みなさんバロックシリーズ始めましたからねー

「やっとJASRACに確認取りました。」
という記事書いて、バロック音楽の素敵な
一曲を貼り付けましたから、癒やされたい
人、調和のとれて、しかも心が豊かになって
、しかもテンポがよく、聴きやすい、
それで生まれる前から知っていたかのような
なつかしい旋律、聴いて損は絶対ないと保証
します👍しかも曲は意外に短いです。
いい曲だからすぐ終わる感じだけど、充実感
は保証しますえー
これからずっと趣味編で紹介していきますので
よろしくでーす(^^)/

雑記編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

JASRACに確認できました。  バロック音楽のすすめ その1

サビアンや神秘の記事ばっかり書き込む
ことに熱中してて、JASRACさんにやっと
連絡して著作権保護の対象なんかを確認
しました。いろいろと不自由されている方
も多いので残念ですが、私あんみんは、
本当にここ3年くらい前から突然バロック
音楽の素晴らしさに気づいたこともあって、
これなら、ホームページのテーマである
サビアン占星術や神秘メッセージにつながる
癒やし、霊性アップにつながる音楽と思って
いたので、著作権が切れている音楽家ばかり
のバロック音楽を紹介できると知って、今
すごい感動してます。
みなさんと、この聴きやすくも、感動的で
調和も取れていて、また現代の音楽と比べて
も全く遜色ないテンポの良さ、また生まれる
前からその曲を知っていたかのようななつか
しさも覚えるようなジャンル、バロック音楽
を是非共有そして共感して欲しいいと思って
ます。
あんみんのブログを読んでいる方なら、
必ず共感してくれる人が増えてくれるはず。
なので著作権切れて、保護対象外だから
どんどん紹介しちゃいますのでよろしくー
(^_^)

まずはこれです。これは美しくない、霊性を
落とすーなどという人がいたら、、、、
曲紹介してね(^_^)

アルビノーニというパロックの巨匠の一人
作品5のNo.11です。

趣味編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

神秘のペンタグラム的解釈その1

今回は、図のようにサビアンシンボルの
はじまりのシンボルである牡羊座1度を
基点にしたペンタグラム的解釈をしていき
たいと思います。
ペンタグラム的解釈の説明の記事で、
五芒星を描く時の、右回りの流れが、
高次のゲートにつながると説明しました。
というわけで、その流れでのシンボル
の意味のつながりと、全体的な意味を説明
していたきたいと思います。
図を見ていだきたいのですが、全体のシン
ボルに共通するテーマってなんだと思い
ますか?
それは背負っているもの、または持って
いるものです。
この全体の意味を気にとめながら、流れ
でのつながりをみて活きましょう。
牡羊座では、アザラシが女性を「持って」
います。
これは、新しい生命を得たということを
示しています。
そしてこれが、次の生命のもとである
海につながります、ここで注意したいのは、
われわれの通常の時間の流れでは、潜在
意識の海に存在した魂が、肉体に宿ること
で、生命を得るのですが、これは高次の
ゲートへの流れなので、逆に生命のもと
である潜在意識の海へ戻り、生命体で
ありながら、高次の意識へ向かう事に
なるのです。
そして蠍座の深海潜水夫は、その潜在意識
を探究していきます。
潜水夫は海の巨大なプレッシャーを受けて
いるので、それを「背負っている」ともいえ
ますし、海の潜在意識を「持っている」状態
ともいえます。このような潜在意識を探究
して、次の双子座の偉大な音楽家につなが
ります。音楽というのは、宇宙の高次元
へとつながる鍵なので、古代から天球の
音楽を解明することが、宇宙の真理を
知るために必要なこととされてきました。
実際臨死体験や臨死共有体験でも、音楽
を聴くというのは、とても多くの証言に
残されていて、しかもそれが聴いたこと
もないような、美しく感動的な音楽で
あるというのが共通する特徴の一つ
です。
つまり蠍座で潜在意識を探究してたどり
着いたのが、この音楽というわけなので
す。それがこの双子座の音楽家につな
がるわけです。ここでは、また現実世界
に戻ってきましたが、すでに音楽という
高次元への上昇エネルギーをもった状態
なので、今度はそれを広める役割が
ある事になります。それがこの大衆を
前にしているような暗示のシンボルだ
というわけなのです。
ここでは、自分が得た音楽の才能を
「持っている」状態ですし、大衆に
それを伝えなければならないプレッシャー
を「背負っている」という状態でもあり
ます。
そして今度は、山羊座の買い物をして
いる子供につながります。
これは、双子座から受け継いだ意識を
世代を超えてつなげるという意味に
なります。つまり買い物袋を「持って
いる」だけでなく、世代を受け継ぐ
という重荷も「背負っている」ことに
なるのです。
そして今度は獅子座の砂漠のラクダ
につながりますが、今度は、子供が
成長して仕事としての荷物を「持って」
運んでいるというのと同時に、自分の
意思を持ち続けるというプレッシャー
を「背負っている」という暗示に
なっています。
(一見社会での義務を負っているように
見えますが、これは獅子座なのでより
個人的な意思という意味になります。)
そして、また新しい生命を得るという
牡羊座に戻るわけですが、これは
これは獅子座の意思と創造エネルギー
が新しい生命体となることを意味してい
ます。獅子座の支配星太陽の意思を受け
て、生命を得るというのは、高次の
意識の流れから見た場合正しい方向
になるのです。
そしてアザラシは、新しい生命としての
女性を「持っていて」、女性は新しい
生命体としての期待を「背負っている」
ということになったのです。
この高次元の流れで、音楽家の双子座
から、子供を経て、獅子座のラクダに
いたるまで、だんだんと義務や労働と
いった重荷を背負う度合いが強く
なっていってますよね、これは、高次
へのゲートにいたる道というのは、
現実界では、肉体的にも、精神的にも
負荷が必要だということを示している
のだと思います。その中から新しい
獅子座の意思が生まれ、そしてそのあと
生命の原点、そして潜在意識へとつな
がるということなのです。
こうしてみていくと、ペンタグラムの
解釈はヘキサグラムのように我々の
現実世界の構造として安定している
状態を読み解くより、相当
な感性の働きを求められます。
解釈の説明も大変でしたが、それを読ま
れる人はもっと大変ですね。
これからは、もっとうまく説明できる
ようにがんばります。

