バロック音楽のすすめ その9   またまた凄い作曲家ですわ(^^)


今週もだいぶ人がご覧になってくれて
うれしいです。
本当にありがとうございます!
お礼の意味も含めてバロック音楽を
またご紹介したいと思います。
ていうかちょくちょくこのバロックも
覗いてくださる方がいるので、これから
も時々アップしていこうと思います(^^)
絶対日本ではほとんど知らないような人
また知られていないような曲で、すごい
感動が、無数に発見できるのがバロック
時代の音楽です。
聴いたあなたは、その素晴らしい歴史を
再発見する気持ちで喜んでいただける
はずです(^^)/
今回の方はまた、本当に日本で知っている
人はわずかだと思いますが、こないだの
ダッラーバコさんみたいにすごい曲ばかり
です。

ブレッシャネロ(G.A.Brescianello
1690-1758)という人です。
それが凝縮された一枚のCD収録曲が、下の
動画に収められていますので是非どうぞー。
聴きやすいだけでなく、テンポもよく、さらに
豊かな旋律、ほんの少しアルビノーニや
ヴィヴァルディより遅れてきたので、
彼らの良いところも吸収したような曲づくり
です。
豪華な曲たちを少しずつでも聴いてみて
くださいな(^^)/
ほとんど全部の曲気に入る事間違いなす
ですわ!!!

G.A. Brescianello (1690-1758)
Concerti Sinfonie Overture

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

松村潔氏を大尊敬する理由その1    サビアン占星術に傾倒するきっかけ


私が、鏡リュウジ氏とともに大尊敬して
いる占星術ならびに占星学の大家として
有名な松村潔氏の紹介しておられる
サビアン占星術に傾倒する事になった、
真の理由について、お話させていただき
たいと思います。

私は長い間、神秘的な事について研究して
きて、真理を追究する事に没頭して
きましたが、それと平行して占星術の
オリジナルスタイルを構築する事に
なったきっかけを、この松村潔氏が与えて
くれたのです。

その当時研究していた事で、月や土星が、
人類の集合意識に著しく多大な影響を
与えているというデーヴィッド・アイク氏の
著書に感銘を受け始めていた頃に、同じ様に
興味を覚えていたのが占星術だったのですが
そのころに手にしたのが、松村潔氏の著書で
ある「決定版!!サビアン占星術
              Gakken 刊」
だったのですが、そこには月と土星に関して
の記述が書かれていて、その内容が、その
人類の集合意識に対してネガティブな影響を
与えているというアイク氏の結論に酷似して
いたのに、いたく感動して松村氏を大尊敬
する事になったというわけなのです。
もちろん、松村氏はデーヴィッド・アイク
氏の事など全くご存知ないようで、その
コンセプトも全く互いに相容れないものの
ようですが、だからこそこの土星と月に
対するコンセプトが酷似している事が、
自分にとって衝撃的だったのです。
もちろん松村氏は、全てのご自分の著書で
土星や月をネガティブなものの象徴として
の面からのみ解説しておられるわけでは
なく、その土星と月が支配星である山羊座
や蟹座に対してもポジティブな面を強調
されていますが、私にとってはそこは
あまり重要でないのです。
真理探究で得た知識と、占星術な観点から
の知識が融合する貴重な一点があった
ことが、あまりにも衝撃的で、世界観と
宇宙観に一気に感性が開けた瞬間だった
のです。
そのおかげで、サビアン占星術を独自の
観点から研究する事につながり、松村氏の
解釈とも違う、オリジナルのサビアン占星術
の解釈にたどり着いたというわけなのです。
ただそのきっかけは、松村潔氏の存在が
なければあり得なかったわけで、それが
私が松村氏を大尊敬する大きな理由の中心に
あるというわけなのです。

ではそのきっかけになった松村氏のまず月に
対する占星学の観点からの深い知識を背景に
した解釈を、著書から引用させていただき
ます。

“(月についての記述の途中からの引用
です)

