バロック音楽のすすめ その10     オーボエの魅力をどうぞ


バロック時代では、このオーボエが
結構流行ってて、中でもこの
アルビノーニのオーボエ協奏曲は、
名曲中の名曲です。
まあいつものように短い時間に
あらゆる豊かな旋律が凝縮された
アルビノーニ・マジックの一曲を
どうぞー(^_^)

二つとも
アルビノーニ(Albinoni)
作品9 NO.2 
オーボエ協奏曲

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

西洋占星術とクラッシックその2     現代占星術の父アラン・レオ



前回、ホルストは神智学から占星術の知識
に親しむようになって、現代占星術の父
アラン・レオの書に辿り着いたという
ところまで、紹介しました。
鏡リュウジ氏によると、このレオの
「統合の技法」という占星術マニュアル
が重要で、この本では、惑星に象徴的な
人格化がなされていて、これがホルストの
曲のタイトルの直接的なソースになった
のは間違いないとおっしゃってます。
レオの著書からの惑星の解説の見出しを
紹介しておられますので、引用させて
いただきますね。
ただし文中にあった原著の英文は省略
させていただきます。

“太陽・・・生命を与えるもの
 
 月・・・母

水星・・・思考するもの(神の翼ある
          メッセンジャー )

金星・・・結びつけるもの(完全な均衡を
      もつ調和で優雅、美しいもの
       はすべて金星の領域に属す)

火星・・・活力を与えるもの

木星・・・高揚させるもの(祝福、幸福、
     喜びを与える)

土星・・・仰圧するもの

天王星・・・覚醒させるもの

海王星・・・神秘家

(ここには冥王星が登場しない。この書の
刊行時にはまだ発見されていなかったため
である。その発見は一九三〇年まで待た
ねばならない。)
(引用注:ホルストが「惑星」を作曲した
のは、一九一四年から一九一六年にかけて
だったそうですから、冥王星発見まで、
まだまだありますね。そういうわけで
ホルストの曲にも冥王星がなかった
のですねー。なんせレオからいただいた
コンセプトだから)
レオの惑星を擬人化した形容を見ると、
ホルストの曲名と重なるということが
あきらかになるだろう。”
“出典:「占星術の文化誌」
       鏡リュウジ 著
         原書房 刊”

なるほど、ホルストは現代占星術の父と
いわれるアラン・レオのこの惑星の
擬人化に影響を受けて作曲し、タイトル
もそれに類似したものとなっていると
いう事ですね。
では、そのホルストの曲のタイトルを
ならべてみましょう。
順番は曲順で、惑星順ではありません。

一.火星  「戦争をもたらす者」

二.金星  「平和をもたらす者」

三.水星  「翼のある使者」

四.木星  「快楽をもたらす者」

五.土星  「老いをもたらす者」

六.天王星 「魔術師」

七.海王星  「神秘主義者」

確かにアラン・レオの「統合の技法」
にある、惑星の擬人化をモチーフにして
いるのがよくわかりますね。
特にホルストの水星は
「翼のある使者」で
アランレオの水星も
「神の翼のあるメッセンジャー」
で、酷似してますし、
またホルストとアラン・レオの両者とも
海王星が「神秘主義者」となっています。
あとのタイトルも、意味合いはほぼ同じ
なので、確かにホルストは、アラン・レオ
からもらった知識をもとにして、惑星の曲
のタイトルをつけていったのだというのが
明らかです。

続いて鏡リュウジ氏は、組曲「惑星」の
それぞれの天体について一つ一つ解説して
おられますが、長いので全てをご紹介
するのは、やめておきます。
一つだけ私が、いろんな記事で取り上げ
ている土星についての部分があったので
引用させていただきますね。

“「老いをもたらす者」という副題のついて
いる「土星」であるが、レオは土星を
「仰圧を与える者」だという。そして、
土星サターンは、ギリシャ神話においては
クロノスであり、時間の神であった。
レオを引用すると「時間としての土星は、
境界線を記し、有限性を示して形相の
うちに捉えられた意識を象徴する」ので
ある。”
“出典:「占星術の文化誌」
       鏡リュウジ 著
         原書房 刊”

このレオの解釈は、このあと土星は魂の
進化においてもっとも重要な星として肯定
的に捉えているようですが、まさにこの
「時間としての土星は、
境界線を記し、有限性を示して形相の
うちに捉えられた意識を象徴する」
というレオの言葉は、松村氏のいう
ように土星が檻である事を、ややこしい
いいまわしで表現していますね。
我々は、土星の時空の檻の中で、物質
(形相とは形あるものなので物質と
同じ意味になります。)に捉えられた
魂だという事ですが、まさしく私の
考えも同じです。
そして土星をそのままネガティブな
エネルギーとして捉えたのが私ですが、
アランレオや松村潔氏は、土星を肯定
的なものとして捉えておられるよう
です。

3回のシリーズに分けて、ホルストの
組曲「惑星」について、書かせて
いただきましたが、アラン・レオの解釈
も含めて、現代の占星術の解釈にとって
も参考になるものでした。