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

臨死体験者の言葉その4     「臨死共有体験の共通要素その2」

前回ご紹介しましたのは、臨終の人の体から
白い霧が立ち上るのを、まわりにいた人が
目撃する事が非常に多くあり、その白い霧の
正体がプラズマであることを説明させてい
ただきました。
今回は、臨死共有体験にみられる別の共通
要素について、ご紹介していきたいと思いま
す。
それは「空間の変容」というものです。
これは、臨死状態にある人の意識が、肉体を
離れる時に、別次元に移行するため、一時的
に我々の感知している次元の領域に、ゲート
のようなものをつくる必要があるからです。
その影響を、そばにいた人が受けて通常の
五感特に視覚領域を狂わせてしまうことで、
「空間の変容」というような証言につな
がっているのです。
この空間の変容についてお話する前に、
我々の視覚というものがいかに、範囲の狭い
領域しか捉えることができず、またそれを
解読するのにも、いいかげんなしろものか
というのを簡単に説明します。

“出典:「リアルNHK」様”
上の図は、電磁スペクトラムといって、
これまで説明してきたように、我々の感知、
観測できる範囲というのが、電磁波という
波動なので、その範囲を網羅するものです。
もちろんこの図はその一部ですが、我々の
視覚範囲というのは、visiblelightと
書かれているレインボーの範囲だけです。
とても範囲が狭いのがこれだけでもよく
わかりますよね。実際には、電磁波の範囲
はもっとずっと広く、左側にはさらにベータ
線やアルファ線などの放射線もあり、右側
は、聴覚の範囲から脳波の範囲まで含まれて
います。しかもこの図はこれでも視覚領域
が大きめに書かれています。
つまり我々は、宇宙の領域のほんの一部
しか見えていないことになるのです。
また我々の感知観測できない、電磁波以外
の領域も無限にあると思われます。
視覚の範囲が狭いだけじゃありません、
我々は、五感の器官から無数のセンサー
(感知細胞)により、毎秒1100万もの
感覚が脳に送られてきますが、脳によって
選択されて、編集されて40の感覚だけが、
残るということでしかないのです。
つまり視覚情報も大部分が捨てられて、
ほとんど脳の思い込みで、見ているだけ
という事になります。
別の研究でも、脳に入ってくる情報は、
視覚中枢に送られる前に、脳の側頭葉に
よって編集され、手を加えられている
という事が明らかになっています。
要するに我々は、範囲の狭い視覚領域
で捉えたものをさらに、脳の思い込みで
手を加えているので、ほとんど実際の
物が見えているとはいいがたいのだと
いうことなのです。
人が同じように物を見れているのは、
人間の生体に特有の特殊なプログラムで
しかないのです。
実際、電磁波エネルギーとして、物体を
捉えたら、トーラスやスパイラルという
状態で捉えることになり、全く我々の
捉えている世界とは違うものになるの
です。