太陽意識は目覚めた意識なので、浮力が
強く、それをより低い次元の地球にとど
めることはできません。この時、地球よりも
低い次元にあり、より重さを持つ月が、太陽
の力を否定的な姿勢で固定化して受け止める
ことで、太陽の意識は地球にとどまることが
できるのです。
太陽がプラス1の力だとしたら、
月はマイナス1、そしてその両方の均衡が
地球を表し、地球は太陽と月の二つの力の
調停点だと考えられるのです。
 人間の生活の中では、このプラスの浮力
である太陽の力と、マイナスの重力である
月の力が葛藤を起こしつつ、両方生きて
ます。
     (中略)
月は人間の中にある何ものにも限定されない
意識を、人の形やエゴに閉じ込める重力を
象徴した天体です。”
“出典:「決定版!!サビアン占星術」
         松村潔 著
           Gakken刊”

まず月について引用させていただきました
が、この部分があまりにも自分にとって
示唆的で衝撃だったのです。すでに月の
ネガティブエネルギーについて、いくつもの
情報を得ていて、真理探究からの知識も
あった自分にはこの部分だけで充分に、
占星術と真理探究を結びつけるのに充分な事
だったのです。
松村氏は、全体的には月のエネルギーが
結局人間にとって必要だとまとめておられ
ますが、私が神秘メッセージでご紹介して
いるように、人間本来の能力は故意に眠らさ
れていて、臨死体験で肉体から離れた意識を
経験した人たちの多くが覚醒した明晰な
感覚と、自由で至福な状態になったと報告
しているのは、いかに我々が肉体に囚われて
いる間、意識を曇らされ、ネガティブな
悲しみや憎しみ嫌悪感、悩み、憂鬱などの
感情を必要以上に味わっているかを、
裏付けているのです。そしてその月のもた
らすエゴや肉体感覚が、戦争や略奪、犯罪
に走らせる原因にもなっている事などを考え
れば、その月のもたらすバランスとしての
マイナスエネルギーは、必要以上に強く
偏っているものだとしてみなければなら
ないと思うのです。つまり決して我々に
とってちょうどいいバランスをもたらして
いるのではないという事がいいたいの
です。
実際我々の左脳は、太古のある時期より
損傷した状態になり、現在の人類はその
おかげで、ネガティブなエネルギーと
限定された能力のおかげで、数々の
否定的な側面を露呈する状態になって
います。
右脳の驚異の力その5で、その事に
ついて書いていますので、ご覧ください)
もし宇宙の恩恵を受けてバランスが良い
状態であるのなら、これまでに見られた
ような人類の悲劇や惨劇は起こらず、人の
残虐な面や、獰猛、卑劣な面は生まれて
こないと思うのです。
それを気づかせてくれたのが臨死体験者
たちの証言であり、超常能力者や賢人たち
の教えなのです。かれらは心が愛情豊かに
なれば、また全てが一体であるという事が
真実であることを知れば、人類に悲劇や
惨劇がなくなり、残酷で残虐で卑劣で
醜い人間のネガティブな側面が無くなると
説いているのです。
その意識を曇らせるエネルギーの一つが、
月である事を確認させてくれたのが、
この松村氏の月の解釈だったというわけ
なのです。
もちろん、人類の否定的側面を松村氏は
あまり考慮にいれて解説しておられ
ません。
ですが、人類の歴史と現状を冷静に見つ
めれば、月のもたらすエゴや人の形に閉じ
込める重力そのものが、そのネガティブを
もたらす一つの大きな要因になっていると
確信できたというわけなのです。
もちろんその背景には、すでに月について
ネガティブな事実を別の研究で得ていた
事があります。

長くなりましたので土星については次回に
まわさせていただきたいと思います。、
では(^^)

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

  