えーと、木星以外は、それほどとは
思えないホルストの「惑星」やはり
今回もアップしておいた方がいい
でしょうね(^_^)

ホルスト組曲「惑星」/シャルル・デュトワ

占星術歴史編一覧

サビアン占星術の神秘メニュー

トップページ

 

臨死体験者の言葉  その20      エベンさんの証言その2


前回からエベン・アレグザンダーさんの
臨死体験をご紹介していますが、今回
はその第二弾という事になります。
アニータさんが、絶対意識領域という
とてつもないレベルに達していたのに
対して、このエベン・アレグザンダーさん
の臨死体験が、それよりかなり低い
レベルの臨死体験になっていた事を
証明するように、エベンさんの臨死体験
での最初のステージが地獄のような場所
になっていたということです。
今回もエベンさんの著書からの引用と
それについての私の考察という形で
進めていきたいと思います。
「」内がエベンさんの著書からの引用に
なります。

まずは地獄のような場所にいる時のエベン
さんの意識の状態からです。

   ~以下引用~
「その状態しか知らずにいて、それを
気にすることができただろうか。生きられ
るかどうかについて、それに近い観念を
抱いたことは覚えているが、生きるに
しても、死ぬにしても、どちらでも
かまわなかった。
   (中略)
自分のいる場所を支配している原理に
ついても、なんの手がかりもなかった。
しかし別に知りたいとも思わなかった。
それがそんなに大切なことだっただろうか。」
   ~引用終了~

これはエベンさんが、充実していたそれまで
の人生とは全く別の意識になったというわけ
ではなく、エベンさんの潜在意識のそのまま
の状態の一部なのです。
臨死体験になっていても、それまでの意識と
別の存在になったのではなく、意識として
の別の状態になっているというだけなの
です。
ではなぜ、充実した人生を送っていたエベン
さんの潜在意識が、最初にこのような地獄
のような世界に移行してしまったのか?
それは、彼が左脳に囚われた物質世界に
どっぷり浸かった潜在意識だったからなの
です。物質的にも豊かで、世間の感覚でみて
も恵まれた人生で、しかも自分も家族思い
で、仕事にもやりがいを持っていたエベン
さんでさえ、物質世界に囚われた潜在意識の
世界は、これほどまでに荒廃したものだった
というわけなのです。
さて日本人の多くの人の潜在意識の状態を
考えてもみてください、エベンさんよりも
ひどい状態の人だらけではないですか。
たとえどんなに物質的で豊かで、人生で
順調に生きているように見えても、物質世界
に囚われて、無感情、無気力、無関心で
生きている人があまりにも多いですね。
しかも他人に対しての感情があまりにも
冷たい。
サイコパスは、その最たるものです。
つまり肉体を離れれば、このような状態
よりもひどい状態になる可能性が高いです。
そしてあまりにも人生でその意識が強ければ
、なかなかそのようなレベルから抜け出せ
ないような状態に死後になる可能性が高いと
いう事です。
もちろん感情が豊かで、愛情にあふれる
ような心の持ち主であれば、ほぼ大丈夫
です。このような地獄の世界にいく事は
ないでしょう。ただし、それでも物質世界
に囚われているとあまり高い意識レベルの
領域にはいけないのです。
臨死体験者の報告で肉体を離れた意識が、
至福になったという証言が多いのは、
臨死体験から戻ってこれるというような
人達の意識レベルというのが、高かった
からということなのです。

エベンさんは、少なくとも「冷酷」
「無気力」「無関心」「無感情」のような
意識ではありませんでしたので、やはり
地獄から抜け出せる事になります。
エベンさんが泥の中の地獄のような世界
から引き上げられて、天界のような場所に
導かれる様子が以下のものになります。
~が入ると中略という事です

   ~以下引用抜粋~

「自分が何であれ、ここにいるわけには
いかない。ここを出ていかなくてはなら
ない。
出るといっても、どこへ?
その時だった、それを自問していると、
上方の暗がりから何かの姿が現れた。
冷たさのない、暗さとも死とも無縁の、
それらの正反対を表すもの。私が一生を
かけて説明しても、こちらへ近づいてきた
存在の美しさを表現することはかなわない
だろう。
 だが、それを試みてみよう。~
~闇の中から何かの姿が現れた。ゆったりと
回転しながら、金色がかった絹糸のような
白い糸を燦々と放射している。
光に照らし出され、周りの闇が崩壊し
始めた。
初めて聞く旋律も聞こえてきた。それは
「生きた」音色だった。どんな音楽も
かなわないほど豊かで美しい、妙なる
調べ。純白にきらめく光が下へ降りて
くるにつれて、しらべはいっそう強くなり
、永劫にわたって聞き続けた気がするあの
単調で無機質な音がかき消されていった。
光はぐんぐんこちらへ迫ってくる。~
~やがて光の真ん中に、別の何かが出現
してきた。~
~そのことに気づいたとたんに私は上昇し
始めた。猛烈なスピードだった。ヒュッと
音を立てて開口部をくぐり抜けると、見た
こともない別世界が広がっていた」
    