さてこれだけ特殊な我々の肉体の視覚が、
肉体を離れる人にとってはもはや不要に
なるため、別の見方で世界を見るように
なります。臨死体験者の証言にも共通して
いるのが、360度の範囲が自在に見れて、
肉体のあるときには、見えなかったものま
で見えるようになるということなのです。
そして臨死共有体験をする人は、そんな
臨終の間際の人が新しい視覚また感覚を
獲得するのに同調して、五感を超えた感覚を
一時的に獲得するため、「空間が変容」
するという感覚を味わうことになるの
です。

さてこの臨死共有体験者の「空間の変容」
に対しての証言をまたレイモンド・
ムーディー氏の著書から引用させて
いただきます。

“たとえば、兄の臨終の床に付き添っていた
ある女性は、自分のいた四角い部屋が、
まるで「別の形に変容した」ように見えた
という。
数学の教師をしているある男性も、「まるで
部屋が崩落と膨張を同時になしたように見え
ました。あたかも代替の幾何形態を目撃した
ような感じでした。」と語る。
 多くの人にとって、この空間の変容は、
単に部屋が形を変えて見えることである。
しかし一方、単に形を変えただけでなく、
「別次元」の扉が開くのが見えたという人も
いる。
 この「別次元」という言葉は、他にも
様々な言葉で言い表されている。ある人々は
部屋に「時間のない世界」への扉が開いた、
という表現を使う。ある女性は、「霊たち
のほうからは私たちを見ることができるが、
こちらからは彼らを見ることができない。」
ような状況を感じたともいう。
別の女性は、
「部屋はディズニーランドのように見えま
した。つまり、表に見えている様々なもの
は、実は裏方がしているものだということ
です。私たちが見ているのは表面にすぎず
その下でなされている事柄が出てきたものに
すぎません。」
と語っている。もしこれらの表現をまとめる
とすれば、どう言ったらいいだろう。
 たとえば、「死の際にある種の出入り口が
ポンと開き、より高き異次元の世界へ導く」
と言ったらいいだろうか。
これはじつは、ノースカロライナの病院で、
うっ血性心不全で死につつあつた兄との
臨死共有体験をした、ナンシーという女性に
よる表現だ。

 「兄がまだどれほど生きられるかは、
わかりませんでしたので、私は決心して、
兄のベッドの横に座って付き添うことに
しました。
一日ほど経ったのち、兄の息は不安定に
なり、やがて止まりました。
 私が兄の手を握っていると、看護師が
入ってきてベッド際に立ちました。
兄は生前、「蘇生術を施さないでほしい」
という覚え書きを出していましたが、
看護師は兄の臨終が安らかなものだった
かどうかを、知りたかったようです。
 突然、私は部屋が形を変えたと感じ
ました。あたかも空気で満ちて膨張した
かのような感じでした。
すると、私自身が肉体から離れて、空中
で兄と一緒にいるではありませんか!
私たちは文字通り、部屋の中を自由に
飛び回れる霊となっていました。
 そののち私は自分の肉体に戻りま
した。そして普段持っている五感の感覚
が戻ったのです。
部屋を飛び回っているとき、私は下の
ほうに、兄の体の横に座っている自分
を見ました。
空中を飛び回る私のとなりには、肉体を
抜け出た兄の姿がありました。
 私が自分の体に戻ったとき、部屋も元
の形に戻りました。何もかも元に戻った
のです。」”
“出典:「臨死共有体験」レイモンド
・ムーディ/ポールペリー共著
堀天作訳 ヒカルランド刊”