臨死体験者の言葉  その18      アニータさんの証言その6


前回の記事で、アニータさんが絶対意識領域
に到達したことで、時空を越えて、さらに
過去・現在・未来を同時に俯瞰できる
時間軸を認識する事ができ、その上その
時間軸が無数に存在するパラレルワールド
まで感知して、しかもその世界を「体感」
することができたという、
あまりにも気の遠くなるような、高いレベル
の意識に到達できたことを紹介させていただ
きました。これがまさに、これ以上の境地が
ない意識レベルだと思われますので、比類
のない、最高のものという意味をこめて
「絶対意識」と名付けさせていただきま
した。
全てが一体のものという意味の「ワンネス」や
「超意識」というような言葉とほぼ同じ意味
になりますし、アイク氏の著書の訳者為潔氏の
翻訳だと、「根源意識」と呼ばれているもの
と同一になります。
ただし私は、根源意識だと、奥の方に眠って
いる、究極のポイントというような意味に
取れてしまうので、全ての意識を含んだ
ものという意味での「絶対意識」とは、違う
ようなものに感じられしまうので、この言葉
は使いません。
絶対意識は、意識の中の一つのポイントでは
なくて、全ての意識を含んでいる総合体
でありながら、その意識のレベルの最高の
境地という意味になります。まあこれは
言葉に対する人それぞれの感性によるの
で、言葉よりもその意味する事が伝われば
いいと思います。

さてその絶対意識に到達したアニータさんの
境地は、無限の種類ある時空を俯瞰できた
だけではありませんでした。
アニータさん編の最後に、その境地をご紹介
させていただきます。
いつものようにアニータさんの著書からの
引用と私の考察という形で進めていきたいと
思います。
「」内が引用部分になります。

  ~以下引用~

「拡大した領域での気づきは、どんなに
説明しようとしても、言葉では言い表せ
ません。その明快さは驚くばかりでした。
「宇宙は理にかなっていた!」と、私は
理解しました。
さらに、どうして自分が癌になったのか
とうとうわかったのです。私はその瞬間の
すばらしさにあまりにも夢中になり、
しばらく病気の理由について考えられな
かったのですが、やがて、深く探ってみる
ことにしました。
そして、そもそもどうしてこの世に生まれて
来たのかも理解できるように思えました。
自分の真の目的について悟ったのです。
「どうして突然、すべて理解できたんだ
ろうか?」私はそれが知りたいと思いま
した。
「誰がこの情報を与えてくれたんだろう?
神様かしら?それともクリシュナだろうか?
それともブッダ?キリスト?」
その時、「神は存在ではなく、存在のあり方
なのだ。そして、私は今、そのような存在の
あり方をしている」という悟りが得られ、
その感覚に圧倒されたのです。」

   ~引用終了~

これは、絶対意識に達した、アニータさん
ならではの特別な境地で、他の臨死体験者の
ほとんどが、神にあってきたとか、絶対的
な存在を感じたなどと、証言してます。
つまり自分はあくまでも神や絶対者とは別
の意識で、やはり自分はそれに比べて小さな
存在だとか、劣った存在だと認識してしまう
のです。
(ただ臨死体験を大規模な調査で統計的に、
研究されたケネス・リング氏などは、やはり
その絶対的存在や、光の存在が臨死体験者
本人の事であると著書に書かれています。)
ですが、アニータさんの場合、自分以外の
他者は存在せず、全て一体で、神やブッダの
ような絶対的存在そのものに自分がなって
いるという境地に達したという事なのです。
実は、真理はこちらの方になります。
神や絶対的な存在がいるという前提に
立つ宗教は、そもそもが当時の支配者が
人類に対して与えた幻想だったのです。
それを何世代にもわたって、我々に刷り
込んできたために、潜在意識の奥深い
ところまで、そのような概念が身について
しまったのです。臨死体験者の多くが、
自分よりはるかに高いレベルの存在を感じた
というのは、その潜在意識に刷り込まれた
概念が、肉体を離れた意識にも投影された
という事なのです。
肉体を離れれば、多くの人が肉体に囚われて
いた時よりもはるかに認識力は増大します
が、意識のレベルは、そのままその領域に
持ち出されるのです。
つまり死んでも意識は無くならず、自分
と一体であり続けるのです。
多くの人が、生前と同じような感覚を、臨死
体験時に持ち込むのは、そのためなのです。
特に、絶対的な存在に対する、ちっぽけな
自分というのは、何千年もの太古から、人類
に刷り込まれ続けてきたコンセプトなので、
そう簡単には、打ち消すことができないの
です。
この神と一体になった自分を認識できた臨死
体験者も数は少ないですが、おられます。
そして、その絶対意識の境地に到達した人物
の一人が、臨死体験はされていませんが、
著書からたびたび引用させていただいている
デーヴィッド・アイク氏なのです。
この神と一体であるというコンセプトは、
東洋の思想では、むしろ一般的です。
臨死体験者の報告の実例報告が西洋人に
偏っているので、神のような存在に
出会ったという報告が多いのではないかと
思います。
臨死体験者の実例が西洋人に多いのは、
東洋人に臨死体験者が少ないという意味
ではありません。レイモンド・ムーディ氏
が、著書で「臨死体験」という言葉を使って
から、本格的に調査したのが、西洋人たち
で、調査対象も西洋の人々に偏ったから
です。