    ~引用終了~
“「」内全て出典:「プルーフオブヘヴン」
   エベン・アレグザンダー著
          白川貴子訳
          早川書房刊”

これは、泥のような世界から天界のような
高次元へ導かれる様子を描写してくれて
います。
エベンさんは、やはり家族思いのいい人で
仕事にやりがいを持った向上心のあるような
好人物だったので、表面的な左脳の地獄の
世界を見事に突破することができたのです。
私たちが、結果でなくいかに生きるかが、
とても大切だと実感させられますね。
この光による導きは、よく臨死体験者の
多くの人が口にする「光のトンネル」と
ほぼ同じものだといっていいと思います。
そして、注目していただきたいのが、音楽
です、現在平行して宇宙の真理編で、
五感のレベルについての記事を書かせて
いただいてますが、聴覚が最も五感の中で
レベルが高いという事を説明していますが、
この時の聞いた事もないような音色と、また
初めて味わうような豊かな旋律が聞こえて
きたというのが、何よりの証拠になると
思います。
光とともに導いてくれたのは、この音楽
だという事ですね。
まさに高次元の意識レベルに移行するのに、
音楽が欠かせないことの証拠でもあります。
地獄の中で永劫にわたって聞き続けていた
ような単調で無機質な音がかき消されて
いったという事ですが、他の記事でも説明
していますが、音楽にもレベルがあって、
リズム、音色、旋律に分ければ、リズムが
最も低いレベルなのです。
だから地獄の世界では単調で無機質な
リズムだけが聞こえていたという事なの
です。
そして最もレベルの高いのは「旋律」なの
です、聴いた事もない豊かで美しい旋律に
導かれて、エベンさんは天界にいくことに
なります。
次回は、エベンさんの臨死体験の天界での
様子についてご紹介していきます。
ではまた(^^)/

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

   

   

あなたの獅子座6度


獅子座6度のサビアンシンボルは
「時代遅れの女性と、最先端の少女」
です。
このシンボルが太陽にある人は、感性
豊かな人で、あらゆる事に敏感なアンテナ
を持っているような人です。独特のセンス
や世界観を持っていて、ファッション
センスも抜群です。
レトロなファッションも時代を先取りした
ファッションもどちらも上手に着こなし
ます。
つまり器用だというのが、この人を形容
するのにピッタリの表現になります。
会社でいえば企画関係が向いていて、また
外向的な性格から、営業も向いています。
またファッションでデザイナーや、
ファッション雑誌の編集なども適職です。

このシンボルが金星にある人は、好みの
広さから恋愛経験も豊富になりますが、
少し気がかわりやすいので、浮気や二股
などのトラブルには注意しましょう。

月にある人は、都会に生まれ育つ事が多く
常に最新の流行を感じながら育つ事
になります。
その事がまた、成長してからのセンスに
つながるのです。

土星にある人は、あまりにも相反する
好みや感情をコントロールしきれなく
なり、精神的に不安定になる事が
多いです。

あなたの獅子座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

天秤座21度


今日の太陽のサビアンシンボルは
天秤座21度
「海岸の群衆」です。
海岸というのは、潜在意識の海に
近いという事の象徴です。
そのそばに群衆がいるという事は、
集合意識として高次元の潜在意識
に近付いているという事を暗示
しています。
5度ずつのグループてサビアン
シンボルは、同じテーマの意味で
まとまっているので、この21度
から新たなテーマに入ったという事
です。
この前の5度のグループでは、
潜在意識のレベルにあるのは個人と
しての意識だったので、逮捕されたり
隠れたり、宗教の世界に入らなければ
なりませんでしたが、今度は集団の
意識として、潜在意識のレベルに近く
なってきたという事なのです。
という事で今日は、神社参りとかで、
多くの人が祈るような場所にいき
ありがたみを共有してみるのが、まさに
御利益につながるという暗示です。
そういやこないだmiraimikuさんが
一粒万倍日とかいう大吉の日の事を
いってたなー、今日がその日としては
最適なんだけどなー。
あとで高嶋易断の本でも見て
みようっと。

対称の180度のシンボルは
牡羊座21度
「リングに上がる拳闘士」
です。
これは大舞台で、闘争本能を発揮
しようとしている姿で、牡羊座の
生命エネルギーを象徴しています。
このリングを見つめる観衆がいるわけ
ですが、この観衆の集合意識は闘争心
という生命エネルギーの方に向いて
いて、今日の天秤座のシンボルの
高い意識の、潜在意識の海のそばに
いるような状態とは対称的です。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
山羊座21度
「リレー競争」
蟹座21度
「歌っているプリマドンナ」
です。
この二つのシンボルのテーマは、チーム
のための個人という事です。
山羊座21度のシンボルのリレー競争では、
チームのために個人的な役割をこなさなけ
ればなりませんし、蟹座21度のシンボル
は、プリマドンナが、演劇の出演者を代表
して歌っているので、チームのための個人
の働きを果たそうとしているのです。
この二つのチームのための個人という点が
今日の天秤座と牡羊座のシンボルの対称軸
の個人的でない集合意識と逆のエネルギー
となります。

天秤座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