この最後の証言は、空間の変容だけでなく
体外離脱も経験しているし、見事に兄の
霊的意識と異次元を共有しているのが、
よくわかりますよね。
この女性がいうように、その異次元では
五感は働いていなかったという事も、
明らかです。
我々の肉体特有の感じ方というのは、
このように霊的な次元では、全く役に
立たないということですね。
次回のこのシリーズは、また臨死共有体験
の共通要素についてみていきたいと
思います。

超意識編一覧

あんみんの神秘メッセージメニュー

トップページ

獅子座9度

今日の太陽のサビアンシンボルは
獅子座9度
「ガラス吹き」です。
これは、掃除をしているのではなく、
(その場合は「拭き」という文字になり
ます)火で熱したガラスに息を吹きかけ
ガラス細工をつくるということです。
こちらは、その職人ということですね。
これは芸術的な工芸品なので、創造
エネルギーをあらわしています。
獅子座の性質の一つである創造力が
ここで活かされるということになり
ます。
また物に命を吹き込むという暗示も隠さ
れていて、生命エネルギーを何かに投影
するという意味でもあります。
今日は創造力を活かして、何か新しい物
をつくったり、新しい発想を生み出すの
に良いという暗示です。

対称の180度は
水瓶座9度「鷹に変化する旗」です。
これは、国家や組織をあらわす旗が
支配的で好戦的な鷹に変わるということ
なので、実行をともなったアピールと
いう意味になります。
いってみれば、旗に命が吹き込まれる
ということなので、今日のガラスに命が
吹き込まれるシンボルと、よく似た
暗示となっています。ただし、獅子座の
ガラス吹きの方は創造的行為なのに対し
て、こちらは、旗の持つアピールに、
よっては好戦的なエネルギーになる
場合があり、破壊という暗示にもつな
がるので対称的だといえると思います。

逆向きのエネルギーの90度は
蠍座9度「歯科の仕事」
牡牛座9度「飾られたクリスマスツリー」
です。
これは、どちらも生命に対して、人工物、
無機物が持ち込まれるということで、
今日のシンボルの対称軸と見事に、真逆
のエネルギーになっています。
こちらも歯科の仕事では歯を削るという
破壊行為と、クリスマスツリーに美や楽
しさを加えていくという創造行為で、
対称になっていて、このスクエアの
4つのシンボルのパワーバランスは
とてもわかりやすく、はっきりとした
意味を持つものになっています。

獅子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

サビアンシンボル徹底比較画像完成

すでにご覧になった人もいるかとは思い
ますが、あんみんの独自の解釈に
サビアン占星術の大家の解釈をぶつけて
みようという大胆企画!サビアンシンボル
の徹底比較というジャンルを始める事
にしました。
あんみんの解釈にも一定の自信がある
からこそ出来る企画なので、どうか
この無謀な試みをのぞいてみてください。
一応その1は、あさってに記事を出す予定
です。
トップページから画像をクリックして進ん
でいただけるのが、うれしいのですが、
今回もこの企画の画像を作成しました。
サイズを間違えて、サビアン占星術の
メニューの中で一番目立ってしまいまし
た💦格でいえば毎日書いているあんみんの
サビアンシンボルの方がずっと上なので、
また目立つ画像に変えたいと思います。
ちなみに問題の画像はこれです。

この記事のこの画像をクリックしても次
には進めません。
進む画像はあんみんの占星術メニュー
からどうぞー。
ではまたよろしくですー(^^)

 