我々は、全知全能の絶対的存在とつながって
いるばかりでなく、意識レベルが究極に
なれば、その絶対的存在そのものになれる
という事なのです。
まあ信仰の篤い方々には到底受け入れられ
ないでしょうが、これは真理だというしか
ありません。
全てが一体であるというのが真実なので、
それであれば自分と分離した存在という
ものがある時点で、矛盾してしまう事に
なるからなのです。
神などの絶対的存在を、意識するように
なった時点から、自分自身の絶対的な
力を、その存在に譲渡する形になります。
なぜなら、そのような力が「ある」のは
その神などの方で、自分には「ない」
という強力な裏の意識が、自分自身の
ものとして、潜在意識に刻み込まれて
しまうからです。

このアニータさんの究極の境地はまだ
続きます。

  ~以下引用~
自分のユニークな本質を表現することは、
自分自身への、自分が出会ったあらゆる人
への、そして人生そのものへの義務である
と理解しました。自分以外のものになろう
とすれば、良い状況がもたらされる
どころか、真の自己を否定することになる
のです。他の人たちは真の私を体験する
機会を失い、私自身も人々と真実の
関わりを持てないでしょう。本当の自分
にならないことは、わたしがここにやって
きた目的を宇宙から奪い取ることなのです。
    (中略)
この時私には身体がなく、身体的特徴は
ありませんでしたが、私の純粋な本質は
存在し続けており、それは完全な自分と
なんら変わりませんでした。実際それは
身体よりはるかに大きく、強烈で、包括的
でした。それはすばらしい感覚だったの
です。
自分は永遠の存在であるような気がしま
した。まるで、始まりも終わりもなく、
自分は存在していて、これからもずっと
存在し続けるという気がしました。自分
はただすばらしい存在だという気づきで
あふれていたのです。」

    ~引用終了~
この自分が永遠の存在である事に気づくと
いうのは、臨死体験や覚醒する人には、よく
ある真理ですが、そもそも肉体が自分で
ないと気づいた時点で、肉体の持つ有限性
には囚われなくなるので、これは自然な
感覚です。また肉体が自分自身だと思って
いるような通常の人たちにとっては、自分
が永遠だと知る事は、いろんな恐れや心配
などを吹き飛ばすのに、よい事だと思われ
ます。
そしてまた自分の本質は、宇宙の意志その
ものなので、それを表現する事は、宇宙の
理にかなっているというのは、とても
素晴らしい境地です。
私たちは、あまりにも、他人基準で生き
ようとしすぎて、他人に合わせていいたい
事もできず、したいことも抑えて生きて
ますが、それは宇宙の意志に反すること
だというのです。我々はありのままで
いる事こそが、宇宙そのものの意志で
あり願いであるので、それをそのまま
人生で表現するだけで、愛される存在
だという事なのです。
(ただし、ありのままといっても、他人
に害を加えるような事とは、全く次元が
違います。
アニータさんは、もうすでに悪意などを
全く感じないような絶対意識にいるため
そのことについては、盲点ですが、
ありのままというのは、本質の自分の
ままに、という事であって、肉体に
囚われての意識に対して欲望のままに
という意味では、全くありません。
もちろん自然な欲求は、肉体にある
うちは良いのですが、それが他人を不幸
にしたり、自分自身の意識をゆがめて
しまうような欲求は、本質から離れる
事になります。たとえば性欲や食欲は
いいけれども、それが他人を不幸にして
もかまわないというような意識や、自分
の健康のリズムをこわしてもいいという
ような意識が、本質から離れていく事に
なるわけです。)
つまり私たちは、自分を抑えず、ありの
ままに生きるというだけで、運も引き
寄せ、健康になり、自分自身そのもの
である宇宙エネルギーを最大に発揮
できるという事をアニータさんはいって
くれているというわけです。
なるほど、そういう事であれば、みなさん
全員が、誇りを持って人生を送る事が
できますね。
しかも一度きりの人生などという虚しい
ものでなく、永遠の存在としての自分の
一つの貴重な体験というように、今
を生きることができるというわけなの
です。
なんだか力が湧いてきましたね。
振り返って、アニータさんの言葉を、
確認していくと、いかに我々にとって
大事な境地に達してくれたかがよくよく
わかります。

