二つシンボル
を紹介させていただきます(^^)💦

2018年12月31日の太陽の
サビアンシンボルは
山羊座10度
「手から餌をもらうアホウドリ」
です。
かなり滑稽な描かれ方をしている
シンボルですが、これは山羊座
社会の恩恵を受けている従順な
民という事を暗示しています。
まあ社会のルールに従っている限り
は、恩恵を授かる事ができるという
事で、ある意味意識が飼い慣らされて
いる状態ですね。自己意識のアピール
力が、あまり感じられないシンボル
でもあります。
ですが、これは社会的なルールに
従っている限り、多くの人と一体感を
味わえるシンボルでもあります。
だからおおみそかといえば、みんな
で一体となり、カウントダウンをしたり
するわけで、まさにうってつけのシンボル
でもありますね。
この12月31日は、世の中の流れや
多数の意見に従って、一体感を味わえる
という日でした。
みなさんはいかがでしたか?

対称の180度のシンボルは
蟹座10度
「完全にカットされていない大きな
           ダイアモンド」
です。

これはまだ人々の手で磨かれきって
いない個人の意識という事ですが、
これは逆に、人々の意識に全て合わせる
だけでない、自分の大事な意識がまだ
残っているという事を示しています。
これは、人々の恩恵を受けていると
いう点は同じでも、まだ本来の意識が
残っているこの蟹座に対して、山羊座
のシンボルは、完全に意識が飼い慣ら
されている状態なので対称的なシンボル
となっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
牡羊座10度
「古い象徴に対する新しい形を
         教える男性」
天秤座10度
「危険な流れを抜け安全な場所に
        たどり着いたカヌー」
です。

牡羊座10度の古い象徴に対して、
新しい形を教えている男性は、古い
象徴が、伝統や従来の常識、また社会の
ルールや制限などを暗示しているので、
それらから意識を解放させるための
鍵を伝えようとしているという事です。
だから社会に従順な山羊座の意識とは
逆ですし、人々(既存の集合意識)
から磨かれる立場である蟹座の意識とも
逆になっています。

天秤座10度の危険な流れを抜けた
カヌーは、たとえ危険な道をいっても
自分の意志や意識を貫こうとしたという
暗示なので、社会に従順になり恩恵を
授かっている山羊座のシンボルや、
人々の手で磨かれるだけの受け身の
蟹座のシンボルとは逆のエネルギーと
なります。

山羊座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