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ

サビアンシンボルの       ペンタグラム的解釈


毎日のサビアンシンボルで、その日の
太陽のサビアンシンボルと、そこからの
180度と90度二つのシンボルの
解釈を大体毎日ご紹介してますが、
これは、つまり幾何学的な意味では
正方形の解釈ということになります。
90度のアスペクトをスクエアといい
ますが、もともとスクエアとは四角形
の事です。だから180度も含めた、
四角形の解釈を、スクエア的解釈
と呼ばせていただきます。
さすがに90度と180度がメジャー
アスペクトということもあって、ほぼ
毎日のように、そのアスペクトの意味
通りの解釈で、説明できていますが、
全てではありません。もちろん読み取り
が深ければ、また別の説明の仕方から
説明できるかもしれませんし、サビアン
シンボルも、全てアスペクトで説明
できるわけでもないかも知れません。
ただ、チャネリングのみで、イメージ
したシンボルのほとんどが、あらゆる
アスペクトで、意味のあるつながりに
なっているというだけで驚異的なこと
だと思います。
スクエア的解釈で、ほとんどのサビアン
シンボルが、そのアスペクトの持つ意味
で説明できてしまう時点ですごいこと
ですよね。
また同じサビアンシンボルはたびたび、
他のアスペクトとも、角度の意味を
含めた神秘的なつながりがあり、それ
を、この神秘のサビアンアスペクトで
ご紹介しているのですが、この前
60度、120度、180度のアスペクト
を含めた、ヘキサグラム的解釈をシリーズ
に加えたのですが、さらに今回72度
と144度のアスペクトを含めた
ペンタグラム的解釈をあらたにシリーズ化
することにしました。
これはヘキサグラムが、逆向きの三角形
同士の意味の関係で説明できるという
ことでしたが、このたびあらたに
加わったこのペンタグラム的解釈という
のは、上の図のように神秘的な五芒星形
を描く時に、順番に線を結んでいきま
すが、それは時計回りに循環して、最後
にまたもとの位置に戻ってきます。
なぜ時計まわりかというと、時計まわり
は右回りなので高次への流れもまた、
右回りだからなのです。
右回りは霊的上昇、左まわりは霊的下降
をしめすと、あの霊体験の歴史的人物
スゥーデン・ボルグもいってます。
安定するヘキサグラムと違って、
ペンタグラムの場合は、異次元へのゲート
として働くため、スパイラルの方向で読み
取ることが理にかなっているのです。
では、別記事でスタートする、ペンタグラム
的解釈の実例をまたシリーズで、お楽しみ
ください(^o^)

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

神秘のサビアンアスペクト     バイクインタイルその3 

今回も、144度(バイクインタイル)の
角度(アスペクト)の神秘的なつながりを
サビアンシンボルがどのように表現して
いるかの実例をとりあげていきたいと思
います。そして間違えてたのが、その2の
最後と今回の最初が同じバイクインタイル
である事に今頃気づきましたので、最初
の分は取り消します。
逆にその分は、その2の分をどうぞー(^^)

天秤座13度
「シャボン玉をふくらませている
            子供たち」
から、バイクインタイルのオーブ
(許容範囲)の145度にあたるのが
魚座8度「ラッパを吹く少女」です。
どちらも子供が何かを吹くという意味で
絵的にも神秘的にぴったりですね。
天秤座13度の子供たちのシャボン玉を
ふくらますという事が自由な想像や発想を
象徴しているところから、想像力に
つながる暗示になっています。
これとラッパを吹くという行為も、
音楽の世界を広げる事を象徴しているので、
やはりつながっています。
また天秤座13度から、バイクインタイル
のオーブの143度にあたるのが、
牡牛座20度
「雲を作り運び去る風」です。
これは天秤座13度のシャボン玉のよう
な想像や発想が、ここでは雲の象徴と
重なります。
シャボン玉も浮かんでは消えを繰り返し
ますが、こちらも風がすぐに運び去る
という事で、同じような暗示を別の
表現で描いているという神秘的な
つながりとなっています。

天秤座28度
「輝く影響の最中にいる男性」から
みて、バイクインタイルのアスペクト
にあたるのが、
魚座22度
「シナイから新しい法則を持ち降りて
         くる男性」です。
天秤座28度の輝く影響というのは、
天や神から祝福されているような暗示
ですよね。そしてまた彼がなんらかの
啓示を受け取っているという可能性
も充分に考えられます、そしてこの
144度で神秘的につながった魚座
22度で、その男性が啓示を持って
神秘的なシナイ山から、降りてくると
いう物語ができあがるのです。
これは、話のつながりとして、とても
興味深いものになっています。