最後にアニータさんが教えてくれた私たち
が一体である事がよくわかる証言を取り上げ
たいと思います。

  ~以下引用~

「私たち全員がつながっている事にも気づき
ました。その織り込まれた統合体は、人間や
生物の範囲を超えて、もっと外へと拡大して
いき、全ての人間、動物、植物、昆虫、山、
海、生命のないもの、そして宇宙全体まで
含んでいるように感じられました。宇宙は
生きていて、意識で満たされており、すべて
の生命や自然を包み込んでいるのだと悟った
のです。
あらゆるものが、無限の全体に属していま
した。
私も、すべての生命と複雑に絡まり合って
いました。
私たちはみんな、その統合体の一つの側面
なのです。すなわち、私たちは一つであり、
一人ひとりが、集合的“全体”に影響を与えて
いるのです。」
“「」内全て出典:「DYING TO BE ME」
アニータ・ムーアジャニ著 
           hay house 刊
邦訳「喜びから人生を生きる」
    アニータ・ムーア・ジャニ著
       奥野 節子訳
      ナチュラルスピリット刊”

宇宙は、一体で全て意識で、別個のように
見える我々は全て一体だという事です。
なるほどという事は、自分に対する愛情と
同様の愛情を他人にも、自然にも、ものに
でさえ向けることができるようになります
ね。全て自分なんだから当然でしょう。
「宇宙に意識があるから自分にも意識が
ある」というのは、前の記事にも書いた
私の20年ほどの前の気づきの言葉です。
今回のアニータさんの言葉で、裏付けて
いただいたのがとてもうれしいですね。
これで、世の中に私たちの生活を脅かす
権力者や邪悪な存在がいても、宇宙
そのものが自分であり、味方という意識が
あればこれほど心強い事はないですよねー
(^^)
最近は、山にも海にもありがたい存在
として、感謝しながら、愛情を感じるよう
になりました。
つまり自分にはこんな広大な自然の味方が
いるんだなという感覚です。

さてアニータさんの絶対意識での最高の
境地には教えられる事かたくさん、あり
ましたが、自分自身の臨死体験を著書に
して、また大ベストセラーを記録した
、エベン・アレグザンダー氏の体験は、
しかしアニータさんのものとは、かなり
違う点が多いことに気づかされました。
次回のこのシリーズからは、そのエベン
さんの体験を詳細に紹介しながら、それに
ついて考察していきたいと思います。

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

あなたの蟹座30度


蟹座30度のサビアンシンボルは
「アメリカ革命の娘」です。
このシンボルが太陽にある人は、
社会の大きな力に守られているような
人です。
わりと恵まれた家庭に育つ事が多いのも
このシンボルの特徴です。
本人は無自覚ですが、大体自分の考え方
とか感じ方は、社会の多数の人と同じ
ものになり、自然と友人やいろんな人
とのつながりができます。
ネット社会なんかでは、相当大きな影響力
を持つような人になるでしょう。
インスタとか、ツィッターやブログなどは
この人にとって、とてもよいツールになり
ます。
どんどん人脈を広げていくと、いいで
しょう。