神秘のサビアンアスペクト一覧

あんみんのサビアン占星術

トップページ

獅子座8度

今日の太陽のサビアンシンボルは
獅子座8度
「ボリシェビキプロパガンダ
      を広める人」です。
ボリシェビキというのは、ロシア革命
の一つで、ボリシェビキ革命の事です。
プロパガンダを広めるというのは、
まわりにその革命の意義を、伝えよう
としているという事です。
これは、昨日の空の星座で、大志を
抱いた意識が、そのままあらわれている
ようなシンボルです。
獅子座の自己主張が、まわりの人を動か
そうというところに発展しているという
ことです。
しかし伝わるかどうかは、この獅子座で
は問題ではなく、自分を表現していく
というのがテーマなので、そのエネル
ギーが高まっているという暗示です。
今日は、とにかくまわりの人に自分の
意思を伝えてみるのに良いという暗示
です。それがどのような効果をもたら
すのかは、あとにならないとわかりま
せんが、自分の意思が外に向かうだけで、
運が上昇していくということです。

対称の180度は
水瓶座8度
「美しい衣装を着た蝋人形」です。
これは、蝋人形が自分自身を客観的に
見た姿ということです。
自らが主役になる獅子座と対称的に、
水瓶座は、あくまで自分を全体の中で
客観的にとらえようとします。
美しい衣装を、蝋人形に着せる事が
できるのは、そのように自分を客観視
できるからで、まわりに自分の意思を
伝えなくても、自分を豊かにできる
という事です。
つまりまわりに自分を伝えようとする
獅子座8度とは対称的に、この水瓶座
8度は、客観視している自分に、自ら
の意識を投影しているところが対称的な
シンボルとなっています。

逆向きのエネルギーの90度は
蠍座8度「湖面を横ぎって輝く月」
牡牛座8度「雪といっしょにないソリ」
です。
蠍座8度の湖面は、自分の潜在意識の
象徴です。
その潜在意識を月という、太陽とは逆
の意識、つまり生まれた時からすでに
与えられている意識がよぎっていると
いうことは、慣れ親しんだ自分の環境や
意識に戻りたがっているということです。
つまり獅子座の太陽のように、これから
人生を開拓していこうという情熱とは
真逆の意識だということです。
これは月について太陽について
説明をみていただければ、一目瞭然なの
ですが、太陽は、この人生での自分の
表現、そして月はうまれついてから与え
られている環境や資質という対称的な
影響を与えるものです。
獅子座の太陽らしさのシンボルに対して、
この蠍座にあらわれた月は、真逆の
エネルギーをもたらしているという
ことなのです。またこの蠍座の月は、
新たに自分に美しい衣装を着せることが
できている水瓶座のシンボルとも逆の
エネルギーになっています。
牡牛座8度の雪といっしょにないソリは
今必要のない意識が、心にあるという
事です。つまり雑念というか、目的と
意識にずれがある状態ということですね。
これは、自分の大志という意識と一体に
なって行動している獅子座の意識や、
自分に必要なものを客観視できている
水瓶座とは逆のエネルギーだという
ことです。

獅子座のシンボル一覧

あんみんのサビアンシンボル

トップページ

サビアン占星術新カテゴリー   のご紹介です

わりとご覧いただいてる方が多くなって、
とてもうれしいです。ありがとうござい
ます。
あんみんのサビアン占星術のコーナーに
新カテゴリーを加えることにします。
それは「サビアン解釈の比較研究」です。
私は、これまでも紹介させていただいた
ように、長年の精神世界、真理探究の
成果として、サビアン占星術を独自
解釈してきましたが、サビアンシンボル
の解釈は、研究家によって様々なものが
あります。松村潔氏、直居あきら氏、
ディーン・ルディアー氏、またエリス
女史のチャネリングに立ち合ったマーク・
エドモンド・ジョーンズ氏など、みなさん
独自の観点から様々な解釈をされています
ので、それらを比較しながら、サビアン
シンボルの理解をさらに深めていきたい
と思っています。
ただしまだディーン・ルディヤー氏の原本
だけはまだ用意できていないので、でき
次第それも加えていきます。
また神秘のサビアンアスペクトは、ヘキサ
ゴン的解釈に続いて、ペンタゴン解釈とい
うのも取り入れていき、毎日のサビアン
シンボルのスクエア解釈とで、幾何学的
アスペクトサビアン解釈を進めて、宇宙
言語を解読していきたいと思います。
サビアンを極めたい人、真理探究を深め
たい人は是非お楽しみくださいねー。

占星術編一覧

あんみんの雑記帳メニュー

トップページ