このシンボルが金星にある人は、知人・友人
が年齢が上になるほど増えて、とても広い
付き合いをするようになります。
異性との出会いにも困りません。

水星にある人は、子供の頃から、たくさんの
友達と遊ぶ事にばかり熱中するため、
ほとんど勉強しないで育つかも知れません。
机の上でじっとしてるようなタイプでは
全くありません。

木星にある人は、とにかく人と接する仕事
が向いています。営業に出れば、人より
かなり抜きん出た仕事ができ、人付き合い
も上手なので、出世も早いでしょう。

月にある人は、裕福な家に生まれ、その
おかげで、社会的な力を持つ人たちとの
つながりが、生まれついてのものとして
あるでしょう。もちろん成人してからも
その人脈が、自分を援助してくれるものに
になります。

あなたの蟹座一覧

あなたのサビアンシンボル一覧

かんたんあなたのサビアンシンボルメニュー

トップページ

天秤座15度


今日の太陽のサビアンシンボルは
天秤座15度
「環状の道」
です。
この環状というのは、円のようになって
いる道で、そのまま進んでいくとまた
同じ地点に戻ってきます。
もちろんそこから抜ける道はあるので
しょうが、このシンボルのイメージは
その円形の道をぐるぐるまわって、同じ
事を繰り返している姿を示しています。
つまり、私たちの日常のように、毎日
同じ事を繰り返している姿という事に
なります。
ですが、当然その中でも意識は自由で
ある事から、かえって繰り返す日常の
裏にある、高度な意識状態に近付く事
ができるのです。
つまり円形の道を俯瞰して眺める事で
そこから抜け出す道を模索する事が
できるという事です。
という事で、今日はいつも同じ事を
繰り返していると気づいたら、ひと
工夫して変化をつけてみると、良い事
が、発見できるというような日です。
またそういう事に気づかせてくれる
情報にも出会えるという暗示ですね。
今ブログやツィッターなどの記事を
適当に、あちこち覗いてみるだけで、
みなさんそういうヒントをたくさん記事
にアップしてくれてますから、便利な
世の中になったものだなと思います。

対称の180度のシンボルは
牡羊座15度
「毛布を編むインディアン」
です。
毛布を編んでいる姿というのは、やはり
繰り返す動作をしている状態なので、
繰り返し同じ道を歩いている今日の天秤座
のシンボルと同じ意味になります。
ただ天秤座のシンボルが、いつか道を
抜け出す出口を探すために全体を俯瞰して
いる姿なのに対して、この牡羊座の
シンボルは、同じ事の繰り返しが新しい
物を創造するという結果(ここでは毛布
ができあがるという事)につながるという
意味なので、対称的になっています。

逆向きのエネルギーの90度のシンボルは
山羊座15度
「病院の子供病棟にある
         たくさんのおもちゃ」
蟹座15度
「ありあまるほどの食事を楽しんだ
           グループの人々」
山羊座15度の病院の中で、入院している
子供たちにたくさんのおもちゃが与えられ
ているというのは、退屈してしまう病院
での生活に飽きないように工夫されている
という事で、人から与えられる物、そして
現在の状況に満足している姿という事なの
で、自分から新しい道を模索しようとして
いる今日の天秤座のシンボルとは、逆の
エネルギーになります。
またおもちゃで遊んでいるだけで、何か
新しいものを創造するわけではない子供
たちのイメージの山羊座のシンボルは、
繰り返しの行為の中で、新しいものを
創造する牡羊座のシンボルとは、逆向き
のエネルギーになります。
蟹座15度の、豊かな食事を楽しんで
いる人々は、やはり現状に満足して豊かな
意識に満たされているので、今日の天秤座
のシンボルのように、新しい道を模索する
エネルギーとは逆になります。
また蟹座15度のシンボルは、食事で
物を「消費」しているので、牡羊座の
物を「生産」している姿とは逆向きの
エネルギーになります。

天秤座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